鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

【天皇杯準決勝】残り10秒の明暗…のFC東京戦
結果
12月29日(水) 第90回天皇杯準決勝
鹿島2-1F東京(15:00/国立/25,120人)
[得点者]
39' 平山相太(F東京)
67' 大迫勇也(鹿島)←宮崎智彦
120'+1 興梠慎三(鹿島)←大迫勇也

[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ガブリエル、野沢
MF:中田、小笠原
DF:宮崎、伊野波、岩政、イバ
GK:曽ケ端


試合の感想
2トップのボールキープから
中3日の試合ということでコンディションが心配されましたが、立ち上がりは非常によく動けていましたね。
特に裏を狙う興梠、くさびのボールを受ける大迫がよくボールを引き出して起点になれていたので二列目の野沢とガブリエルも高い位置で攻撃にからめていました。
本来なら野沢とガブリエルがもっとタメを作ることができたら、後ろの選手も上がって行けて分厚い攻めができていたのですが2トップのキープだったので前の4人で攻めるシーンが多かったですね。
ただ、この試合では野沢、ガブリエルも前を向いてドリブルでボールを運ぶ意識が高めだったのでそういうシーンではいい攻撃ができていました。
それでも野沢、興梠と決定機を作るのですが、権田に阻まれてしまいます。
この時間は守備でも運動量が多く、ボールを奪われた後すぐ切り替えてしっかりプレスがかけられていたため、FC東京のサイドからの攻撃も数的優位を作って守れていました。

低調な試合内容①
しかし、こういう試合の入り方はリーグ戦でもありました。
問題はこの時間帯に得点を取れるか、この時間をどこまで持続できるかなのですが、それだけに序盤の2つの決定機をものにできなかったのは痛かったです。
30分頃になると鹿島の運動量も落ち着いて来て、平山が左サイドに流れてボールを引き出すようになってから押し込まれ始めましたね。
左サイドで平山とリカルジーニョが起点になっていたので、梶山、米本、鈴木、キムヨングンらがどんどん前に入って行ってスピード感のある攻撃が出て来ました。
ここからの鹿島は今季を象徴するような酷い試合内容となります。
攻撃の起点ができたことで守備でも意識的に前に行けるようになったFC東京は、鹿島2トップへのボールを積極的に狙い、潰しに来ます。
中盤で起点を作れたらよかったのですが今季の鹿島はずっとそれが出来ないのが問題で、次第に2トップに走ってくれという適当なロングボールが多くなりましたね。
リカルジーニョのボレーは右にそれて助かりますが、その後のリカルジーニョからのクロスを平山にオーバーヘッドで合わされたシーンは完全にやられてしまいました。

低調な試合内容②
後半になると大岩に代えて青木を投入、中田を左CBにして伊野波のポジションを右にします。
オリヴェイラ監督はまずは守備を安定させてから攻撃にという意図だったようですがFC東京の攻撃を防ぐという意味ではいい采配でした。
ジウトンがいなくなり、相対する選手が縦への突破が得意なリカルジーニョということもあって新井場の守備の悪さが目立っていたのですが、そちらのサイドをやられることが多かったのでスピードがあってカバーリングの上手い伊野波を右サイドに持っていったのは正解でしたね。
また、青木がバイタルエリアだけでなくよくサイドもケアしていたので、前半ほどFC東京に好きにサイド突破をさせませんでした。
しかし、前線で起点ができないため攻撃ができずに守備の時間が長くなっているという根本的な問題が改善されていないため、相変わらず試合の流れはつかめません。
鹿島は興梠と大迫がセンターサークルより下がってボールを受けることで何とか起点になり攻撃しようとするのですが、若い2トップにはもっとゴールに近いところでそれぞれ得意な裏を狙う動きと前を向いた仕掛けるドリブルをさせてあげられないところに今の鹿島の情けなさを感じますね。
逆にFC東京の平山の頭に合わせるサイド攻撃からピンチを迎えますが何とかしのぎきります。

これが鹿島の真骨頂
そんな流れを劇的に変えたのが60分にガブリエルと交代して入って来た本山でした。
フォーメーションは4-2-3-1となって、興梠の1トップに左から大迫、本山、野沢と並ぶのですが布陣どうこうより本山のボールの受け方がやはり秀逸です。
DFのギャップに入ってボールを受け、スペースにボールを運んでタメを作ってくれるので後ろの選手はパスを出しやすくオーバーラップもしやすいですよね。
これまでは平山とリカルジーニョが起点になっていたFC東京でしたが、本山という起点ができたことで今度は鹿島が小笠原、野沢、宮崎らが積極的に上がっていけるようになりました。
そのため非常によくパスが回るようになりましたね。
そして、いきなり興梠にスルーパスを出したように野沢やガブリエルにない怖さを本山は持っています。
しかし、その野沢も本山が入ったことでDFの裏のスペースを狙ったり、相手のマークを嫌って逃げる本来得意とするシャドー的なフリーランニングができるようになったことで生き返ります。
小笠原からのロングボールを受けてヒールパス、タイミング良くオーバーラップしていた宮崎のクロスを大迫がヘディングでたたき込んで同点とします。
これが去年まで鹿島が当たり前にやっていたサッカーですからね。
いかに今季の鹿島のサッカーの質が低かったか、そのギャップが分かる試合でした。
FC東京は石川、大黒と投入して来て平山を起点にしたサイド攻撃で盛り返す時間もありましたが、オフサイドだったものの本山のスルーパスに興梠が抜け出したシーンや、大迫の積極的な仕掛けなど鹿島がペースを握っていたので90分で試合を決めたかったのです。
しかし、オリヴェイラ監督にその気持ちはなかったみたいですね。

劇的な決勝ゴール
延長戦では立て続けにFC東京にアクシデントが襲います。
万全ではない石川が痛めている箇所をさらに悪化させてしまったようで、その後すぐに野沢へのファウルで米本が退場します。
ここは野沢が前を向いてドリブルで仕掛けたことで、相手に脅威を与えてファウルを受けたんですよね。
普段はすぐにバックパスに逃げるところなのですが、やはり前を振り向ける時は意識して仕掛けるようにすればこういうことにも繋がります。
ここからはFC東京は4-4-1というフォーメーションになって当然、守りを固めてPK戦狙いという試合展開になっていきます。
それに対して鹿島はカウンターを警戒しつつ、ボールをしっかり回して数的優位を作って攻めようという戦い方でした。
しかし、チャンスは作るもののゴール前を固めるFC東京に守られます。
数的優位になった時点で狭いエリアでドリブルできて威力のあるミドルシュートを打てる遠藤を入れていればもっと得点の可能性を上げられると思ったのですが、この試合でもこれまでまったく結果に繋がっていない残り10分を切っての佐々木投入でしたね。
投入するにしても野沢などかなり疲れていたのでもう少し早くてよかったと思います。
PK戦に突入しようかというロスタイム、本山の浮き球パスに走り込んでいた大迫が冷静に落として興梠が押し込みました。
かなり疲労もあったでしょうが、あそこによく大迫が走っていましたね。
しかも本山のパスに合わせて、オフサイドにならないよううまくスピードを調整して飛び出して行きました。
これはもう体力ではなく気力ですよね。
自分がうまく動けば、本山だったらボールをキープしてあそこにパスを出してくれるという信頼感があるから走れるのであって、ガブリエルだったらどうせボール取られるんでしょ、パス出て来ないんでしょっていう気持ちになって走れてなかったでしょうね。
実際にガブリエルからああいうパスは出ないですし。
この試合ではどうして今季の鹿島がリーグ戦を4位で終わったかという理由がすごく分かりやすく出ていました。
ガブリエルではなく、遠藤をもっとコンスタントに起用していれば本山の状態が万全でなくても今日のような試合をリーグ戦でもできていたと確信する試合でした。
これまでこーめいが何度も言って来ましたが、選手1人が代わることでチームの機能性がこれ程変わる、選手のタイプを把握してどう組み合わせるかがいかに重要か、それが浮き彫りになりましたね。
そして、興梠のゴールとともに試合終了のホイッスル。
福岡戦は残り10秒で追いついて延長を制して勝ち上がって来たFC東京ですが、この試合では鹿島が残り10秒で劇的な勝利を手にしました。

決勝の相手は清水
こーめいはG大阪が勝ち上がって来るかと思っていましたが、清水はモチベーションの高くよく動けていい試合をしていましたね。
G大阪は遠藤や中澤の不在も大きかったです。
4-2-3-1と4-3-3の違いはあるものの清水もFC東京と同じようにサイド攻撃主体の戦い方ですから、この試合の本山が入ってからのメンバー、戦い方でやるのが一番いいと思います。
もちろん本山はコンディション的に先発から使えないでしょうから、トップ下には遠藤を起用ということで。
大迫と興梠がお互いの特徴を掴んでコンビネーションがよくなっていますし、途中から左サイドに回っての大迫と宮崎の関係もこの試合は非常によかったですね。
あれだけ大迫が前を向いて仕掛けて時間を作ってくれたらサイドバックも上がりやすいです。
サイドは逆ですが、シャルケのファルファンと篤人の関係を彷彿とさせました。
FC東京戦では久しぶりにおもしろい試合を観させてもらったという感じです。
清水戦でも観客にそう感じさせる試合ができれば結果もついてくると思います。
決勝戦は中2日での試合となりますが、若い選手の活躍、ベテラン大岩のラストマッチ、劇的な勝利とモチベーションと一体感は高まってきていますね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/768-c3e8b910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する