鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1クラブ戦力分析2011】名古屋グランパス
名古屋グランパス
昨季成績:1位 勝点72 23勝3分8敗 54得点37失点
今季のクラブ力:262点
※{フロント力+(監督力合計÷10)}×戦力合計値で計算
※小数点以下は四捨五入
シーズン目標:リーグ優勝、ACL優勝
フロント力:1.4点
※値は0.5~1.5
[コメント]
資金力はあれど思うような結果が出せずに中位力をいかんなく発揮していたものの、久米GMが就任してからは選手評価がより細かくなり、スカウティング力もアップ、戦力補強も的確に。
その結果Jリーグでもトップクラスのフロント力となり、昨季は悲願のリーグタイトルを獲得した。
今季は槙野智章(広島→ケルン)の獲得に失敗、近年見せていた抜群の補強力も海外クラブにはかなわず。
[IN]
MF:藤本淳吾(清水・完全移籍)
MF:田中輝希(三菱養和SCユース・新卒)
MF:吉田眞紀人(流経大柏高・新卒)
FW:永井謙佑(福岡大・新卒)

[OUT]
DF:竹内彬(千葉・レンタル)
MF:マギヌン(未定)
MF:福島新太(徳島・完全移籍)
FW:杉本恵太(徳島・完全移籍)
FW:巻佑樹(湘南・レンタル)

[2011予想フォーメーション]
4-3-3
FW:玉田、ケネディ、金崎
MF:藤本、中村
MF:ダニルソン
DF:阿部、増川、闘莉王、田中
GK:楢崎

[主なバックアップ]
FW:永井
MF:小川、ブルザノビッチ
MF:吉村
DF:アレックス、千代反田
GK:高木


監督力合計:18点
ドラガン・ストイコビッチ監督
攻撃戦術力:★★★★
守備戦術力:★★★★
分析修正力:★★★★
精神統制力:★★★★
若手育成力:★★

※★=1点、各値は5点満点
※合計25点満点
※分析修正力は試合の分析力とそれを修正する能力、精神統制力はモチベーターとしての能力
[コメント]
昨季は54得点、37失点(それぞれリーグ5位、3位)と攻撃、守備ともにリーグ上位の数字を残す。
いわずと知れたカリスマ監督であり、それが選手のモチベーションを高めるのにも役立っている。
監督経験は名古屋からのスタートと浅いものの、その能力はアーセナルのベンゲル監督が後継者に指名するほど高い。
しかし、昨季はナビスコ杯、天皇杯などのタイトルには意外と淡白なところも見せており、リーグでは結果を求めるあまり凡庸な内容の試合も多かった。
一度目のACL挑戦時にはリーグ中位に沈んだが、二度目のACL挑戦をどう乗り切るかその手腕に注目。
ナビスコ杯では若い選手を積極起用しているが、現在の主力は依然から在籍していた選手か他クラブの獲得で、選手層の薄い今季は永井や花井、松尾などの若手を育てていくことも重要となってくる。

戦力合計値: 82点
FW:(18点)☆☆☆☆☆☆☆☆☆
MF:(18点)☆☆☆☆☆☆☆☆☆
DF:(18点)☆☆☆☆☆☆☆☆☆
GK:(10点)☆☆☆☆☆
BU:(13点)☆☆☆☆☆☆★
AJ:-5点

※FW、MF、DFは各20点満点、GKは10点満点で予想されるスターティングメンバーのみの評価点。
※BU(バックアップ)は選手層の厚さで20点満点
※☆=2点、★=1点
※AJ(アジャスト)は±0~-10点の減点方式)
※合計値は100点満点
[コメント]
得点王のケネディ、闘莉王、藤本、玉田、金崎、楢崎など代表クラスの選手をズラリと揃えているスターティングメンバーの能力は非常に高い。
ただ、今季はACLがあることを考えるといささか選手層が薄い印象を受ける。
また、ダニルソンがケガで長期離脱しておりシーズン序盤はアンカーのやりくりに苦労しそうなため、フォーメーション変更して対処する可能性も考えられる。
アジャストについては、ACL出場組のため移動とハードな戦いを考慮して-5点。
※データや予想はこーめいの独断と偏見によるものです。
※予想には隠れデータも考慮に入れています。
※参考資料:サッカーダイジェスト2010Jリーグシーズン総集編、サッカーマガジンNo.1329、Jリーグ選手名鑑、エルゴラッソなど。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

鹿島もこの分析の対象でしょうか? 鹿島とセレッソの分析楽しみです。
ただ、週刊誌等の記事については 首をかしげるものもあります
もしかしたら、生でゲームをほとんど見ていないのではないかと思うこともあります。こうした記事を判断の材料にするのは どんなものでしょうか?
【2011/02/10 18:59】 URL | 姥桜 #- [ 編集]

姥桜さんへ
コメントありがとうございます。
毎年この時期はJリーグ開幕が待ち遠しいのですが、今季は待ち遠しすぎていてもたってもいられず戦力分析をすることにしました。
昨季の成績順に一応18クラブするつもりです。
参考資料の週刊誌ついては主にデータ、各クラブの強化担当最高責任者のインタビューなので信憑性については特に影響ありません。
最新のフォーメーションやメンバーは主にエルゴラッソを参考にしていますが、この時期はころころ替わることは仕方ないことですし、こーめいの昨季の試合観戦も踏まえて織り込み済みで考えています。
【2011/02/11 19:07】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/784-9f516c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する