鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【ACL・GL】高密度の90分…の全北現代戦
結果
3月9日(火) AFCチャンピオンズリーグ2010
全北現代1-2鹿島(19:00/全州)
[得点者]
42' エニーニョ(全北)
70' 中田浩二②(鹿島)←フェリペ・ガブリエル①
90' 遠藤康①(鹿島)←小笠原満男②

[フォーメーション]
興梠、マルキーニョス
野沢、ガブリエル
中田、小笠原
イバ、伊野波、岩政、篤人
曽ケ端


試合の感想
劇的な逆転ゴール、しかもこーめいが2年前から推していてここのところ評価が急上昇中の遠藤のゴールということもあったのですが、それを抜きにしてもおもしろい試合でしたね。
サッカーの醍醐味が凝縮された高密度の90分だったと思います。
野沢も試合後にコメントしていましたが、始まってすぐに感じたのは全北現代のサッカーが鹿島に似ているということでした。
攻守の切り替えが早く、守備組織をしっかり構築して前線からプレスをかけてきました。
そしてルイス・エンリケとエニーニョという2人の外国人がいいアクセントとなっていましたね。
しかし、鹿島もACLにかける想い、昨季の水原三星戦の二の舞にするものかという気持ちが強く、決して運動量、球際の争いで負けていませんでした。
前半の攻防のキーポイントとなったのは、両チームのフォーメーションと起点となる選手のポジションでした。
鹿島はいつも通りの4-4-2でボランチの小笠原が起点になっていたのに対し、全北現代は4-2-3-1で起点はトップ下のルイス・エンリケと右サイドのエニーニョが主に担っていました。
野沢やフィリペ・ガブリエルは前に行きたがるタイプで、体を張ってボールをキープして起点となるタイプではないのでボランチの小笠原からパスを展開するシーンが多かったのですが、中盤は全北現代の方が枚数が多いので鹿島はビルドアップで苦戦させられましたね。
パスコースをほとんど切られていたのでDFを飛び越える難しい浮き球で繋ごうとしていたのですが、悪天候でピッチの状態も悪く相手の寄せも早かったので思うように繋がりませんでした。
しかも、スローインでさえマークが厳しかったのでことごとくそのまま相手にボールを取られていました。
ここのところはもうちょっと落ち着いてプレイしたいところでしたね。
それでも鹿島も素早い攻守の切り替えと連動したプレスでしっかり守り、ミドルシュートで決定機を作るなど負けていませんでした。
そんな均衡がくずれたのは前半終了間際の42分。
野沢が守備をさぼってプレスにもカバーリングにもパスコースを切ることにもならないポジショニングをしていたので相手がミスして事なきを得てくれればと思ったのですが、こういうときに限って華麗ないいプレイが出てしまいますね。
ダイレクトパスで繋がれたため、野沢の後ろのDFは全員が後手にならざるを得ず、エニーニョに決められてしまいました。
こういうハイレベルな試合では1つのさぼりが失点を招いてしまいますね。

後半はリードした全北現代の攻撃意識がやや落ちたものの、相変わらずしっかりプレスをかけて来ました。
しかし、さすがに前半の出来はハイペースであり、徐々に運動量が落ちてきます。
中盤でスペースができるようになり、鹿島の選手はそれをうまく利用していきます。
相変わらずスローインはほとんど相手に渡してましたが、前半通らなかった浮き球のパスを繋げるようになりましたね。
全北現代の監督も当然この事態は予測しており、後半17分、19分と早々に2枚のカードを切って中盤の運動量を維持させようとします。
この狙いは思惑通りにはいかず、フレッシュな選手は中盤を活性化させることができずに全体的な運動量も低下していきました。
そして後半25分、鹿島はFKから一度跳ね返されたボールをフェリペ・ガブリエルがシンプルにDFラインの裏に放り込みます。
全北現代の選手はラインを押し上げてオフサイドを取ろうとしますが、中田がうまく後ろから入って行って迷いながらもトラップ、右足のいいポジションにボールを置けたのでそのまま蹴り込みました。
フェリペ・ガブリエルは野沢同様、簡単に1タッチでボールをはたくことが多いのでもう少し本山みたいにボールを持つところ、ボールを前へ運ぶところなどを臨機応変に織り交ぜてメリハリを付けてほしいですが、この同点ゴールのシーンはフェリペ・ガブリエルのよさが出ましたね。
その後全北現代の運動量がさらに落ちて鹿島が逆転ゴールのチャンスを生み出せそうな雰囲気も出て来ますが、鹿島の選手もさすがに疲労の色が濃くなって来ます。
ここで両チームの監督はというと、全北現代の監督はすでに逃げ切りを図った選手交代をしたものの失敗。
プランが崩れ、もう一度得点を取りに行きたかったでしょうが、両サイドハーフの選手を代え、イドングッとルイス・エンリケという攻撃の中心選手を交代するわけにもいかないので結局3枚目のカードを切りませんでした。
オリヴェイラ監督はアウェイでの引き分けは上出来と考えており、ギリギリまで交代カードを温存していたのですがその差が出ましたね。
残り5分の遠藤とジウトンの投入も守備のための運動量活性化という意味合いの方が強かったと思いますが、ここに来て小笠原が気迫のボールを奪取から相手に寄せられながらもキープして中央に走り込む遠藤へスルーパス。
ピッチ状態をものともしないボールコントロールでCBの間をスルスル~と抜けた遠藤はGKのタイミングもうまくはずして右足でネットを揺らしました。
ここでオリヴェイラ監督は青木を投入して残り時間をうまく使いながら守備を固め、鹿島が敵地で大きな勝ち点3を手にしました。
両チームの選手たちの強い気持ち、監督の采配、システムの妙と見どころ満載のとてもおもしろい試合に、劇的な逆転ゴールで最後に遠藤が感動を与えてくれましたね。

まだ先は長いので課題を挙げれば、やはり野沢が前線で起点になれないところですね。
まず使われてこそ生きる選手なので本山やダニーロがいないのは大きいです。
遠藤と野沢やフェリペ・ガブリエルを組み合わせた方がバランスはいいでしょう。
ただこの試合、野沢は攻撃に関してはFWのポストプレイから使われることによって、いいからみを見せてミドルシュートを狙っていましたね。
ただ、前述した失点シーンもそうですが、スローインのトラップ時に簡単に奪われたり、低い位置で相手に寄せられてヤケのヒールパスでボールを奪われたりと雑なプレイが多いのも事実です。
早くミスタークライマックスからミスター1シーズンにクラスチェンジしてほしいものです。
そしてもう1つは選手交代です。
浦和戦では残り10分、この試合では残り5分で出場した遠藤が得点にからみましたが、いつもこんな短時間で結果を出せるわけではないですからね。
もうちょっと早くてもいいかなぁと思います。
こーめいならこの試合ではもっと早い段階で野沢→遠藤、マルキーニョス→佐々木にしてました。
それからイジョンスをACL制覇のために獲得したように、遠藤(←野沢orフェリペ・ガブリエル)、船山(←野沢orフェリペ・ガブリエル)、佐々木(←大迫)、ジウトン(←イバ)などフィジカルの強い選手をACLでは積極的に使っていくのもいいんじゃないかと思います。

次はJリーグ第2節京都戦です。
ACL組では唯一鹿島だけ中4日での試合になるんですね。
コンディションも考えてスタメンをいじってくるのか注目です。
京都戦後は1週間のインターバルがあるのでそのままのメンバーという可能性もありますが、少なくとも伊野波のケガの状態次第では大岩を起用した方がいいのではないかと思います。
こんな時のためにしっかり準備してくれてるでしょうから。
それから全北現代戦で大きな勝利を得ることができたので、ペルシプラ戦では主力を数人温存してJリーグの戦いを楽にしていきたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/710-417bfcbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する