鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

粘りと耐久の120分…のパラグアイ戦
結果
6月29日(火) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
パラグアイ0-0(PK5-3)日本(23:00/プレト/36,742人)

試合の感想
立ち上がりはどちらも慎重な入り方で、パラグアイも日本の戦い方は分かっていたでしょうがトーナメント戦ということでまずは自分たちのスタイルで戦って来ました。
そんな中、大久保が勢いをつけるためにも思い切りよく打って行きましたね。
プレビューでも書いたように、ミドルシュートが運命を左右しそうなことを予感させるシーンでした。
その後は予想通りパラグアイがポゼッションをして、日本がそれを受けるという展開になります。
パラグアイはまずサイドに出してそこを起点にするという攻撃の仕方だったのですが、ボールの展開を主に担っていたオルティゴサがまだピッチやボールに慣れないせいかミスを多くしていましたね。
日本はこれまで通りしっかり中盤でブロックを作ってパスコースを限定し、サイドに出されても対応できていました。
寄せも早いですしスペースを与えていませんでしたし、パラグアイのバリオスやベニテスもそれほど突破力があるタイプではないですからね。
ロッベンやリベリー級でないとあの守備を突き破るのはなかなか厳しいものがあると思いますよ。
しかし、日本は攻撃がやはり課題で形というものができてないですから、繋ぎの部分でミスも多かったですね。
それでもパラグアイのパスミスを高い位置で拾って松井のポスト直撃や本田のミドルシュートなど惜しいシーンも迎えました。
どちらもいいシュートでしたからもっとこういうシーンを作る形というものを持っていたら得点もできたかもしれませんね。
それ以上にペナルティエリア内でシュートできるような形を作りたいところなのですが…。
後半に入っても集中して守っていましたが、日本の方が先に疲れて運動量が落ちてきてさらに押し込まれていきます。
パラグアイも前線の選手を交替して中央でも起点を作るようになってからは決定機も作られることが増えてきたのですが、DFも最後まで体を寄せて川島のセーブもあって守り切ります。
日本は岡崎の投入で4-2-3-1にして攻撃的に行きたかったのだと思います。
続く中村憲剛の投入も悪くはなかったですが、攻撃の決め手になるにはやはりチーム作りの時間がなかったというところですね。
闘莉王を上げるなど後半のうちに思い切った攻撃を仕掛けていくべきだったと思います。
延長になってからはパラグアイの方も疲労が出て来たのですが、どちらも決め手を欠いてPK戦へと突入しました。
スタッツはほぼ互角だったのですが、全体的にはパラグアイの方が決定機は多かったという試合でしたね。
残念ながらPK戦で敗れてしまいベスト8進出はならなかったですが、選手たちは限られた時間の中でよく戦ったと思います。
やはりイングランド戦から戦術を変更したことで、選手それぞれのやるべきことがはっきりしたのが大きかったですね。
そして、カメルーン戦に勝利したことでこーめいが以前に言った確信というものがチームに生まれました。
守備での確信に加えて、攻撃の部分でも確信があればもう1つ先に行けていたと思います。
岡田監督の「私に執着心、執念が足らなかったというふうに感じています」、「選手たちにもう1つ戦わせてあげたかった」というコメントもこの部分の後悔の念を表しているのではないかと思いますね。

今回のW杯、こーめいが日本のMVPを選ぶならそれは楢崎です。
試合には出ていませんが、直前にサブに回されながらもよくチームを盛り上げてくれたと思います。
イングランド戦からの戦術変更をきっかけに控えに回されたそれまでのレギュラーははっきり言っておもしろくなかったと思いますよ。
W中村や玉田、篤人らはケガやコンディションの問題を抱えていましたが、いいサッカーができなかったのは明かに戦術の問題で楢崎をはじめ特にパフォーマンスに問題なかった選手もいました。
結局、レギュラーがサブかを分けたのは単純に戦術変更したイングランド戦にプレイしていたかどうかです。
ケガをした今野から駒野になったように、控えに回された選手の全員がW杯を戦った戦術に適応できなかったということはまったくないです。
もちろん川島はいいパフォーマンスを見せていたのですが、あの戦術で戦えば楢崎だって東アジア選手権やセルビア、韓国戦のように失点することもなかったでしょう。
イングランド戦のメンバーを継続して使い、レギュラーが大幅に入れ替わったのは単純に試す時間がなかっただけですからね。
そしてその原因は岡田監督がチーム作りに失敗したからに他なりません。
本来ならチーム崩壊していてもおかしくなかったのですが、4年前を教訓にドイツW杯の二の舞はさせまいと楢崎が率先してチームが壊れないように影ながら盛り上げたからこその一体感だと思います。
つまり、4年前の惨敗も無駄ではなかったということですね。
ひとまずお疲れ様でしたというところですが、オシム曰くもう次のW杯に向かっての戦いは始まっているそうです。
こーめいはこれまで言ってきたように、選手の能力を引き出すことができればこのくらいの結果を出せるポテンシャルはあると思っていたので、今大会の結果は特別だとは思いませんし、日本サッカーが成長したからの結果とも思っていません。
これまでもそれだけの力は持っていましたが、日本サッカー協会や監督が回り道をして選手たちの能力を引き出せなかっただけですからね。
しかし、今大会でも選手たちの力を十分引き出せたかというとそれは守備に限ったことで、攻撃の部分ではまだまだでした。
そういうことも含めて今大会でも多くの経験が得られたのは重要です。
岡田ジャパンの統括はまた改めてするつもりですが、4年前の経験が今大会で生きたように、今大会で得た経験もサッカー界全体が、そして選手1人1人が教訓として4年後に生かしていきたいですね。
それが強さに繋がっていくのだと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

サッカーワールドカップの熱い戦いを観て、サッカーが好きになりました。
そこで、いろんなサッカーのブログを訪問してみよう、と思い立って、ランキングサイトを経由してこのブログに到達しました。
また、訪問させていただきます。
【2010/07/04 21:35】 URL | みことみ #M8fmrdFo [ 編集]

みことみさんへ
ご訪問ありがとうございます。
いや~、W杯はおもしろいですね。
日本も大健闘しましたし、W杯を機にみことみさんのようにサッカー好き仲間が増えるとこーめいもうれしいです。
【2010/07/06 21:51】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


「本田圭佑とサッカー日本代表を応援していく!」の管理人のでろりんです。
コメント&相互リンクありがとうございます。
こちらからもリンクを改めて貼り付けておきましたので宜しければ御確認下さい。
こーめい様と違って、私のブログは品のないブログですが…

宜しければこれからも宜しくお願い致します。
【2010/07/07 00:08】 URL | でろりん #- [ 編集]

でろりんさんへ
コメント、リンクありがとうございます。
最近は更新もさぼり気味でしたが、Jリーグ再開後はもうすこし更新頻度を増やそうと思っていますので、こちらこそよろしくお願いします。
【2010/07/07 16:06】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/729-cb02d348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する