鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第5節】夏中の光を披露…の仙台戦
結果
7月17日(日) 2011 J1リーグ戦 第5節
鹿島3-0仙台(18:30/カシマ/17,120人)
[得点者]
13' 増田誓志②(鹿島)←ガブリエル②
18' 野沢拓也②(鹿島)←田代有三①
69' 田代有三④(鹿島)←興梠慎三①

[フォーメーション]
FW:興梠、田代
MF:ガブリエル、野沢
MF:小笠原、増田
DF:アレックス、中田、岩政、新井場
GK:曽ケ端


試合の感想
前節と変わったこと
スターティングメンバーは大迫に代わって田代、西に代わってアレックスが入り、新井場が右に回るという布陣になりました。
前節と大きく変わったところはないのですが、選手間である程度修正きたと思われる部分はいくつか観られました。
まず、守備に関してはあまり高い位置からプレスをかけずに布陣をコンパクトにしてその中で相手のボールを奪うという守り方をしていましたね。
攻撃は前回名古屋のケネディの使い方について書きましたが、この試合では鹿島も序盤に野沢、アレックスのセンタリングから田代へと、シンプルに田代の高さを生かす意図がありました。
また、仕掛けの意識も高くはなっていましたが、残念ながら仕掛けられる選手がいないので崩すまでには至りませんでした。
それでもスペースがあればボールを運ぶという意識が高くなったのは良くなったところですね。
しかし、前半に2得点できたのは仙台のパフォーマンスがあまりに悪かったことが大きかったですね。
無敗中はものすごかった運動量は半分以下に減り、ケアレスなパスミスが多く、出足の悪さも目立ちました。
梁の最初のフリーキックのミスにも相当疲労が溜まっていると見てとれました。
ここ8試合の中でももっともパフォーマンスの低い対戦相手でした。
そのため、全体的には鹿島もそれほどよくはなく、縦パスを入れても相変わらずミスで2トップにおさまらず、守備を固められるとパスを回すだけで崩す場面もアレックスのシュートの場面くらいでほとんどありませんでした。
数多くあったカウンターの攻撃もこれまで同様に前半は結実しませんでしたね。
ただ、この試合何が一番良かったかというとボールの奪い方が素晴らしかったです。
秀逸だったのは小笠原と増田で、中盤で複数の仙台選手がプレスをかけて来た状況、逆に鹿島が人数をかけてボールを奪いに行った状況ですべてこのボランチ2人がマイボールにしていたんですよね。
それが大きかったので、次第に鹿島ペースになりました。
しかも、仙台の選手を小笠原と増田のところで引きつけてくれている上にそこからいいボールが出て来ていたので、前線の選手はかなりスペースをもらって楽にプレイさせてもらえていました。
赤嶺へのロングボール、柳沢へのくさびのボールも岩政と中田が抑えていたので、仙台に中央を好きに使わせてなかったですね。
コーナーキックから増田、アレックスのクリアボールを興梠、田代とヘディングで繋いで野沢がゴールを奪うとペースは完全に鹿島のものとなってカウンターし放題の状況になりました。
しかし、追加点は奪えず2点差のまま後半に突入します。

ようやくカウンター
浦和、川崎戦など前半に2点をリードして追いつかれるという試合がありましたが、さすがにこの日の仙台のパフォーマンスを観るとその心配はまったく感じられなかったですね。
後半になると鹿島の左サイド、ガブリエルとアレックスを突いて関口中心に仕掛ける意図が明らかでしたが、前述したように中央はボランチとCBがしっかり固めていたので、仙台はサイドから攻めるしかないという状況でした。
逆に相手が重心を前に持って来て攻めて来てくれたため鹿島も攻めやすくなり、野沢のセンタリングから田代が決定機を迎えます。
60分頃になると鹿島も運動量が落ちてお互いに間延び、数的同数でカウンターを受けるシーンも出てくるのですが、思った通り疲労の色の濃い仙台も押し上げられないので勢いのない攻撃でしたね。
松下、高橋と投入して攻撃意識を高めたところ、鹿島がカウンターから久しぶりの3点目を奪います。
カウンターからの得点は遠藤→田代とあったのですが、2トップのからみでようやく取れたというシーンでしたね。
これで試合は決まりました。

采配は変わらず低調
このところ采配ミスで勝てないことが続いていましたが、負けたから采配が悪い、勝ったから良いというわけでもありません。
この試合でもオリヴェイラ監督の選手交代には問題がありましたね。
まず、3点目が入ってから動くのが遅いです。
興梠を休ませるのはいいですが、青木を入れて増田を上げて4-2-3-1にする意味も意図も結局観られなかったですね。
むしろ守備のバランスを崩してそこから攻められるシーンが目立ちましたから。
それに現在もっとも負担がかかっているのが興梠、野沢、増田なので青木を入れるならそのままボランチに入れて増田を休ませるべきでした。
そして3点差あるので3枚目のカードはもっと早く(2枚目のカードを切った残り10分で)切っていいですし、昌子を使うくらいの余裕が欲しかったですね。
こーめいが何度も言い続けて来たことですが、もっと若い選手を使って上手く世代交代をやってくれば、今季ここまで苦労することも成績が落ち込むことはなかったわけです。
結局、3点差ある試合でも若い選手を思い切って使えないオリヴェイラ監督の勇気のなさが4年間積もり積もって今の状況に陥ってしまったわけですからね。
この点差、試合内容で昌子を起用できないようでは、これまで同様にこの先も若い選手は育てられないでしょう。

ローテーションの効果
仙台は首位に立っていた時もありますが、ズルズルと順位が下がっているように試合内容もかなり落ちて来ていますね。
そんな仙台に助けられての大勝だったわけですが、鹿島の得点もセットプレイと数多くあった中でようやく1つものにしたカウンターでした。
しかし、これから柏、G大阪、C大阪とやっかいな相手が続くので、ここで勝点3を取れたことが大きいですね。
田代をシンプルに狙う意図、ボールを運ぶ、仕掛ける意図、カウンター時のプレイの精度が継続できればよくなりそうですが、できなければ相変わらずという感じです。
ですが、1つの大きな夏中の光が見えました。
それは前節にも触れましたが、こーめいがもう4年前からずっと言い続けてやっと今季から取り入れられたローテーションの効果です。
この試合でも前節休んでいた田代は動きがよくなっていましたし、アレックスは何度もオーバーラップして運動量が多かったです。
そして、チームから離れて別メニューをこなしていた小笠原もコンディションがよくなって前節に引き続いていいパフォーマンスを見せていました。
夏場でも連戦でも連敗中でも同じ固定メンバーで戦い続けてまったく走れなかったこれまでと比べても今季はフレッシュな選手の出足がいいですよね。
コンディションを落とさないように休ませながら起用し、コンディションがどうしようもなく悪かったら別メニューで調整するという方法をとればこの試合のように運動量で相手を上回れる試合が多くなると思います。
そもそも、新潟戦、名古屋戦は相手監督がローテーションを上手く利用していて、鹿島はそれにやられて逆転負けしたわけですからね。
現段階では興梠、野沢、増田がほとんど出ずっぱりの状態ですが、興梠、野沢に代わって大迫、遠藤でも特に問題ないですし、本田と柴崎が復帰すれば増田も休ませることができます。
仙台は昇格してから4年間、7月の成績は4分11敗と鹿島以上に暑さに弱いようですが、どこのクラブも苦しんでいますから、運動量で上を行ければ夏場でも勝点を取って行ける可能性も出て来ましたね。
そして、夏に勝点を稼いたクラブは最終的にいい結果を残します。
まだかなり心もとないところもありますが、オリヴェイラ監督が選手起用、選手交代を上手くできるかが夏場の運命を握ることになりそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/830-3249c856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する