鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

迷走を重ねて仏の段階へ…のイングランド戦
結果
5月30日(日) 国際親善試合
イングランド2-1日本(21:15/UPC/グラーツ)
[得点者]
07' 田中 マルクス闘莉王(JPN)
72' オウンゴール(ENG)
83' オウンゴール(ENG)
[フォーメーション]
FW:岡崎
MF:大久保、遠藤、長谷部、本田
MF:阿部
DF:長友、闘莉王、中澤、今野
GK:川島


試合の感想
こーめいにとって実に惜しい、もったいないという気持ちにさせる試合でした。
それは健闘したにもかかわらず逆転負けをしたという結果に対してではなく、日本代表の戦い方に対してです。
前半からずっとそういう気持ちで観ていたのですが、まずは恒例となっている迷走する岡田監督がこの試合にどういう戦い方で挑んだかを確認していきたいと思います。
前回、より守備的な方向へ移行すると述べましたがまさにそうなりましたね。
岡田監督は4-1-2-3という言い方をしていましたが、攻撃時を見ればそういう形にも見え、守備時を観れば4-1-4-1というものでした。
攻撃するときは選手のポジションは流動的となるので、こーめいは基本的に守備時のフォーメーションを観るようにしています。
4-1-4-1の前の4枚でしっかりブロックを作り、イングランドの前に送るボールを限定してそこへプレスをかけてボールを奪うシーンが見えました。
また、サイドの攻防ではサイドバックと中盤の選手で2対1を作って対応していました。
守り方もこれまでのハエがたかるようなむやみなプレスをかけるのではなく、ラインを作ってゾーンで守るというまともな形にしていましたね。
まずはしっかり守りの組織を作って、そこからボールを奪ってから素早く攻めるというリアクション型の堅守速攻、岡田監督が得意とする戦い方だったと思います。
こーめいは岡田監督が就任した当初からこういう戦いをして欲しかったんです。
①将来を見据えた日本らしい戦い方
②現実を見据えた守って守って速攻を武器とする戦い方

最近の日本代表の不甲斐なさからW杯で3連敗は仕方ないとしても、どういう戦い方をすべきかで上記2つの意見で大きく分かれています。
しかし、こーめいからすれば前提が間違っているためこの議論は無意味です。
なぜなら岡田監督に上記の2つのパターンで戦えるだけの手腕があればこそ成り立つ議論で、②の戦い方しかできない岡田監督に①を期待しても選手の力を引き出せず消化不良でW杯を終えることは目に見えていることです。
そして、実際にそれは本人が証明してきました。
それをオシムの後を継いだ形となったせいか、自分もオシムのまねごとができると勘違いしていわゆる人もボールも動くサッカーを就任当初目指してしまいます。
よく考えて欲しいのは大木元甲府監督にしろ、ムービングフットボールを掲げた城福FC東京監督にしろ、千葉の江尻監督にしろ、これまで多くの日本人がオシムのサッカーを目指してはいるのですが誰ひとりとして形にできてないんですよね。
結局、成果を出したのはオシムの弟子と言われる広島のペトロヴィッチ監督と大分のポポヴィッチ監督です。
だから岡田監督には自分に合った、自分にできる戦い方を目指してチーム作りをして欲しかったのですが、それに気づいたのがあのバーレーン戦での敗北です。
そこからはW杯予選という絶対に結果を出さなければならない戦いをしていたこともあって、選手起用や戦い方もまだ現実的な部分があったのですが、W杯出場が決まったときから再びおかしな方向に向かってしまいます。
90分ハイプレスや90分ダイレクトサッカーをコンセプトとして、どんどん極端で非現実的な方向へ突っ走り迷走。
結局ここに来てフォーメーションの違いこそあれど、直前で3バックに変更して堅守速攻で戦ったフランスW杯に戻ったという感じです。
こーめいは岡田監督ではあのフランスW杯の戦い方をより攻守に洗練させてテイストを加えるようにするしかないと思っていたので、結局12年前に戻って来てしまったイングランド戦を観てこの2年強の期間が実に惜しい、もったいないと感じたわけです。
そもそも、過去のW杯4大会を振り返っても番狂わせを起こしてベスト8に入った国は06年のポルトガルとウクライナ、02年のトルコ、韓国、アメリカ、セネガル、98年のスウェーデン、ブルガリア、ルーマニアなど今や大国と言えるポルトガルを覗いては基本的に堅守速攻を武器にしていた国です。
昨年、コンフェデレーションズカップでスペインを破ったアメリカ、ユーロ04で優勝したギリシャもそうでした。
おそらく本番もこの試合の4-1-4-1を基本として戦うのだと思います。
岡田監督が選手の力を引き出せる唯一の戦い方だと思いますし、前述のようにW杯で勝とうと思ったら堅守速攻はもっとも有効な方法です。
こーめいとしてはそれでいいと思うのですが、問題は所詮は付け焼刃ということです。
試合を観ていて攻守にそれを感じましたし、すでに前半から結局1点差で負ける結果になると分かりました。
川島がPKを止めたときは引き分けくらいはいけるかと期待もしましたが、結局イングランドに逆転されてしまいましたよね。
フランスW杯が1点差での3連敗だったように帳尻を合わされたと言える結果に終わってしまうのです。
ですがこれは戦い方が間違っているというわけではありません。
あくまでこの戦い方を研磨してないというのが問題なのです。
それは実際に試合に出ていましたので振り返ってみたいと思います。

イングランドに相性の良かった前半
イングランドは4-4-2、オフェンシブな中盤のウォルコットとレノンがサイドに開きたがる選手で、2トップのダレン・ベントもポストプレイをしないのでアンカーの阿部が守るバイタルエリアに侵入する選手がルー二ーくらいしかいませんでした。
そのため、日本は4-1-4-1で前のラインでブロックを作ってイングランドの後ろの選手にプレッシャーをかける守りが一層効果が出ましたね。
縦パスは下がってくさびを受けるルーニーに限られて狙いやすかったですし、両サイドに出されても数的優位を作ってしっかり守れていました。
中盤の人数では日本が勝っているので岡崎を加えた6人で距離をコンパクトに保って、ショートパスを繋ぎイングランドのプレッシャーをかわすことができました。
ただ、4-1-4-1の守備面での良さが本当に出たのは序盤だけで、セットプレイから首尾よく先制したあとはイングランドの圧力もあってすぐに中盤のラインが下がり始めて3ボランチ気味になってしまいましたね。
本当なら試合終盤は仕方ないとしても、中盤4人で形成するラインはできるだけ高く保ってゾーンで守備をしないといけないでしょう。
また、30分にグレン・ジョンソンがスパイクを変えていたときのボール回しを機にイングランドの攻め方と守り方が変わります。
それまで日本の守りに手こずりサイドに出すか、ルーニーにくさびのボールを入れるしかしていなかったのにDFラインから一気に日本のDFラインの裏を狙ってFWに競らせるボールを入れて来ました。
いきなりダレン・ベントに決定機を作られたこともあって、このプレイから徐々に中盤だけでなく日本の最終ラインも下がらざるをえなくなって行きます。
また、守備でもそれまでは両サイドハーフが高い位置を取っていたのにしっかり戻って守りの時はフラットな中盤を形成してリトリートすることで日本の攻撃を抑えるようになりましたね。
ここら辺の対応力が世界を感じさせます。
日本が前半を無失点で切り抜けられたのは、中央でボールを納めさせず中央→サイドという守りづらい展開をさせなかったこと、イングランドの選手もコンディションが悪く動けていなかったのでパスミスが多く見られたことが大きかったです。

引き出しの差が出た後半
こーめいが前半の展開を観て思ったのはカペッロはルーニーの1トップにするということでした。
リードされているのにどうしてFWを減らすかというと、イングランドの苦戦は明かに中盤の数的不利が要因だったからです。
4-2-3-1のような形でトップ下にボールを納められるジョー・コールを入れることで中央で起点を作ろうという狙いです。
前半はサイド、サイドで来ていたので守りやすかったですが、一度中央で起点を作られてサイドに展開されると格段に守りづらくなるんですよね。
日本は遠藤と長谷部がポジションを下げてバイタルエリアをケアして3ボランチ気味にして何とか守りますが、同時に攻撃の芽もほとんど消えてしまっていました。
結局守ってばかりでは勝てないですからね。
現在もっとも攻撃力があるであろうクラブ、バルセロナを抑えようとリーガのクラブもいろいろ工夫して何とか守ろうと対抗していましたが、やはり守り一辺倒では打ち破られてしまいます。
それでもバルセロナから勝ち点を取れたクラブに共通するのは、必ず堅守速攻の攻撃の部分で脅威を与える形を持っていたということです。
それは前述したW杯で番狂わせを起こした国にも言えることです。
運動量も徐々に低下してすでに組織的というよりも何が何でも守りきるしかなかった日本にカペッロは次々と引き出しを開けていきます。
疲れた日本選手に襲いかかりサイドを突破できるライト・フィリップス、ポストプレイで高い位置で起点になれ、ゴール前でセンタリングに対して脅威になれるヘスキーなど効果的な交代を繰り出してきます。
失点は2点ともオウンゴールでしたが、これは偶然でも運が悪かったわけでもなく、日本がサイドで数的有利を作って守ることができなくなっており、そこをイングランドが突いてきた結果でした。

試合は負けてしまいましたが、日本のやりたいことははっきりしていただけに選手もこれまでに比べていい動きができていた思います。
それでもW杯で勝てるとは思いませんが、ようやく応援できるだけのチームになったと言えるかもしれません。
それでも一応の形、やるべきことがはっきりしたというだけで課題は山積されています。
ざっと気づいたところを挙げてみます。
・守備組織の構築
まず堅守となる部分ですよね。
この試合の前半のように中央で起点になれる選手がいなければこの守り方でいいと思いますが、オランダやデンマークはトップ下がいるフォーメーションですからね。
そこを阿部だけでケアするのは難しいでしょうし、4-2-3-1にするのか、遠藤と長谷部を下げるのかなど選手が状況に応じて対応できるように決めておかなければなりません。
どちらにせよ中盤で形成するラインでできるだけ高い位置にブロックを作って守るというやり方も徹底しないといけないですし、同様にサイドで数的優位を作っての守りも徹底する必要があります。
さらには疲労が出て来たところで守るための有効な選手交代など、本来ならこの試合をベースにいろいろ試してみなければいかないところなのですが…。
・攻撃の形
それでも守りはまだいいんです。
問題は攻撃です。
こーめいは4-1-4-1というのは守るには適していると思うのですが、攻めるには日本人向きではないと思っています。
なぜなら純粋なサイドアタッカー、サイドに流れず中央で張って勝負するFWなんて日本人には少ないですからです。
サイド攻撃をしても遠藤や長谷部もゴール前に入って得点するようなタイプではないですし、逆に本田あたりはライン際でプレイさせても脅威にならないですからね。
攻撃はゴールから逆算して考えないといけないのですが、このシステムだと適材適所は難しく、はっきり言ってセットプレイ、カウンター以外からは得点できないと思います。
・カウンター攻撃の構築
そこで重要となってくるのが速攻の部分です。
一時期ほどではないにしろ相変わらず大きな展開というものがなくショートパスを繋ぐことが多いですが、せっかくワイドなフォーメーションをとっているのですからボールを奪ったらサイドが開いてそこに出すような形からカウンターをするという形を作りたいですね。
速攻っていうと早くボールを前に出さないとっていう意識が強くなるのか、やたらボールを前に蹴って相手にあっさり渡して攻められ続け、リズムが悪くなるという悪循環に陥ることが多いです。
カウンターを磨いてシュートで終わるかセットプレイを取れれば、この試合のように今度はセットプレイから得点できるチャンスも生まれますからね。
・アジアレベル
これはよく言われる決定力不足というものも含まれるのですが、攻撃にかかる部分でのミスが多いのがアジアレベルです。
この試合では決定機と言えるシーンは岡崎、森本のシュートなど少なかったですが、他にはフリーで直接ゴールラインを割った長友のクロスや、同じくフリーで大きくはずした大久保のミドルシュートなどもです。
そうそうチャンスは作れないのですから、フリーのところはきっちりプレイできないといけません。
こういうミスの積み重ねが結局1点差で負けるという結果に繋がるんですよね。
本当ならチームの方向性というものを早くに作ってこういった課題にも取り組むべきなのですが。
これはもう今さら言っても仕方ないことですけどね…。
・ゲームの流れを読む
これは以前からも言ってますが、世界で戦うには頭を使って相手や状況に応じて戦い方を変える必要があります。
この試合でも上述したようにイングランドの選手は日本のやり方に対して途中から攻め方や守り方を変えていますよね。
カペッロもハーフタイムから手を打って来たように、相手の出方に応じていくつも引き出しを持ってるわけです。
日本は迷走して来たので1つの戦い方すら満足にできてない状態で、では韓国のように相手が前からプレッシャーをかけて来たらこのイングランド戦と同じ狙いをもって戦えるかという決してそうではないんですよね。
・中村俊輔と本田の起用の仕方
選手選考後に突然飛び出した新しいシステムですから、当然選手とシステムがマッチしていない部分も大きいです。
今後もこのシステムで戦うなら中村俊輔をどこに入れるのかという問題が出て来ます。
北京五輪でPKを与えたプレイを観ても本田は守備で軽率なプレイが多すぎます。
やはり守らせていいプレイができる選手ではないですね。
本田の良さを生かすならもっと中央でプレイさせたいところですが、守備を考えるとこのシステムでは遠藤や長谷部のところには入れられないです。
同様の理由で俊輔も入れるとしたら両サイドでしょう。
だからと言って俊輔と本田を両翼に配すのも守備面で不安もありますし、攻撃においても効果があるとも思えません。
時間があればポジションチェンジをして流動的に動くことで攻撃面の連携はある程度微調整も可能でしょうが、何しろ時間がないですからね。
ここに来て俊輔と本田のどちらかをスタメンから外すのか、強引に共存を目指すのか。
仮に俊輔を外すとしてもその決断を岡田監督ができるのか、俊輔中心でやって来て土壇場で外してチームがうまくいくのかなど問題もあります。
また当然として堅守速攻の部分で守備ができる選手、カウンターができる選手も不十分ですからね。
特にこの戦い方で勝とうと思ったら日韓W杯の鈴木隆行のような選手は必須です。
今大会のアメリカで言えばアルティドール、スロヴァキアのハムシク、ホンジュラスのスアゾのような起点となれる選手が日本にいるのでしょうか…。

残り2週間でこれだけのことができたらベスト4という目標も達成できると思いますよ。
それでもサッカーというのは相手があるわけですから、対戦相手が日本より酷ければ勝つ可能性もありますよね。
スロヴァキア戦のカメルーンを観たのですが、アフリカネイションズカップからの問題は解決されておらず、ちょっと酷いなって思います。
今の日本でも得点を取れそうな気がします。
それでも個の力、負けない強さみたいなものは持ってはいるんですけどね。
ルグエン監督が就任して金銭面のトラブルをきちっとしてからはチーム状態は上向きでW杯アフリカ予選も突破したのですが、相変わらず金儲け目当てなのかサッカー協会や代表OBなどが介入してトラブルを招いたりもしていますからね。
そんな状況を踏まえても3連敗は何とか阻止できる可能性も少しですが出て来たように思います。
次のコートジボアール戦で岡田監督がどのような決断を下すのか注目です。

【関連記事】
足も手も出なかった…韓国戦
【アジア杯予選】岡田監督敗北宣言…のバーレーン戦
最悪のシナリオへまっしぐら…の韓国戦
岡田監督の呪縛に苦しむ選手たち…の香港戦
【東アジア選手権】おもしろいほどつまらない…の中国戦
今年で一番つまらない試合…であってほしいベネズエラ戦
南アフリカW杯組み合わせと日本代表の現在地
オランダから始まるW杯までにすべきこと

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/719-a1336b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する