鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

不振脱出のための分かりやすいサッカー
鹿島の分かりにくいサッカー
まず、鹿島のサッカーを簡単におさらいしてみましょう。
分かりにくいというと語弊がありますが、鹿島は攻守において難しいサッカーをしています。
最近先発で使われている選手では興梠、大迫、野沢、ガブリエルですが、攻撃においては前線にボールのおさまりどころがなく、ドリブルで仕掛けたりタメを使って後ろの押し上げを促す選手がいません。
もちろん相手との力関係があるので下位のクラブとの対戦では大迫や興梠のポストプレイも機能することもありますが、上位陣との対戦ではまったくと言って良いほど何もできなくなります。
特に野沢とガブリエルは消える時間が多くなりますね。
それは清水戦、C大阪戦をご覧の通りです。
マルキーニョスが唯一特異な存在となっています。
ポストプレイが得意なわけではありませんが、フィジカルを生かしてボールをキープ、前を向いてドリブルも仕掛けられるのでそこで周りが連動して動ける時間ができます。
マルキーニョスが出場していない試合は3分1敗、負傷交代した仙台、清水戦は2敗。
この成績がマルキーニョスの存在、ひいては前線で起点になれる選手の重要性を物語っていると言えるでしょう。
つまり、前線の選手が体を張ってボールをおさめられないと、それだけ短い時間(ワンタッチ、ツータッチのプレイ)で周りが連動して動いていかないと攻撃が機能しません。
しかし、夏場や連戦で運動量が落ちると、そんな速いタイミングで連動していくことができなくなります。
そのためパスミスが多くなり、鹿島が得意とするパスワークが死んでしまいます。
しかもドリブルができる選手、個の力で崩せる選手がいないのでパスワークでの崩しのみが唯一の生命線となっていますから、なおさら致命的と言えます。
そのため、鹿島の選手は相手の守備を崩せないとより早いタイミングでパスを出して崩そうとするので、ボールロストが多くなり、ポゼッションが下がりリズムをどんどん悪くしてしまいます。
さらに対戦相手の力量、疲労の具合によっては、前線の起点もマルキーニョスだけでは厳しい状況に陥ってしまうこともままあります。

次に守備ですが、こちらもポイントは連動です。
フォーメーションがきちんと整っている時は、当然マルキーニョス、興梠と前線からプレスをかけてそれに連動して後ろの選手が動きます。
しかし、布陣が崩れているときの鹿島は個々の判断でまずボールホルダーに近い選手がプレスを仕掛けてそれに合わせて周りが臨機応変に対応します。
守備でも難しいことをしているんですよね。
そのため、運動量が落ちると相手の攻撃に対応できない選手が出始め、ピッチのあちこちでボコボコと守備に穴が開いてきます。
こうなると後ろの選手はどう対応していいか分からなくなり、余計に走れなくなるという悪循環が生まれてしまいます。
これが攻守において鹿島の運動量が落ちるときに機能しなくなる理由です。
同じことを繰り返して何も打開策を打たないから毎年同じ過ちを繰り返します。
これまでは勝てない時期が終わると快進撃を見せて優勝してきましたが、これは単純に運動量が復活したので勝てるようになったというだけです。
勝てない時期をなくすには、運動量の落ちる試合ではとにかく分かりやすいサッカーをするということが重要となって来ます。

分かりやすいサッカーをするために
分かりやすい攻撃
やはりオフェンシブハーフのポジションでもボールをおさめられる選手が必要となってくるでしょうね。
運動量が落ちる時期は、ボールのおさまりどころをはっきりさせてまずはそこに納める、ドルブルが得意な選手に仕掛けさせるという分かりやすい攻撃をすることです。
選手名を挙げれば遠藤か本山ということになります。
特に密集地でもボールをキープでき、ドリブルができる遠藤が理想でしょうね。
むしろ野沢とガブリエルの同時起用より、遠藤と本山の同時起用の方が機能すると思います。
もちろん固定メンバーで戦っていてはせっかく中断中にいいキャンプを行って選手のコンディションを上げてもすぐ落ちてしまいますからね。
コンディションを維持するということに気を遣ってローテーションをすることは必須です。

分かりやすい守備
これは前節対戦したC大阪や本番直前で方針転換した日本代表の守り方が参考になると思います。
鹿島はボールを取られた時点で前からプレスをかけに行く守りをしていますが、運動量の落ちる時期はまずある程度リトリートしてポジションに戻って、ブロックを作ってゾーンで守ればそうやられることはないと思います。
もちろん攻守の切り替えが遅過ぎてもいけないですし、ズルズルとゴール前まで引きすぎてもいけないですけどね。
4-4-2で中盤をフラットにしてブロックを作るという方法もありますが、現状からすればバイタルエリアでボールをおさめられるときついので4-2-3-1、もしくは4-1-4-1のフォーメーションがいいでしょう。
C大阪が現在Jリーグで最小失点なのもこういう分かりやすい守備で、選手がきっちりそれをこなしているからです。
日本代表も4-1-4-1にして選手の動きが見違えるようによくなりましたよね。
あれはやることがはっきりしたから選手が動けるようになったわけです。
当然、どう動いていいか分からないと思い切り走れませんし、それは運動量の低下に繋がっていきます。
今の鹿島は運動量が落ちて普段の守備が機能しないため、どう動いていいか分からなくなりさらに動けなくなるという悪循環に陥る試合もありますから。

もう1つの問題
もう1つ鹿島のサッカーを分かりにくくしている要素があります。
それは同じタイプの選手が多いということです。
その最たるコンビは中盤の野沢とガブリエルです。
この2人についてはこれまで散々述べて来たので詳細は省きます。
さらに興梠、大迫、途中出場で起用されている佐々木も細かく見ればタイプが違うと言えなくもないですが、オフザボールの動き方はほとんど同じですし得点スタイルは完全にかぶっています。
いずれもゴールに近いエリアでないと得点できないですし、高さもありません。
ポストプレイの精度やドリブル、DFラインの裏を取る動きなど能力も大差ありません。
そしてもう1つは篤人の去ったサイドバックです。
新井場とジウトンはどちらも攻撃的で守備が苦手、オーバーラップしてからのプレイスタイルも似ていますよね。
同じタイプが多いとどうしてもワンパターンになってしまいます。
まったく同じ仕事をすればいいというわけでないので、どちらがどういう仕事をするかというのも分かりにくいです。
ですから、例えばサイドバックなら宮崎や當間を使ってそちらを守備的、新井場やジウトンのサイドを攻撃的にするなど役割をはっきりした方が選手たちもプレイしやすいと思います。

不振打開のための布陣
これまでのことを踏まえて、連戦や夏場の不振打開の布陣を考えてみます。
純粋なサイドハーフがいないので、4-1-4-1よりも4-2-3-1がいいでしょう。
[レギュラーフォーメーション]
FW:マルキーニョス
MF:野沢、小笠原、遠藤
MF:中田、青木
DF:宮崎、伊野波、岩政、イバ
GK:曽ケ端

[ローテーション用フォーメーション]
FW:興梠
MF:本山、遠藤、ガブリエル
MF:鈴木、船山
DF:ジウトン、伊野波、大岩、當間
GK:曽ケ端

もちろんごっそりメンバーを入れ替えるわけではなく、ローテーション用フォーメーションのメンバーからレギュラーフォーメーションに対戦相手や日程を考慮しながら2,3人を組み込むという形にします。
トップ下ができる人材が少ないので、船山あたりにさせてもおもしろいかもしれませんね。

オリヴェイラ監督が何か手を打ってくるということはないでしょうから、これまで通りのフォーメーションと戦い方で玉砕する試合はしばらく続くかもしれませんね。
ただ、浦和も夏に弱いクラブです。
しかも、ケガや出場停止、海外移籍で出場できないメンバーも多いです。
鹿島はガブリエルがケガということで本山が先発になるようです。
あと中田もケガで出場できないかもしれませんが、逆にマルキーニョスは復帰予定です。
上述したようにマルキーニョスに加えて本山が高い位置で起点になれれば、攻撃面で改良は見られるかもしれませんね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/744-94fe248e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する