鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

大宮戦を振り返らねば
今さらながら大宮戦の分析です。
前半
プレス合戦
大宮はもともと前半は0-0で折り返せばっていうプラン。
開始1分足らずで失点するというハプニングはありましたが、ラインを決めて鹿島選手が入ってくるとプレスにいくという方針を採っていました。
鹿島はというと前からプレスに行って、いいボールの取り方をした時に攻めの形が出ていましたね。
そのぶん、前半のプレス合戦は鹿島の優勢勝ちといったところ。
ディフェンス
ボールを取られても増田が前でプレスをかけて、相手の攻撃を遅らせるシーンが2回ありましたし、サイドもイバ、野沢、中後らが状況によって守備しており、相手選手に最後までついていっていました。
ボールをしっかりと見てディフェンスし、相手との距離感もよかったです。
田代とミネイロの2トップはプレスに行くタイミングがいいです。
ヤナギとミネイロだと同じ選手に同じタイミングでプレスに行くことも多かったのですが、この2人だとまずミネイロが行って相手がパスを出したところに田代が行くという感じで、前線から相手にいいプレスがかかっていました。
きっと後ろの選手も守備しやすかったでしょう。

後半
立ち上がり
G大阪戦でも失点しましたが、立ち上がりの入り方が課題です。
大宮戦は失点こそしませんでしたが、少し集中力が欠けたプレイに見えるのが気になります。
我慢の時間
鹿島に2点目が入るまで、押し込まれている時間でした。
これはいわゆる我慢の時間帯。
相手も1点ビハインドで攻めてきているので、押し込まれる時間があるのは仕方ないです。
そういう時はセンタリングを入れられてしまうこともあるでしょう。
そんな時、真ん中がふんばってはじき返す。
悪い時の鹿島はボランチがずずーーっと下がってDFラインに吸収され、センタリング入れられ放題という時間が多かったです。
大宮戦ではボランチより前の選手がDFラインの前に位置取れてたので、CBがはじき返したボールを拾えていました。
これができないと押し込まれる時間がずっと続くことになります。
さらにボールが拾えてるからこそ、カウンターに繋がっています。
ここがこれまでの悪い鹿島の守備との決定的な違いです。
セットプレーの守備
リーグの千葉戦でセットプレーの失点が多かったのですが、この試合は失点こそなかったものの大宮選手に先に触られるシーンが多かったように思えます。
岩政がいない影響か、集中力の問題か、どちらにせよ今後にむけて解決しなければならない課題です。
攻撃
パスを出したあとの走り込み、いわゆるパスアンドゴー。
3人目の動きもかなり多くなっていました。
相手に詰められても体を張ってボールキープ出来ていました。
ボールキープとオフザボールの動きが合わさって、パスが回るようになってきましたね。
ほんと一時のどん底てなんだったの?
やっぱり精神的なものだったんでしょうねぇ。
アリソンかわいそう
大宮はアリソンが孤軍奮闘していましたね。
スピードで鹿島DFを置いていくシーンもありました。
でも、大宮全体の上がりが遅く、中に人もおらずフォローもない。
あれではアリソンも一人で状況を打開するしかなく、苦しいプレイが目立ちましたね。
ただ周囲との連携がよくなれば、あのスピードは少々やっかいです。

選手評
ミネイロ
ポストプレイの難しいボールも簡単に敵に渡さず、くさびのボールをよくキープしてくました。
だいぶコンディションもよくなってるみたいですね。
田代
課題だった2トップのからみは高低という条件においてはよくなっています。
2点目も田代の落としをミネイロが拾ってもらったファウルからでした。
野沢
下がったポジションでなので、なかなかゴール前でのチャンスっていうのはないです。
ペナルティエリアちょっと外から2本惜しいシュートがありました。
前半の1本目はただでさえ反応しづらいアウトサイドのパスで、スピードもあったのでミネイロもびっくりしてきちんとした場所に落とせませんでしたね。
もうちょっと野沢よりに落としてくれてたらもっといいシュート打てただろうが。
2本目の増田の落としからのシュートはえらい曲がってました。
あれは枠に持ってって。
増田
攻撃参加はあまりありませんでしが、田代の先制点をアシスト(本人曰くミスキックらしいが)。
守備に関しては、勇気を持って前に出てプレスしチームを助けていたと思います。
本山
今シーズン初ゴール。
3人だけで崩してのゴールでした。
コンディションは確かに上がってるようです。
もうシーズン終了ですが…(;-_-;)
Fサントス
2アシストの大活躍。
本山のアシストはよく体を張ってキープしてからパス出してました。
これまでおもしろいようにコロコロ転がってたのが嘘のようです。
そのたびにレフェリーに文句言ってたのに、審判の判定に怒ってたトニーニョをなだめていたのはちょっと笑えました。
後半はアリソンが鹿島の左サイドに回っていたので苦労させられてました。
マークの受け渡しに問題あるのはコミュニケーションの問題か。
ボールを持った選手への距離もちょっと開けすぎですね。

この試合の見どころ
田代の先制点ヘッドです。
日本の人って2点目のような勢いよく突っ込んでのゴン中山みたいなゴールを好むのかな。
でも難易度はダンチで先制点のが高いです。
ああいうシュートが狙って打てるなら、ただ高いだけの選手に差をつけられると思います。

監督評
後半17分にミネイロ→興梠の交代をしただけでした。
まぁ、ベンチにあまり攻撃的な選手が入ってなかったですからね。
この試合展開なら、むやみに守備の選手を替えるのもどうかと思うし妥当なところでしょう。
田代、本山は調子いいし、野沢はできるだけ使いたいだろうから、休ませる意味も含めてミネイロと交代したんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/68-fce17779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する