鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

パラグアイ戦プレビュー
日本の選手たちも言っていますが、パラグアイは強いですね。
こーめいもチームとして機能してないことからカメルーン戦は付け入る隙がある、デンマーク戦も相手が勝ちに来ないといけない状況から勝ち点を取れる可能性はあるとプレビューで書いたのですが、パラグアイ戦にはこの2チームほど勝機は見出せません。
ただ、付け入る隙はないものの大量失点はしないだろうと書いたオランダ戦ほど絶望的でもありません。
今回の対戦で参考になるのは同じようにアジアと南米の戦いとなった韓国-ウルグアイ戦でしょうね。
韓国が一時は同点に追いつき大健闘したのですが、セットプレイだけでなく攻めに出た時間では流れの中からもチャンスを多く作っていたのですけどね。
やはりゲーム運びやストライカーの違いなどスコア以上の差は感じました。
ウルグアイとパラグアイの違いはもちろんあるので、それも踏まえながら試合の要点になりそうなところを見ていきたいと思います。

試合の入り方に注意
韓国はギリシャ戦以外は監督の選手起用を始め、メンタル的にも試合の入り方に失敗した感があります。
特に負けたアルゼンチン戦、ウルグアイ戦は序盤に失点しており、集中力を欠いていましたね。
日本も軒並み試合の入り方はよくなく、押し込まれてチャンスを作られていることも多いです。
特にデンマーク戦では4-2-3-1にフォーメーションを変更したものの、機能せずにピンチを招き、選手の判断でこれまでの4-1-4-1に戻してよくなったという経緯がありましたからね。
いらないことはせず、これまで通りにまずは守備をしっかりする意識を持って集中すべきです。
こーめいもこれまで守りきるだけではいつかやられるので攻撃が大事と言っていますが、それは相手が攻めにかかって生まれた隙をつくカウンターでの攻撃のことで、今の日本では能動的な攻撃をすればチャンスも作れますが、攻守のバランスを取るのが難しくそれ以上のピンチを迎えると思います。
もともとこーめいは、選手の能力を引き出せればグループリーグ突破もできると言っていたように、ドイツW杯や北京五輪に比べればその部分ではかなりできていると言えるのでこれまでの戦いを継続してほしいですね。

しっかりとした守備組織
南米勢の特徴としては、やはり守備がしっかりしていますよね。
これを崩すのはなかなか骨が折れると思います。
それにこれまでの対戦相手は日本から勝ち点3を取ることが必須条件で、日本はまずは失点しないことさえ気をつければよかったわけで有利な状況で戦えていたわけです。
しかし、決勝トーナメントになると状況は五分で相手も根競べができるので、無理に攻めに行く必要はなく守るべき時間帯は守ればいいということができます。
とにかく相手に有利な状況になればゲームを思うように運ばれてしまうので、当たり前なのですがこれまで通り先制点を与えないことが本当に本当に大事ですね。

基本的な戦いが勝負を分ける
運動量が多く、攻守において球際に強いのも南米勢の特徴です。
こぼれ球へのアプローチはもちろん、守備でもしっかりマークに付いて行って体をぶつけてボールを奪取しますからね。
日本よりも球際でファイトできる韓国もウルグアイ相手では負けるシーンも多かったです。
ウルグアイは堅守速攻型なので1点を取ってからはかなり後ろに意識が行って4-3-3の3ラインの間が開いて、韓国も攻撃を作ることができるようになりましたが、パラグアイはチリに近いチームです。
攻守の切り替えも早くてより前からプレッシャーをかけてボールを奪いに来ますから、攻撃を跳ね返して拾ったボールをまた簡単に奪われていたらとんでもないことになりますよ。
特に前からの組織的なプレッシャーや球際の強さなど、組織と個の総合力はカメルーンとデンマークをはるかにしのぐでしょう。
運動量と球際の争いで互角にやり合えないと相当厳しい戦いになると思います。
それだけにこれまで同様に日本選手のコンディションが鍵となりそうですね。

長期戦は不利
そのコンディション調整がうまくいっても長期戦は日本に不利になります。
選手交替で人数は使っていますが、日本は実質13、4人で戦っていますし、特に松井は戦術的にも90分持たせることを前提としてないくらいの負担がかかっていますからね。
それに選手交替にしても運動量の多い遠藤、松井、長谷部、大久保あたりから3人を替えざるをえなくなるでしょうから、時間が経てば経つほど守りきるための選手交替を切るしかなくなります。
リードされていたら当然ですが、引き分けの状況でも残り20分になったら思い切ってCBを新たに入れて闘莉王をFWにしたり、バランスを崩さない上で得点を取りに行く必要もあるかもしれません。
日本は絶対に早い時間に得点は許してはいけないですが、何とか早い段階で得点をしたいという難しい試合になりそうですね。

日本の勝機
勝機があるとすればやはりデンマーク戦のようにセットプレイから得点を取って、有利な状況で試合を進めたいですね。
韓国もセットプレイからチャンスを作って得点もしましたし、いくつか決定機は必ずあるはずですから。
あとはミドルシュートがどかーんと入ったりすればいいですね。
理想はドイツがイングランドに決めたようなカウンターです。
こーめいは現在の守備がそうであるように日本の選手は力を引き出してあげれば、ドイツのようなカウンターもできるポテンシャルは持っていると思いますが、やはりそれだけの時間がなかったですからあくまで理想ですけどね。
ウルグアイは前の3、4人だけで攻めることが多いですが、パラグアイの攻撃時には前線に人数をかけてくるのでよりカウンターはしやすいと思います。
しかし、それだけに後ろから上がってくる選手には気をつけないといけません。
パラグアイもこれまでの対戦相手同様に4-3-3ですからある程度守れるでしょうが、特に気をつけたいのはベラの上がりです。
長い距離を走っていいタイミングでペナルティエリアに入ってきますからね。
しっかり中盤からマークに付いていかないとゴール前でフリーにしてしまいますよ。
攻撃で言えば、ウルグアイにはゲームを作っていたフォルランと点取り屋ルイス・スアレスという強烈な個がいますが、パラグアイはカバニャスの離脱などあってそこまでではないという違いがありますね。
サンタクルスのポストプレイをまず封じればこれまで通り組織で対応していけそうなだけに、やはり球際の戦いが重要で悪いボールの取られ方をくれぐれもしないよう気をつけてほしいです。
果たして、日本初のベスト8達成なるのでしょうか!?

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/728-1fc23f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する