鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カメルーン戦プレビュー
こんばんは、W杯を思う存分楽しんでいるこーめいです。
いよいよあと数時間で日本-カメルーンの試合です。
なんだかんだ言ってもW杯は楽しいですし、日本の試合は気になります。
本番前のテストマッチは散々ではありましたが、もしかしたら…っていう期待をどうしてもしてしまうのは、まだ結果が出ていないだけだからでしょうか。
人間は真実を信じるのではなく信じたいものを信じる生き物ですからね…。
本番になってチームが結束し劇的に変わることもありますが、フランスなど明らかに準備不足だった国は低調な試合をしてます。
それに劇的に変わるならアフリカ勢であるカメルーンの方が可能性が高いような気がしますね。
本番前のテストマッチが低調だっただけに油断はなさそうですし、エトオなんて本気で優勝狙ってるみたいです。
チームが一体となって集中力を高めてカメルーンが臨んで来れば、日本に勝ち目は乏しいでしょうね。
ですが、カメルーンもテストマッチの結果は思わしくなくそのままのチーム状態とすれば、つけ入る隙はあると思います。
日本にその隙を突く武器があるかどうかが問題なのですが…。

予想フォーメーションから見る日本の戦い方
FW:本田
MF:大久保、松井
MF:遠藤、阿部、長谷部
DF:長友、闘莉王、中澤、今野
GK:川島

本当に本田の1トップでいくのでしょうかね。
本田の特徴を生かすなら前向いてプレイさせてなんぼですから、相手のDFを背負ってプレイすることが多くなる1トップには不向きだと思います。
ただ、堅守速攻の戦いをするなら前線にボールキープできる選手がいないといけないわけで、チームとして機能させるために個を犠牲にするという苦肉の策なのでしょう。
そういうことも必要なときはあるのですが、直前の戦術変更と選手選考がマッチしてない問題の表れですよね。
それを今さら言っても仕方ないですが、準備段階で明らかに失敗している状態での苦肉の策ですから機能するか疑問です。
これがいきなり功を奏したら岡田監督は策士、いや奇策士と言えるでしょう。
さて、コートジボアール戦の長谷部トップ下起用の失敗から布陣は4-3-2-1にマイナーチェンジするわけですが、後ろに人数をかけて何とか守って本田に預けて大久保や松井を飛び出させるという狙いなのでしょう。
そして、前半は何とか0-0で乗り切り、後半に攻勢に出れればというところだと思います。
森本をかたくなにスタメンで使わないのはそういう意図があるからでしょう。
これも逆に言えば、切り札で使える選手がいないという選手選考の失敗が原因なんですけどね。
右サイドは駒野になるかもしれません。
今野は痛み止めを飲んで出場は可能のようですが、ケガを押しての強行出場は裏目に出そうなので無理はさせないでほしいですね。
岡田監督の「やれることはやった」という発言はまったく説得力を感じないですが、選手たちのコンディションはかなりよくなってきたと言ってるのでそちらが本当であればとコートジボアール戦よりはいい試合をできるかもしれません。

オーストラリアの二の舞は避けたい
布陣の変更からこーめいが懸念するのは、日本がドイツに大敗したオーストラリアの二の舞になることです。
カメルーンの攻撃は中盤はマクーンがパスを出すのですが、ゲームメイカータイプではなく決定的なパスを出してFWを生かしていく選手でもありません。
ですから、3トップに預けてそこから攻撃を作っていくことになるのですが、本来トップ下の選手であるエマナは右ウイングのポジションで生きてません。
エトオがボールを持てば取られないのでそこを起点として後ろの選手が上がって分厚い攻めができるのですが、そこを潰してしまえばある程度カメルーンの攻撃をおさえることができると思います。
やはり、それは高い位置でブロックを作ってパスコースを限定してエトオに入るボールを後ろの選手が狙っていくという方法がいいと思います。
しかし、4-3-2-1ですと高い位置ではなく最初から低い位置で守る事になるのかなとそこが心配なんですよね。
疲労の出る試合終盤やカメルーンが得点を取りに攻めにかかってきた場合は仕方ないですが、最初から日本自らリトリートしすぎてしまうと苦戦すると思います。
というのも、カメルーンの攻撃は前述したように組織としてはそれほど機能してないです。
しかし、簡単に前を向いてボールを運ばせてしまうとそういうチームでもリズムが出て来ますからね。
それともう1つ警戒しないといけないのはアーリークロスです。
岡田監督もアス・エコトのクロスを警戒してるようですが、サイドをパスやドリブル突破で崩して入れているわけではなく少し低い位置からフリーで早いボールを入れていることが多いんですよね。
そうなるとイドリスやモディングなど身長の高い選手、180cmですが高さと強さのあるウェボに合わせられて簡単に失点しまいますから。
オーストラリアはリトリートし過ぎてアタッキングサードに入る前のサイドのスペースをドイツに自由に使われて守備が崩壊してました。
ドイツとカメルーンの違いはありますが、クローゼのゴールなんてカメルーンも得意とするパターンですからね。
オーストラリアは後半から4-1-4-1にして高い位置でブロックを作ってゾーンで守るようにして、守備のリズムが出始めました。
ケーヒルが退場するまではしっかり守れてましたし、ドイツの選手は明らかにやりづらそうでパスミスも増えてましたからね。
フォーメーションは同じでなくていいですが、日本もオーストラリアの後半立ち上がりの守備をできるだけ長い時間徹底してやるべきです。
カメルーンはショートパスを繋いでくるのでブロックを作ってそのパスを引っ掛け、ロングボールやサイドから早めのセンタリングを多様して来た場合もしっかりとコースは限定して後ろの選手が対応しやすいようにしないといけないですね。
そして、高い集中力と運動量をもってしてこぼれ球を拾って本田ら前線の選手に繋げていければいいリズムができると思います。

日本の得点の可能性
あまりに時間がなく急造感が否めないのでカウンターはそれ程形にならないと思い、あまり期待はしていません。
やはりセットプレイとミドルシュートでしょうね。
イングランドやアルジェリアの失点シーンを見ても、GKの前でバウンドするようなシュートはかなり処理しづらいみたいですからどんどん狙っていくべきですね。
それとセットプレイはW杯の開幕戦から昨日までの試合を観ても貴重な得点源となってます。
ギリシャやオーストラリアも立ち上がりのセットプレイでのビッグチャンスをものにしていたら、勝てたとは言いませんがもっといい勝負できたでしょうし、韓国やドイツを苦しめられたと思います。
そういうところをものにできるかどうかでしょうね。
もう1つ可能性があるとすればワンツーです。
カメルーンのDFラインはお世辞にも整っているとは言えず、ラインにギャップが生まれることが多いですから簡単なワンツーで裏を取る事は可能です。
その守備の脆さを突いていきたいです。
しかし、気をつけないといけないのはシュートにかかるシーンです。
世界レベルでは当然ですが、アフリカ勢は特にギリギリのとこで足が伸びて来ますからね。
カメルーンは守備は組織的ではなくても、コートジボアールがそうであったように1対1のところはスピードと強さでカバーして来ます。
フリーだからと言ってゴール前で余裕こいてると、決定機もことごとくシュートブロックに合うでしょう。
迷っている暇はなく、素早い判断力と決断力が必要になってきます。

日本のアドバンテージ
ドイツの試合を観たのですが、これまでの試合と違って不評であるジャブラニの扱い方が非常にうまいと感じました。
ボールが原因と思われるシュートを吹かしたり、センタリングやロングボールが大きくなるなどのミスは少なかったです。
というのも、今季のブンデスリーガはジャブラニを使ってたんですよね。
そして、ドイツ代表選手は全員がブンデスリーガでプレイしています。
実はJリーグも今季はW杯球と同じボールを使っています。
ですから、Jリーガーは扱いに慣れているはず…。
でも、高地でもなかった2試合で連続オウンゴールをした闘莉王はボールの軌道が分からないと言っていたので、あまりアドバンテージにはなってないのかもしれません(^^;)

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/722-f0fb31f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する