鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第29節感想】マルキステップ炸裂…の京都戦
結果
鹿島2-1京都(15:00/カシマ/20,580人)
[得点者]
19' 興梠慎三⑦(鹿島)
43' 田原豊(京都)
51' マルキーニョス[21](鹿島)
[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:ダニーロ、本山
MF:青木、中後
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端


感想
全体的にまったりした感じも漂う試合でしたが、試合開始から鹿島がペースを握っている時間が多かったですね。
ボールをよくまわして芝もかなりよくなってきたこともあってワンタッチのパスから中央を崩そうとするプレイも多く見られました。
先制点は前半の19分、縦のロングボールに一度は水本にいいポジションを取られるのですが興梠がバックパスを奪ってゴールを決めました。
水本はファウルをアピールしていたようにも見えましたが、ダイビングヘッドで戻そうとしたボールが中途半端になりましたね。
ゴールしてからは意識が後ろのかかりはじめましたが、攻守の切り替えが早くサンガに攻撃をほとんどさせませんでした。
ただ、後半終了間際にきちんと守備に戻って人数は足りていたのに右サイドで角田をフリーにしてゴール前ではうまくニアに走りこんだ田原に決められてしまいます。
ぽっかり隙が生まれてしまった感じでしたね。
後半の立ち上がりも何でもないパスミスからピンチになりかけたり、ちょっと入り方が悪かったです。
しかし、そこをエースのマルキーニョスが払拭してくれました。
あのゴール前の落ち着き、ステップには驚きました。
そして、チャンスを演出したイバ、そのセンタリングに反応した中後の動きもよかったです。
以前にも書きましたがイバの右足アウトサイドのセンタリングはかなり威力がありますね。
イバ、青木はシュート意識が高くなってますし、シュートまでの形が確立されてきています。
来季あたりはもっと得点取れるシーズンになりそうですね。
その後はどちらもシュートはほとんどなく、前半とは違い後半終盤はきっちり守って勝ち点3を獲得しました。

試合の内容がよくないと言われ最近結果が出ていない浦和が神戸に破れ、失点の多い川崎はやはり勝敗がいまいち安定しませんね。
G大阪はロスタイム弾で勝利し、調子があがっているようです。
残り5試合だと勝ち点5差までのような気もしますが、経験と地力を持っている浦和とG大阪は優勝争いにからんでくるんでしょうかね。
ACLもあるので微妙なところかもしれません。
FC東京に得意の形で勝利した大分、明日に試合がある名古屋、今季大躍進している両チームがどうなるかというところでしょう。
ただ大分も連敗してましたし得点力の問題もあります。
名古屋はキーマンであるマギヌンがケガをしてからは結果が出ていませんからね。
両チームとも優勝争いの経験というものもありませんし、なんだかんだで最後は経験が生きてきそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
新旧13番対決
京都戦に行って来ました。
試合は興梠とマルキーニョスの2トップがしっかりゴールを決めて存在感をしっかりとアピールしていました。
そんな中で今日の試合の注目と言えば昨年まで鹿島に在籍した柳沢敦が京都の選手としてカシマスタジアムへ凱旋するということで「鹿島アントラーズVS柳沢敦」と言い換えても過言ではありません。事実、至る所で柳沢のマッチアップが繰り広げられていました。そんな中でその柳沢から背番号「13」を継承した興梠が先制点を決めて自身の背番号を周囲にアピールして健在ぶりをアピールしていて頼もしく感じました。この調子でゴールを量産して行けばリーグ屈指の2トップになることは間違いなしですね。
それに比べて野沢と田代が調子を落としていることが気がかりですね。昨シーズンのリーグ戦終盤の9連勝はこの二人の活躍なくして語れません!!そういう意味では出場した試合でゴールを決めて復活ぶりをアピールして欲しいと願って止みません。
【2008/10/18 22:12】 URL | 鹿撃+鹿激+鹿劇 #- [ 編集]

>新旧13番対決
鹿撃+鹿激+鹿劇さん、コメントありがとうございます。
こーめいにとっても柳沢はやはり気になる存在でした。
でも、京都は全体的に調子が落ちてきているなぁ~と感じますね。
興梠とヤナギには何としてでも二桁得点を達成してほしいです。
【2008/10/18 22:20】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

マルキ
あれだけゴール前で冷静にさばけるテクニックはやはり素晴らしいです。これまでの他のクラブ時代、昨年前半まで見たことがないですね。これだけ失礼ですが進化した選手なかなかいませんね。
【2008/10/18 22:56】 URL | かわち #- [ 編集]

セレソン?
マルキーは最初、ヴェルディにいたんですよね。確か2001年かな。あのころは、シーズン10ゴールくらいでしたが、今年のこの暴れっぷり!!セレソン招集もありえるかも。
【2008/10/18 23:29】 URL | はたの。 #- [ 編集]

Jリーグ優勝予想
鹿島の優勝確率が一番高いですね。
【2008/10/19 18:08】 URL | よこしま #9fn0MV6o [ 編集]

>マルキ
かわちさん、コメントありがとうございます。
マルキはこれまでケガも多かったですからね。
今季は大きなケガがない上に、シーズン通してコンディションを高く保っていて本当に得点王への意欲を感じます。
しかもあれだけ守備でも走ってますから本当にすごいです。
【2008/10/20 15:18】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>セレソン?
はたの。さん、コメントありがとうございます。
マルキのJ入りはおっしゃる通り01年東京V1969からでした。
セレソンはなんだかんだで個のレベルはかなり高いですが、今ドゥンガへの批判も多く苦しんでいますから召集されたらいいですね。
【2008/10/20 15:23】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>Jリーグ優勝予想
よこしまさん、コメントありがとうございます。
可能性は1番高いと思われますね。
【2008/10/20 15:25】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

一歩前進
6年生の息子と一緒に京都戦に行ってきました。
試合はそれなりに楽しめる内容でしたが、相変わらず審判は技術的にも、精神的にも厳しい状況でした。
私はヤナギサワコールがされたとき、 とてもうれしかった。
たとえ今、敵チームの選手であっても、彼は鹿島のために必死で戦ってきた選手だから。そして、インファイトまたは鹿島サポーターに、相手チームであっても敬意を払う気配ができてきたことがうれしかった。スターティングメンバー発表のときも、京都の選手達に激しいブーイングはなかったように感じました。
まだたくさんの問題があるにしても、鹿島サポーターの中に大きな変化の兆しが見えてきました。一歩づつでも意識が変わってくれればいいなと思います。選手と同様にサポーターにも「FAIRPLAY PLEASE」。
【2008/10/20 19:13】 URL | アツシ #- [ 編集]

>一歩前進
アツシさん、コメントありがとうございます。
審判の問題も含めて改善されていくといいですね。
【2008/10/21 20:16】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/641-a4cbf308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する