鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【J1第33節】ダブルフェイスで大一番を制す…のG大阪戦
結果
11月28日(土) 2009 J1リーグ戦 第33節
鹿島5-1G大阪(14:00/カシマ/35,598人)
[得点者]
56' 興梠慎三⑩(鹿島)←小笠原満男
58' 野沢拓也⑦(鹿島)

60' 二川孝広(G大阪)
62' 興梠慎三⑪(鹿島)←野沢拓也
85' 田代有三②(鹿島)←ダニーロ
89' ダニーロ②(鹿島)←野沢拓也

[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:本山、野沢
MF:中田、小笠原
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端


試合感想
立ち上がりの鹿島は別のチームを見てるようでした。
いつも通り前線から積極的に守備をしていて球際の競り合いや運動量は激しかったですが、それに加えてこの試合は攻撃意識が最初からものすごく高かったです。
選手たちの絶対勝つぞって気持ちが伝わって来ましたね。
その気持ち通りG大阪には得意のパスサッカーを出させず、鹿島が攻め立てます。
G大阪を押し込んでいただけにゴール前に相手DFの選手が多く、なかなか決定機までは作れませんでしたが、序盤から珍しくシュートをガンガン打ってました。
守備のよくないクラブ相手ならこの時間帯に得点できてたんじゃないですかね。
25分過ぎ頃から鹿島の運動量が落ち着き始めるとG大阪が盛り返して来ます。
ルーカスを少し下げて中盤を厚くし、ある程度スペースが生まれるとさすがにどんどんパスを回してきましたね。
しかもパス回しが早いので鹿島のチェックが間に合わずに前を向いてボールを持たれるシーンが増えて来ました。
特にペドロ・ジュニオールなどにドリブルで仕掛けられるのがやっかいでしたね。
でも、鹿島選手もしっかり複数の選手で挟んで対処し、シュートまではほとんどいかせませんでした。
ペナルティエリア内でペドロ・ジュニオールが倒れたシーンでPKかと一瞬ヒヤっとしましたが、吉田主審は逆にシミュレーションをとりましたね。
確かに足は当たっていましたから危ないところでした。
でも、鹿島の選手も4人で囲んでディフェンスしてましたがすぐに両手を挙げてファウルがないことをアピールしてましたし、実際にこの試合ペナルティエリア内ではファウルにならないように気をつけてプレイしてましたね。
このシーンも足をひっかけたというより当たったくらいの接触だったのであれくらいならPKはとらないことも普通にありますし、ましてや鹿島のホームですから。
後半になるといつもの鹿島らしいサッカーとなりました。
まずは守備からというスタンスで試合に入りましたね。
G大阪は前半の終盤に押し込めていたので、後半はいけるぞっていう気持ちがあったと思いますがこっちが鹿島の本当の顔です。
しっかり全体のバランスを取ってポジショニング、そして前線からプレスをかけてボールを奪ってのショートカウンター。
その効果はすぐに表れます。
小笠原がセンターサークルでボールを奪ってスルーパス。
抜け出した興梠が二度の切り替えしでDFを翻弄してファーサイドに決めます。
2分後にもチェイシングからボールを奪うと、マルキーニョスがシュート。
一度はGKに阻まれますが野沢が京都戦に引き続きまたもや華麗なシュートで追加点をあげます。
その後、すぐに二川にゴールを奪われて1点差にされるも鹿島も興梠のゴールですぐさま引き離します。
セットプレイのボールを跳ね返されますがダニーロがヘッドで競り勝ち野沢に落とすとグラウンダーのセンタリング。
ニアに走りこんだ興梠がトーキックでうまく合わせました。
興梠のスピードでニアに走りこまれたらDFは嫌でしょうね。
この後の10分をしっかり守れば勝てると思って観ていたら、なんとルーカスが2枚目のイエローカードで退場となります。
1枚目はアフタータックルで足の裏が小笠原に入ってましたし、2枚目もダニーロとの空中の競り合いでひじが入りましたからね。
しかもボールにはまったくいってなかったのであれではカードを出されても仕方ないでしょう。
これで試合展開は鹿島に断然有利になりますが、G大阪もさすがに底力があります。
1人少なくなっても得点を取りに行ってチャンス作ってましたからね。
しかし、鹿島はそこもきっちり守るとDFを削って前線の選手を入れて手薄となっていたG大阪から田代、ダニーロが追加点を奪い、今季初の4得点以上という大量得点で勝利しました。
野沢はこの試合でも1得点2アシスト、しかも華麗なリフティングまで見せてキレキレって感じです。
さすがミスタークライマックスですね。
来季からはできればミスター1シーズンって呼ばれるように、1年を通してクライマックスな活躍をしてもらいたいものです。
そして今の鹿島の強みと言えば中田浩二と小笠原、そして小笠原と興梠の関係性です。
中田と小笠原がドイスボランチを組んでいるわけですが、中田がアンカーの位置に入って小笠原と縦関係になることが多いです。
07シーズンに中後とやっていたようなポジションなのですが、アンカーの中田が守備のバランスを取って後方で展開もできますから、小笠原がその分前でプレイできるんですよね。
センターハーフっていう感じになってるのですが、高い位置でボールを奪うシーンも増えてますからその分すぐチャンスに直結します。
しかも小笠原がボールを持ったら興梠が必ず動き出してDFラインの裏をとる動きをしますし、小笠原もよく興梠の動きを見てます。
この試合の1点目、山形戦の得点もこの2つの関係性から生まれたものですね。
すごく攻守に効いてると思います。

さて、今日の大一番に勝利したもののまだ優勝を成し遂げたわけではありません。
川崎も新潟に勝利したため優勝争いは案の定最終節までもつれ込みます。
ちなみに1シーズン制になった05シーズンからずっと優勝が決まったのは最終節となってますね。
川崎が勝つと想定すれば、得失点差の関係で鹿島は勝たなくては優勝がありません。
内田が右半月板痛め(報知)
しかもケガで交替した篤人と試合終盤に退いたマルキーニョスが心配ですね。
たいしたことないといいですが。
ただ最終節アウェイの浦和戦も今日の試合のような気持ちで臨めばいい試合ができると思いますし、結果もついてくるでしょう。
来週もがんばって応援したいと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/694-87513f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する