鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こーめいの勝手に鹿島補強策
遅くなりましたが、退団選手も発表され、具体的な話も上がって来ていますから補強の話をしていこうと思います。
〇鹿島所属選手の契約状況
まず、鹿島所属選手の契約状況を確認しておきます。
週刊サッカーマガジン(No.1319)によれば、ほとんどの選手と複数年契約をしており、主力のうち今季で契約切れになるのは引退・退団が決まった大ベテランの大岩剛とマルキーニョスだけだそうです。
ロシアのトムトムスクが獲得を狙っているという話があり、今季で契約切れという噂もあった伊野波雅彦とはすでに契約更新されているようですね。
あくまで週刊サッカーマガジン編集部調べによるとですが。

〇鹿島の入団、退団選手
次に加入決定選手と獲得に動いている選手(噂も含む)、退団選手を整理しておきます。
入団選手
[確定]
MF:柴崎岳(青森山田)
MF:土居聖真(鹿島ユース)
MF:梅鉢貴秀(関西一高)
DF:昌子源(米子北高)
DF:西大伍(札幌)

[未確定]
FW:田代有三(レンタル復帰?)
FW:新外国人(模索中)
FW:渡辺千真(横浜FM・興味・0円)
FW:杉本恵太(名古屋・噂・0円)
MF:増田誓志(レンタル復帰?)
MF:本田拓也(清水・正式オファー)
MF:今野泰幸(FC東京・興味)
DF:菊地直哉(大分・噂)
DF:薗田淳(川崎・興味)
DF:山村和也(流通経済大学・強化指定選手候補)


退団選手
[確定]
FW:マルキーニョス(ブラジルで現役続行予定)
DF:大岩剛(引退)
DF:笠井健太(契約満了)
DF:ジウトン(レンタル終了)

[未確定]
FW:佐々木竜太(湘南にレンタル?)
MF:船山祐二
MF:鈴木修人
DF:大道広幸
GK:佐藤昭大(レンタル終了?)

新人選手では柴崎岳(青森山田)、土居聖真(鹿島ユース)、梅鉢貴秀(関西一高)、昌子源(米子北高)の加入がすでに決まっています。
マルキーニョスの後釜として以前からラファエル(大宮)に目をつけていたそうですが、大宮がレンタル先のトンベンセから1億8000万円で完全移籍で獲得したという報道もありました。
それが本当なら鹿島が獲得するには安く見積もっても3億円はかかるでしょうね。
ラファエルは得点力と高さ、スピードを兼ね備え、ドリブルでの仕掛け、ポストプレイ、そして周りを上手く使うこともできる万能タイプで鹿島にとっては理想的な選手と言えます。
ただ、ケガが多いのが気がかりですけどね。
大宮が降格すればレンタルなど鹿島が獲得できる可能性もあったのですが、現在はブラジルからの外国人FWを探しているところでしょう。
FWに関しては現在の顔ぶれを見ても、新戦力には攻撃のスイッチになるポストプレイができる選手という条件は必須です。
ブラジルからでしたら高さもあるフェルナンドンのようなタイプの選手が欲しいですね。
その点を考えると噂になっていたポストプレイの苦手な渡辺千真、スピードタイプの杉本の獲得は可能性が薄いと思います。
佐々木竜太がレンタル移籍する可能性がありますからその場合は杉本の獲得に動くかもしれません。
いずれにせよFWの獲得は必須なのですが、スイッチになれる選手という条件をはずしてはたいした補強にならないでしょう。
本田拓也と西大伍(獲得決定)の獲得には本気度と可能性が高いようですね。
本田はパスも出せますが、中田や青木と同じファーストボランチで移籍金を払ってまで獲得する必要があるのかなと思います。
ただ、契約で移籍金が安く(推定7,000万円)すむということですね。
2人ともいい選手なので戦力アップになることは間違いないでしょう。
西は篤人の後釜ということで確かに攻撃力がありますが、篤人のようにフィードやビルドアップ、自分で攻撃を組み立てながら上がっていくということはできないですね。
そしてこちらも移籍金がかかるはずです。
レンタル組の田代と増田は出場機会と(特に田代は)年齢を考えると復帰の可能性は薄く、試合に出場できる山形に残りたがるのではないかと思います。
もちろん鹿島との契約があるので無理にでも鹿島でプレイさせることもできますが、フロントは本人の意向を尊重するようですね。
増田はプレイスタイルからインサイドハーフやトップ下でプレイできる山形の方がよく、鹿島ではポジションがないというのが現状です。
今野は残留、菊地は噂の段階でかなり可能性は低いのではないかと思います。
川崎はCBの層が薄くないっているので薗田の獲得も微妙です。
獲得競争が早くも加熱している山村ですが、大学と代表に集中するために強化指定選手での出場をするつもりはないそうで少なくとも来季の獲得はありません。
しかし、鹿島のCBは層が薄くなっているので1人は獲得が必要でしょうね。
退団選手に関してはマルキーニョスら4人はすでにオフィシャルで発表されていますが、佐々木に湘南からレンタルでの獲得話がありました。
また、八木がケガから復帰しているので佐藤もレンタル終了する可能性が高いと思います。
船山、鈴木、大道に関しては根拠はないですが、現状を考えると移籍を選択する場合もあるでしょうね。
これを踏まえてチームのバランスを考えた補強を考えなければいけません。

〇来季の補強方針
鹿島のフロントがどう考えているかは知りませんが、ACL優勝を本気で狙いにいくなら浦和やG大阪のように日本代表クラスの選手、Jリーグでトップクラスの外国人を積極的に獲得する必要があるでしょうね。
そういう意味では現状を考えるとJリーグで3番目にACLを制するのは鹿島ではなく、名古屋だとこーめいは思います。
世代交代に関してはローテーションを上手くやりさえすればどうとでもなるので、日本代表クラスの選手、本当の意味での助っ人外国人、そしてチームのバランスを考えた補強を目指すべきでしょう。
ただ、資金を考えると移籍金のかからないに越したことはないので、こーめいは0円プレイヤーを主に考えていきたいと思います。

〇選手起用の大原則
いい選手だからと言ってむやみに獲得してもチームが機能するとは限りません。
上の項でチームのバランスを考えた補強と書きましたが、選手起用の大原則としては同じポジションには異なるタイプの選手を組み合わせるというものがあります。
なぜなら同じタイプの選手は得意なプレイも苦手なプレイも大きく変わらず、異なったタイプを組み合わせればお互いの長所を生かし、短所を補え合えるからです。
今季の鹿島を見てみると、野沢とガブリエル、新井場とジウトンなどはまさに同じポジションに同じタイプの選手を起用してバランスを欠くこととなっている典型例です。
興梠と大迫と佐々木も大別すれば同じタイプですし、今ひとつしっくり来なかった印象のある岩政とイジョンスも同じタイプの組み合わせと言えるでしょう。
柳沢並みにポストプレイが上手くなった大迫、マルキーニョスのようにドリブルで仕掛けてシュートまで行けるようになった佐々木、DFの裏へ飛び出すのが得意な興梠など武器とするプレイがそれぞれ異なれば似たタイプの組み合わせでも機能すると思いますけどね。
とにかく今季の鹿島はオリヴェイラ監督の意向で獲得した外国人選手(イジョンス、ガブリエル、ジウトン)のためにチームのバランスを著しく欠いたチーム構成、選手起用になっているので、そのバランスを修正する選手補強を考えなければなりません。

〇補強すべき選手は
FW:前田遼一(30・磐田)orハーフナー・マイク(24・甲府)、ジウシーニョ(27・磐田)、アドリアーノ(29・C大阪)
前田の能力は言わずと知れたところですが、獲得できるのかというと可能性は低いでしょうね。
でも、今からでは遅いとしても交渉解禁になって即オファーを出して、JリーグとACLを獲りに行こうと熱く語れば心が動く可能性もあったと思います。
甲府のハーフナーは0円プレイヤーかどうかは分かりませんが、守備的な選手の獲得にお金をかけるならここに移籍金を払ってでも獲得しに行くべきだと思います。
若く体格は規格外、ポストプレイに関しても将来性がありますし、今の鹿島には前線に高さが欲しいって思うこともありますからね。
マルキーニョスの後釜にはラファエルもいいですが、ジウシーニョも適任だと思います。
最近は大きなケガにも悩まされましたが、ラファエルのように小さなケガを頻繁にするというイメージはないです。
運動量があり、チーム事情によっては中盤もこなすという献身的な選手ですね。
マルキーニョスほどのフィジカルの強さやドリブル突破はないですが、逆に周りを上手く使えますし、決定力もあるので鹿島に来れば得点王も狙えると思います。
C大阪のアドリアーノは1トップを務めていたことから分かるようにボールの引き出し、キープ、得点力と多くのことが期待できます。
インテルナシオナルからレンタルとなるのですが、G大阪が狙っているそうで獲得は難しそうですね。

OH:マルシオ・リシャルデス(30・新潟)orマギヌン(29・名古屋)orレアンドロ・ドミンゲス(28・ビトーリア)、
永里源気(26・福岡)

こーめいが切望してやまないマルシオ・リシャルデスですが、すでに狙っているクラブが多かったので獲得は諦めていました(笑)
そして思った通り浦和への移籍が決まりましたね。
しかし、マギヌンも負けず劣らずいい選手です。
ボールを引き出す動きが上手いですし、高い位置で起点になれますからね。
何より4-3-3のインサイドハーフより、川崎や名古屋(1年目)でやっていた4-4-2のオフェンシブハーフの方が機能すると思います。
実際その頃の川崎も名古屋もマギヌンが出場していない試合は勝率が悪かったですから。
しかも、何気にマルシオ・リシャルデスより若いんです。
鹿島にもすぐマッチしてくれるでしょう。
J2で気になっているのが柏のレアンドロ・ドミンゲスと福岡の永里です。
ハーフナー同様に0円プレイヤーかは分かりませんが、レアンドロは典型的な10番タイプで永里は狭いエリアでドリブルできて得点力もあります。
川島がいるので永里は獲得する必要はないでしょうが、ちょっと気になる選手です。
マギヌンもしくはレアンドロ・ドミンゲスのどちらかは鹿島に必要な選手ですね。

SB:児玉新(29・清水)
守備的なサイドバックでフィードもできます。
攻撃的な新井場を右に固定して左には守備のできるサイドバックを置けば全体のバランスもよくなります。
CBもできるところもおいしいですね。
年齢的に西の獲得に魅力を感じるのは分かりますが、チームのバランスを考えると鹿島が欲しいサイドバックは児玉のようなタイプです。

CB:永田充(28・新潟)or青山直晃(25・清水)or水本裕貴(26・京都)or茂庭照幸(30・C大阪)orカクテヒ(30・京都)
CBは伊野波のシーズン中の移籍もありうるかもしれないので1人は獲得しておかないといけないでしょう。
世代交代を考えたら若い水本、青山ですかね。
青山は横浜FM行きが決定的のようですが、水本はまだ獲得の余地がありそうです。
伊野波と同じカバーリングタイプですし、サイドバックもできて能力も高いです。
こーめいは柏時代から永田の能力を高く買っていたのですが、鹿島は獲得には動いてなかったですね。
関東4クラブの獲得競争の上、浦和が獲得しそうです。
茂庭は獲得できる可能性はまずないでしょう。
アジア枠を利用するならカクテヒがいいかもしれませんが、岩政と同時起用してもあまりフィットしないかなと思います。
<※年齢は来季のものです>

〇こーめいが考える来季の構想
正GK:曽ケ端準
控GK:杉山哲、川俣慎一郎、八木直生
CB①:岩政大樹當間建文、昌子源
CB②:伊野波雅彦、水本裕貴
LSB:児玉新、宮崎智彦
RSB:新井場徹、西大伍
DH①:中田浩二、青木剛船山祐二本田拓也
DH②:小笠原満男鈴木修人柴崎岳
OH①:遠藤康、本山雅志、マギヌン(レアンドロ)小谷野顕治
OH②:野沢拓也、川島大地ガブリエル梅鉢貴秀、土居聖真
FW①:新外国人(ジウシーニョ、アドリアーノなど)、ハーフナー(前田遼一)
FW②:興梠慎三、大迫勇也佐々木竜太(杉本恵一)

[主力orローテーション移籍の可能性ありor放出候補育成orレンタル候補]
こーめいが考える構成としては、フィールドプレイヤーの5つのポジション(CB、SB、DH、OH、FW)×5人+1人+GK(4人)=30人くらいがベストだと思います。
曽ケ端に凡ミスが多いのでさらなる成長は必須ですが、GKは現体制で特に問題ないでしょう。
CB①はフィジカルタイプ、CB②は頭脳派というかカバーリングタイプです。
CBは比較的ローテーションしなくてもやっていけるポジションなので、水本をサイドバックとして起用して伊野波と併用することも可能です。
昌子源がルーキーイヤーで即戦力になってくれれば言うことないんですけどね。
大道にはそろそろレンタル移籍させてあげて試合出場機会を与えてあげた方がいいでしょう。
サイドバックはJリーグ全体で人材不足の上に0円プレイヤーが少ないので、守備のできる選手を1人、そして正式オファーをしているという西大伍を獲得できれば御の字ですね。
あとは若い選手とCBを上手く使っていきたところです。
新井場、児玉、宮崎、西でハイレベルな競争を繰り広げてほしいです。
DH①はファースト(守備的な)ボランチ、DH②はセカンド(攻撃的な)ボランチです。
このポジションはここ数年、人数は揃っているので青木はもちろんのこと若い選手を使っていくだけです。
小笠原、中田、青木、船山、鈴木の5人に柴崎がレンタル移籍ですね。
船山や鈴木、青木が移籍するなら本田の獲得もあるでしょう。
もちろん小笠原の後継者と期待される柴崎が即戦力として、ローテーションの中である程度試合に出られれば言うことなしです。
OH①はゲームメイクなど起点になれるタイプ、OH②は使われて生きるタイプです。
ただ、新加入の若い2人はまだどんなタイプか分からないです。
本山のコンディションがどうなるか分からないので遠藤をレギュラーとしましたが、いずれにせよ選手層は厚くしておいた方がいいですね。
マギヌンはどちらのタイプもできるので獲得すれば重宝すると思います。
ガブリエルは獲得の際に、鹿島はレンタル移籍希望だったのに所属先のポルトゲーザが完全移籍でないと放出しないとごねたため、現在は確か共同保有という形になっているんじゃないですかね。
移籍金と年俸でかなりの額がかかっているので、本当は放出したいという想いもあるのでしょうが残留するでしょう。
ただ、OH①と組ませれば今季より活躍してくれると思います。
理想は本山、遠藤、マギヌンのうち必ず1人は先発させ、野沢、川島、ガブリエルをからめていきたいですね。
若い小谷野、梅鉢、土居は武者修行に出して経験を積ませるのもいいと思います。
FW①は攻撃のスイッチ、起点になれる選手、FW②は周りに使われて生きるタイプの選手です。
ACLを獲りにいくならこのくらい能力の高い選手を揃えないと難しいでしょうね。
ハーフナー(前田)、ジウシーニョ、興梠、大迫の4人に佐々木(杉本)の5人です。

〇レンタル移籍の有効な利用法
鹿島では3年以上在籍してレギュラーポジションを獲得できない選手をレンタル移籍させることが多いです。
当然出場機会を求めての移籍ですし、もともと鹿島でレギュラーに定着できなかった選手ですから、鹿島も無理矢理にチームに戻す必要もないということもあってそのまま完全移籍してしまうケースがほとんどです。
レンタル先の経済事情もあるのでそれはそれで仕方ないのですが、いっそのこと移籍金が安くても完全移籍させてしまった方がいい場合もありますよね。
こういったレンタル移籍よりももっと上手い利用の仕方は、将来の鹿島の主力選手をレンタルさせることです。
例えば来季加入する柴崎岳をそのままJ2のクラブにレンタルさせるわけです。
レンタル先も能力が高くて若い安くすむ選手をレンタルできたら得ですし、鹿島も将来まず間違いなく主力にする選手ですからそのまま手放すということもありません。
1年目から試合で起用するなら別ですが、鹿島にいて試合に出られないくらいならレンタルに出して試合を経験させた方が絶対成長しますからね。
今季の水戸なんて新人選手が即戦力として起用されているわけですが、それは昨季躍進に貢献した選手の多くが他クラブに移籍してしまったからです。
それなら、鹿島から若い有望な選手を安くレンタルしてチーム作りをした方がいいと思います。
どうせ活躍した選手は移籍金なしで奪われてしまうのですから。
スペイン、マドリードのベッドタウン的な存在のヘタフェにはRマドリーからレンタルしている選手が多いですからね。
鹿嶋と水戸(千葉でもいいですが)も近いですし、どんどん若い選手のレンタル移籍を売り込むべきです。
また、もう1つのケースとして例えばハーフナーを完全移籍で獲得しておいて甲府にそのままレンタルするという手もあります。
これなら甲府側は主力がすぐに抜けるわけではないですし、鹿島側は若い選手に試合経験積ませることができるというメリットが生まれます。
日本では育成年代がプロと同じようなスケジュールでシーズンを過ごすわけでもなく、プロに入ってから高校時代よりもむしろ試合数が少なくなるというケースも多いです。
ですから、Jリーグで試合に出るまでに時間がかかり、いざ試合に出られるようになっても1シーズン戦うことに慣れるまでにまた時間がかかります。
その結果、どうしても若い選手が出場機会を得られずにだぶついてしまいます。
ただ、A契約枠というものがレンタル移籍すら難しくしていますよね。
例えば来季鹿島にA契約の選手が枠いっぱいの25人(ACL出場クラブは+2人)いたとして、新加入の柴崎、土居、梅鉢、昌子を450分以上出場させれば、その次の年にはA契約の選手を4人退団させなければならなくなります。
大分や東京Vからも分かるようにA契約枠の制限はその本来の効力を発揮しているとは言い難く、若手の出場機会を奪うという弊害の方が大きいと思うので即刻改めてほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/765-1a463502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。