鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【ACL・GL】堅実なスタート…の長春亜泰
結果
2月23日(火) AFCチャンピオンズリーグ2010
鹿島1-0長春(19:00/カシマ/5,757人)
[得点者]
42' 中田 浩二(鹿島)
[フォーメーション]
興梠、マルキーニョス
野沢、ガブリエル
中田、青木
イバ、イジョンス、岩政、篤人
曽ケ端


試合の感想
長春亜泰は本来は3バックということですが、この試合では完全に5バック、フォーメーションは5-4-1でした。
ボールを奪ったら1トップのウッドリーに当ててしっかり押し上げで攻めて、ボールを奪われたら素早く戻って5-4のラインを作って前からプレスをしつつ、守ってカウンターを狙うという戦術でしたね。
鹿島がボールを支配して繋いでいきますが、スペースがなくなかなかゴール前にボールを持っていけず、序盤のシュートシーンはマルキーニョスが遠目から強引に打っていくくらいでした。
新井場が積極的にオーバーラップして状況を打開しようというプレイがいくつか見られ、そんな中から意表をついたシュート?がバーに嫌われるという惜しいシーンが最初の決定的なチャンスでした。
やはりこういう展開ではドリブルで仕掛けて2,3人の注意を引きつけるようなプレイをしないとパスを繋いでというだけでは崩すのは難しいですね。
フィリペ・ガブリエルがこぼれ球を拾ってシュートまでいったシーンも、篤人がスペースにドリブルでしかけてからのワンツーでしたからね。
ドリブルでの仕掛けという1対1で抜くというイメージがありがちですが、スペースに仕掛けていくドリブルをするとスピードに乗ったプレイが生まれますし、リズムも緩から急に切り替えられるので効果的ですよね。
32分にはイバのセンタリングからフェリペ・ガブリエルに合わせていくシーンがありましたけど、そこも中田浩二が前を向いてドリブルでボールを運んで左サイドに展開したのが効果的でした。
42分に鹿島がFKから先制します。
その前にも1つあったのですが、岩政とイジョンスをおとりに使っての中田浩二のヘッドでした。
中田浩二はあまり空中戦に強いイメージはないですが、身長も182センチあってポジションどりもうまいので実は昔からけっこうセットプレイから得点してましたね。
鹿島はこのいい時間帯での先制点で試合運びがしやすくなりました。
長春亜泰は後半開始から2枚カードをきってきて、高い位置からプレッシャーをかけてくるようになりました。
序盤はボールを持たれて中田浩二がイエローカードをもらったりもしたのですが、相手の出方を把握してからはまた鹿島がペースを握りました。
後半途中に疲労からプレスが弱くなり、バイタルエリアでフリーにしてしまうが場面がありましたが、相手のミドルシュートのほとんどはあさっての方向に。
危ない場面はスローインからボールの取られ方が悪く、長い距離のドリブルを許していいミドルシュートを打たれた、その1つくらいでしたね。
シュート数が少なく後半に追加点がほしかったところですが、この試合のテーマを勝ち点3と新戦力との連携アップと考えるなら悪くない試合だったと思います。
小笠原も本山もいなかったですし、ジウトンを試すこともできました。
今季はW杯もあって例年以上に日程が過密で、ローテーションを組んでいくなら出場停止や怪我などに関係なく主力選手を休ませても勝てる試合を作っていかないといけないですからね。
そう言った意味でもテーマに沿ってしっかり勝利することができたと言えるでしょう。

新戦力の手応え
連携と怪我が心配されたイジョンスですが、京都でも見せていたように強さ、カバーリングなど能力の高さはさすがですね。
危険なパスミスがいくつかありましたが、連携面は特に問題なくコンディションが上がればもっとやってくれそうです。
フェリペ・ガブリエルはやはり本山やダニーロとは違うタイプですね。
下がってボールをもらって起点になったりゲームを作るのではなく、FWのラインに入ることも多かったです。
ただ、ペナルティエリア内でのポジショニングはすごくいいのでチームでフェリペ・ガブリエルの特徴を生かしていければ得点も期待できると思います。
鹿島の選手からは「ブラジル人じゃないみたい」という声が出るほどで球離れはすごく早いですね。
この試合では足をつって途中交代しましたが、コンディションと連携がもっと上がっていけば幅の広いプレイも見せてくれるようになるかもしれません。
新戦力ではないですが今季出場機会が増えそうな遠藤は、フェリペ・ガブリエルと代わって入りました。
1点差でしたし初戦ということもあってチームとして無理をしない戦い方をしていたので、思い切ったプレイは見せられませんでしたが、2度ほどスペースにドリブルでボールを運んで落ち着かせるというシーンがありました。
DFが跳ね返したボールをすぐに相手に拾われたり、前線の選手が簡単にボールを取られたら後ろは苦しくなりますからね。
攻めにいく展開ではあそこからドリブルなりパスなりでシュートまで持っていく形を作っていければいいと思います。
ジウトンは昨季途中出場から失点にからんで新潟がホームで勝てない時期を作ってしまった原因にもなっていたのですが、時間が短かったのでまだよく分かりません。
ただ、スピードがあってフィジカルも強いですしオリヴェイラ監督が鍛えたら戦力になってくれると思います。

キーパーソンは野沢
本山が離脱中でダニーロが退団したので、鹿島の攻撃は野沢がキーパーソンになることは間違いないでしょう。
前述したようにフェリペ・ガブリエルは前に入っていくタイプなので、実は野沢とプレイスタイル、プレイエリアがかぶります。
だから野沢が昨年まで本山やダニーロがやっていたボールキープをして落ち着かせたり、ゲームメイクをする役割を担えるかが重要となってきます。
この試合でも野沢が少し下がってポジションを取るようになってから攻撃がスムーズになりました。
本山はフィジカルは強くないですが空間認識力がすごく高く、相手のいないスペースへ、スペースへボールを運ぶのが得意です。
それをフルに使って中盤でボールを落ち着かせたり、展開してました。
遠藤も同タイプで、逆にマルキーニョスは相手選手がいる方へとドリブルする傾向があり、スペースがなくて苦しくなる場面がよくあります。
ただ、マルキーニョスはフィジカルが強いのでそれでも何とかしてしまうのですが。
ダニーロもフィジカルを生かしてボールをキープするタイプでしたね。
野沢はそのどちらでもなくドリブルで仕掛けていくタイプでもないので中盤での起点となるとちょっと厳しいとは思うのですが、そこは天才ですから何とかしてくれるでしょう。
フェリペ・ガブリエルとの連携が上がれば、二人で状況に応じて自在に役割を切り替えることも望めますし、野沢はブラジル人とは感覚が合うのでよりパワフルかつ切れ味のいいプレイを期待しています。

AFCアジアカップ2011 予選Aグループ バーレーン代表戦(J'sGOAL)
バーレーン戦のメンバーが発表されました。
海外組を召集する最後のチャンスなので、小笠原は選ばれませんでしたね。
興梠は選ばれましたが、森本を呼んでいる以上使われるのかどうか疑問です。
途中出場の機会はあるかもしれないですが、小笠原とセットで使ってみるというのもいいと思うんですけど。
テレビ中継の撤退が決定しているので、海外組を召集した国内での試合なのにテレビ放送がないということになってます。
日本代表人気、いや岡田ジャパン人気のなさの表れと言えるでしょう。
まあ、ゼロックスとJリーグ開幕という谷間にある消化試合なのでケガをしないでくれたらいいのではないかと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/706-4e87df62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する