鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中止試合の行方
12日の川崎戦が「ピッチコンディション不良のためノーゲーム」となり、波紋が広がっていますね。
現在は理事会で審議されていて、理事による多数決、もしくはチェアマン採決などで最終決定される模様で明日結果が出るそうです。
考えられる選択肢としては3つでしょうね。
①再試合
これまでのJでの中止試合がそうであったように、0-0からの再試合でもう一度90分試合をするということです。
Jリーグ規約第4章第3節第63条
(不可抗力による開催不能または中止)公式試合が、悪天候、地震等の天災地変または公共交通機関の不通その他いずれのチームの責にも帰すべからざる事由により開催不能または中止となった場合には、原則として再試合を行う。

Jリーグの規約ではこのようにありますから、規定路線で行けばこの選択肢がもっとも有力だと思われます。
ただ、1位と2位の大一番の試合だけに再試合となれば結局どっちも得はしない結果となると思います。
鹿島
再試合で勝利、引き分ければもちろん三連覇へとかなり有利な状況になりますが、岩政も「どの状況から次が始まるのか分からないので、何とも言えない。ただどうなっても波紋は広がる」と言っているように外野の声がうるさくなり、鹿島にとってむしろ悪影響の方が大きいと思います。
わざわざ再試合をして負ければ精神的なショックも大きくなるでしょうからね。
川崎
川崎はデメリットしかありません。
試合終盤に3-1でリードしていたものがリセットされる上に、日程的にもきつくなりますし、また遠征しなければいけません。
さらに負けたり引き分けたりしたら最悪ですよね。
②試合中断時点からの再開
1-3の状況から残り16分+ロスタイムをプレイするということになります。
リーガでは過去にこういった状況で再開されることもありました。
天候が再現されないことは仕方ないとして、問題は中止時点でピッチに立っていた選手が再開試合時点で病気やケガをしていた場合ですね。
鹿島はまだ交替枠を1つ残してましたが、川崎はすべて使い切っていました。
つまり、完全な再現にならない可能性もあるということです。
そういうところは両者の協議によって解決すれば、試合だけを見ればもっともフェアな選択肢ですね。
失われた16分をプレイするということですから、どんな結果になってもリーグの今後を考えればもっともスッキリ感が出ることになると思います。
しかし、プロである以上興行面というものも見ていかなければなりません。
鹿島
川崎戦がノーゲームとなると当然チケットは払い戻し、もしくは半券を持っていれば再開試合は無料で入場可能となるでしょうが、鹿島側が受ける金銭的被害、人的コストは多大なものになるでしょう。
しかもわずか16分の再開試合では新たに入場者数を見込めるわけありません。
川崎
わずか16分のために日程をとって遠征をしなければいけません。
③試合成立
中断した試合を成立したものとみなし、川崎の3-1の勝利となります。
第3節 運営
第47条〔不可抗力による開催不能または中止〕試合が不可抗力により開催不能または中止となった場合、その勝敗の決定方法は、理事会において協議の上、決定する。

一応こういった規約はあるのですが、細かいルールがないことが問題ですね。
鹿島
サッカーはロスタイムで3点入ることだってあるわけで、同点になるチャンスをふいにされることになります。
客観的に見て、今季の鹿島に先制、2点リードされた試合をひっくり返す、もしくは追いつく強さがあるとは思えませんが、鹿島はこれまでどんな状況でも諦めなかったからあれ程のタイトルを獲ってこれたわけです。
つまり、ここで鹿島が試合成立を認めるということはクラブが培ってきたものを否定することになり、そんな矛盾することをしていては優勝は手に入らないです。
もしJリーグがこの選択肢をとったなら仕方ないですし、その場合はすっきり気持ちは切り替えられるかもしれませんけどね。
川崎
川崎としてはメリットというか、当然の結果というとらえ方でしょう。
リーグの今後にとっても遺恨は少ないと思います。

ハロウィンでは、やって来た子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と言って、なぜかいたずらされるかお菓子をあげるかという理不尽な選択を迫られることになるのですが、天のいたずらによって岡田主審がおかしな判断をしていずれにとっても理不尽となる決断を迫る事態になってしまったような気がします。
こーめいはこういったどこも得しない、すっきりしない事態が生じたときはもっとも偉い人が損をするべきだと思います。
つまり、Jリーグですね。
Jリーグが鹿島の払い戻し損害金と川崎の遠征日の負担をするということで、②試合中断時点からの再開するのがいいと思います。
鹿島側は再開試合の運営コスト、川崎は日程的な負の要素を被りますが、試合自体はこれが1番すっきりした状態で終わりますし、今後のリーグ戦でも雑音が出ることはないでしょう。
Jリーグも金銭的面での負担を持てば、今回の事態で噴出しているJリーグへの批難へも一応形として責任を取ることになりますから。
Jリーグ関係者もよく分かってないJリーグ分配金の計算方法ですが、一応露出の多いクラブにより多くの金額が入るということになっているようで、今回の一件はJリーグの露出に貢献したわけですからね(笑)
Jリーグ分配金という形で支払うようにすれば一応名目も立つんじゃないですか。
「0─0から再戦」か「3─1で成立」…大雨中止の鹿島(報知)
ただ、この記事によれば②の選択肢はないようですけどね。

理事会でどんなことを審議してるのか知りませんが、こーめいは答えはシンプルだと思いますよ。
審議すべきは試合の経過時間やスコア、川崎の日程などではなく、真に審議されるべきは岡田主審の判断が正しかったかどうかです。
不破信マッチコミッショナーによると「審判団4人がピッチコンディションが悪く、選手が安全に試合をできないと判断した」そうです。
・川崎Fのクラブ関係者は当然のように再開を要求。開催責任のある鹿島側が「この程度で中止はない」と岡田主審に詰め寄る場面もあった(ニッカン
・中断中の協議では、鹿島、川崎両チームの実行委員、運営担当からも試合続行の意見が出ていた(報知
・岡田主審は、鹿島の運営担当に見解を求め、試合続行可能と助言されていた(報知
各報道を見ると試合中断を主張していたのは、レフェリーだけです。
是非は置いておくとしても不破信マッチコミッショナーに中止すべきか続行すべきかの判断力はなく、レフェリーに追随したというだけですからね。
川崎側が試合再開を主張するのはもちろん、鹿島だってまだ追いつく可能性がなくはなかったわけですし、中止になれば運営面ではどうしてもコスト的な損害が出ますから。
しかも、ピッチ状況を見れば川崎の選手はもちろん、鹿島の選手、挙句の果てには岡田監督まで中止という判断は妥当ではないと考えていたわけです。
関塚監督「何でそういう判断になったのか。もっと激しい雨でもやったことはある
川島「ピッチ不良で中止なんて聞いたことない
中村「普通にできる。雨が降ってもやるのがサッカー
興梠「止めたときが一番雨がやんでいた。あのまま続ければよかったんじゃないかと思う
篤人「こういう状況でもやるのがサッカーだと思っていた。雨の日は楽しんだもん勝ち(という言葉があるくらいだから)。でも、決まったことだからしようがない
岡田監督「なんでやめたのかな。たいして降ってないのにね
天のいたずらによって岡田主審がおかしな判断をして、正義の理不尽な鉄槌を振り下ろし、理不尽な選択肢を迫る形となってしまったように思います。
「審判団から、ピッチコンディションが悪く、選手の安全面を考慮して試合を中止したいという申し出があった。最終的にはこちらで判断した」と不破MC(報知)とありますが、選手の安全面ってどういう意味なんでしょうかね。
雷雨だったら分かるのですが…。
水が溜まってピッチが滑るとかなら、今季の九州石油ドームの踏ん張ったら芝がズリ剥けて滑るピッチの方が危険でしたからね。
水しぶきのせいで選手の接触プレイが見えずにきちんとジャッジできなくて危険というなら、きちんとそこを明白にしてほしいですね。
しかし、それは多分にレフェリーの技量のなさが原因だと判断されると思いますが…。
試合終了後の監督の記者会見で、0-0から動かずに相手に失点を許したときに記者からなぜ動かなかったかと質問されます。
しかし、逆に動いて失点したらなぜ動いたのかと言われます。
雷雨で試合を中断せずに落雷で選手にケガ人が出たら、なぜ試合を中止しなかったかとレフェリーは批難されるでしょう。
でも、今回の試合で残り時間に選手にケガ人が出たとしても、なぜ試合を中止しなかったのかとレフェリーが批難されることがあるでしょうか?
選手の安全面というより、自らがあの状況できちんとしたジャッジができない、帰路の時間などそういった要因で判断してしまったように思いますね。
そこで明日に出されるJリーグ側の結論ですが、岡田主審の判断が正しかったというならば、これまで通り0-0からの再試合にすべきです。
詳細な規定を明記してない以上、スコアや時間、1位と2位の戦いなどを考慮すべきではないです。
それをしてしまったら状況によっていくらでも結果が違って来るということになりますからね。
もし中位争いならこれだけ注目されることもなく、普通に再試合と判断される可能性も高いです。
川崎としてはもちろん納得いかないでしょうが、今回のことをきっかけに詳細ルールの作成を訴えかけるしかないでしょう。
Jリーグが岡田主審の判断が妥当ではなかったと判断した場合、そのときはJリーグ側のミスがあったから今回は特別にこーめいが提案した②試合中断時点からの再開 の改良版③試合成立の選択肢をとるという手順を踏むべきです。
そして、詳細ルールを作成し明記することで今後同じような状況が起きても混乱しないようにする必要があります。
ただ、Jリーグに岡田主審の判断が正しかったかどうかを審議するという考えは端からないでしょうし、こーめい提案の②試合中断時点からの再開 の改良版のように金銭面で自らの負担を強いるということも100%ありえないでしょう( ̄曲 ̄)
決断される選択肢はもっとも日和見的なものだと思われます。

こーめいはたとえ③試合成立となっても、勝ち点4差で残り9試合ばっちこいという気持ちです。
選手たちも逆に燃えて、3連覇に向けて全力の気持ちの入ったプレイを見せてくれると信じています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
時間の関係上コメントの返信はしない方向でいこうと思っていますのでご了承ください。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
うーん
鹿島サポの立場からしたら再試合なら天の助けで、負けをリセット出来た!と考えたりしますが、これでいいのかな?と考えたりします。 一番ベスト?は再試合で川崎Fに2点のアドバンテージを付ける。とか? 今後め考えてJリーグもを作って欲しいです。そのまま過去の事例で何も変わらないなら数年後、鹿島も逆の立場で酷い目にあいそう・・。家本レフェリーの件でもそうでしたのて。
【2009/09/15 12:42】 URL | 鹿が好き #- [ 編集]

賛成です。
フロンターレファンですが、公平なご意見に感服しました。
論理的に分析されており、おっしゃるとおりかなと思います。
川崎ファンも、鹿島ファンも、その他のサッカーファンも、
納得のいく結論をJリーグ理事会で是非出してもらいたいものです。
【2009/09/15 13:42】 URL | とみー #HfMzn2gY [ 編集]

今後に向けて欲しい
ご無沙汰しております。
中断時点からの再試合。
選手の疲労やグランドコンディションがその当時に戻るわけでもなく、試合を中断させてしまったがためにこの状況で再開するしかなかっただけですね。
クラブが損するだけで他は何も良いことなんてありゃしない。
試合がどう転んでも腑に落ちないのが今回の結末だと思います。
残り16分とアディショナルタイムを含めても残り20分前後でしょうか。
フレッシュな選手を投入してこれからという鹿島とカードを使いきって疲労した川崎。
どちらが有利というのはないかもしれませんが、それでも試合の行方を最後まで見届けたかったです。

>こーめいはたとえ③試合成立となっても、勝ち点4差で残り9試合ばっちこいという気持ちです。
選手たちも逆に燃えて、3連覇に向けて全力の気持ちの入ったプレイを見せてくれると信じています。

同感です。
ただ、川崎戦で試合中止後にサポ席まで挨拶にきた川崎が羨ましかったです。
なんかチーム一丸てこいうんだろうなと思いました。
鹿島は誰も出てきやしないし。
でてきたら2試合連続3失点だぞって言ってやりたくなっちゃいましたよ。
まったくもって情けない。
雄弁やアピールも大切ですが自分のチームがしっかり勝てるように点を決めるところで決めたり、体を張るところで体を張って踏ん張って欲しいです。

余談ですが、バックスタンドからみる両サポ席がアウェイには花がありました。
それに対し遠路はるばるきてくれる敵サポに敬意もなく帰れコールをしている方に気持ち悪さを覚えました。
【2009/09/16 16:17】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/690-26613d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピッチコンディション

最近のジーコ。欧州CLグループリーグ進出&インテルに金星あげたとか。監督として....最近のジーコ。欧州CLグループリーグ進出&インテルに金星あげたとか。監督として少しは成長してるのでしょうか?最近のジーコについて、下記のことについて御存知の方、教えて下さい。... 話題の芸能・スポーツニュースを先取り!【2009/09/14 12:17】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する