鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【東アジア選手権】おもしろいほどつまらない…の中国戦
岡田監督はこの大会でこれまで出場機会の少なかった選手を起用するようなことを言っていましたが、前回の記事で書いたように選手を試すということがとことん下手ですね。
フォーメーションはこれまでの4-2-3-1を強引に3トップにするような形でした。
海外組の中村俊輔と長谷部はいませんが、結局連携面も含めて現時点で岡田監督の考えるベストメンバーで中国戦に臨んだと言うことですよね。
その意図が何にせよベストメンバーで戦った以上、勝利は絶対条件だったと思うのですが、試合後のインタビューで楢崎がPK阻止のことを聞かれて、「負け試合を引き分けにしただけ」と吐き捨てるように言っていたように負け試合でした。
その楢崎こそ歓声で迎えられましたが、岡崎のインタビュー時は大ブーイングでしたね。
ハーフタイムも試合後もブーイングの嵐でしたが、あの試合内容では当然だと思います。
シュートは13本ありましたが、見せ場と言えるものは、篤人のポスト直撃と大久保のボレーくらいで、一番の見せ場は楢崎のPK阻止でしたから。
相変わらずボールは繋げますがそれがゴールまで結びつきませんし、中国より実力が上であろうベネズエラ戦よりもチャンスは多かった印象ですが持病である決定力不足が…。
そもそも高い位置で起点が作れてないんですよね。
こーめいなら15分に平山と小笠原(ボランチ)を投入していました。
小笠原は疲れがあり、試合の流れを変える程の選手がベンチにいないという信じられない理由から選手交代を躊躇っていたそうですが、平山を入れてからしばらく中盤でボールを奪われることが多く、前線までボールがいかない時間帯が続きましたからね。
小笠原ならああいう試合の流れだと自分でミドルを積極的に狙って行きますし、篤人のサイドももっと上手く使えたでしょう。
小笠原に疲れがあると言っても相手は60分戦っているわけですし、日本のリズムがよくなかった時間帯なので何もしないよりはずっとよかったと思います。
そもそも大会前に結果にこだわっていくと言ってましたしベストメンバーで挑んだわけですから、勝つために動こうとしなかったのは考えられない選択です。
岡田監督の選手起用と選手交替の遅さ、そして試合後のコメントから考えるとベストメンバーで臨んで得点が取れないならサジを投げるしかないという意味にとれますね。
あのタイミングで中盤にテコ入れしていればPKを取られるようなシチュエーションにまではもっていかれなかったと思いますし、逆に言えば岡田監督が試合の流れを読めずあそこで動かなかったからリズムが悪くなってPKを取られるに至ったと言えます。
こーめいがインタビュアーなら、岡田監督に「2、3枚目のカードを切るのが遅かったですが、勝つ気はあったのですか?」と聞いてましたね。
確かに始動したばかりで難しい時期だというのはあります。
日本の選手は動きがまだ鈍いのに、中国は欧州と同じ秋開催で今はシーズン真っ直中だから選手たちの動きはキレキレでしたからね(笑)
なーんてことはないわけで言い訳にもなりませんね。
アメリカもこれまで一度も負けたことのないホンジュラスに1-3で敗北しました。
日本と同じようにシーズン前で欧州勢はいませんし、前半17分に退場者が出たとはいえ、監督もまだ選手のコンディションが悪かったことを敗因に挙げています。
しかし、アメリカはコンフェデで強豪相手に渡り合った明確な戦い方というのをすでに見せてるんですよね。
だから現時点でコンディションが悪い事を理由にしても、選手の動きがよくなればコンフェデ時のサッカーができるという見込みがあります。
日本はコンディションが上がってもせいぜいオランダ戦の戦い方が精一杯でしょう。
シーズン前という『時期』を言い訳にするのが、いかにナンセンスかというのがよく分かるでしょう。
その見込みがないからこそ、あのブーイングに結びついてるのです。
それに対して岡田監督は、「もちろん真摯に受け止めないといけないと思っていますが、われわれは今、勝つため、あるいは強いチームを作るためにベストを尽くしています」と答えています。
これって南米予選やコンフェデで結果を出しても守備的だとブーイングされているブラジル代表監督ドゥンガのコメントですよね?
それならしっくり来るのですが( ̄曲 ̄)

問題点が多すぎて全部挙げるのも面倒なので、根本的な2つのものだけ触れておきます。
①ビルドアップとオーバーラップ
まずビルドアップに関してですが、DFラインとボランチという低い位置で回しているときはほぼ右サイドの篤人から縦パスが入ってるんですよね。
これができるかどうかが長友と徳永との大きな違いです。
鹿島でも新井場が縦パスを入れるのが苦手だったので、篤人が入団した06シーズンはほとんど右サイドからビルドアップしてました。
08シーズンからは新井場もだいぶビルドアップと守備で成長を見せ、両サイドから縦パスを入れられるようになりましたが。
本来ならボランチの遠藤がもっと体を張ってキープして縦に入れるボールを出せないといけないのですが、天皇杯決勝まで戦った影響かコンディションが悪いです。
CBの闘莉王はいいフィードを持っているのですが、前にいる遠藤に入れてもそこから前に行きませんでしたし、玉田、岡崎、大久保の前線では中盤を飛び越える長いボールを入れても効果は薄いです。
というわけで右サイドからビルドアップすることが多かったのですが、篤人は攻撃ではビルドアップとオーバーラップという2つの仕事をしているわけです。
しかし、そこに出るボールの質が悪いことこの上ないです。
篤人にビルドアップを期待するなら足下へのパスでもいいですが、オーバーラップを促すなら走ってる前のスペースに出さなければなりません。
前にスペースがあるにも関わらず、オーバーラップしている篤人のスピードを殺す足下へ出すパスばかりでした。
後半になってようやく2つ程スペースに出るパスがありましたが、そのうちの1つが稲本からのパスでポスト直撃のシュートが生まれたあのシーンです。
DFはとにかくスピードに乗ってプレイされるの嫌なわけですが、篤人自身も前にスペースがあるにも関わらずボールを止めてビルドアップを選択していたシーンもありました。
チーム全体の意識としてビルドアップとオーバーラップを使い分ける判断ができてないんですよね。
パスを出す方がもっと意識してサイドバックを上手く使うべきですし、篤人も自分がほしいボールでなかったら要求しないといけません。
選手個々の状況判断で使い分けられればいいのですが、それが難しいなら、例えば篤人がハーフラインを越えた位置にいるときは前にスペースがあればそこに出すなど、決まり事を設けて意識を統一するべきですね。
それに加えて3トップにも関わらず、サイドの高いポジションでボールをキープしてそれをサイドバックが追い越すという連携も少なかったですし、とてもスムーズとは言えませんでした。
スピードに乗ったプレイを意識すれば、ポスト直撃のシュートシーンのようなチャンスがもっと生まれますし、試合もスピーディでエキサイティングになるはずです。
このビルドアップとオーバーラップの使い分けができてないことがどうして岡田ジャパンの根本的な問題かと言うと、パスにメッセージがない、気持ちがこもってないということを意味するからです。
単に篤人がフリーだから、中央からビルドアップできないからそこに出しているというパスなんですよね。
これは日本代表のパス(だけでなくシュートにも)全体的に言える事で、メッセージがなく、気持ちがこもってないからポゼッションは高くボールを繋げても、チャンスを作ることができていないのです。
岡田監督は、「あとは最後のところだけ」とあくまでポジティプでしたが、ベネズエラ戦や中国戦の日本の攻撃がよかったと思える人は、中田英や名波がいた頃のサッカーを観たことない人なんでしょうね。
②佐藤寿人の使い方
PKをとられたところで佐藤を投入しようと準備していたのですが、楢崎が止めたので投入を思いとどまったという事実からも分かるように、岡田監督は佐藤を日本が得点を取りに行きたい時のスーパーサブとして考えてるようですが、使い方を間違ってます。
佐藤がもっとも力を出せるのはDFラインの裏にスペースがあるときです。
これがなかなか佐藤が日本代表に定着しきれない不運だと思います。
こーめいも佐藤の得点能力は高いと思いますし好きな選手なのですが、日本代表はアジア勢、コンディションの悪い相手と戦う親善試合など引いて守られる試合が多いんですよね。
そういう状況で、しかも短い時間で得点という結果を出せるなら6年連続二桁得点をあげているこのFWが、これまでも日本代表FWの主軸になってないわけがないんです。
日本が得点を取りに行きたい時=相手が引いて守っている時なわけで、ゴール前にスペースがない状態で佐藤を投入しても厳しいでしょう。
確かに佐藤は清水の岡崎同様、広島でサイドからのセンタリングにうまく合わせて得点も取る能力もありますが、力強さとスピード、身長(岡崎:173、佐藤:170)で岡崎より優れているわけでもないですし、その岡崎だって日本代表で得点しているのはほとんどゴール前にスペースがある試合ですからね。
日本がリードして相手が攻め込んでいるときに佐藤を使ってDFラインの裏を狙わせれば1本通ればビッグチャンスになりますし、オフサイドになってもまったく日本にリスクはないですから、途中出場で使うならそういう状況でになると思いますが。
この佐藤寿人の使い方を間違っていることが、どうして岡田ジャパンの根本的な問題かと言うと、選手の特性の把握と使い分け、組合わせ方を岡田監督がまったくできてないことを意味するからです。
今までは必須科目でこれからは応用問題ということですが、監督自身が必須科目で単位落としちゃってますよ…。

日本サッカー協会がスペインと提携したと報道がありましたね。
北京五輪の反町監督、岡田監督もスペイン代表から多く影響を受けています。
そのスペインになぞらえて現在の岡田ジャパンを最大級の賛辞をもって称するなら、「楢崎と10人のマルコス・セナがいるチーム」と言えるでしょう。
五輪代表合宿メンバー×ナビスコ杯清水戦×EURO08の3本立てで書いたように、攻撃的なスペイン代表にあって守備、繋ぎ、素早い攻守の切り替え、そして時折見せるゴール前での決定的なシュート(ゴールはならず)でEURO08優勝に貢献した選手です。
日本代表の選手は誰一人マルコス・セナの域まで達してないと思いますが、あくまで最大級の賛辞ですからね。
でも、マルコス・セナがスペイン代表で担っていた仕事はまさに岡田ジャパンのフィールドプレイヤー全員が見せているプレイですよね。
オシムがロナウジーニョが10人いてもサッカーは勝てないと言っていたように、マルコス・セナが10人いてもやはり勝てないのです。

とは言え、ベネズエラ戦よりつまらないことはなかったですし、これからどんどんいいサッカーをしてガンガン得点をしてくれる…のかな…?
こーめとしては篤人の久しぶりに元気いいプレイを見られてよかったです。
ガム効果はかなりあるようですね。
コンディションはまだまだでしょうが、嘔吐に苦しんでいたときに比べると動きが全然違いましたから。
悪女と別れられたわけですから、今年はさらなるレベルアップを期待したいです。
インテルのマイコンのプレイをしっかり見てほしいですね。
オーバーラップのタイミングはまさに神業、センタリングの種類の多さ、精度、状況判断などすごく参考になると思います。

関連記事
今年で一番つまらない試合…であってほしいベネズエラ戦
南アフリカW杯組み合わせと日本代表の現在地
【W杯アジア最終予選】結果は上々発進、内容は泣々発進

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/702-9ba0b746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する