鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【天皇杯決勝】モチベーションとバランスの勝利…の清水戦
結果
1月1日(土) 第90回天皇杯決勝
鹿島2-1清水(14:00/国立/41,348人)
[得点者]
26' フェリペ・ガブリエル(鹿島)←小笠原満男
59' ヨンセン(清水)
77' 野沢 拓也(鹿島)
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ガブリエル、野沢
MF:青木、小笠原
DF:宮崎、中田、伊野波、イバ
GK:曽ケ端


試合の感想
何もさせなかった前半
鹿島のスターティングメンバーは、CBに中田、ボランチに青木と準決勝でFC東京のサイド攻撃を抑えた守備布陣でしたね。
延長戦を戦い、中2日での試合なのでまずは選手の動き、運動量に注目したのですが、大迫のドリブルの仕掛けを見ると少しキレの部分ではこれまでの2戦に比べて落ちているのかなと感じました。
ただ、瞬発力ではなく運動量に目を向けると全体的によく走れており、前線からよくボールを追ってヨンセンや岡崎へのくさびのボールをよく奪えていました。
攻撃ではこのメンバーでの起点は完全に大迫になっていますね。
野沢、ガブリエルが起点になれないので、かなり低い位置まで下がってポストプレイをしています。
前を向ければドリブルで仕掛け、それを合図に興梠、野沢、ガブリエルが前へ走り出します。
前半最大のチャンスだった興梠のシュートシーンもこの形から生まれていますよね。
またDFを背負ってのプレイでは小笠原に落とし、そこから裏を狙う興梠へのパスでいい形を作っていました。
清水はこの大迫のくさびのボールを受けるプレイと、興梠の裏を狙う動きに手を焼いていました。
興梠も大迫より高い位置でくさびのボールを受けて起点になっていましたし、2トップの動きでこれだけ縦にギャップを作られると守備の的を絞りにくいと思います。
それでもなかなか清水の守備を崩すまでには至らなかったのですが、26分にコーナーキックからガブリエルのヘッドで先制点を奪います。
スローインのボールを興梠が落とし、宮崎がペナルティエリア内に走り込んだ小笠原に出したところから生まれたコーナーキックでしたね。
1年目ぱっとしなかったダニーロ同様に、ガブリエルが天皇杯の決勝でゴールをあげたのはおもしろいです。
これでガブリエルも来季活躍してくれればいいですが、結局ダニーロも途中出場からのクローザ―という適材適所で起用されていたから2年目から戦力になったわけで、ガブリエルの今季のゴールを考えると、ペナルティエリア内に飛び込ませるプレイをさせるような使い方をしなければ活躍することはないでしょうね。
前半は鹿島に比べて清水の方が走れていない印象で、単純なパスミスも見られて疲れが残っているのかと感じました。
チャンスになったシーンも左サイドの岡崎にロングボールが入った場面くらいでしたからね。
清水の得意なサイド攻撃をしっかり抑えて何もさせなかった前半となりましたが、鹿島も終始ペースを握りながら追加点は取れませんでした。
これは今季2点目が取れずに引き分けが多かったリーグ戦に何度も目にした予兆ですよね。

“いつもの”と切り札
後半に入ると清水は布陣を4-4-2にして小野、藤本でサイドに起点を作ります。
そうすると周りの選手も連動して運動量が上がって来ます。
鹿島も大迫のポストプレイからの大きな展開で野沢がシュートまで行くカウンター攻撃を見せますが、次第にボールを拾えなくなり“いつもの”攻められっぱなし状態になります。
そうです、不甲斐ないリーグ戦で何度も見られた得点する可能性が限りなく低くなり、失点する可能性が増大するあの時間帯です。
そして59分に中盤でフリーになった本田からのパスをDFラインの裏へ出たヨンセンがループシュートを決めて同点となります。
ただ、リーグ戦と違ってこの試合では中田と伊野波がDFラインが下がり過ぎないようにしており、このシーンでもきちんとオフサイドを取っていたんですけどね。
オフサイドポジションにヨンセンと岡崎がいたのですが、副審から見てこの2人がかぶって見えなかったわけではなかったですからね。
パスが出た瞬間に岡崎しか見ておらず、ヨンセンのポジションまで気を配っていなかったのでしょう。
これは完全に副審のミスジャッジでした。
それでも今の鹿島には切り札があります。
すぐにガブリエルに交代して本山をトップ下に投入、大迫が左サイドに入って4-2-3-1となります。
そうすると準決勝同様にたちまち鹿島のポゼッション率が上がり、得点できる可能性が増え、失点する可能性が減りましたね。
守備に奔走するガブリエルに替えて、守備の負担をかけないトップ下に本山を入れた布陣の方が失点する可能性が下がるわけですから、ここが攻守一体のであるサッカーの面白いところです。
ガブリエルの場合は守備前提、本山の場合は攻撃前提の戦い方になり、当然ポゼッションしていれば失点する可能性は減るという単純なことなんですけどね。
付け加えれば守備前提の戦い方をするなら、ガブリエルではなく青木、中田、小笠原の3ボランチにした方が守備は安定します。
ポゼッションできるようになった鹿島はチームの重心が前になって、ゴール前でファウルをもらえるようになります。
ゴールから近くて難しいFKでしたが、野沢が壁を越えて落とすボールでネットを揺らします。
コースはあまりよくなかったですが、GKの山本は小笠原が蹴ると予想していたようで反応が遅れた感じでしたね。

オリヴェイラ監督の改心!?
リードしてからも上手くボールを回しながら清水のプレッシャーをいなしていきます。
ここが1点を守り切って勝利を重ねていた3連覇時代と、攻められ続けて終了間際に失点してしまう今季の違いですよね。
要は鹿島のリズムで守れているかそうでないかということで、守備でも本山の存在、ポゼッションが効いているということです。
リードしてからのオリヴェイラ監督の選手交替はこれまでと違っていましたね。
若い當間をこの状況で使って来るなんて有り得なかったのに、しかも宮崎ではなく新井場と交代させました。
こーめいも新井場の守備に不安があったので交代するなら右サイドと思っていたのですが、オリヴェイラ監督のことなので宮崎に替えてくると思っていました。
最後のカードもこれまでは佐々木を入れて来ることが多かったですが、遠藤を起用しましたね。
時間は短かったですが、昨年までのダニーロがしていたクローザーという役割を果たしました。
今季はメガネが曇っているとしか思えない選手交替が多かったですが、この試合の采配はよかったです。
来季、何かが変わる予兆であればいいですね。

優勝できた理由
天皇杯はモチベーションの大会と以前からこーめいが言っているように、やはり優勝できた理由の1つはモチベーションと言えるでしょう。
それは一体感と言い換えてもいいと思います。
清水も長谷川監督に有終の美、このメンバーで優勝をしたいということで低かったわけではないですが、鹿島も引退する大岩のためにという想いが強く一体感が高まっていました。
しかし、そこには来季からもファミリーとして戦っていく鹿島と、チームがバラバラになってしまう清水の違いがあったように思います。
もう1つの理由もこーめいが前から言っていることで、チームのバランスがよくなりましたね。
前線では大迫が起点になることでスイッチとライトのバランスが多少改善され、本山が投入された時間帯では非常にいいバランスとなっていました。
また、DFラインでは左サイドに宮崎が入ることで多少は縦にパスが入るようになり、右サイドの新井場との攻守のバランスがよくなりました。
新井場、ジウトンが1対1の守備を中心に非常に淡白なところが多いのに対し、宮崎はしっかり相手に当たりに行ってくれますからね。
空中の競り合いでも勝てないまでもきちんとヨンセンに体をぶつけに行っていたので、ああいう守備をしてくれると周りの選手も助かります。
恐らく天皇杯のラスト3試合の前に決めていたのでしょうが、来季は横浜FCにレンタル移籍するそうで実にもったいないですね。
オリヴェイラ監督がもっと早く起用していれば、わざわざ左サイドバックを獲得する必要はなかったわけですから。
天皇杯での宮崎の起用と成長ぶり、本山とガブリエル出場時の試合内容を見れば、オリヴェイラ監督がやり続けた選手起用と、こーめいが言い続けて来た選手起用のどちらが正しかったかが証明された天皇杯でした。
それを考えると来季こそ本当に新化できるかというと課題、不安要素もまだまだありますが、天皇杯優勝はタイトルはもちろん、ACL出場権獲得、大岩の引退に花を添えるなど鹿島サポーターにとっても大きなものとなりました。
すでに戦力補強にもかなり力を入れており、来季は充実した戦力もそろいそうですからこれまでの4年間(特に今季)の反省を生かしてリーグタイトルの奪還に悲願のACL優勝を目指していきたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

私もオリベイラの変化を感じました。
本山の投入時間がとても早かったから。
失点してすぐに手を打って来ましたね。これはシーズン中には見られなかった。
負けているのにカード1枚残した事もあったくらいだたから。
しかし、新井場はFC東京戦の後半30分くらいから全く動かなくなった。
ハーフラインのタッチ際に立ったまま殆ど動かなかった。
あれは故障かなんかなのですかね?
また、天皇杯決勝という日本サッカー三大タイトルの1つの決勝だというのにヨンセンのオフサイドの見逃しは頂けない。
裏から抜ける興梠のオフサイドになったのの見逃しではなくヨンセン・岡崎ともにオフサイドポジションにいたんだから。
それを全く問題にしていないマスコミもどうかと思う。
普段のJの試合と元日の天皇杯決勝はどちらが多くの人が見ていると思ってるのかな。
W杯イングランドの幻のゴール以上に見逃してはならないものでしょ。
あの時は散々叩いて60年前の意趣返しとまで煽ったのに今回はナイスゲームになっちゃってる。
誤審は誤審と認めて対策したり反省しないと審判のレベル向上は望めない。選手と審判、そしてサポとの信頼関係も築けない。
オリベイラもベンチからだからオフサイドは判らないよね。
だからマスコミが取り上げないと。
NHKなんてストップモーションに影まで付けてオフサイドの解説映像出してたのに、あの時だけは出さなかったもんね。
それがオフサイドである証拠でもあるんだけど。
この隠蔽体質何とかならないかね。
【2011/01/08 00:13】 URL | 我孫子鹿 #EBUSheBA [ 編集]

適正な補強でしょうか?
こんばんは。
あけましておめでとうございます。
今年も拝見させていただきますので宜しくお願いいたします。
まずは天皇杯優勝おめめでとうございます。
お互い様でしょうかね、ありがとうございます。
さて移籍関連の話がでてきましたね。
ポストマルキ以外の完全移籍についてですが、?と思っちゃいます。
必要があったのかどうか。
結構多い意見と思いますが、宮崎を来年も見たかったというのがあります。
ディフェンス面やスタミナで言えば、軽~い守備を見せるイバよりも粘っこく守備をし、サイドからのl攻撃を潤滑させ、これからを感じさせてくれた天皇杯を見る限りはイバよりも宮崎がいいのか?と思いました。
それに、イバと當間を交代させたときもこーめいさんのおっしゃるように「あれ?オリヴェ?」と思いました。
今更ひきとめたくなったのか?
来年は若手を使うのか?と。
なので当然ながら私も来シーズンにつながると良いなと思いました。
ですが、これまでの経緯(使ってもらえない)からしても当然ながら宮崎は旅にでてしまいました。
宮崎は先発として機能しなかったかというとそれはなかったですよね。
フロント及びオリヴェには思いっきり後悔して欲しいです。
選手名鑑もしくはブラジル人優先人事が災いしましたね。
惜しすぎるレンタルと思います。
ただ、海外選手相手にあの体格差でやれたのかはわかりませんが、長友の例もあるのでなんともいえませんね。
なので宮崎にはがっつり試合にでて鍛えて帰ってきて欲しいです。
これが良いことかどうかはわかりませんが、そう思います。
さらに、本田に関してですが、ゴールデンエイジも連戦さえなければ、まだまだ一流としてやれるでしょうし無駄に選手を確保してお金の無駄遣いをすることのないようにお願いしたいです。
プラチナ世代がどれほどかといえば即戦力にはほど遠いと思いますし。
結局、育成よりも寄せ集め集団になりつつあるとおもいますね。
なので、今年残った選手たちには、「来年は新加入はいらないよ」と言える位の意気込みをもって取り組んでもらいたいですね。
適材適所の人事は当然ながら、監督の育成も考えるべきではなかろうかと思う今日この頃です。
つまりはぶんどりよりも、今のメンバーの得手不得手を確認し本当に必要な人材を補強をできているのかをフロントに確認して欲しいです。
鹿島のフォーメーションとはどういう機能美を持っていて、どういう弱点があるかを分かっていないと、ドリブラー2人&パサーがいるようなC大阪みたいなチームにまたやられちゃいますね。
カルロンが良すぎる選手であればまた中東へ移籍も考えられるでしょうし、新加入選手たちはみんな海外希望が強いようなので、現状の戦力理解が必要ですね。
【2011/01/09 22:56】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]

我孫子鹿さんへ
コメントありがとうございます。
FC東京戦も本山の投入は早かったですよね。
しかしこーめいからすると、リーグ戦でもそうであったように後半はボールポゼッションできずに攻められっぱなしになるのはわかっていることなので、できれば失点する前に入れて欲しいというのが本音です。
点が動いてからではなく、流れが変わった時点で動けるのが理想ですね。
>NHKなんてストップモーションに影まで付けてオフサイドの解説映像出してたのに、あの時だけは出さなかったもんね。
こーめいはこの記事を録画を観ながら書いていたのですが、まったく同じ事を思いました。
こういうシーンこそああいった映像技術を生かすべきですよね。
【2011/01/10 22:45】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>適正な補強でしょうか?
Sさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
補強についてですが、ブログでも書いたように宮崎はもったいないと思います。
本田については最初はうーん…と思ってましたが、昨季の金崎、香川獲得失敗のように若い代表クラスの選手は獲得しようと思ってもできないことも多いので、チャンスがあるときに獲得しておくというのもいいかもしれません。
鹿島には純粋なファーストボランチっていないですし、移籍金も安いみたいですから。
それに船山、鈴木の移籍、大岩の引退でボランチ、CBの選手層が薄くなっている今となっては獲得してもらわなければ困ります。
フロントは結局オリヴェイラ監督の育成手腕には(柴崎のベンチ入り契約も含めて)期待してないという考えでの選手補強なのではないかと思います。
つまり、試合出場実績の高い選手を獲得して、低い選手はレンタルで試合出場実績を増やすということですね。
パクチュホとジウトンがそれぞれ水戸、新潟で25試合、田代の06シーズンの出場が20試合、レンタル中の船山が15試合、鈴木が6試合ということを考えると20試合弱がボーダーラインかと思います。
ですので、レンタル組には移籍先で20試合以上は出場して帰って来てほしいですね。
オリヴェイラ監督がJ1、J2及び海外リーグの出場歴が20試合未満でまともに起用しているのって、実は興梠(05年8試合、06年10試合)、大迫(ルーキー)、中後(06年17試合)だけです。
FWはフロントが選手層を敢えて薄くしているので使わざるをえない状況だったことを考えると、ACLがあって過密日程を戦うチームの選手起用としてはいかに無茶苦茶であるかということが改めて分かりますね。
【2011/01/10 23:19】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


ゲキサカのコラムにJFA審判委員会の松崎委員長が天皇杯決勝を書いてます。
珍しくヨンセンのオフサイドを認め副審の大塚氏を難しい判定ではないのに岡崎に気を取られヨンセンを見逃したのは残念とコメントしています。
しかし大塚氏は今季からPRになるとも書いてありました。
選手だって警告や退場処分になれば罰を受けるのに明らかなミスを天皇杯決勝という大舞台でやらかしても予定通りにPRに昇進っておかしくないでしょうかね?
こんな事では選手と審判の信頼関係なんて構築できるわけがありませんよ。
その後のゴールネットを揺らした興梠の方が裏から抜けるタイミングが微妙なオフサイドでしたがバック側の副審八木氏は躊躇なくフラグを上げました。
八木氏は大変優秀ですね。(なんて思ってない)
共通するのは両方鹿島に不利益な判定です。
昔からなんで驚きもしませんが市川とボスナーが倒れてたのに鹿島はプレーを止めなかったとか決勝の笛は鹿島よりだったとか言う清水サポがいて10年間何も進歩してないんだなと思いました。
【2011/01/11 23:25】 URL | 我孫子鹿 #- [ 編集]

我孫子鹿さんへ
コメントありがとうございます。
大塚副審は来季からPRになるんですかぁ。
Jリーグでは誤審をすれば、担当の試合を減らされたりするそうですが、そういうのを発表しないのでいいレフェリーがいても評価されづらくなってますよね。
【2011/01/14 15:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/771-f1fbf318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する