鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ギリギリ中断明けJ1展望
いよいよ待ちに待ったJ1再開ですね。
中断までに約3分の1の日程を終了し、残り3分の2の展望を予想してみたいと思います。
ちなみにJ1スタート前の展望はこちら→ギリギリ09シーズンJ1展望
磐田や大分に顕著ですが、補強やケガ人でチーム状態もガラっと変わるのでなかなか予想も難しいですし、アテにならないですけどね(^^;)

鹿島アントラーズ 1位 勝ち点29 9勝2分1敗 18得点8失点(+10)
①補強度:☆☆☆(+1)
②選手層:☆☆☆☆(+1)
③監督力:☆☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆☆
⑤守備力:☆☆☆☆☆

【寸評】
ACLの関係で1試合少ない中で2位と勝ち点4差の1位は申し分ない結果。
鹿島としては他クラブがどうこうというより、夏場の戦い、そして終盤のACLとナビスコ杯を含めた連戦をうまく乗り切れるかが鍵となってきそう。
再開後から8月いっぱいまでの間で、昨季同様に7勝は上げたいところ。
そして、いきなりACLと延期になっていた名古屋戦のため5連戦。
連勝して勢いに乗りたいところ。
①大迫とパクチュホが即戦力の活躍で☆1つアップ。
②プラス1システムで☆+1。
③気にかかる事といえば、連戦時の選手起用のみ。
④省エネサッカーのため少なめもポテンシャルは高い。中断中のキャンプで取り組んだカウンターアタックの精度に注目。
⑤予想以上の守備力、これをシーズンを通して持続したい。

浦和レッズ 2位 勝ち点25 7勝4分2敗 17得点12失点(+5)
①補強度:☆☆☆(+1)
②選手層:☆☆☆☆☆
③監督力:☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆☆
⑤守備力:☆☆☆☆(+1)

【寸評】
予想より早くフィンケの目指すサッカーの形が具現化。
攻撃的パスサッカーにも関わらず得点が少ないが、これから精度が上がってきそう。
戦術の浸透と運動量のいる戦術なだけに夏場と連戦をどう乗り切るかが課題となりそう。
①プロビンチャ系監督のもと、さっそくユースメンバーが活躍で☆+1。
②ポンテや代表組が離脱もナビスコ杯で結果を出すあたり、やはり厚い。
③プロビンチャ系だけあって若手の使い方が上手い。
④実際は守備力で勝ってる試合が多いものの、これからの戦術浸透、外国人、ルーキーの活躍でアップしそう。
⑤浦和持ち前の守備は健在で☆+1。ただ、連戦で疲労が溜まるとガクっと落ちる。

アルビレックス新潟 3位 勝ち点22 6勝3分4敗 20得点14失点(+6)
①補強度:☆☆☆(+1)
②選手層:☆☆
③監督力:☆☆
④攻撃力:☆☆☆(+1)
⑤守備力:☆☆☆(+1)

【寸評】

補強と4-3-3のフォーメーションがマッチして序盤は大躍進。
ケガ人と代表の離脱でナビスコ杯惨敗も、07シーズンくらいの結果は残せそう。
ホーム力を失いつつあるのが気になるが…。
①ペドロ・ジュニオールの活躍で☆+1。
②相変わらず少しの離脱者で結果が出なくなるようだ。
③そろそろ新フォーメーションに相手が対応してきている。また、ケガ人など離脱者が出たときをどう乗り切るかが相変わらずの課題。
④3トップで得点力アップで☆+1も、徐々に対戦クラブも対応しつつある。
⑤前線からのプレスで☆+1も、主力がいなくなると機能しなくなるみたい。

川崎フロンターレ 4位 勝ち点21 6勝3分3敗 23得点15失点(+8)
①補強度:☆
②選手層:☆☆
③監督力:☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆☆☆
⑤守備力:☆☆☆(+1)

【寸評】
開幕から3試合勝ちなし、その後も波に乗れなかったが、一応リーグ戦は3連勝で中断へ。
しかし、失点も増えて来てACLグループリーグ最終戦の敗北も気がかり。
ACL決勝トーナメントでG大阪に勝てば波に乗りそう。
①新加入選手は特に目立った活躍なし。
②夏場、リーグ終盤はきつくなりそう。ジュニーニョ離脱騒動には冷や汗もの。
③『攻撃力を下げずに守備力をアップ』という課題は及第点か。
④リーグトップクラスの破壊力だが、レナチーニョ離脱は影響ありそう。
⑤12試合で15失点は悪くなく☆+1も、完封試合が1つというのはタイトルを狙うなら物足りない。

G大阪 5位 勝ち点20 6勝2分4敗 26得点16失点(+10)
①補強度:☆☆☆☆☆
②選手層:☆☆☆☆☆(+1)
③監督力:☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆☆☆(+1)
⑤守備力:☆☆☆(+1)

【寸評】
ゼロックスでは完敗してチーム状態を心配されるも、その後はらしさを取り戻して中断前にリーグ順位は好位置へ。
①レアンドロとチョジェジンがいきなりフィット。
②ただでさえ層が厚いのに、加地と二川の復帰で☆+1。
③毎年恒例の終盤の失速があるのかに注目。
④リーグトップの26得点、外国人2トップで破壊力増す。
⑤加地の復帰で☆+1。守備から入ってカウンターっていう相手に失点多し。

サンフレッチェ広島 6位 勝ち点20 24得点17失点(+7)
①補強度:☆
②選手層:☆☆(+1)
③監督力:☆☆☆(+1)
④攻撃力:☆☆☆☆(+2)
⑤守備力:☆☆(+1)

【寸評】
J2を経て戦い方が形になっており、それがJ1でも結果に繋がっている。
ただ、ナビスコ杯最終戦など、若い選手が多いだけに大一番に弱さが目立つ。
①レギュラー定着はやはりミキッチくらい。
②ケガ人が多いも、若手で踏ん張って☆+1。しかしFWの選手層が…。
③精度はまだまだも、目指すサッカーをきっちり具現化で☆+1。
④予想以上の破壊力で☆+2。しかし、連戦ではガクっと落ちている。佐藤に何かあったら一気に心もとない。
⑤予想ほど酷くなく☆+1も、大味なスコアも多く、後ろから繋ぐスタイルなだけにパスミスをもっとなくしたいところか。

名古屋グランパス 7位 勝ち点19 5勝4分3敗 16得点14失点(+2)
①補強度:☆☆☆
②選手層:☆☆
③監督力:☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆(-1)
⑤守備力:☆☆☆☆

【寸評】
初挑戦でACLグループリーグを見事1位で突破も、選手層が薄く台所事情は苦しい感じ。
①ヨンセンと比べてダヴィがいまひとつフィットしきれていないような…。
②やはりマギヌンの不在は痛く、今後再びキーマンが離脱する事態になるときつそう。
③あの手この手で柔軟に戦術を変えてなんとか結果を出し続けるも、それにも限界はある。
④ダヴィで個人の突破力は増したものの、サイド攻撃を中心とした組織での攻撃はやや不調で☆-1。ケネディ獲得の噂があるが。
⑤ディフェンスはなんだかんだでそれなり安定させてきそう。

清水エスパルス 8位 勝ち点18 4勝6分3敗 13得点14失点(-1)
①補強度:☆☆(-1)
②選手層:☆☆☆(-1)
③監督力:☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆(-1)
⑤守備力:☆☆☆☆(+1)

【寸評】
毎年新戦力の融合に手間取る長谷川監督だが、今季もそうだった。
若い選手が多いのでやはり波に乗れないとなかなか抜け出せないところはあるみたい。
①期待の新戦力があまり活躍できず☆-1。
②若くていい選手は多いがいざというときに頼れる経験というものを考えると普通くらいか。
③例年通りならここから終盤にかけてACL圏内を争う位置にまで持っていきそう。
④相変わらず新戦力の融合に戸惑って☆-1。ヨンセンは復調してきてるので今後アップしそう。
⑤得点が少ない分守備で踏ん張って☆+1。ケガ人が出なければ今のまま安定してそう。

ジュビロ磐田 9位 勝ち点18 5勝3分5敗 20得点23失点(-3)
①補強度:☆☆
②選手層:☆☆☆
③監督力:☆☆
④攻撃力:☆☆(-1)
⑤守備力:☆☆☆

【寸評】
序盤最悪スタートもイグノ効果でいつのまにやら9位に。
そのイグノがいなくなってどうなるのかに注目。
①新しい外国人の補強はあるのだろうか。
②期待を抱かせるいい日本人選手はやっぱり多いなぁ。
③今こそ監督力が問われるとき。
④前田さえケガしなければ、イグノがいなくても普通に得点力はありそう。
⑤3節までの10失点を考えると、だいぶ安定はしてきている様子。

京都サンガ 10位 勝ち点17 5勝2分6敗 12得点14失点(-2)
①補強度:☆☆☆☆
②選手層:☆☆☆
③監督力:☆☆
④攻撃力:☆☆(-1)
⑤守備力:☆☆☆

【寸評】
ホームでは守備力アップ効果があるみたい。
戦術を相手によって変更するのは観ている方としては面白いが、やっぱり安定感はイマイチっぽい。
①豊田はまだ力を発揮しきれないが、ディエゴとイジョンスはチームの軸に。
②薄くはないが、ちょっと守備的な選手の割合が多すぎのような…。
③守備出身が色濃く出ているが、カメレオン戦術が相変わらず足を引っ張っていきそう。
④リーグワースト2位、柳沢復帰でなんとか盛り返せそうだが☆-1。
⑤イジョンスの加入で守備力増すも、特にアウェイで失点が多く安定感はあまり感じない。

ヴィッセル神戸 11位 勝ち点17 5勝2分6敗 17得点20失点(-3)
①補強度:☆☆☆
②選手層:☆☆☆
③監督力:☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆☆☆
⑤守備力:☆☆(-1)

【寸評】
外国人に早々からケガ人続出で計算が狂った模様。
ホームでのあの強さはたいしたもの。
①新外国人がケガにみまわれたので、まだ伸び代はありそう。
②毎年無駄に選手登録数は多い。
③ケガ人もだいぶ戻って試合もこなせたので、そろそろ本領発揮か。
④外国人のフィット、大久保の加入でアップしそう。
⑤リーグ戦では完封試合が1試合もない…。☆-1。宮本はいたるところからフィジカルが弱点と言われているが。

モンテディオ山形 12位 勝ち点16 4勝4分5敗 15得点13失点(+2)
①補強度:☆
②選手層:☆
③監督力:☆☆
④攻撃力:☆
⑤守備力:☆☆(☆+1)

【寸評】
下馬評を覆して序盤のJリーグを盛り上げてくれた。
しかし、選手層の薄さはいかんともしがたいか。
①目立った補強はなかったものの、J2からのメンバーがすごくよくまとまっている感じ。
②やっぱりこの選手層はきつい。シーズン終盤になればなるほどきつくなりそう。
③選手層の薄さをどう工夫して克服するかに注目したい。
④長谷川と古橋がフル稼働すればなんとかなりそうだが。
⑤13失点は特筆もので☆+1も、徐々に失点が増えておりこれからきつくなりそう。

横浜FM 13位 勝ち点16 4勝4分5敗 18得点17失点(+1)
①補強度:☆☆(+1)
②選手層:☆☆
③監督力:☆☆
④攻撃力:☆☆☆(+1)
⑤守備力:☆☆☆(-1)

【寸評】
前代未聞の大失態から中村俊輔の獲得に失敗。
俊輔ショックがどうチームに影響するか注目したいところ。
ショックがなくてもフロントは他の面でも足を引っ張りそう。
①渡辺千真の活躍で☆+1。
②新たな外国人獲得はあるのだろうか。
③極端な若手の積極起用、調子がいいときの選手・戦術変更など俺の手柄だぜ的な采配?
④渡邉千真が活躍で☆+1も、そろそろ警戒され厳しくなってきそう。
⑤安定感イマイチで☆-1。ボランチの選手起用、デキが大きく影響しそう。

FC東京 14位 勝ち点16 5勝1分7敗 15得点22失点(-7)
①補強度:☆
②選手層:☆☆☆
③監督力:☆☆(-1)
④攻撃力:☆☆☆
⑤守備力:☆☆☆

【寸評】
ナビスコ杯は逆転1位で決勝トーナメント進出を果たしたので、その勢いをリーグ戦に持ち込めるか。
城福監督によればチーム状態はいい模様。
①中村北斗はまたケガだそうで。
②突出した日本人選手はいないが、一定レベルの選手が多い感じ。
③ムービングフットボールという言葉だけ先走り、なかなか具現化されないところは岡田・反町両監督同様に日本人監督だなぁって感じ。
④石川が調子よく、カボレも調子が上がってきてそう。平山は相変わらずか。
⑤守備は徐々に安定傾向か。

大宮アルディージャ 15位 勝ち点14 3勝5分5敗 18得点22失点(-4)
①補強度:☆
②選手層:☆
③監督力:☆(-1)
④攻撃力:☆☆(+1)
⑤守備力:☆☆(-1)

【寸評】
今季の開幕から唯一負けなし(ナビスコ杯含む)という称号を得るも、やはりホームさいたまスタジアムあたりから失速。
目先の欲に目がくらんでホームを大事にしないとたいてい痛い目を見る。
そろそろ沈まない小船から潜水艦に乗り換えることになりそう。
①悪くはないけど全体的にパッとしない感じ。マトはいい選手だが、前任のレアンドロと比べたら大きな補強とは言えない。
②稲本獲得を狙っている模様。
③やっぱり相変わらず監督のチョイスが微妙。
④ショートカウンターが功を奏して☆+1も、それ一辺倒ではこれから厳しくなってきそう。
⑤大崩壊してる試合が多いので☆-1。

ジェフ千葉 16位 勝ち点12 2勝6分5敗 13得点19失点(-6)
①補強度:☆☆
②選手層:☆
③監督力:☆☆(-1)
④攻撃力:☆☆
⑤守備力:☆☆

【寸評】

シーズン序盤からFW獲得に動いていたが、ようやく名前が挙がってきたみたい。
ジェフリザーブスは切り札になりそうにない。
①外国人FW次第かなぁ。
②昨季培ったレンタル移籍の連発で危機を乗り切るか。
③リヴァプールのコーチだったのだが、もしかして古いイングランドスタイルのサッカー好き?
④⑤大量得点もなければ、大量失点も少ない。無得点試合は少なけれど無失点試合もほとんどない。

柏レイソル 17位 勝ち点9 1勝6分6敗 16得点27失点(-11)
①補強度:☆
②選手層:☆☆
③監督力:☆(-1)
④攻撃力:☆☆
⑤守備力:☆(-2)

【寸評】
やはり守→攻への意識改革はかなり難しく、失敗した模様。
監督の手腕も疑問符。
フランサなどケガ人はある程度戻って来て、ナビスコ杯でも最後は調子が上向きみたいなので巻き返しがあるのか。
①アルセウは登録抹消、新たな外国人獲得はどうなるのだろう?
②登録選手は多いが、不思議と厚く感じない。
③残留を目指すなら監督変更は必須のような…。☆-1。
④結局はフランサ頼みだと思う。
⑤やっぱり守備崩壊で☆-2。

大分トリニータ 18位 勝ち点4 1勝1分11敗 9得点23失点(-14)
①補強度:☆
②選手層:☆☆☆
③監督力:☆☆☆☆
④攻撃力:☆☆
⑤守備力:☆☆☆(-2)

【寸評】
昨季ほどの躍進はないだろうと予想も想像以上に厳しい状況に陥ってびっくり。
ケガ人、通訳の変更、九州石油ドームの芝の状態など理由はいろいろあるようだが、かなり厳しい状況。
残りを勝率5割で何とかギリギリ残留できるかどうかという感じ。
ケガ人が戻って来て、ナビスコ杯でも徐々に勝ち点を取れるようになって長い長いトンネル脱出なるか!?
と言っても、まだ大江戸線から東西線に乗り換えたくらいかな。
①選手の残留が最大の補強もケガ人続出で…。
②レンタル加入だった選手などが残留して厚めだったが、ケガ人続出で…。
③今季もシャムスカマジック炸裂のはずが、ケガ人続出で…。
④ケガ人続出で昨季以上に酷いことに…。アンジョンファンの獲得は消滅して補強をどうするか。
⑤ケガ人続出で自慢の守備も崩壊。深谷の再離脱は痛い。

※☆は5つが満点です。
※データや予想はこーめいの独断と偏見によるものです。
※予想には隠れデータも考慮に入れています。
予想が当たりそうかハズれそうかは、Jリーグ戦力分析Jリーグ予想を参考にして独自にご判断ください。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
時間の関係上コメントの返信はしない方向でいこうと思っていますのでご了承ください。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
浦和
昨日の横M戦を見る限りでは、浦和の選手層は☆3つくらいですかねー。
【2009/06/23 00:36】 URL | kuku #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/682-36cdf225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する