鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第4節】見苦しい敗戦…の名古屋戦
結果
7月13日(水) 2011 J1リーグ戦 第4節
名古屋2-1鹿島(19:00/豊田ス/12,845人)
[得点者]
02' 大迫勇也②(鹿島)←ガブリエル①
35' ケネディ(名古屋)
79' ブルザノビッチ(名古屋)
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ガブリエル、野沢
MF:小笠原、増田
DF:新井場、中田、岩政、西
GK:曽ケ端


試合の感想
新潟戦と変わったこと
前節から田代、遠藤、青木、アレックスに代わって大迫、ガブリエル、小笠原、新井場がスターティングメンバーに名を連ねました。
恐らくオリヴェイラ監督はまったく気を配ってないと思いますが、今季はローテーションを用いていくということで、メンバーが代わることでどうサッカーに変化が生じたのかを観ていくことが重要となっていきます。
前節、新潟戦からの変化は4つありました。
1つ目は上述した4人のキレがよく、特に動き出しが速かったのでそれにともなって攻撃時には全体が連動して動けていました。
実際に開始早々のカウンターからの得点もこれまでなら興梠に入ったところでノッキングを起こしていたところですが、小笠原がフォローに入るのが速かったです。
ゴール前にもしっかり人数をかけることができていました。
しかし、得点できたのは前節の新潟戦で浴びた逆転弾のときの鹿島のように、名古屋の選手があまりにも集中力を欠いてプレスにも行かずにボールウォッチャーになっていたことが大きかったです。
立ち上がり10分の名古屋はふわふわした感じで試合に入れていませんでしたね。
気温、湿度ともに新潟戦より低かったというのもありますが、代わって入った選手、特にここのところスターティングメンバーでなかった大迫、ガブリエル、小笠原の動き出しが良かったのはローテーションの効果が大きいということを意味していますね。
2つ目は2トップの動き出しが速かったことです。
前節の田代と興梠はボールをもらう動き出しがまったくなかったですが、この試合では前述したように大迫が速い動き出しを見せていました。
そのため中盤の選手が前を向いてボールを持ったときもパスを出しやすく、野沢のアーリークロスから大迫のヘッドというシーンにも繋がりました。
ただ、相変わらずボールが入ってもミスが多いですし、大迫もくさびのボールをもらおうとする意識はいいのですがおさめきれない場面が多いですね。
3つ目はボランチの展開力が高かったことです。
青木や伊野波が入るとどうしても展開と縦へ入れるパスに難があるのですが、この試合は小笠原と増田という組み合わせでした。
野沢とガブリエルという組み合わせでは2人とも高い位置、もしくはサイドに張り過ぎてボランチからなかなかボールが出せないということが多かったのですが、名古屋の守備がルーズだったことも手伝ってボールが回らないということはなかったですね。
先制点の小笠原の野沢に展開したパスもさすがにセンスを感じさせるものでした。
鹿島のカウンター成功率が落ちてきたのは興梠、田代、ガブリエル、青木らのパス精度、パスセンスではどうしてもこういった展開ができないので詰まってしまうことが大きな原因ですからね。
マルキーニョスのように仕掛けられる選手もいませんから。
4つ目は前線からの守備です。
やはり興梠と大迫のコンビでは甘くなりますね。
この試合はリトリートしてブロックを作ってから守るやり方をしているのかと思ったほどです。
田代やカルロンがいるときに比べると2トップが積極的に追いかける場面が少なく、後ろも連動してプレスをかけることができていませんでした。
しかし、それは名古屋も同じだったのでお互い簡単に縦パスを入れてバイタルエリアでボールを持てていましたね。
攻守の切り替えも遅かったので、そこでボールを奪えなければ押し込まれ、ボールを奪えればカウンターという前半から比較的オープンな展開になっていました。
そのため、これは無失点で抑えるのはなかなか難しいと思って観ていたのですが、やはり押し込まれた時間帯にコーナーキックから決められてしまいました。
失点シーンは岩政がケネディに完全に高さで負けたわけですが、曽ケ端の飛び出しも実に中途半端でしたね。
その後もお互いゴール前にボールを運ぶのですがミスもあって決定機は少なく、チャンスを生かせないまま前半終了となります。

4試合連続の采配ミス負け
この試合も監督の采配が勝負を分けそうな気配で後半に突入したのですが、やはり先に動いて来たのはストイコビッチ監督でしたね。
磯村に代えて中村を入れて前半にルーズだったバイタルエリアでのインテンシティを高めます。
一方、オリヴェイラ監督はハーフタイムの指示で前線からのプレスをしっかりかけるように指示します。
これで両クラブともに守備意識、球際での競り合いの激しさが増して来た部分はあるのですが、それだけに攻撃を組み立てて攻めるということがしづらくなって、結局試合展開は前半とそれほど変わらずにお互いカウンターからチャンスを窺うという場面が多かったですね。
ここからはこれまで何度も観てきた予想通りの展開でした。
ストイコビッチ監督が玉田、ブルザノビッチを投入して早めに得点を取りに動いて来たのに対して、オリヴェイラ監督は動けずに5つの采配ミスを犯します。
1つ目はこれまで何度も足を引っ張って来たオリヴェイラ監督の悪癖ですが、交代時間が遅すぎることです。
ようやく残り15分で本山を入れて来ます。
2つ目のミスは布陣を4-2-3-1に変更したことです。
得点を取りに行くところでFWを削る消極的な采配、しかも4-2-3-1のフォーメーションを自分のものに出来てないので本山にバイタルエリアでボールを持たせて攻撃するという狙い以外は何も見えません。
野沢かガブリエルにそのまま代えて4-2-2-2でやった方がよかったでしょうね。
思った通りそこから逆転弾を浴びて、慌ててFWを投入します。
そしてカルロンを入れるという3つ目のミスを犯します。
これも以前から言っていますが、普段起用していない選手を残り7分で投入しても活躍できるわけありません。
しかも、カルロンについてはオリヴェイラ監督自身が日本に慣れるまでに時間がかかると言っているわけですから起用するならスターティングメンバーからで、この状況でいきなり結果を求める使い方をする意味が分かりません。
4つ目のミスは遠藤を起用しなかったことですね。
名古屋の中央は高さと強さがあるわけですから、空中戦で挑むのではなく足元で勝負でき、ドリブル突破もできる選手を起用すべきでした。
5つ目のミスは采配の意図をチームに浸透できなかったことです。
交代で入った田代、カルロンの動きをみると恐らくパワープレイを指示されていたのだと思いますが、1枚目のカードが本山だっただけに選手たちは混乱してしまいましたよね。
失点した後に慌てて高さのあるFWを入れてその前に入れた本山の意味がなくなってしまうというこれまで何度も観れらた采配ミスでした。
結局早めにハイボールを入れるのか、ゲームを組み立てて攻めるのか中途半端になり、何故か右サイドに上がった野沢や西にハイボールを入れるというわけの分からない状態になっていました。
そこからは名古屋にうまく時間を使われながらプレイされて、得点の匂いはこれっぽっちもしませんでしたね。

見苦しいオリヴェイラ監督
試合後のオリヴェイラ監督のお得意の言い訳を要約すると、鹿島が負けているときはロスタイムが短く勝っている時は長い、日程が鹿島だけ不利、試合は完全に支配していた、決め切れない選手が悪いというものでした。
これまで何度もして来た言い訳ですが、1つ1つ精査してみましょう。
まずロスタイムですが、確かに闘莉王など倒れていた時間はありますが4分あったわけですから短いということはありません。
それにJリーグは杓子定規なレフェリーが多いですが、ロスタイムに関してはそれがいい方向に働いておりきちっと取っています。
だからこーめいは試合を観ていればロスタイムが何分なのかはほとんど当てられます。
この試合も妥当なもので特に鹿島が不利をこうむっているということはないですよ。
それに田代とカルロンを投入してからは鹿島の選手はむしろ混乱しており、あれでは例えロスタイムが10分あっても追いつけてないです。
試合後にレフェリーに何を言っているのかと不思議に思っていたのですが、見当はずれもいいところの見苦しい言い訳でしかありませんね。
日程に関してはすでに多くの人が言っているように、前節の新潟戦は鹿島が圧倒的に有利でした。
しかも甲府-新潟戦のみ4節を先立ってウイークデイに行うというよく理由の分からない日程の恩恵を鹿島が受けていたことになります。
よって名古屋、G大阪、浦和戦のときに鹿島だけが不当に不利な日程を強いられるなんてことはありません。
それに体力面のことを言うなら選手交替こそ、改善してもっと早くすべきですね。
被害妄想もいいところの見苦しい言い訳でしかありません。
次に完全に試合は支配していたという主張ですが、本当にそう思っているのなら監督を辞任した方がいいでしょう。
川崎戦の前半、清水戦はそうでしたが、この試合は特に鹿島が押していたという内容ではありませんでした。
お互い守備と攻守の切り替えがルーズでカウンターから攻めるという形でしたし、やはり興梠、大迫、野沢、ガブリエルでは高い位置で起点になれる選手がいないですから攻撃を組み立てて攻めると言う部分ではこれまでに比べて物足りなさが見えました。
また、名古屋の固い守備に跳ね返されて決定機自体もそれほど多くなかったですし、前節の田代のようにこれは決めなくてはという決定機も作れてなかったですからね。
これもメガネが曇っているか、暑さで脳みそが沸騰してしまったとしか思えない見苦しい言い訳でしかありません。
最後に昨年から勝てなかった試合ではほとんど述べている決め切れない選手が悪いという主張ですが、采配ミスで選手交代すればするほど得点できる可能性を減らしているのはオリヴェイラ監督自身です。
しかも、もう1年近くも言い続けている問題を解消できずにいるのもオリヴェイラ監督です。
この試合、どうして鹿島が2点目を取れずに名古屋が取れたかというとそれは選手の決定力、技術だけの問題ではありません。
名古屋はサイドから攻める場合にケネディはターゲットになるべくペナルティエリア内に早めに入るようにしています。
そこで高さと強さを生かして得点する、もしくは競り合ってこぼれたボールに味方選手が絡んでくるという形がしっかりと意思統一されています。
それはストイコビッチ監督がそういう風にチームに浸透させているんですよ。
まさに2点目はその形で、名古屋はこの得点パターンがあるからこそ終了間際にしぶとく得点して勝ちや引き分けに持ち込んで現在の10試合負けなしという記録に繋げているわけです。
それに対して鹿島はゴール前までボールは運ぶもののそういう形が確立されていません。
田代を起用し続けていた最近でも一向にその高さを生かすゴールパターンというのは作られてないんですよね。
結局その差が決定力として出ているわけですから、監督にも大きな責任があるわけです。
つまり、これも自らの責任を選手に転嫁する見苦しい言い訳でしかありません。
前節の記事で書いたように、もう何をしたらよくなるかどうか分からないのですべてを人のせいにしているということですよね。

どの歯車がいつ狂ったのか
今季から鹿島のサッカーを観始めた方はオリヴェイラ監督は実に無能な監督であると思うかもしれません。
しかし、無能であるならば3連覇なんてできないわけで、能力のある監督であることは間違いないです。
実際に1年目から守備を立て直してタイトルを獲得。
決して攻撃的なサッカーではありませんでしたが、79年組の能力と経験を生かし、外国人を適材適所で起用して、選手起用、采配にもストレスを感じることもほとんどありませんでした。
恐らく79年組があの頃のまま、もしくは25歳くらいのときから指揮を執っていればもっと長い期間結果を出し続けることも可能だったのではないかと思います。
それではいつ、どの歯車が狂ったのか。
それはオリヴェイラ監督に若手育成能力が決定的に欠けていたのが発端でした。
06シーズンにアウトゥオリ監督が経験を積ませておいた選手を起用できているうちはよかったのですが、次第に移籍などで鹿島を去って行きます。
にもかかわらず07年に入団した選手を試合で起用しながら育てるということができずに固定メンバーで戦い続け、控え選手の心が次第に離れていきます。
09シーズンの夏には涙ながらに増田がフロントに移籍を訴える状況に陥りますが、そのシーズンは何とか思いとどまらせ本山の決起会もあって3連覇を成し遂げます。
しかし、こーめいが3連覇しているときからこのブログで遠藤ら若い選手を試合で使わないと大変なことになると言い続けていた(まさに現在そうなってますが…)ように09シーズンにはその歯車が完全に狂って来ていました。
2つ目の歯車が狂ったのは10シーズンです。
この年にはガブリエル、ジウトンなどオリヴェイラ監督が希望するブラジル選手を獲得します。
特にガブリエルは所属先のポルトゲーザがレンタル移籍をごねたため一度交渉打ち切りになりかけたのをオリヴェイラ監督たっての希望ということで大枚をはたいて獲得します。
それまでの外国人はフロント主導で獲得していたのでオリヴェイラ監督はダニーロやマルシーニョなど適材適所の起用ができていたのですが、自分が獲得を希望したブラジル人に関しては問答無用でレギュラーポジションを与えます。
若手育成能力のなさと相まって若い選手を使わずに、どれだけお気に入り外国人が結果を出せなくても使い続けます。
特にガブリエルはチームに何1つプラスになるものをもたらしておらず、名古屋戦ではあれだけ体がキレている状態で、ボランチの2人のパス出しに助けられて、名古屋のルーズな守備も手伝って高い位置で楽にプレイさせてもらっていたのに何もできない、ヘディングしか能がないという改めてサッカー選手としての能力の低さをまざまざと見せつけることとなりましたね。
若い選手の成長する場は奪われて育たず、79年組の衰えが顕著になり、使えない助っ人外国人を起用しても成長をまったくすることなく、チーム力がガクっと落ちた状態となりました。
それを察した今季はフロントがオリヴェイラ監督が選手起用をしやすいように大型補強をしたのですが、新戦力にケガ人が多く出過ぎていますね。
今季はフロントが契約更新の条件として突きつけたローテーション、若手の起用にチャレンジするということでオリヴェイラ監督がどういう采配をするのか、成長することができるのかということに注目して観てみたいと思っていたのですが、やはり人間そう簡単には変わらないみたいです。
それがオリヴェイラ監督に学習能力がないという3つ目の狂った歯車です。
戦術を学ぶ、交代策を工夫する、若い選手を育てるなど自ら何かを学ぶということはまったく考えておらず、3連覇したいい時期のサッカーをすれば大丈夫と考えている節がありますね。
要するに過去への回帰を目指しているわけです。
例えば前節の黒崎監督や今節のストイコビッチ監督は暑いこの時期だからこそ、ベンチメンバー、交代カードを含めたゲームプランを考えて采配に工夫して来ているのに、オリヴェイラ監督は相変わらず「自分がスターティングメンバーに選んだ選手は70分プレイさせる」でしたっけ?
くだらない上に役に立たない方針にこだわっている試合もまだ観られますからね。
どのみちオリヴェイラ監督とは長くても今季限りだと思いますが、ケガ人が復帰して継続的に起用できるようになればフロントの補強は結実して、暑い時期が過ぎれば結果も出てくるようになると思います。
ただ昨年のFC東京もそうでしたが、シーズンを通して断続的にケガ人が出るようでしたら厳しい状況は9月以降も続くかもしれません。
しかし、戦力補強の話も出ていますからね。
こーめいが以前からその前からも言っているようにジウシーニョを獲得すればいいと思います。
中盤もできますからガブリエルを解雇して獲得すれば戦力アップ間違いなしです。
磐田ではベンチスタートになっていますし、十分可能性があります。
絶対活躍してくれると思いますね。
フロント主導の選手補強はケガ人が多いだけでハズレだとは思いませんけど、こーめいから見ればチームのバランスを考えてない補強が多いと感じます。
選手の短所しか観られない人や戦術、チームのバランスについて疎い人は分からないでしょうが、個の力はあるわけですから上手く起用すれば活躍できますよ。
あと外国人の獲得だけはもっと精度を高めてもらわないといけないですから、精査して獲得するべきだと思いますね。
オリヴェイラ監督の狂った歯車はもう治りそうにないので監督交代しか道はないでしょうが、フロントは過去のミスから学習して次に生かしてもらいたいです。
次は一時期の調子は落ちたものの、手堅い試合をする仙台とホームでの試合ですが、どんなメンバーになるのでしょうね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
ご無沙汰しております。
お久しぶりです。
震災後、こーめいさんの更新があったので無事で良かったと思いコメントはしていませんでしたが、更新時はいつも読ませていただいておりました。
ご無事でなによりです。
さて、鹿島アントラーズはついに長い長~い先の見える様子の無いトンネルに入ってしまいましたね。
試合内容や結果からも、先詰まり・打つ手が無いのかな?と感じてしまいます。
やってこなかったことを後悔しても仕方がないのは分かっていますが、マルキ依存やこれまで獲得してきた選手を実戦で起用してこなかったホントの意味でのツケが回ってきていますね。
ポンと新しく強いチームを作れるようなテレビゲームや漫画みたいなことは、現実的にはありえず、新旧を入替しながら結果をだせるチームを作るのは難しく、時間と手法が必要なことなのだとクラブを見ていて改めて勉強しました。
他クラブでも入れ替え時のトラブルはあるにはありますが、関心のあるクラブから感じたくはなかったのでとても残念です。
しかし、どうにもこうにも勝てませんね。
勝つ糸口が見えないというか、どんなサッカーがしたいのかが見えないです。
ドリブルでの仕掛けやボールキープをできる人(いわゆる個人での局面打開ができる人)が2人以上いれば、今の鹿島の攻撃のノッキングは少なくなるだろうなと思います。
(本山が活躍できていたのは、元々ドリブラーだったからということも一因しているのでしょうかね?うかつに飛び込めば抜かれるというのは守備側からは驚異でしょう。)
きっと、今の鹿島の攻め手には、自分の持ち味で自信のある個人プレーが出来る選手がいないのか、はたまた見せていないだけなのか。
(遠藤だったら右サイドから中に入ってミドルを打つとか。)
単純にこれだけとは思いませんが、スーパーな選手が2人いればまた違うのでしょうけど、どうもそういう訳にはなかなかいきませんね。
強いチームって草サッカーでも任せて安心・預けて安心的な選手が2人以上はいますね。
今夏、補強の話もちらほらしているなかどんな選手をピックアップしているのか、また今度の日曜日の試合に仙台を相手に鹿島がアウェーでどんな気持ちで立ち向かうのか気になりますね。
【2011/07/15 15:15】 URL | S #wLMIWoss [ 編集]

>ご無沙汰しております。
Sさん、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。
3連覇したときはマルキーニョスと本山という仕掛けてシュートの打てる選手、仕掛けてパスを出せる選手がいましたから。
本山はDFが詰めて来てもかわす能力があるのでうかつに飛び込めないですよね。
ブログでも書いたことありますが、それをこーめいは本山ゾーンと呼んでいます。
名古屋戦でもそれを見せてシュートまでいけそうなシーンを作ったのですが…。
野沢、ガブリエルにはそういう能力がないので、昨年と違ってマルキーニョスのいない今、遠藤と本山を同時起用する時間を増やした方がいいと思いますね。
ただ、この二人が4-2-2-2で同時にピッチに立った記憶が…。
決して先詰まり・打つ手が無いわけでなく、オリヴェイラ監督が選手の能力を生かす組み合わせ、攻撃の戦術練習をしない、できないのが問題ですね。
例えば移籍してしまったカルロンのポストプレイや遠藤のドリブルでの切り込みなど個の特徴を生かす戦術練習をしていけば絶対よくなるんですけどね。
せっかくチーム状態がよくなりかけてましたが、夏の暑さで中断です(´д` ;)
若手育成能力のなさについては記事でも書きましたが、07年以降入団の選手を誰一人レギュラーに定着させることができてないんですよね。
決してすべての補強が悪かったとか、いい新人選手が入らなかったとかではないのは確かです。
この夏の選手補強は個の力で状況を打開できるかなり能力の高い選手でないと意味ないでしょうね。
カルロンのように周囲との連携で攻撃を組み立てながらというタイプでは、オリヴェイラ監督が使いこなせません。
しかし、ブラジルももうリーグ戦が始まってますし、近年の経済状況の良さもあってかなり強気ですからけっこうな資金が必要となるのではないかと思います。
【2011/07/16 16:57】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/829-56f19e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する