鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第29節】意地の勝利…の名古屋戦
結果
11月7日(日) 2010 J1リーグ戦 第29節
鹿島1-0名古屋(16:005/カシマ/27,969人)
[得点者]
59' マルキーニョス(鹿島)←ジウトン
[フォーメーション]
FW:興梠、マルキーニョス
MF:ガブリエル、野沢
MF:中田、小笠原
DF:ジウトン、伊野波、岩政、イバ
GK:曽ケ端


試合の感想
調子の上がらない上位対戦
1位と2位の対戦となったのですが、3連覇中の終盤の大一番にこーめいが感じた優勝争いの独特の雰囲気はなかったように思います。
まだ残り5試合あるというのもありますが、やはり勝ち点が大きく離れているというのがあの極限まで高められた緊張感を生むのを邪魔しているのかもしれません。
それに鹿島も名古屋もあまり調子自体はよくないというのも影響あったのでしょう。
ただ、鹿島は小笠原がキックオフから激しくボールを奪いに行ったのに対して、名古屋はリトリートしてゾーンで守って積極的に前に出て来る守備はして来ませんでした。
そこに勝ちたい気持ちの差が出ていたと思います。
あわや大誤審から始まることになるかと思われた試合でしたが、副審がきちんと見ておりPK判定が覆り事なきを得ます。
ジウトンが小川を倒したのは完全にペナルティエリアの外でしたからね。
村上主審はポジショニングが悪く、名古屋ボールになってあれだけ前を向いてフリーで名古屋の選手がボールを持っていれば早い前への展開を考えてポジションを鹿島ゴール寄りに移しておくべきだと思いますけどね。
このシーンで見られたように名古屋はリトリートして守ってカウンターという戦い方でした。
積極的にプレスをかけてこなかったですし、思い出したように前線の選手がプレスに行く場面もありましたが、後ろが連動していませんでした。
また、3トップの両翼も積極的に下がって守備をするという感じではなかったですね。
ですから、鹿島としては最初のプレスをかわせば中盤では比較的自由にプレイできる状況でした。
このため、相手のプレスを嫌ってサイドに開いたりDFラインの裏を狙いがちなガブリエルと野沢もこの試合では中央でプレイすることができていました。
その証拠に野沢→ガブリエル(ヘッド)、ガブリエル→野沢(ボレーシュート)という右サイドからファーサイドへのセンタリングでチャンスを作ったのですが、名古屋はボールホルダーにもプレスをかけずに、ゴール前でもフリーの選手を作っていましたね。
しかし、スペースがある割にドリブルでボールを運ぶ選手がおらず、アイデア不足もあってなかなかゾーンで守る名古屋の守備を崩せなかったです。
そのため、シュート数は多かったもののミドルシュートがほとんどで、いい攻撃の形は作れていなかったですね。
ようやく前半終了間際にスローインやロングボールからマルキーニョス、野沢と可能性のあるミドルシュートが飛び出しましたが、もっとスペースをドリブルで運んで名古屋守備陣を引きつけてからパスを出すというプレイが欲しかったです。

選手交替と布陣変更
後半からはガブリエルに交替して遠藤を入れます。
ドクターの診断を聞いてガブリエル本人が試合に出ると意欲を見せたそうですが、絶対に欠かせないピースでもなく、ケガが悪化する可能性も十分あるのに先発で強行出場させたオリヴェイラ監督の判断はまったく理解できないですね。
選手交替と同時に、名古屋DFラインの前のスペースを狙うためにマルキーニョスと興梠を縦関係にして形としては4-2-3-1のようにします。
前節はポジションチェンジをし過ぎて機能しませんでしたが、この試合ではマルキーニョスがトップ下に陣取ることが多く、遠藤も途中からはほとんど右サイドでプレイしていたのでサイドと中央を上手く使えていました。
前半に足りなかったドリブルも遠藤が入ることでアクセントがつき、いい位置でフリーキックを取れていましたからね。
そんな名古屋のバイタルエリアをうまく使えるようになった鹿島の先制点は、ジウトンのカットからマルキーニョスのミドルシュートという形で生まれました。
遠藤が右サイドに開いてボールをキープすることで中央を使いやすくなりましたし、新井場とのコンビネーションで名古屋の守備を崩すシーンも見られました。
やはりあれだけキープしてくれると後の選手も上がりやすいですし、小笠原も高い位置でプレイできていましたよね。
実際に遠藤と新井場との連携から興梠が決定機を迎えますが、パスが少しずれてシュートまで行けず。
その他にもスルーパスからもう1つ興梠には決定機があったのですが、決めてほしいところでしたね。

パワープレイをしのぎ切る
試合を決め切れずにいる鹿島に対して、名古屋は闘莉王とケネディの2トップにしてパワープレイに来ます。
今季の悪癖はここからの失点なのですが、この日はシュートブロックのシーンを見てもいつもより高い意識で集中して守れていた方だと思います。
オリヴェイラ監督も前の選手を削って青木、大岩と投入してなりふりかまわず守るという姿勢でしたね。
それでも闘莉王とケネディの高さは脅威的で威力があるので小川のヘッドという大ピンチを作られますが、シュートは左にそれて助かりました。
そのまま1点を守りきり、鹿島が対名古屋2連勝と意地を見せる勝利となりました。

優勝の行方
これで再び勝ち点差は8となったわけですが、名古屋が圧倒的に有利なことに変わりはありません。
実際、試合後のストイコビッチ監督のコメントにもまだまだ余裕が感じられますよね。
この試合を見る限り名古屋も試合内容がよくはなく、やはりここのところ調子が落ちて来ていると感じます。
しかし、鹿島も決していい試合をできているわけではないんですよね。
勝ち点差はあるものの一応首位攻防戦なので、変に盛ってレベルが高い攻防だったように見せるメディア媒体もありますが、決して両クラブとも状態がいいとは言えません。
しかし、今は試合内容よりも結果が重要ですし、結果が出れば試合内容もついてくるということもあります。
そのためにもセットプレイからの得点をもっと狙っていきたいですね。
遠藤が入ればいいところでFKをもらえる可能性も高くなりますし、同時に左のキッカーというオプションもできます。
両クラブとも調子がいまいちということは、残り5試合ですが先んじてチーム状態を上向きにすれば差を縮めることもできるかもしれません。
もう少し勝ち点差を詰められれば優勝争いのプレッシャーを与えることもできるでしょうからね。
これまでは強きを挫き弱気を助けていた名古屋が今季は取りこぼしをほとんどしていませんが、残留争いが佳境になるこれからは少し風向きも変わってくるかもしれません。
もちろん鹿島も残留圏のクラブとの対戦がありますから、いち早くチームが機能するように持っていって勝ち切る試合ができるようになることが前提ですけどね。
本山のコンディションが鍵となるのは変わらないですが、それ以上にオリヴェイラ監督の選手起用が重要となってきそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/757-373d7414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する