鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーキック、ちゅど~ん…のデンマーク戦
結果
6月25日(金) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
デンマーク1-3日本(03:30/ロイヤ/27,967人)
[得点者]
17' 本田圭佑(JPN)
30' 遠藤保仁(JPN)

81' トマソン(DEN)
87' 岡崎慎司(JPN)

試合の感想
試合の立ち上がり、デンマークはいきなりガンガン攻めてくるということはなかったですが、意識はやはり攻撃に向いていました。
日本も試合前から言っていたように勝ちにいくという意識が高く、しかもデンマークも勝ちに来ている状況ですからこれまでの2試合よりも攻撃できていましたね。
そのため、お互い隙のあったDFの裏を突き合う展開となりました。
どちらもチャンスがありながらも決め切れなかったのですが、その後すぐに日本は意識を守備的に戻しましたね。
試合は予想通りデンマークがボールをよりポゼッションして日本がそれを受けるという展開でしたが、デンマークはサイドから早めに放り込むボールを入れて来るのではなく、これまで同様に繋いできちんとビルドアップしてきました。
これは日本としてはラッキーでしたね。
これまでの守り方で十分対応できる攻撃でしたから。
そんな中、本田のFKが決まって日本が先制します。
デンマークは攻撃に意識が行っている分、日本に攻められたときはどうしてもファウルで止める場面が多くなっていましたからね。
そして、30分には今度は遠藤がフリーキックを直接決めます。
今大会は高地やボールの影響から直接FKからのゴールはほとんど生まれておらず、決まってもGKの前でバウンドするような形だったんですよね。
ここに来て綺麗なFKがちゅど~んと2発生まれました。
この2本のFKで試合の主導権は完全に日本が握りましたね。
デンマークは浮足立っており、得点後しばらくは日本がリズムを掴んでいました。
早目にラーセンを投入してベンチ側は明らかにパワープレイを狙っていたのですが、ハーフタイムをはさんでもデンマークの選手はうまく前線の高さを使えていませんでしたね。
後半は早い時間で日本の選手がかなり疲れていて、ペースを握られました。
しかし、デンマークは相変わらずビルドアップから攻撃を作ろうとしていたり、ロングボールを入れても日本のゴールに向かうような処理のしやすいものが多かったです。
真正面から来るボールを真正面にはじきかえすのはDFとしては楽ですからね。
しかも、攻撃側は後ろから来るボールを処理して前を向いてシュートまで持っていかないといけないので難しいプレイになります。
サイドからどんどん入れられると日本は押し込まれてこぼれ球や競り合いから何が起こるか分かりませんでしたからね。
実際に後ろの人数を削って放り込みが増えて来た時間帯では長谷部がPKを取られたようなシーンも出て来ましたし、それで1点差に追いつかれたのですが、その後も日本は落ち着いて試合を運びます。
日本は引き分けでもいいわけですし、慌てる必要はなにもなかったですからね。
最後は本田が手薄になった守備陣をドリブルで突破して、交替で入った岡崎が試合を決定づける得点を奪いました。

これで日本はグループリーグを2位突破となりました。
決勝トーナメントで当たるのはグループFで1位となったパラグアイです。
今大会調子がいい南米勢ですが、パラグアイも手ごわい相手です。
攻守に球際で激しく強いですし、バランスがよく技術もあるので、体をぶつけながらも柔らかいタッチでボールをコントロールしてマイボールにしてきます。
運動量もあってしっかり守備をするのですが、攻撃時には数をかけて攻めてきます。
グループリーグで対戦したどの相手よりも、日本は相性が悪くやりづらい相手になると思います。
でも、日本のやることは変わりませんし、少しずつですがチームとしても今の戦い方が形になりつつありますね。
詳しいことはプレビューで書きますが、パラグアイに勝利してベスト8に入れたらたいしたものですよ。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/727-9b5eeed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する