鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【ナビスコ杯準決勝】いい時間帯は4-2-3-1から…の名古屋戦
結果
10月9日(日) 2011 ヤマザキナビスコカップ 準決勝
名古屋1-2鹿島(13:00/瑞穂陸/8,562人)
[得点者]
10' 大迫勇也(鹿島)←小笠原満男
80' 田中マルクス闘莉王(名古屋)
107' 柴崎岳(鹿島)←本山雅志
[フォーメーション]
FW:大迫、興梠
MF:野沢、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:アレックス、中田、青木、新井場
GK:曽ケ端


試合の感想
天皇杯ぽくなって来た
ホームの名古屋は代表組のケネディ、藤本に加えて玉田、ダニルソンという主力が不在のため4-2-3-1の布陣でスタートしました。
しかし、運動量、連携が十分でない上に中盤にパサータイプの選手がいないので機能性は高くありませんでした。
試合はいきなりFKから永井のヘディングシュート、そのCKのカウンターから大迫のミドルシュートとお互いの若いエースFWが魅せます。
鹿島はこれまでと同じ機能しない興梠と大迫の2トップの4-4-2だったのですが、この日の戦い方が異なっていましたね。
まず、これまでのように遠藤を起点にしてパスを繋いで攻撃を作っていこうとするのではなく、中盤が厚くDFラインが高い名古屋に対して、前線(田代の時と違ってサイドやDFラインの裏のスペース)にボールを放り込んでそのこぼれ球を拾うという戦いから鹿島がペースを握ります。
名古屋の選手は動きが鈍かったので鹿島の早い寄せにミスを連発、10分の先制点も小笠原が高い位置でボールを奪ってから大迫という形でした。
その後の大迫の落としから興梠という決定機もロングボールからでしたね。
また、興梠と大迫がハーフウェイラインまで引いてボールを受けることも多く、2トップが縦関係になることで一時的に4-2-3-1という形になって選手間の距離が適正になっていましたね。
これは天皇杯で優勝した時も同じでした。
大迫が引いてくさびのボールを受けて散らすことでいいリズムができ、昨季もリーグ戦の時と比べて良い攻撃ができていましたからね。
さらに左サイドからのプレイでも持ち味を出している大迫が名古屋の右サイドバックの田中とマッチアップでボールをキープして起点になっていました。
今シーズンの序盤は大迫が左サイドに流れると興梠との距離が開いてしまい孤立することが多かったのですが、この試合では興梠も一緒に流れることで野沢と3人でいい距離間を保てていましたね。
ドリブルでの仕掛けもある大迫が左サイドで起点になることで、今度は右サイドの遠藤が中央に絞ってプレイできていました。
これが今までと違って遠藤がいい形でゴール前に入っていけた理由ですね。
ほとんど右サイドのタッチライン際に張ることがなく、中央寄りでプレイできていたため新井場のオーバーラップを使うプレイも観られました。
鹿島は2トップの下がってくさびを受ける動きとDFラインの裏を狙う動き、大迫が左サイドに流れて起点になる動きによって縦幅、横幅を大きく使えていましたから、名古屋にほとんど何もさせず終始ペースを握ることができました。
ただ、これを監督、コーチ、選手が意識してやって修正できているのならいいのですが、まったくそういうことではなく偶然の産物なのが問題です。
それは昨季の天皇杯に出来ていたことが今季できなくなっていたことからはっきりしていますし、この試合でも前半のFWの動きが少なくなった時間帯、田代と興梠の2トップになった時間帯は良い攻撃ができていませんでしたからね。
結局、天皇杯も今季中断前の調子のよかった時期もこの試合の良い時間帯も、実質4-2-3-1に近い布陣で戦っていた時は内容がよく結果もついて来ていました。
選手間の距離を適正に保てれば4-2-2-2でも4-2-3-1でもフォーメーションはいいのですが、そういう重要なことを理解していないで監督もコーチも選手もアバウトにサッカーをやっているので良い時期、良い時間帯があってもチームのレベルアップには繋がっていかないという状況になっています。
そのため、そのアバウトさを改善しなければこれまでのようにどうしても結果に波が発生してしまうでしょうね。

決着は4-2-3-1
前半の終了間際に興梠、後半に入っても大迫やセットプレイから興梠のヘッド、遠藤のミドルシュートなどチャンスがありますが、楢崎のファインセーブの前にゴールを割れません。
そうするとストイコビッチ監督が59分に動いて来て攻撃的にシフトすると徐々に名古屋が鹿島ゴール前に迫って来るようになります。
それでもカウンターから興梠が決定機を迎えるシーンもあるのですが決め切れません。
大迫は起点になって攻撃の形を作ったりチャンスメイクをしているので、当然興梠がゴール前に行く機会が増えて決定機を多く迎えることになります。
楢崎のセーブもものすごかったですが、興梠はフィニッシャーという役目を担っているのであれだけ決定機があって決め切れないと戦況が苦しくなりますよね。
大迫をゴール前に置いた方が決定力が上がると思いますが、逆に興梠が起点になっている時はそこからいいパスが出ないことが多いので決定機自体が減ってしまいます。
だから役割を逆にすることができないので、興梠のあの決定力の低さは依然鹿島の大きな問題ですね。
それでもこの日の鹿島は非常にバランスがよく70分頃から再びリズムを取り戻すのですが、ストイコビッチ監督が三都主を投入して3バックにして来ると鹿島のオフェンシブハーフが高く陣取った相手の両翼のケアに回る時間が増えて来ます。
そこから押し込まれる時間が増えて来るのですが、オリヴェイラ監督は動かずに80分に田代を投入しようとした矢先にFKから闘莉王に同点に追いつかれてしまいます。
そこからは逆転されてもおかしくない状況でした。
大迫を下げてしまったので前線での起点がなくなり、田代は中央高い所にポジションしていたので闘莉王、増川らとマッチアップすることになって思うように競り勝てず、疲労から布陣が間延びしていたのでこぼれ球を拾うこともままなりませんでした。
この時間帯は完全に4-4-2の状態になっており、同点にされて慌てて入れたタルタのドリブルがあったものの選手間の距離が開いてしまっていたためいい攻撃の形はあまり観られませんでしたね。
試合が動いたのは延長後半、本山を投入して布陣を4-2-3-1にしてからでした。
バイタルエリアで起点を作ることができたので、柴崎が思い切って上がっていって本山のスルーパスを冷静に決めました。
やはりゴール前の決定力では落ち着きスキルと技術が重要ですから、その辺が興梠の決定力のなさに繋がっていますね。
以前にも書きましたが、柴崎は篤人と同じかほりがして技術が高いですし何より落ち着いていますから、アーセナルのウィルシャーもそうですけどこういう選手は若くして実力を発揮しやすいです。
なかなかトントン拍子に成長し続ける選手なんていませんが、これからにも期待したいですね。
バランスのいい布陣になった鹿島はその後もいい形でボールキープでき、タルタの突破から決定機も作り磯村の退場に追い込みます。
明らかに延長前半の時よりいい形でボールが回るようになり、タルタのドリブル推進力も生かせていました。
4-2-3-1にした時のバランスの良さが結果を出したという試合でしたね。

延長戦に救われる
準々決勝の横浜FM戦でも書きましたが、競り勝ったもののリーグ戦ならまたもやドローという内容でした。
その原因はオリヴェイラ監督の職務怠慢があまりにも酷いからです。
1点差で勝っている状況では決まって思考停止、レフェリーに文句を言うことしかできなくなります。
決定機を逸し続けていた興梠、ここのところ疲労が溜まってパフォーマンスが落ちている野沢、遠藤など(うち1人)早めに交代させて活性化させるべきでしたし、三都主が入ってからは名古屋に押し込まれていたわけで動くタイミングはいくらでもありました。
しかも、起点になっていた大迫を下げてチームを苦しい状態に追い込みますし、代わって入った田代には大迫のように闘莉王や増川をはずしてサイドに流れて競り合うように指示すら出していませんでした。
試合、鹿島の選手の動きや疲れなどをまったく観ずにレフェリーのジャッジばかり気にしているのではないかと思うくらい酷い采配でしたね。
しかもトーナメント戦なので延長も見据えて交代が遅いというわけでなく、リーグ戦でもまったく同じことをしているのが大問題です。
残り10分で最初の交代、同点に追いつかれて慌てて攻撃的な選手の投入というのは昨季から多く見られましたし、この試合がリーグ戦だったとしてもタルタを入れたタイミングが攻撃的な選手の2枚替えになるだけです。
それでこれまでどれだけ勝点を落としたか、はかり知れません。
そして試合後にはお決まりの、「試合は支配していた」、「チャンスを決められなかったのが悪い」という自分には責任がなく選手のせいであるかのような言い訳をしていたでしょう。
これもかなり前から定期的に書いていることですが、監督がもっと早く動くなり決定機を逸し続けていた興梠を交代させるなど、決定力を上げるべく仕事をすればかなり改善されることです。
勝っているのは延長に助けられている部分が大きく、これまで散々繰り返してきた同じミスからチームが窮地に立たされたこの試合を観て浮かれていられるのはよほど温厚な人物か、鹿島のサッカーを観ていないサポーターでしょう。
横浜FM戦を含めて途中出場の田代、タルタ、本山などが活躍して一見采配が的中しているように思えますが、逆に言えばリーグ戦でも(特に新加入の選手に)残り30分、(本山など切り札に)15分で交代カードを切るなどしっかり時間を与えれば途中出場の選手も結果を残せるということがこの延長戦で証明されているということです。
つまり、リーグ戦での残り10分で最初の交代、失点してから慌てての交代など10分以下しか途中出場の選手に時間を与えないオリヴェイラ監督の采配が足を引っ張って来たことが誰の目にも明らかになっているわけです。
この試合から良い時間帯は何がよくて、どうして延長で勝てているのかをきちんと分析して学習してくれればいいのですが、そういったことも職務怠慢でしていないですから改善は望めないですね。
来季はユースの選手も3人昇格しますし、引き続き世代交代もしていく年になるので若い選手に無駄な時間を過ごさせないためにも向上心があって戦術に詳しい監督を招聘することが必要になって来るでしょう。
オリヴェイラ監督にはナビスコ杯(できれば天皇杯も)優勝で花道を飾ってあげたいですね。

天皇杯始まる
決勝戦の相手は浦和になりました。
少し間があるのでまた後日触れることにしますが、今季リーグ戦では2戦とも今の鹿島を象徴するようなドローでしたから、延長のあるナビスコ杯では有利なのではないかと思います。
その前に天皇杯が始まっており、鹿島は今週の筑波大が初戦となります。
ストイコビッチ監督が鹿島戦を「われわれは大学レベルで、相手はプロレベルだった」と評していましたが、今度は本当の大学相手の試合となります。
しかし、大学レベルに落ちたプロと思い切り良く挑んで来る大学生なら後者の方がやっかいかもしれません。
逆に鹿島の方が疲労のあるベストメンバーで臨んで、この日の名古屋のようにならないよう気をつけないといけませんね。
野沢、遠藤あたりはかなり疲れているので休ませる必要があるでしょうし、若い選手を積極的に起用して緊張感のある状態に持っていってほしいです。
それがチームマネージメントというものですから。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

お久し振りです。
いやま名古屋は出来が悪かったですわぁ…
楢崎だけで五点はふせいでました、見に行ったんですがまあ、楢崎さすがとは感じました。
何はともあれ決勝は国立に行きます。
【2011/10/11 21:00】 URL | レン #- [ 編集]

レンさんへ
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
横浜FMもですが、名古屋はデキが悪かったですね。
そんな試合だからこそ内容がいいところも見られたので、そこを継続してやっていってほしいですね。
浦和戦までにチーム状態がよくなっていることをこーめいは期待しています。
【2011/10/11 21:17】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/845-c2101804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する