鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【J1第32節感想】素晴らしいウノゼロ…の大分戦
結果
大分 0-1鹿島(13:00/九石ド/31,744人)
[得点者]
55' 内田篤人①(鹿島)
[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:本山、野沢
MF:青木、中後
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端

先発メンバーはほとんどいつも通りでしたが、ダニーロの回復が間に合わなかったということで野沢がスタメンとなりましたね。

感想
前回の対戦もスコアは同じ、いいウノゼロでしたが、今節は素晴らしいウノゼロでした。
試合開始から選手たちの気合いが違うなというのが見てとれましたし、FC東京戦では負けていた球際や出足、プレス、攻守の切り替えなどすべての面で大分を上回っていましたね。
特に本山はこの試合、自ら仕掛けるプレイが多かったです。
これがいいアクセントとなって大分のいい守備に徐々に効いていましたし、実際に藤田のイエローカードやポスト直撃のシュートに繋がりましたからね。
やはり高い位置で仕掛けられて抜かれるとDFとしてはボールを奪いに行きにくくなりますし、そうなると逆に本山はまたドリブルしやすくなって、さらには相手のプレスも的を絞らせないようにできますから非常に有効でした。
そして、本山とオフェンシブハーフでコンビを組んだ野沢の動きもよかったです。
野沢という選手はゴール前で決定的な仕事をしないとなかなか存在感が出ない選手ではありますが、いてくれるとすごくスムーズにボールが回ります。
ボールを引き出す動きをしてくれますし、この試合でも味方がボールを持っているときプレスをかけられても、野沢がいいポジショニングを取ってパスコースを作ってくれるのでこれまでのように攻撃が詰まるということが少なかったですね。
また、本山がボールを持ってパスを出すスタイルなので野沢との相性はいいですし、組み合わせ的には本山と同じパスの出し手側のダニーロよりチームが機能します。
この試合くらいの運動量をコンスタントに維持できれば、スタメンに返り咲くこともできるでしょう。
ただ、コンディションはやはりまだ悪いのか、ケガのせいなのか、ピッチが意外と悪くてやりづらかったのか、シュート精度、パス精度、DFに詰められたときのプレイなどはぜんぜんでしたね。
野沢ならもっとできるはずです。
試合前はカウンターを狙っていくという記事もありましたが、序盤から勝ちたい気持ちで勝っていた鹿島が終始ボールを支配し、前半は大分に何もさせませんでした。

後半に入ってもペースは変わらず鹿島が主導権を握ります。
そして10分に篤人の仕掛けから野沢、興梠と繋がって、こぼれ球を篤人が思い切り良くシュート。
鹿島が先制しました。
ここでも野沢のポジショニングがよかったですね。
天皇杯決勝といい、こういう舞台で得点するというのはやはり篤人はスター性があるということなのでしょう。
先制点が生まれてから徐々に試合展開が変わって来ます。
鹿島はやや引き気味になり、大分が前に出て来ましたね。
ただ、鹿島は前からしっかりプレスをしてカウンターを狙っていました。
ちょっとラインは低くはなりましたが、積極的な守備を見せていました。
その証拠に高松のこの日唯一のシュートを岩政が前にはじきかえしました。
これは前向きな守備ができているからで、消極的な守備だったらこういうシュートが後ろにはじかれてゴールに入ったりしますからね。
むしろ鹿島ペースで進んでる時間帯でした。
しかし、家長が入って来てからバイタルエリアで少し自由に持たれるようになり、そこからシュートを狙われ始めました。
37分の決定機はヒヤリとしましたね。
一瞬、篤人がハンドではじき出したのかと思ったのですが、曽ケ端がいち早く左手でかき出していました。
一連のピンチをファインセーブで救いましたね。
そこからは船山、田代を投入して3ボランチにして、攻めては時間稼ぎをして大分にシュートを打たせませんでした。
船山は当たりの強い選手ですし、戦力として期待しているしチャンスはあるので愚かなことをせずに精進せよというオリヴェイラ監督のメッセージなのでしょう。
ボールキープの時間稼ぎはちょっと早すぎましたね(^^;)
ああいうときはむしろシュートで終わった方が大分の後ろの選手も嫌だったと思います。
1点取ってしまえばそこで試合を終わらせることができますし、やっぱりシュートで終わられると攻めないといけないのにどうしても気持ちが守りの方へ行ってしまいますからね。
でも、それだけ選手たちもこの一戦を重要と考えていたということでしょう。
あとロスタイムが5分もあったのはちょっと計算違いだったのかもしれません。
守りでは岩政、伊野波は大分2トップにほとんど仕事させませんでしたし、ボランチもよくセカンドボールを拾ってましたね。
鹿の子があげた虎の子の1点を守りきって、鹿島はリーグ連覇へ向けての貴重な勝ち点3を手にしました。
選手全員の勝ちたいという強い気持ちが1つになり、また選手全員がそれぞれの良さを出して得た勝利だったと思います。

上位戦線では浦和が清水に破れ、川崎はG大阪に快勝、FC東京は神戸に引き分け、柳沢ががんばってくれたのですがヨンセンの一発で名古屋が勝利をあげました。
その結果、勝ち点と順位は以下のようになっています。
57:鹿島
55:名古屋
54:川崎
53:浦和
52:大分、FC東京

残り2試合ですからシャムスカ監督も言っているように、大分とFC東京は優勝戦線から脱落と考えてもいいでしょう。
得失点差を考えると鹿島が勝ち点1でも取れば優勝はないですからね。
浦和も相当厳しく、優勝争いは上位3チームに絞られたと言っていいかもしれません。
鹿島は今日のような試合ができれば、ACLどころかクラブW杯だって可能性あると思うのですが、なかなかそれが難しいというのが今季の状況でした。
チームの戦術、コンセプトははっきりしていますから、コンスタントに実力を発揮する、そのためのチーム力アップというのが来季の課題でしょうね。
その前にまず2連勝して、唯一残されたタイトルを是が非でも手に入れましょう。

鹿島の勝利を祝ってポチっとお願いします→ブログランクバナー
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
久々に勝利のコメント
昨日の試合会場のピッチは夏場のカシマよりひどそう?な感じにみえました。 やっと鹿島らしさが出たように見えます。大分はホベルト不在が痛かったですね。あと2つ!次の磐田は茶野が不在ですが油断大敵!鹿島もマルキ、青木、篤人、中後がイエローカード三枚が何か気になります。優勝よりもまず三位以内確保でACL出場権利を次で決めましょう!
【2008/11/24 09:37】 URL | ュLOVE #- [ 編集]


嬉し過ぎる勝利でしたね。実は今シースン歓喜の勝利って意外になかったんですよね。しかし気を引き締めなくてはなりません。なぜ大分はあんな戦術で戦ってきたのかと疑問でした。ここ何戦かで対カシマ攻略法みたいなものは浸透してしまっていましたからね。高い位置からのプレッシングとサイドでの数的有利。大分はホベルト・高橋不在とウェズレイが前線にいるためこれをやってくる様子が全くなく常に受身でしたね。しかし磐田がそんな優しい姿勢で来てくれるとは到底思えません。カレン辺りが先発で後先考えずにプレッシングにきたら厄介だなと。それでも野沢の復調とダニーロスーパーサブ復活という上積み、チームの一体感があれば全く越えられない壁ではありませんので変わらず集中して望んでもらいたいです。あと思ったのはこの大分戦でもし、アツト、ハンド判定・退場・PKとかの誤審をされたり、名古屋戦の京都のように終了間際に不当なPKを取られてしまった場合、・・・が何も起こさず耐えられるかです。いつかは頭に血が昇る何かが起きてしまうんです。それまで性善説でいいのかフロントには想像力を働かせてもらいたいです。先述の2試合はうちに降りかかってきた場合のことを思うとゾッとした2試合でした。
【2008/11/25 00:16】 URL | 初心鹿 #- [ 編集]


参戦して参りました。
いやあ、気合い入ってましたよ、鹿軍団。
でも、前半で一点欲しかったなぁ…
それにしても大分のサポさん達は老若男女駆け付けて、沢山の声援でした。場内の係の方も優しかったです。
昔は鹿島もああだったんだよなぁ…と思い出しました。こけら落としのパルメイラス戦なんか。
今週末は鹿島に行きます。相手が磐田なんで向こうも必死でしょうが、今回のような気合いならいけると思います。
【2008/11/25 23:17】 URL | レン #mQop/nM. [ 編集]

>久々に勝利のコメント
ュLOVEさん、コメントありがとうございます。
大分戦は実にいい試合でした。
明日もあのような試合を期待したいです。
累積警告にリーチのかかっている選手もいますが、今季はリーグ戦が最後の試合となるので何とか最終節まで全部出てほしいですね。
【2008/11/28 21:19】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

初心鹿さんへ
コメントありがとうございます。
鹿島攻略法はどこでもできるわけではないですからね。
球際や出足で負けなければ通用しないですし、新潟のように引き分けが精一杯というところでしょう。
FC東京のカボレのようないいウィングがいるクラブも少ないですからね。
大分は勝たないといけなかった試合ですし、いつも通りのサッカーをしようというシャムスカ監督の狙いだったのでしょう。
磐田も必死に来るでしょうから、球際、出足で大分戦のように圧倒してほしいですね。
【2008/11/28 21:25】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

レンさんへ
コメントありがとうございます。
いよいよ磐田戦ですね。
向こうも必死で来るでしょうが、ホーム最終戦ですし大分戦のような気合いならいけるでしょう。
【2008/11/28 21:26】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/659-8e514c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する