鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ベストとワーストの結末…のカメルーン戦
結果
6月14日(月) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
日本1-0カメルーン(23:00/フリー/30,620人)
[得点者]
39' 本田圭佑(JPN)

試合の感想
改良と改悪の差が出た前半
前回、事前の準備がうまくいかなかったチームが劇的に良くなるということはないだろうと書きましたが、やはり両チームとも大きく変わることはなかったですね。
序盤の展開を観ていて、チーム作りに失敗した同士の戦いらしいという印象を受けました。
それでも日本は中盤のラインを下げず、イングランド戦のようにしっかりブロックを作って守れてましたし、サイドの守備でも数的優位を保つようにしてディフェンス面では直前での戦術変更だったことを考えればやるべきことはできていました。
問題は攻撃面だったのですが、90分を通じてそれほど決定機を作れなかったのを観てもカウンター攻撃を中心にいい形が作れていたとは思いません。
それでも布陣変更が功を奏して、1トップの本田が体を張ってよくキープ、右サイドの松井が前を向いて仕掛けられていたので前線に起点ができたのが日本の改良された点でした。
一方、カメルーンはAソングはケガで間に合わなかったらしいですが、結局エトオは右サイドでの起用、エマナら一部主力がスターティングメンバーからはずれました。
ルグエン監督は戦術的な判断と言ってましたが、直前でまたもやゴタゴタしたのかもしれませんね。
カメルーンはテストマッチのときよりもコンディションが悪く、とにかく動けず球際でも競れていませんでした。
さらにエマナがはずれたことやエトオの配置を右にしたことで、これまでも悪かった守備だけでなく攻撃でもまったく機能していませんでしたね。
前半はこの改良と改悪の差がはっきりと出ました。
得点はまさに改良を加えた右サイドの松井のセンタリングから1トップの本田という流れでしたね。
このシーンは大久保がまずゴール中央に斜めに入っており、ゴール前にある程度人数をかけられていましたからね。
これも松井が右サイドで積極的に仕掛けるっことでタメを作れていた効果です。
大久保の動きを囮にファーに流れた本田がトラップをミスしながらも落ち着いて決めました。
こーめいはあまりのカメルーンの出来の悪さに日本が得点を取れるかどうかという試合だなと思って観ていたので、これで勝ったと思いましたね。

思惑通りの後半
前半に得点が決まった時点で勝ったと思ったこーめいですが、ハーフタイムにもう一度本当に日本が勝てるか考えてみました。
何しろドイツ大会では(32試合中逆転勝利した試合は7回でその内の)2試合を日本が逆転負けされているわけですから。
そして、世界との戦いとなるとイングランド戦のようにたいていの相手が前半の途中、もしくはハーフタイムで修正してきます。
あまりの前半の酷い内容にルグエン監督が後半からエマナをトップ下に入れて来て、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2にしてきたらまだ分からないと思いました。
しかし、国内メディアから適材適所ができないと散々批判されながらも、頑なに独自の起用方法に拘るルグエン監督のプライドの高さを考えるとそれはないという結論に至ります。
もしくはイドリスを早々に入れて来て後半開始からサイドからのロングボールをがんがん入れて押し込んで来たらきついと思いましたが、やはりそういった奇策には打って出てこなかったですね。
試合終盤にはイドリスを投入してパワープレイには来るでしょうが、そこさえ集中して守れればコンディションの差やカメルーンの酷さもあって問題なく勝てると脳内シミュレーションが完了します。
後半はそのシミュレーションのもと半ば勝利を確信して観ていたので冷や冷やすることもなかったです。
日本の選手も最後まで集中してよく守っていましたからね。
逆にカメルーンは本当に酷く、英国メディアが評しているように、今大会のこれまでの試合を全部観ている人なら間違いなくカメルーンをワーストチームと評すでしょう。
ギリシャやアルジェリアなどもあまりいい試合をできてはいませんでしたが、どういった戦いをするかというのはチームで共通した認識を持ってプレイしていましたからね。
もちろん相手がいるので日本がうまくカメルーンを封じたというのもあるのですが、カメルーンは90分通して攻守両面において自分たちが何をやりたいのか分からないままプレイしている感じでした。
サッカーの試合でもっともおもしろくないのは、観ていて本当に何をしたいのか分からないチームなんですよね。
日本人でなければ楽しめなかった試合だと思います。
終盤はカメルーンも押し込んで来てバー直撃のミドルシュートなどもありましたが、最後の最後の得点という部分ではやはりこれまでのベストな試合をした日本と大会ワーストチームと言えるカメルーンの差が出ましたね。

直前での軌道修正とは言え、やることがはっきりしたため日本代表は選手の能力をある程度引き出して戦えているとは思います。
もともと岡田監督が得意とする唯一の戦い方なわけですから、本当はもっと早くにこういった戦い方をとって熟成させることができれば、選手の能力を最大限引き出すだけでなく、成長させることもできたのですけどね。
せっかくがんばって勝ち点3を得たのですから、オランダ戦、デンマーク戦をうまく戦ってグループリーグ突破を目指してほしいです。
こーめいはこれまでもカメルーンについてはチーム状態を考えると付け入る隙はある(迷走を重ねて仏の段階へ…のイングランド戦カメルーン戦プレビュー)と言っていました。
気になっていたのは本番に向けてルグエン監督が修正してくるか、チームが1つにまとまるかということだったのですが、むしろ悪くなっていましたね。
事前予想では日本は4位としていましたが、カメルーンが最下位になりそうです。
そんなカメルーンに対して、オランダ‐デンマーク戦を観る限り日本がオランダに付け入る隙はなく、攻守の組織・個両面においてデンマークの方が完成度はかなり高いと思います。
カメルーン戦のように簡単にはいかないと思いますが、デンマークも攻撃に問題を抱えています。
ベントナーはケガを抱えていてオランダ戦は時間制限の強行出場をしましたが精彩を欠いていました。
デンマークの攻撃はベントナー次第というところがありますからね。
日本も引き分けられる可能性はあると思います。
初戦の勝ち点3で最終戦までグループリーグ突破の可能性とそれまでの約10日間という時間ができたわけですから、少しでも今の戦い方を徹底、修正して選手の能力を少しでも多く引き出してほしいですね。
そのためにも次のオランダ戦、どういったスタンスで臨むかが重要になってくるでしょう。
そのことについてはまたオランダ戦のプレビューで書きたいと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/723-902fbf6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する