鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

日本代表、攻撃進化のためのイメージ
日本代表はこのアジア大会中に徐々に成長を遂げており、カタールに3得点を取って逆転勝ちをしました。
しかし、準決勝からは対戦相手のレベルが上がりますし、攻守においてまだまだ機能していない部分、模索中の部分、通用していない部分が多くあります。
その中で今回は攻撃面(前線の4人)の修正アイデア、イメージについて書きます。

前線4人のプレイとイメージ
[フォーメーション]
FW:前田
MF:香川、本田、岡崎
MF:遠藤、長谷部
DF:長友、岩政、今野、篤人
GK:川島

韓国戦のメンバーは恐らく上記のようになると思います。
まず、前線のメンバーのこれまでの役割とそのイメージをまとめてみます。

1トップの前田遼一はポストプレイ、サイドに流れてボールを引きだしての起点など攻撃の組み立てに参加してからゴール前へというプレイをしようとしています。
これはバリオス(ドルトムント)と似たプレイスタイルです。
しようとしていますというのは、コンディションが悪いというのもあるのでしょうが、相手のプレッシャーがゆるかったサウジアラビア戦以外はボールがおさまらない場面が多く機能しているとは言い難いからです。

トップ下の本田圭佑は相手を背負いながらボールを受け、そこから前を向いてパス、シュートというプレイをしようとしていました。
こういうプレイはトッティ(ローマ)が上手いのですが、前田同様に本田もスペースがない中で前を向くどころかなかなか相手を背負った状態ではボールがおさまらず苦しんでいたシーンが多いです。
サウジアラビア戦では柏木がスペースに顔を出してボールをもらい、パスを散らして周りの選手を生かすというプレイで日本の攻撃を円滑にしました。
これはエジル(Rマドリー)を彷彿とさせるプレイでした。
本田もカタール戦からはこのイメージでのプレイに切り替えており、スペースでボールをもらうとドリブルで強引に仕掛けずにシンプルなパスで周りを使うシーンが多かったですね。
得点に繋がった1、2点目は少し下がり目のポジションを取って前を向いた状態でボールをもらうことでいいパスを出しています。
本田の場合はエジルというより、スナイデル(インテル)のイメージに近いと思います。

左サイドハーフの香川真司はドルトムントで結果を出している自分のプレイをそのまましようとしているのですが、なかなかイメージ通りいかなくて苦悩していますね。
ドルトムントでの香川のゴールパターンは主に2つで、バリオスが開けたスペースを利用してDFラインの裏に抜けるパターン、もう1つはドリブルで仕掛けてからのシュートというパターンです。
ドルトムントではバリオスが相手DFを引きつけてくれますし、前を向いた状態で自分がトラップしてシュートまで持っていきやすい態勢でもらうのですが、日本代表ではトップ下ではないですし、守り重視の相手にスペースを与えてもらえず手を焼いていました。
また、前田が左サイドに流れて前のスペースを、本田が中央のスペースを埋めてしまうことが多かったですね。
ヨルダン、シリア戦でもそこでボールがおさまればもう少し香川も動きやすかったと思います。
カタール戦では本田がパサーに回ったことも功を奏して、DFライン上で勝負してボールをもらい、トラップからの初速で相手を置き去りにすることに成功していましたね。

右サイドハーフの岡崎慎司はダイアゴナルに入っていく動きでDFの裏を常に狙っています。
運動量が多く、守備でも献身的な働きをしており、まさに日本のカイト(リバプール)という感じです。
コンディションもよく途中出場だったヨルダン、シリア戦でもいい動きをしており結果を出して来ました。

攻撃進化のキーポイント
前田がバリオスの仕事をきっちりこなせるなら、トップ下は香川にした方が機能性は格段によくなると思います。
前田が開けたスペースに一番飛び出しやすいのはやはりポジション的にトップ下ですからね。
本田はあまりDFの裏を狙って飛び出す動きをせず、前田もくさびのボールを受けに下がったりサイドに流れる動きが多いため、中央をうまく使っての攻撃ができていませんよね。
ただ、今の前田では前線で攻撃の起点になるのは難しいと思います。
この4人で攻撃を機能させようと思ったら、下記のイメージでプレイすればスムーズにいくでしょう。
[フォーメーション]
FW:ミリート
MF:エトー、スナイデル、カイト

岡崎は自分の持ち味を思う存分に出していますので今のままでいいです。
本田もとりあえずカタール戦のようなプレイイメージでOKです。
もっとダイナミックにパスを展開して周りを使っていければ尚いいでしょうね。
問題は前田で、現在は攻撃の組み立て→ゴールという優先順位でプレイしていますが、まずゴールを狙う動きをするように意識チェンジすれば前線の攻撃が活性化すると思います。
ミリート(インテル)はDFラインの裏を狙う動きが非常に上手いです。
前田はあまりそういうイメージがないですが、ヘディングシュートにいける範囲ではDFラインの裏へ抜け出す動きからJリーグでゴールを量産しているので常にそこを狙うべきですね。
香川はまず左サイドに開いてボールをもらってそこからドリブルで仕掛けてシュート、中の選手とのワンツーから裏へ抜けるというプレイをした方が自分の持ち味を出しやすいと思います。
エトー(インテル)はモウリーニョ時代に左のウィングをしており、こういうプレイが得意ですし、レオナルド監督になってからは2トップの一角としてプレイしていますが、けっこう左サイドに流れてから切り込んでいくことが多いんですよね。
そこでボールをもらう方が香川も前を向いてドリブルで仕掛けられるので、プレイのリズムも作りやすいと思います。

エトーが引き続きサイドでプレイすることを了承し、カイトの獲得が叶っていれば上記のフォーメーションはインテルで実現していたんですよね。
そうすればベニテス政権もあんなに早く終わらなかったと思います。
結果的にレオナルドが後任となったので、こーめいとしてはよりインテルの試合を楽しめる状況になってくれたわけですけど。
日本の攻撃はここまで徐々によくなって来ているので、韓国戦でももう1段階レベルアップした攻めを見せてほしいですね。
相手に守備の的を絞らせない攻撃ができれば通用すると思いますし、あとはそのチャンスを決められるかどうか、そこが勝負の分かれ目です。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/778-bcd30145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する