鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

足も手も出なかった…韓国戦
結果
5月24日(月) キリンチャレンジカップ2010
日本0-2韓国(19:20/埼玉/57,873人)
[得点者]
6' パク・チソン(KOR)
90+1' パク・チュヨン(KOR)

試合の感想
一言で表すなら、『格上の国相手に普通に負けた』という試合でしたね。
これまでの岡田ジャパンのチーム作り、試合内容をきちんと見ており、現在の韓国選手のレベルの高さを知っている人なら驚くような完敗ではなかったと思います。
現在の岡田ジャパンの実力通りの結果と内容でした。
それだけにこーめいは勝ち負けよりも、以下の4つのことに注目して試合を観ようと思っていました。

①戦い方
東アジア選手権の惨敗後、犬飼会長が『ブレてない』という理由で続投を決定してから特に岡田監督はその発言と試合内容がブレまくっています。
そのため、まず岡田監督がどういう戦い方をするかというのはこれからの試合もまず注目していかないといけないところですね。
簡単に言えば、東アジア選手権のようにコンセプトを選手に押しつけるのか、バーレーン戦のようにある程度自由にやらせるのかというところですが、試合前の報道ではコンセプトを強調したり、選手には自由にやらせるという両方の発言を目にしました。
また、今野をボランチで起用(実際は左サイドバックで起用)するという報道があり、練習では守備の再確認をしたということなので、本田を入れていることもあって攻撃はある程度自由に、そして守備は決まり事を作ってというところなのだろうと予想していました。
どちらも通用しませんでしたが、だいたいそんな感じでしたね。
さすがに東アジア選手権で試みた「90分ハイプレッシャー」や「90分ダイレクトパスサッカー」はもうお目にかかることはないと思います。
チーム作りに右往左往してきた結果、この試合後に犬飼会長に進退伺いをしており、今日になって冗談めいた発言だったと慌てて取り繕っていますが、本心はもうどうやれば勝てるかまったく方法論を持ち合わせていないのでしょうね。
仮に冗談だとしたら不謹慎すぎると思います。
この敗戦を受けてこれからはより守備的な方向へ岡田監督の考えは移行していくと思います。
そうなるとこれまでも言われていたようにカウンターの精度を高めることが重要になって来ますね。
韓国戦では守備を意識した布陣を引いたにも関わらず、カウンターの形についてはまったくチームとして意思統一されている感じはしませんでした。
ボールを奪ってからの速い攻めというのが基本ですが、スペースがあればドリブルで運び、岡崎にDFラインの裏を狙わせたり、サイドに開いた中村や大久保、トップ下の本田に預けて起点を作り、そこでタメを作って後ろが一気に押し上げ、最後は必ずシュートかセットプレイを取って終わるという形を全体で意思統一していかないといけないですね。
カウンターに鋭さがあればもう少しまともな試合ができたと思うのですが、この試合は裏を狙うボールも少なかったですし、そもそもタメが作れてなかったです。
前半は本田ばボールをキープする場面もあったのですが、明かに周りが連動して動けてなかったですから。
W杯までの上積みということを考えても韓国の方がずっと可能性があり、日本には伸びしろはほとんどなさそうです。
強いて挙げれば本田と森本らとの連携確立、中村俊輔と遠藤らのコンディションアップくらいでしょうかね。
残念ながら沈みかけている船に乗っての航海となりそうです。

②欧州組の合流
ベストメンバー同士の日韓戦は実に10年ぶりだそうですね。
ベスト4を狙うならホームのこの試合でなら、普通に韓国に勝てるくらいでないと話になりません。
まず韓国の欧州組ですが、言わずと知れたパク・チソン、ボルトンでのドリブルを観てこーめいも驚かされたイ・チョンヨン、モナコのパク・チュヨン、セルティックのキ・ソンヨンらがいます。
日本の守備陣が彼らを抑えられるかはW杯で重要な要素となります。
なぜなら彼らを擁する韓国の攻撃を無失点に抑えられないとベスト4どころかグループリーグ突破を目指すのもおぼつかないからです。
結果はある程度守備を意識した布陣を敷いていたにも関わらず、開始早々にその欧州組のパク・チソンにやられてしまいました。
結局試合終了間際のPKによって2点差で敗れたわけですが、いい形から崩されたシーンもありましたし、明かに連動した攻撃ができていたのは韓国でした。
こーめいが観た限り、DFラインの前のボランチの位置でもっと守備ができて跳ね返せる強い選手を入れないときついかなと思います。
失点も遠藤の中途半端なヘディングクリアを拾われてからでしたし、ロングボールを入れられて跳ね返せずにこぼれ球を拾われるシーンも多かったですからね。
韓国のサイドアタックばかりに気を取られて、日本の守備の最大の穴であるボランチをそのままにしていたのは失敗だったと思います。
しかもCBに入った阿部やボランチの遠藤にしても良さであるパス能力についてはまったく発揮できませんでしたからね。
当初の練習通りに今野を入れておいた方がまだよかったと思います。
本番ではこのあたりの選手起用を見直せば少しはよくなるかもしれませんね。
もう1つの欧州組は本田と森本です。
戦力として本格的に組み込まれていなかったこの2人は日本の未知数の部分であり、そのため日に日に本田への期待が高まっていました。
裏を返せばその未知数の部分に期待するしかないということなんですけどね。
だからこーめいは日韓戦の前にCASKモスクワとカターニャの試合を観ました。
本田に期待したい気持ちはこーめいにもあったのですが、FK以外は独力で状況を打開できる選手ではないですよね。
そういう意味ではスピードがないのが致命的ですし、一人で日本代表を劇的に変えてくれるような存在ではありません。
ある程度のレベルになるとボールキープもままならないですし、本番に向けてコンディションと連携をアップして起点となって周りをうまく生かせるようになってくれればと思います。
カターニャの試合では森本は出場しなかったのですが、冬の移籍で加入したマキシ・ロペスのプレイを観ると森本の出番がなくなっても仕方ないと感じました。
ゴールセンスやフィジカルを始め、ゴール前でのプレイに格の違いを感じますね。
ただ、この2人はこれまでになかったゴール意識の高さをもたらしてくれています。
シュート意識や前に向かっていく意識が強いですよね。
周りとうまく連携してその良さが生きればと、一縷の望みを抱いてはいます。
③選手選考
これに関してはこの韓国戦ですでに懸念していた部分が露呈しましたね。
壁にぶつかる度に進む方向を変えて完全にブレまくりながらのチーム作りとなり、いろいろな状況に対応できるような選手選考をしたわりに、これまで日本がW杯でもっとも経験している1点を取りに行くという試合展開で切るカードがないというお粗末なものとしか言いようがないです。
松井らケガ人がいたとは言え、1点を取りに行くときに期待できる選手がいないですよね…。
④モチベーターとしての能力
W杯へ出発前のホームでの韓国戦。
日本としてはもっとも気合いの入るシチュエーションだったと思います。
韓国での報道では「得るものより損するものが大きい試合」と言われていましたが、韓国の選手にしてもアウェイとは言えW杯前に日本に負けたら相当の非難を浴びることは目に見えてますからね。
両チームのモチベーションについて注目していたのですが、日本では長友が本当によく奮闘していましたが、球際の競り合いや運動量を見ても韓国側が完全に勝っていました。
これは岡田監督のモチベーターとしての能力の低さが出たと言えます。
岡田監督最大のモチベーションアップ方法と言えばベスト4発言です。
とある講演会でも練習中に、「そんなことではベスト4は目指せないぞと言えば選手の動きが違ってくる」と言ってました。
しかし、こーめいが以前に懸念したように、結局チーム作りにそれを実現させるだけの説得力がなければまったく意味がありません。
監督の底が知れたときに選手のモチベーションが一気に下がるというのは北京五輪の反町ジャパンでもありました。
そのためあのときも直前のトゥーロン国際大会でこれまで予選を戦っていた選手から、戦力に組み込んでなかった新しい選手に切り替えましたよね。
岡田ジャパンも直前で本田や森本を合流させましたし、得点する形が見えないところも含めてよく似ており、同じ過ちを繰り返しているように思います。
そもそも根本的な問題としてモチベーションを上げるためにベスト4発言をするというのは監督のモチベーターとしての能力の低さを表しています。
例えばトルシエは自分が憎まれ役になることで選手の闘争心を高めましたし、ジーコは監督経験のなさを露呈してしまいましたが選手を引きつけるカリスマ性がありました。
オシムには選手を納得させるだけの実績やチーム作りのロジックがあり、Jリーグで3連覇を果たしたオリヴェイラには熱いミーティングがあります。
要するにモチベーターとしての能力が高ければ、ベスト4発言なんて必要ないわけですよ。
岡田監督にはそれらの能力がないからこそのベスト4発言なんですよね。
素人にできないことをできるからこそのプロであり、ベスト4発言なんて素人監督でもできることです。
しかし、トルシエやジーコ、オシムやオリヴェイラらと同じことをやれと言われて誰もができるわけではありません。
つまり、ベスト4発言がモチベーションアップに繋がるという主張は素人観点でしか物を見れてないか、岡田監督は素人監督だから仕方ないと思ってるのか、自分の利益を考えて敢えてベスト4発言を擁護しているかのどれかです。
いずれにしても岡田監督のベスト4発言をモチベーション理論で擁護しているスポーツジャーナリストは、その価値を自ら貶めていると言えるでしょう。
それから目標を1勝とか現実的なものにしたら達成したときに選手のモチベーションが落ちるから、最初から高い目標がいいという主張もありますがそれも素人観点です。
プロはそこからまた上を目指していくよう選手のモチベーションを上げる方法を知っているのであり、そうあるべきなのです。
この日韓戦であれだけ気持ちでも球際でも競り負けておいて、本番ではモチベーションを高く持っていくということが果たしてできるのか疑問ですね。
そもそも岡田監督のチーム作りの迷走から佐藤や玉田らは以前からはっきりモチベーションが落ちていました。
ジーコはベテランの藤田をメンバーに入れるかどうかで最後まで迷い結局はずしました。
その失敗を糧にと一体感を作るために川口を入れても、監督の能力という根本的な問題に信じたるものがなければまとまるわけもないです。
明るい材料はまったくと言っていいほどない韓国戦でしたが、その韓国もグループリーグを突破できるとかというと難しい状況なんですよね。
この試合でも中盤で何でもないパスミスが多くありましたし、泣き所と言われるGKとCBはセットプレイやラインの裏を狙うボールの処理が不安定でした。
攻撃においてもゴールにかかるところでプレイではミスも多く、アジアレベルっていう感じでした。
けっこうつけ入る隙はあったのですが、日本はそこを突かせてもらうこともできなかったです…。

最後にすごく気になっているのですが、中澤のコメントを始め、球際で負けていたという発言が多くあります。
これってジーコがドイツW杯後に一番の問題点として挙げたことですよね?
バーレーン戦でもジーコのサッカーに戻ったという意見が多かったですし、結局ぐるぐる迷走してここに戻ってきたということでしょうか(´д` ;)
これも日本サッカー協会がドイツW杯の統括をきちんとしなかったことを始め、この4年間真剣に代表の強化に取り組んでこなかった不真面目さが出た結果ですね。

【関連記事】
【アジア杯予選】岡田監督敗北宣言…のバーレーン戦
最悪のシナリオへまっしぐら…の韓国戦
岡田監督の呪縛に苦しむ選手たち…の香港戦
【東アジア選手権】おもしろいほどつまらない…の中国戦
今年で一番つまらない試合…であってほしいベネズエラ戦
南アフリカW杯組み合わせと日本代表の現在地
オランダから始まるW杯までにすべきこと

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

いや、全く見るべきところの無い日韓戦となりました。
寧ろ正秀が出ていた韓国が勝って鹿サポ的にはよかったかもしれませんが。
ベンチ入りした選手の内フィールドプレーヤーで出番が無かったのは岩政だけでした。
なぜトゥーリオの欠場によりあいたCBを本職でなく阿部にしたのか?
欠場が中澤であれば浦和コンビで阿部の起用も得心するのですが中澤と組ませるのであれば
栗原は招集されていないので岩政でしょう。
また、岡田氏は岩政をビハインドの時のパワープレー要員と、そして矢野は
リードしている時の前線からの守備要員として召集したと言っていました。
しかしビハインドの状況で最後に投入されたのは矢野でした。
スタメンの組み方といいカードの切り方といい全く同意しかねるものです。
今まで代表CBは中澤田中の組み合わせか阿部・今野・岩政の組み合わせでレギュラーと目される中澤・田中と控えの安部・今野・岩政の組み合わせはありませんでした。
今回初めて中澤と組ませたのが安部。
という事は控えCBの1stチョイスは安部なんでしょうかね?
Jではごまかせたとか言い出す10番とか大会直前で滅茶苦茶になってしまいそうですね。
【2010/05/25 23:09】 URL | 我孫子鹿 #EBUSheBA [ 編集]

我孫子鹿さんへ
コメントありがとうございます。
岩政が使われなかったのは、CBのタイプ的に中澤と組ませるならフィードのある阿部を選んだのかとこーめいはとりあえず思いましたが、阿部も日本代表ではそのフィード力を発揮できたことなんてないですからね。
ブレまくりの岡田監督に論理的な理由や説明を求めるのはもはや無理なような気もします(^^;)
【2010/05/26 20:30】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/718-876b7f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春菜はな 着替え流出はMUTEKIデビューの伏線だった!?

春菜はな 着替え流出はMUTEKIデビューの伏線だった!? 先日、着替えの流出が見つかった春奈はながMUTEKIでデビューするらしい。 着替えの映... 春菜はな 着替え流出はMUTEKIデビューの伏線だった!?【2010/05/27 17:35】

岡田ジャパン バーレーン ユニフォーム

杉山茂樹のBLOG : 日本サッカーの発展を願うなら 岡田監督に能力がないのはバーレーン戦の負け方を見れば分かる。 その後も一貫性のない戦い方、選手起用、……東アジアを見に行ったけど監督の迷いがそのまま出ていると思た。 あれが最後のチャンスだった。日本意外の国な... 岡田ジャパン 最新情報【2010/06/09 12:28】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する