鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【J1第30節】ナビスコ杯決勝が心配…の神戸戦
結果
10月22日(土) 2011 J1リーグ戦 第30節
鹿島1-1神戸(17:00/カシマ/13,248人)
[得点者]
54' ポポ(神戸)
63' 野沢拓也⑤(鹿島)
[フォーメーション]
FW:大迫、田代
MF:野沢、小笠原、柴崎、遠藤
DF:アレックス、中田、青木、新井場
GK:曽ケ端


試合の感想
無駄な45分
内容のよくなかった磐田戦から何も課題を修正することなく、というよりそんな意欲もないまま臨んだ試合という感じでした。
何も改善されていないので当然内容がよくなることもなく、磐田戦のように運よく得点はできたものの2試合連続で運だけで勝てるわけないということですね。
前半はとにかくモチベーションが低く、運動量が極端に少なかったです。
それに加えてこれまでの問題である選手間の距離が開きすぎていて、これではパスも出せないですしミスも多くなります。
神戸も鹿島のDFラインに積極的にプレスをかけ、田代の頭に当てたあとのこぼれ球のケアにも気を配って来ていましたからね。
どういうサッカーをする、どう攻める、どう守るということがまったくできていないですよね。
プレスも4-4-2の中盤フラットでやっているので布陣をコンパクトにしないといけないのですが、守備ラインをあげるのではなく前線を下げて守っているので相手ボランチが余裕を持ってパスを回せます。
それが押し込まれた理由ですね。
フォーメーションの構造上、相手のボランチには小笠原と柴崎がプレスにいかないといけないのですが、そういうやり方に慣れてないのであまり高いポジションを取れていませんでした。
攻撃に関しては何度も言うように中盤がフラットなのにサイドをドリブルで仕掛けない上に運動量がないのでは攻め手が生まれてくるはずありません。
シュート数は多かったもののオリヴェイラ監督の言うように本当に「無駄な45分」でした。
しかし、こういう試合が今までなかったかというと前半に限らずこれに近い内容は昨年からたくさんあったわけです。
それをオリヴェイラ監督が「試合はコントロールしていた。あとは決定力の問題」と言い訳し続け、問題を放置し続けて来た結果がこの試合に繋がっているのです。

何の光明も見られず
ハーフタイムを挟んでさすがに選手たちの動きも良くなって鹿島が攻め始めます。
2分には遠藤のスルーパスから大迫がこの試合最大の決定機を迎えますが決め切れず。
大迫は1人前半から気を吐いて積極的にシュートを打っていましたが、頼もしい存在ではあってもまだ頼れる程の存在ではありませんね。
しかし、ゴールは決まらなかったものの良いプレイはしていたので続けてほしいです。
相手のゴールに迫るシーンは増えたものの攻めきれずにいると、攻守の切り替えの遅さは前半のままだったのでそこを突かれ、カウンターからポポに先制点を奪われてしまいます。
その10分後にはFKでのゴール前の競り合いで運よくPKをもらえ、これを野沢が決めて同点に追い付きます。
得点したことでまた鹿島の選手の動きがよくなって逆転ゴールを狙いにいくわけですが、野沢、遠藤が中央寄りでプレイするようになってやはりパスが回るようになりましたね。
特に左サイドの遠藤が起点になってアレックスのオーバーラップも増えて来ました。
しかし、アタッキングサードの崩しが相変わらず課題でオリヴェイラ監督が何の仕事もしていないのがよく分かります。
左サイドで遠藤、アレックスがボールを持つことが多かったのですが、どうして左利きなのに縦に行ってセンタリングを上げずに中に行こうとするのか不思議です。
本人たちは中の選手に確実に合わせたいから入れるタイミングを図っていて、実際に中の選手が動いてないことも多いので入れられないという状況なのでしょうが、自分のタイミングでどんどんセンタリングを入れていけば中も動くようになります。
というよりこの最後の詰めの部分をまったく戦術練習せずに修正しようとしないオリヴェイラ監督とコーチ陣が日頃何を考えて練習メニューを考えているのか本当に不思議ですね。
結局、前半からそうですけど選手が迷いながらやっているのが明らかでミスも多くなりますし、プレイの判断も遅くなる原因になっています。
何とかスコアを動かそうと選手交代のカードを切りますが、途中出場の増田は積極的に前線に顔を出すことで、興梠は相手が疲れている中スピードを生かして攻撃を活性化するもののゴールまでは至りません。
最後のカードのガブリエルを切ってからはそれまで出来ていた前線の起点もなくなって逆に神戸に押し込まれる時間帯が増えましたね。
これは昨季からずっとそうだったので分かり切った現象ですし、得点が欲しい時に決定力のない選手を入れるということはオリヴェイラ監督が勝利を諦めた瞬間でした。
ナビスコ杯決勝にぶっつけで使うわけにもいかないからという判断なのでしょう。
パウロ・アウトゥオリ時以上にナビスコ杯決勝を前にしてリーグ戦を捨てたという試合でしたね。
こんな試合になるから早く監督交代を発表してモチベーションにすべきと言ったのですが、監督やコーチがどういうサッカーをするという方針を示せてないことが大きいです。
そのため、選手たちはモチベーションどころか迷いながらプレイしている状況であり、こういう試合になるのも仕方ないですね。

育成能力皆無
今季は若手を使うということで臨んだシーズンでしたが、残念ながらオリヴェイラ監督の育成能力の無さはもうどうにかなるものではないようですね。
今季はこれまでと違って若い選手(Jリーグでの試合出場の少ない選手という意味)も起用していますが、相変わらず固定メンバーなので遠藤や柴崎など潰れるまで使い続けます。
若い選手は試合で使わなければ成長しませんが、使えばいいというものでもありません。
疲労が溜まると当然ミスが増え、いいプレイができなくなって行きます。
そうなると自信を失って行き次第に思いきったプレイができなくなっていくんですよね。
だから若い選手が自信を失わないようにプレイしやすい環境で起用し、コンディションが落ちれば休ませることも必要です。
そして、なるべく選手の良さを引き出して伸び伸びプレイできるようにしなければならないのですが、オリヴェイラ監督はそれらを何1つできていません。
来季は再び期待できる新人選手が入って来ますが、オリヴェイラ監督に育成を任せると成長しないか潰されるかのどちらかになっていくでしょうね。
発表はされていませんがオリヴェイラ監督は今季限りですでに新監督のリストアップにとりかかっているという情報も出ていますから、育成の上手な監督を選んでほしいです。
そうしないとせっかくいい選手を獲得してもどんどんチーム力が落ちて行きますし、終いには有望な選手が鹿島に来たくなくなるという状況に陥るでしょう。

ナビスコ杯決勝に向けて
ナビスコ杯決勝が心配になって来る試合内容でしたが、望みがあるとすればタイトルのかかった試合で選手のテンションが高くなること。
そして、決起集会をしたということですから選手の一体感が高まっているということです。
決起集会は短期間ならすごく効果がありますからね。
戦術に関してはオリヴェイラ監督やコーチが何かをもたらすということは期待できず、望みはセットプレイくらいでしょう。
タイトルのかかった試合ですから悔いのないように選手たちは自分たちの良さを出すことを心がけて思い切りプレイしてほしいですね。
それが一番タイトルに近づく方法だと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
はじめまして
最近の鹿島の試合の内容のうすさに不満を抱えています。このサイトはそのことをきちんと指摘してくれるのでコメントしてみました。
最近はマルキーニョスの偉大さをつくづく痛感します。あの三連覇はマルキーニョスあってのものなんだなあと。
監督を替えたほうがいいと私もそう思います。こーめいさんは新監督は誰が良いと考えていますか?
【2011/10/26 19:52】 URL | こばけい #- [ 編集]


お久しぶりです
本当に心配になるような試合でしたね。
ホントに望みがセットプレーぐらいで寂しい限りです
ただやっぱり浦和のような覚悟のないマネジメントをしているクラブには負けられないですよね
どちらが正しいかという意味でもこのタイトルを獲ってほしいです
【2011/10/26 20:07】 URL | 卍 #- [ 編集]

>はじめまして
こばけいさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
三連覇はマルキーニョスもですが、本山の存在がもっとも大きかったとこーめいは思いますね。
優勝するか分かりませんが、柏が優勝争いしているのはレアンドロ・ドミンゲスの力(あとネルシーニョ監督の若手育成能力)も大きいですから。
だからこーめいは3連覇中の時から遠藤をもっと起用するように言ってたわけですし、今季始まる前もMリシャルデス、レアンドロ・ドミンゲスの獲得をするように言っていました。
ブラジル流の4-2-2-2のサッカーをするなら10番のポジションは重要ですから。
こーめいは新監督は世界一監督でなくていいし、ブラジルのトップリーグのクラブでまだ監督を経験を積んでなくてもいいので、下部リーグで若くて躍進著しい戦術について勉強熱心な育成型の監督を据えて欲しいです。
キッカ監督はまだ若いですが指導歴が長いだけあって、若い選手に自信を持たせて思い切りよくプレイさせるのが得意なのでいいと思います。
ブラジルは好景気でトップリーグで起用されるような監督を引き抜くことは難しいでしょうし、これを機に選手含めてもっとブラジルにアンテナを張るべきだと思います。
【2011/10/26 21:06】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

卍さんへ
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
フロント、監督の失敗ぶりは浦和の方が上ですから、それを考えると負けられないですよね。
横浜FM戦はまだ見てないので、新監督になって浦和がどう変わったのか決勝観戦までに確認しておきたいと思ってます。
【2011/10/26 21:10】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/848-2b439395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する