鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【天皇杯準々決勝】2トップの真骨頂…の名古屋戦
結果
12月25日(土) 第90回天皇杯準々決勝
鹿島2-1名古屋(13:00/カシマ/14,564人)
[得点者]
07' 興梠 慎三(鹿島)←野沢拓也
76' 小川 佳純(名古屋)
78' 大迫 勇也(鹿島)←ガブリエル
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ガブリエル、野沢
MF:中田、小笠原
DF:宮崎、伊野波、岩政、イバ
GK:曽ケ端


試合の感想
準備の差
鹿島はマルキーニョスが退団、帰国したため大迫がスターティングメンバーになったもののその他のメンバーはリーグ最終局面からまったく同じでした。
フォーメーションもいつもの4-2-2-2です。
名古屋は闘莉王、ケネディ、ダニルソン、マギヌン、玉田、三都主が出場せず、金崎もまだ本調子ではありませんでした。
その上、GKも楢崎ではなく高木でしたね。
フォーメーションも4-2-3-1で、メンバーとシステムが大きく変わっていたにも関わらず、1週間のオフ、ストイコビッチ監督の帰国の遅れなど明らかに準備不足が見てとれました。
それがいきなり開始早々に出ていましたね。
前線からのプレスの仕方も探り探りで、中盤に大きなスペースができていたため野沢が余裕を持って長い距離のスルーパス、裏へ抜け出した興梠がGKをかわして先制点を奪います。

低調な試合内容
鹿島はコンディションがよく、球際の競り合い、こぼれ球の反応、攻守の切り替え、プレスとさすがにリーグ戦の不甲斐ない時よりは向上していました。
前線からプレスをできていたので高い位置で奪ってのショートカウンターは多く見られたものの、相変わらず機能しないメンバー、システムで同じ戦い方をしているので攻撃の形というものが作れません。
各選手の役割も明確ではなく、起点もないため、適当にパスを繋いでその場その場で適当な攻撃をしているだけで、どうやって攻撃するという戦術的な意思統一が感じられません。
固定メンバーで戦っているにも関わらず、連携も何もないですね。
低調な試合をしているうちに、後半から巻を投入してシンプルな高さ狙いの攻撃に切り替えた名古屋に押し込まれます。
失点してもおかしくないシーンが続いていたのを何とか守っていたのですが、76分にその巻の頭から小川にゴールを決められてしまいます。
リーグ戦でも見られたように酷い試合をしているにも関わらず、オリヴェイラ監督がまったく仕事をせずに失点してしまうという展開でした。

2トップの得意技
この試合がリーグ終盤の神戸戦、山形戦と違っていたのは、名古屋もチームとして形をなしてなかったということと、大迫が諦めず何度も何度もチャレンジし続けていたことでした。
試合を観ていても何かが起こりそうなのは大迫が前を向いてドリブルで仕掛けているシーンでしたからね。
本人はもちろんシュートを打ちたくて仕掛けていたのですが、名古屋の守備陣に阻まれ続けていました。
もっと野沢やガブリエルが起点になれれば大迫のマークも薄くなったでしょうし、逆に大迫がキープしているところに周りが連動して動けばチャンスもできていたんですけどね。
ただ、大迫は阻まれても阻まれても仕掛ける意識を失くしませんでした。
ガブリエルからのボールをワンタッチでコントロールして前を向くと、ドリブルで名古屋守備陣2人をはずしてシュートを決めます。
オリヴェイラ監督は試合後に大迫を賞賛するコメントをしていましたが、自分が何も仕事をせずにまた体たらくな結果になるところを助けられたという想いが強かったのでしょう。
この日の先制点は興梠の裏を狙うスピードが生きたゴールで、勝ち越しゴールは大迫のドリブルで仕掛ける特徴が出たものでした。
若いFWのそれぞれが得意とするプレイに助けられた試合でしたね。

大岩の事前引退セレモニー
岩政が足裏痛ということで大岩が突如の出場となったのですが、さすがにいつ出番が来ても準備万端で安定感のあるプレイを見せてくれました。
今季で引退ということですが、Jリーグでならまだ1年はやれそうなので惜しいですよね。
カシマスタジアムでの試合は最後なので引退セレモニーが行われましたが、名古屋に勝ったことで無事に事前引退セレモニーにすることができましたね。
岩政の準決勝欠場は確実のようなので、まだまだ大岩に頑張ってもらわなければなりません。
元日に優勝して引退という形になれば最高ですね。

準決勝は国立でFC東京戦
とはいうものの試合内容は相変わらず低調なので心配です。
鹿島の選手の動きがよかったのは確かですが、それは準備期間があってコンディションを整えられたからにすぎません。
本来なら3週間もの準備期間をもらえる試合なんて開幕戦、中断明けくらいしかないですからね。
2年連続となった浦和との開幕戦でも動きがよかったですが、それが連戦になるとどうなっていったかというのは鹿島サポーターなら知っているでしょう。
普通ならインターバルは1週間、ACLやカップ戦が入ると中3日、2日の試合が当たり前で、天皇杯準決勝、決勝もまさにそのスケジュールです。
この試合で動きがキレていたところで、何の参考にもなりませんね。
つくづく感じるのは鹿島の試合のレベルの低下とともにリーグ戦を三連覇したときのサッカー、強さをあっさり忘れ、要求するサッカーのレベルも落ちていくサポーターが多いということです。
この程度の試合内容で動きがよかったと喜んでいたらG大阪には勝てないでしょうし、来季は大きく観客減少することは間違いないですね。
ただ、準決勝の対戦相手であるFC東京もリーグ戦の状態を引きずっており攻撃があまり機能していないです。
広島、柏と降格が決まったクラブがモチベーション高く天皇杯で勝ち上がるシーズンが続いていましたが、FC東京にそこまでの勢いはないのかなと思います。
そのため勝機は十分あると思うので、FC東京に競り勝って決勝はG大阪と対戦するのが理想ですね。
そして天皇杯3連覇を狙うG大阪に勝利できれば、何かしら来季に向かっての光も見えて来るでしょう。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

オリベでは来期もちょっと厳しいかもしれませんね。
もうちょっと柔軟な戦術をとってほしい。
【2010/12/28 08:49】 URL | ds #- [ 編集]

dsさんへ
コメントありがとうございます。
オリヴェイラ監督は長期で監督をつとめたことがないですからね。
それだけに未知数な部分もあるのですが、新加入、レンタル復帰、放出選手の名前を見ても結局フロントも若い選手を育てるのではなく選手層を厚くする布陣にしていますね。
【2010/12/28 10:28】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


お久しぶりです。
天皇杯は勝てて良かったですね。
正直な感想は、出場停止や怪我による連携不足からのラッキーにより先制点をとり、そのまま攻めきれずに失点をし、逆転されそうなところをなんとか1点でしのぎ(これもラッキー?)、追加点をあげ逃げられた。
いや、大迫の頑張りがなければボールは回るが攻めきれず逆に失点をし、今季の終盤戦の勢いならば負けてたかもしれませんね。
勝負事ですから「たられば」は意味を持たないでしょうけど、まさに今季を象徴するような試合内容に感じられ、「かしまった」がぴったりな試合に感じました。
>それだけに未知数な部分もあるのですが、新加入、レンタル復帰、放出選手の名前を見ても結局フロントも若い選手を育てるのではなく選手層を厚くする布陣にしていますね。
本当にそのとおりだと思います。
復帰しても新戦力を獲得しても、ブラジル人なら即先発、来季もこのまま計画性もなくコンディションも関係なくガチガチの固定メンバーで戦っていては、今回の獲得や補強も失敗に終わるでしょう。
連戦連闘で疲れもたまり、それに伴うミスや走り負けもハッキリとみられ、ここ最近はフィジカルコーチをしていたにしてはその経験を活かしていないように感じられました。
戦術と選手の特徴がはっきりとずれてしまっているので、来季にどのような世代交代ビジョンを計画しているかはわかりませんが、このままでは来季の浮き沈みも運次第になってしまいそうですね。
【2010/12/28 16:41】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]

Sさんへ
コメントありがとうございます。
ご心配まさにその通りだと思います。
アレックス獲得の話、田代、増田の復帰、船山と川島、宮崎のレンタル移籍の話など出ているように選手名鑑起用のオリヴェイラ監督にとっては今年よりいろんな選手を使えそうな戦力は整ってきそうですね。
本田、西も若いですが試合出場数は豊富なので。
ただ、今季青木、伊野波、大岩も起用されなかったのでローテーションを意識して采配しなければ今年の二の舞になることは間違いないでしょうけど。
オリヴェイラ監督が選ぶメンバーが機能するかどうかはまさに運次第となりそうです。
明日の試合もまた決まりきったオリヴェイラ定食の先発メンバーでしょうから、ただただ対戦相手が鹿島より弱いことを祈るばかりです。
【2010/12/28 20:53】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


明日は国立参戦致します。
先の試合での大迫は良かったですね、ただ全体はコーメイさんの記事通りかなぁ…
んでもコージと満男さんのスペース潰し技は流石じゃのお…とも思いました。
剛さんのセレモニーでは不覚にも涙出ましたが、まだ終わりじゃないとの言葉通り明日も結果を信じます。
【2010/12/28 23:22】 URL | レン #- [ 編集]

レンさんへ
コメントありがとうございます。
準決勝は劇的な勝利でしたね。
大迫が期待通りに活躍してくれましたし、本山が入ってからは久しぶりにおもしろいサッカーを見せてもらったという感じでした。
【2010/12/30 17:06】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/767-b4e8abd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する