鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

善戦惜敗、2つの悔恨…のオランダ戦
6月19日(土) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
オランダ1-0日本(20:30/ダーバ/62,010人)
[得点者]
53' スナイダー(NED)

岡田ジャパンの現状とグループリーグ突破に向けて
試合内容については、オランダ戦プレビューで書いたことがほぼそのまま起こっているので改めて書きません。
グループリーグ突破を賭けての直接対決デンマーク戦に向けて、迷走を重ねて仏の段階へ…のイングランド戦で書いたこれができればベスト4ということで挙げた項目について吟味し、岡田ジャパンの現状を確認していきたいと思います。
・守備組織の構築
イングランド戦と同じ4-1-4-1というフォーメーションで戦っており、現状を考えると上々の成果をあげていると思います。
こーめいが守りはまだいいと書いた通り、Jリーグの降格しそうなクラブが新監督を迎えて守備的に戦って勝ち点を拾っていくのもそうですが、守備の構築はある程度短時間でも立て直せますからね。
これはこのまま続けていけばいいし、続けていくしかないですね。
・攻撃の形
やはり問題は攻撃です。
松井というサイドアタッカーを入れて何とか攻撃の糸口を作ってはいますが、カメルーン戦ではシュートはわずか5本。
オランダ戦では相手の9本を上回る10本を放ちましたが、ペナルティエリア内のシュートはセットプレイからの阿部と闘莉王のヘッド、パワープレイに出た終盤の岡崎のシュートだけです。
つまり、闘莉王が上がっているとき以外はペナルティエリアでシュートを打ててないということですね。
あとは全部ミドルシュートで枠にいったものは少なかったので、オランダの選手もコメントしていましたが怖さはなかったみたいです。
オランダ戦はこのミドルシュートの差が結果に繋がったとも言えるでしょう。
日本人のミドルシュートは精度と威力がないですが、ミドルレンジから打てるチャンスはあるのでこれから世界と戦っていく上では育成段階から見直していかないといけないところかもしれません。
いいミドルシュートを打つ選手がいないということは、そのままGKのレベルにも関係してきますから。
攻撃に関しては短時間でよくできることはあまりないと思いますが、得点を取るならカメルーン戦のようにゴールで近い位置でシュートを打てるようにするか、いいミドルシュートが1本出ればというところでしょうね。
デンマーク戦はとにかく先制点を与えないようにし、もし奪われたら闘莉王を上げるしかないんじゃ…。
・カウンター攻撃の構築
これも攻撃の形の1つではあるのですが、守るだけで精一杯な状況が続いてますから厳しいですね。
ただ、デンマークは勝たなければいけないのでカウンターで得点を奪いたいですし、チャンスはあると思います。
早くボールを動かす、ボールを素早く運ぶ、大きな展開をするという部分の修正は可能でしょうが、どのタイミングでリスクを犯して攻めあがるかの判断は、今の戦術・メンバーであまりやってないですから現状では難しいものがあるでしょうね。
・アジアレベル
これはオランダ戦もミドルシュートや駒野のクロスなどありましたが、今さら言っても仕方ありません。
・ゲームの流れを読む
カメルーン戦のように日本のプラン通りに進めばいいのですが、相手が手を打って変化して来たときに柔軟に対応するのはチームが成熟しなければ難しいです。
オランダ戦のようにエリアが投入されたとき、失点したとき、残り20分になったら攻めに行くなど事前に考えられる状況に合わせてできるだけプランを決めておくことが重要となってくるでしょう。
・中村俊輔と本田の起用の仕方
これはチーム全体の選手起用にも言えるのですが、やはり急造チームでテストをできてないのでスタメンもいじれないですし、選手交替も手探りですね。
前述したように守備は構築しやすいので守備的な交替なら計算できるのですが、攻撃的な交替となるとオランダ戦では中村俊輔と本田を共存させる時間を作ったのですがうまく機能してくれませんでした。
サイドには縦に仕掛けられてボールを運べる選手、1トップにはボールをキープできる選手というセオリーをはずさないことを心がけるしかないですね。
ただ、そのために駒がいないのが頭を悩ませる問題ではあるのですが…。

率直な感想
強豪国オランダ相手に選手たちは奮闘し、スナイデルの一発によって1点差で負けてしまいましたが、良く戦った上でのいい試合だったと思います。
サッカーを普段からあまり観ない人なら、もう少しで引き分けに持ち込めたという悔しさで一杯だと思います。
確かにこーめいも1つの想いとしてはそういう気持ちもあるのですが、いつもの善戦惜敗の結果にもう1つの悔恨の念がどうしても生まれてしまいます。
そもそも日本は守備的な戦いをすれば強豪相手に善戦惜敗することはこれまでも幾度も繰り返されて、このオランダ戦の結果は特に目新しい成果でもないからです。
本来ならこの壁に立ち向かう1つの手段としてオシム就任だったと思うのですが、病気によって退くこととなったため岡田監督になりました。
しかし、岡田監督でもその壁にチャレンジする権利を得ることはできたと思います。
あの迷走さえなければですが…。
選手は力をふりしぼって戦っていただけに、岡田監督が夢遊病にかかってしまったせいで善戦惜敗の壁にチャレンジできなかったのは非常に残念に想いますね。
岡田ジャパンのレベルの低下につられて、(こういう言い方が正しいのかは知らないですが)サッカー偏差値が下がっていった人とは違って、せっかくのW杯という舞台の強豪国と戦える機会でもっと選手に多くの可能性、チャレンジを与えられたかと思うとやはりこーめいはただ惜しかった、悔しいだけではおさまらない気持ちがあります。
結局時間がなかったばかりに、迷走を重ねて仏の段階へ…のイングランド戦でこーめいが予見した通りになったということですからね。
この試合の視聴率は43・0%だった(ゴールデンタイムのオランダ戦なので50%は越えるかと思っていたのですが)そうですが、このうち10%弱の方はきっとこーめいと同じ気持ちを抱いていると思います。
ただ、今大会のことだけを考えるとこのオランダ戦の結果でグループリーグ突破を賭けてデンマークに対して優位な立場で戦えるようになったわけですし、残りの30%強の普段サッカーをあまり観ない人がこういう戦い方をすれば日本も強豪国相手に善戦できるんだと希望を抱いてくれたなら、日本サッカー界にとってポジティブなものをもたらしてくれた一戦だったと思います。
ただ、サッカーをより知っていけばその0-1というスコアの間に、0円と1ユーロもの差があることを知るのですが…。

デンマークはカメルーンに2-1で逆転勝利したので、直接対決で日本は引き分け以上でグループリーグ突破です。
その試合を観たのですが、カメルーンは非常におもしろい事態となっていましたね。
デンマーク戦についてはプレビューで改めて詳しく書きますが、そのカメルーンのおもしろい事態について触れておかない意味のないプレビューになってしまいそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/725-0e07d9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中村俊輔

<お買い得情報> 今一番売れているサンダルは、クロックスである。○か、×か?答えはこちらから 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽... 目指せ知識王!【2010/06/21 19:06】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する