鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アジア杯】GL突破は大きく前進も内容は半歩前進…のシリア戦
結果
2011年1月13日
日本2-1シリア(ドーハ/10453人)
[得点者]
35分 長谷部誠←松井大輔
76分 アルハティプ(PK) 
82分 本田圭(PK)
[フォーメーション]
FW:前田
MF:香川、本田、松井
MF:遠藤、長谷部
DF:長友、今野、吉田、篤人
GK:川島


試合の感想
変わったところ
ヨルダン戦に比べてコンディションが全体的に上がって来ている印象があり、球際の競り合い、前線の選手のポジションチェンジ、サイドチェンジでの大きな展開などボールの動かした方に改善が見られましたね。
それに対してシリアはしっかりブロックを作って守ってカウンターという戦いでした。
ただ、基本フォーメーションは4-2-3-1ですが、中盤がフラットの4-5-1になるなど引いて守るわけではなく前からプレッシャーに来ていましたね。
戦い方としてはヨルダンに似ていたと言えるでしょう。
しかし、個の力ではヨルダンより高く、この試合では日本も上述したように改善点は見られたものの、球際の競り合いではシリアも激しく来ており必ずしも優位に立てていたわけではありませんでした。
4-2-3-1での基本的な攻撃の形が作れていない上でのポジションチェンジもそれ程効果的であったわけではなく、早く大きな展開でボールの動かすスピードを上げることはできていましたが、シリアの守備を崩すまでには至らなかったですね。

残念なところ①
改善しようという意識は見られたものの、やはり肝心な部分に手を加えられていなかったのは残念なところです。
ヨルダン戦ではコーチングエリアに通訳が入れないと勘違いして指示を出せなかった影響が大きかったので、修正が後手に回ったのかと思っていたのですが、メンバー変更、相手のDFライン上で勝負すること、スペースに走り込むこと、この3つの部分でザック監督が手を打っていなかったのには正直落胆させられました。
前田がDFラインの裏に飛び出したり、長谷部が右サイドのスペースに走り込んだりというシーンはいくつか見られたものの、全体的にスペースを狙う動きがまだまだ少ないですね。
監督や主軸選手が代わったときはある程度メンバーを固定してチームを作っていく方がいいので、同じメンバーで臨んだ意図も分からないわけではないですが、スペースに走り込むのが得意な岡崎を起用した方がよかったと思います。
全体的に足元で受ける選手、スイッチタイプの選手が多すぎますからね。
DFライン上で裏を取る駆け引きをする選手がおらず、この試合では遠藤を中心に縦パスがよく入っていたもののほとんどシリアDFの前で受けていたので、プレスの格好の餌食となってボールロストすることが多かったです。
そこからカウンターを仕掛けられていたので、それを警戒して次第に両サイドバックも高い位置を取れなくなりました。
その結果、後ろの選手がサイドのスペースに走り込めなくなり序盤に篤人のセンタリングから前田のヘッドと決定機を作ったサイド攻撃もなりを潜めていきましたね。
日本にとって幸運だったのは、ヨルダンに比べてシリアは攻撃する意識が高く、守備でリズムを握るとより攻撃的に来てくれたことです。
ちょうどその時間帯で日本の先制点が決まります。
日本エンドの深い位置でのシリアのスローインだったのですが、すぐに長友が奪うと意図のないロングボールを前線に送りシリアボールとなります。
しかし、シリアのDFも精度のないロングボールを送り返してくれて、これをインターセプトした篤人がすぐさま縦に走る本田に入れます。
そこから一気に押し上げて香川、松井らがからんで最後は長谷部が冷静にゴールに蹴り込みます。
攻撃に意識がいっている時の守備というのはもっとも隙ができるのでそれを上手く突きましたね。
シリアの守備を崩せたわけではないですが、攻撃にかかった部分で香川、本田のゴールへの意識の高さ、後ろの選手の押し上げなど日本のいいところが出たシーンでした。

残念なところ②
2つ目の残念なところは、こーめいがこれまで何度も言っているように試合の流れ、状況を考えた戦い方ができていないところです。
ビハインドを負ったシリアは後半から積極的に攻めに来たのですが、それに慌ててしまって試合の主導権をシリアに渡してしまいました。
前田のポストプレイから本田が裏へパスを送り、香川や松井が走り込む。
またはより低い位置で本田や香川にくさびのボールを入れて、遠藤に落とし、そこから前田や松井が裏を狙う。
これをやるだけで試合の主導権は日本が握れていたはずです。
シリアは攻めたいのですが、DFラインの裏を取られる怖さがあれば思い切って押し上げられないですし、一本いいパスが通れば日本は追加点のチャンスになります。
また、例えオフサイドになっても日本は何のリスクもありません。
失点シーンは本人も言っているように長谷部のバックパスが中途半端になったことから始まり、ミスと審判の判定が重なって生まれたのですが、試合運びの拙さが招いた失点とも言えます。
川島が退場になって10人となり、4-2-3のようなフォーメーションなってからの方が上手くスペースを使えた戦い方ができていましたね。
これは納得のいかない判定にチームの一体感が高まって動きがよくなった部分と、中盤から前線の選手が少なくなったことで足元にパスを繋ぐのではなくシンプルにスペースに走り込ませるボールを蹴ることが多くなったからです。
実際に勝ち越しゴールとなったPKも岡崎がDFラインの裏を狙って走り込んだ形からでした。
判定はラッキーだった感はあるものの、本田が決め、リードを守って勝ち点3を手にしました。

決勝トーナメントに大きく前進
内容はまだまだですが、シリア戦の勝利は大きかったですね。
日本とヨルダンが勝ち点4、シリアが3、2敗のサウジアラビアはすでにグループリーグ敗退が決まりました。
最終戦はシリアとヨルダンが戦うので、日本は引き分け以上なら確実、負けてもグループリーグ突破の可能性は十分あります。
やはりチーム作りを考えると、1試合でも多く試合をしたいですからね。
この試合の得点シーン、シリアが攻めて来ていた時間帯を見ても、スペースを与えられればゴールへの意識の高い香川や本田らももっと持ち味を出していけると思います。
トップ下と言っても香川はドルトムントでバリオスらを囮にシャドー的な役割でスペースにポジションを取って上手く前を向いた状態でボールをもらう動きを得意としています。
つまり、ボールをもらった時点で自分の得意な形になっていることが多く、そこから相手の足が届かないところにボールを置きながらドリブルして切り込んでいくので終始自分の間合いでプレイできるんですよね。
引いた相手だとスペースもなく、前田、本田も相手DFを引きつけることができないので香川も窮屈そうにプレイしています。
フィジカルが強くてボールキープはある程度できるものの本田もゲームメイクをするタイプというわけではないですからね。
監督が代わり、グループリーグ突破の可能性のないサウジアラビアが引いて守ってカウンターという戦い方をしても何の生産性もないので次の試合ではこれまでで一番スペースを与えてもらえるのではないかと思います。
そうなるとこれまでの2戦に比べて、サウジアラビア戦ではいいサッカーを見せてもらえるかもしれませんね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/774-b38a0933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。