鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

三連覇!!
結果
12月5日(土) 2009 J1リーグ戦 第34節
浦和0-1鹿島(15:30/埼玉/53,783人)
[得点者]
66' 興梠慎三⑫(鹿島)←内田篤人
[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:本山、野沢
MF:小笠原、中田
DF:イバ、伊野波、岩政、篤人
GK:曽ケ端


三連覇、おめでとうございます!ありがとうございます!
本当に歴史に残る偉業ですね。
終わって見れば鹿島が勝負強く勝利し、浦和は課題だったアタッキングサードからの攻撃ヴァリエーションの乏しさが出たという感じでした。
でも、普段は冷静に試合を見ることが多いこーめいもさすがに今日はヒヤヒヤしながら観てました。
この三連覇の中で1番ヒヤヒヤ感があったと思います。
特に残り15分くらいは本当に早く時間が経てと祈りながら応援してました。
というのも岩政のコメントにあるとおりのことをこーめいも試合を観てて感じてたんですよね。
G大阪戦みたいに序盤から攻撃の意識高くして行くかとも思ったのですがそうでもなかったですし、内容的にもちょっと固さがあったのかなと。
でも、浦和は後半に運動量が極端に落ちる事もあるのでそれを狙っての戦術なのかな~とも思いつつ。
それでも前半の残り5分でチャンスをたくさん迎えてましたし、後半も難しい試合になりましたが興梠が見事決めてくれました。
大事な場面で決めてくれたことといい、最近はゴールまでのプロセスもストライカーらしくなってきましたね。
そして、残り15分ヒヤヒヤしたというのも岩政のコメントにあるようにいつもの鹿島の守りとちょっと違ってました。
中央で跳ね返して危ない場面は体を張って守ってはいましたが、バイタルエリアのプレッシャーやサイドに展開されたところでのボールホルダーへの詰めなど甘いシーンが多く見られました。
おそらく攻撃力のあるチームならやられていたと思うので、来季ACLを狙う上で、もっと高みを目指す上で課題だと思いますけどね。
来季のことは補強に関してなどもまた今度書こうと思います。
本当に三連覇おめでとうございます。
そしてオリヴェイラ監督、誕生日おめでとうございます。
三連覇を達成しましたから、次の目標は何がいいですかね。
ACL優勝というのもありますが、3年後の二度目の三連覇を目指してがんばりましょう。
もしくは大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)でも目指しますか。

最後に南アフリカW杯グループリーグの組み合わせが決定しましたね。
日本はカメルーン、オランダ、デンマークと同組になりました。
これについてもまたの機会に書こうと思います。
では、今夜はまだまだ優勝の余韻にひたろうと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

3連覇嬉しいですよね。 本当にやってくれました。 まず監督の交代を注目してました。 本山を1点取るまで代えなかった(スコアレスでいつ代えるのかなと、本山への信頼を感じました)、交代がダニーロだった(青木じゃないの?と思ったけど、リードでもダニーロだった。 カウンターで2点目を狙う意図とダニーロへの信頼かな)。 そしてコオロキ→青木、野沢→田代と普段は野沢は運動量が落ちてもかえないけれど代えてきた。 これはそれほどトウーリオのヘディングが脅威でそれへの対処だったのかなと。 実際トウーリオはエメルソンを思い出させるような恐怖を与えてくれましたよ。

あとは審判ですね。 鹿島から見れば大試合で非常に悔しい経験(川崎戦内田、ACL小笠原の退場、過去ではレッズ戦の新井場・船山の退場など)からセーフティーな守備をガンバ戦に続き展開していたなと。 ガンバ戦なんてペドロに4人で囲んで優しく奪う(パスだされたら大変でしたよ)ことなんてやってましたから(ガンバはカンフーさっかーだったのに、なんかもう・・・不利で)。  レッズ戦の審判は激しいあたりでも結構流す人でしたから、まあ良かったのかなと。  で、一つ気になるのは川崎VS柏戦の審判です。 川崎1点目のPKはシュミレーションじゃなくてなんなんだというプレー。 退場者も2人でたみたいで、弱いものいじめにしか思えませんでしたよ(Jの優勝争い盛り上げるという、ファールのジャッジに関係ない意図がジャッジにもちこまれたように見えるんですね)。  ここはどう思うでしょうか。  審判は柏ー川崎戦もビデオできちんとチェックし、反省会を絶対して欲しいと。  プレーとは関係ない変な先入観でジャッジされるようなことだけは勘弁ですよ。 来季はそれが一番心配ですから! 
【2009/12/06 10:28】 URL | クラウデシールはダメだった #- [ 編集]


行ってきました、埼スタ。
内容は置いといて、やったぁ~!
てな気分です。天皇杯もあるけど今は、そこまで考えられないですぅ…
【2009/12/06 10:51】 URL | レン #- [ 編集]

優勝雑感
優勝おめでとうございます。
埼スタ、ビジターゴール裏は寒かったけど、感動しました。
確かにここ数試合に比べて、バイタルエリアでのプレッシャーの弱さ、
対人の詰めの甘さなど感じましたが、点を取られるイメージはなかったですね。
開幕戦のときも同じ印象でしたが、やはり今の浦和に決定力が欠けているってことでしょうか。
まして、ポンテ、高原がベンチスタートでは、攻め込まれながらも、まったく怖さはなかったですね。
07年のときのワシントンくらいでないと、好調時の鹿島の守備はそうそう破られないと思いました。
ひとつ懸念があったのは、この試合の主審が柏原さんだったこと。
どなたかが書かれていたように、鹿島とは相性の悪い審判の一人です(いっぱいいるですけどね)。
この試合でも特に前半は、新井場が速効でイエローもらったり、
他にも解せない相手寄りの判定が多々あったように思います。
おそらくこの点で、選手もナイーブになっていたのかもしれませんね。
不用意にFKやPKを取られたりしないように慎重になっていたのかもしれませんね。
まあ優勝の懸かった最終節ということですからセーフティに行くのはよかったのではないでしょうか。

得点シーンは、美しい流れだったと思います。
起点となった満男、そこからサイドの篤人へ、ゴール前に走り込む興梠とマルキ。
きれいでしたね。

その後、浦和はポンテ、高原、エクスデロと攻撃手3枚のカードを切ってきたわけですが、
これに対応して鹿島は、まずダニーロにポンテを充てる。
そして青木をDFとボランチの間に置くことで守備を分厚くする。
最後はセットプレー時の相手の高さ(高原、闘莉王など)へのケアとして田代を投入する。
以上は、個人的な見方ですけれども、鹿島のゴール裏からあっちのゴール裏を見ていてそういう印象を受けました。
うーん盤石の構え、オズってば老獪だなー、と、最後まで安心してみておったわけです。

いや、帰宅後に録画したTVを見て、最後はヒヤヒヤだったんだなというので背筋が寒くなったんですけどね・・・(苦笑)。

ともあれ、天皇杯もこのまま行ってほしいものです。

雨の埼玉スタジアム、優勝の懸かった一戦。
嫌が上でも03年のことを思い出してしまいます。
当時、バックスタンド席で肩身の狭い思いをし、
悔しさを飲み込んだあの日の雪辱を晴らすことができて、
とにかくとても嬉しいです! 

【2009/12/06 11:42】 URL | kuku #- [ 編集]

クラウデシールはダメだったさんへ
コメントありがとうございます。
三連覇の余韻がまだ冷めやりませんね。
最近のJリーグは少々の当たりではファウルとらないようになってますから。
鹿島サポは柏原主審にいいイメージを抱いてない人が多いと思いますが、それを考えると昨日のジャッジは問題なしと言っていいくらいのものだと思います。
何しろ柏原主審は以前に京都戦で田代がヘディングでゴールしたのに突っ込んで来たGK(全然ボールには触ってない)と接触したということで田代のファウルをとったレフェリーですからね。当然ゴールは取り消し。これはほんの一例ですが…。
川崎の1点目ですが、柏選手のスライディングはしっかりボールに行っていてその後接触しましたからあれはシミュレーションでもないですがファウルでもないって感じですね。
たぶん足の裏を見せてタックルに行ったという判断なのでしょうが、Jリーグのレフェリーは先にどちらがボールに触ったとか、ボールに触れてるかどうかなんて気にせず接触したところだけを見て笛を吹くレフェリーが多いです(^^;)
まだそれはいい方で鹿島にいたフェルナンドは新潟戦で、相手がボール処理のミスをしたのでその隙を突いて上から足の裏でボールを押さえるようにボール奪取を試みたのですが、相手が先にボールを処理したためそのままピッチに足を下ろしました。相手選手にもボールにも触れてないのに足の裏を見せていったということでイエローカード。二枚目だったので退場となりました。
本当に悪質なプレイをしようと思ってたらそのまま足の裏を入れてるだろうに…。
もう無茶苦茶です。
【2009/12/06 19:08】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

レンさんへ
コメントありがとうございます。
三連覇うれしいですね。
明日くらいからはサポも天皇杯へ向けて気持ちの切り替えが必要になってくるかもですね。
【2009/12/06 19:09】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>優勝雑感
kukuさん、コメントありがとうございます。
嫌なタイミングで雨が降り出すし、こーめいも柏原主審と知ったときは嫌な感じがしたのですが…。
イバのイエローは完全にハンドだったので当然ですけどね。
【2009/12/06 19:13】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

三連覇おめでとうございます
この勢いで、天皇杯も獲っちまいましょう!
【2009/12/07 21:50】 URL | yoichi #- [ 編集]

>三連覇おめでとうございます
yoichiさん、コメントありがとうございます。
三連覇おめでとうございます。
天皇杯はモチベーションが高いチームが優勝すると思うので、リベンジを狙うG大阪、初タイトルを狙う川崎、ACLを狙う名古屋など強敵ばかりです。
鹿島は王者としてのモチベーションで突き進んでほしいです。
【2009/12/08 19:20】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/695-f6be4429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する