鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

監督人事いろいろ
鹿島新監督候補ジョルジーニョ氏に一本化(ニッカン)
鹿島、初のOB監督!ジョルジーニョ氏就任濃厚(スポニチ)
川崎退団のジュニーニョ獲得へ…鹿島(報知)
監督交渉に動きがありましたね。
各紙報道によればジョルジーニョに一本化して本格的に交渉していくそうです。
報知によればリストアップした候補はジョルジーニョの他にトニーニョ・セレーゾ、奥野コーチ、そしてこーめいが一押ししていたセルジオ・ファリアスだったようです。
今季は中国の2部リーグの広州富力で指揮をとり優勝、昇格。
すでに契約延長もしているようで来季のスーパーリーグでも引き続き広州富力を率いるようです。
中国の2部のクラブなら鹿島も狙える可能性はあると思いましたが、上海申花がアネルカを獲得したり、ドログバも狙ったりと景気がいい話しがたくさんです。
岡田監督の年俸も最初は6,000万円と言われてましたが、1億5千万円のようですからね。
広州富力も今季ブラジル全国選手権得点王、そして現在クラブW杯で活躍しているサントスのボルジェスを獲得に動いているという噂もありますし、金銭面ではなかなか中国に対抗するのは難しそうです。
しかし、もっと早くフロントが動いていたら可能性もあったと思いますよ。
セルジオ・ファリアスの名前を出しているのは報知だけなのでイマイチ信頼性に欠ける情報ではありますけどね。
いずれにせよ、セルジオ・ファリアス監督については今後も動向は探っておいて欲しいです。
ジョルジーニョについてはブラジルのクラブで監督に就任すれば年俸は2億、3億とも言われてますから、お金ではやはり鹿島は太刀打ちできないですね。
しかし、そこはジョルジーニョの鹿島愛に期待しましょう。
それともう2つ、ブラジル人監督がJリーグで指揮を執るメリットがあります。
それはじっくりチーム作りができるということと、メディア、サポーターからのプレッシャーがブラジルに比べると穏やかということです。
ブラジルでは3試合勝てないと監督解任されることもザラですし、どんなに功績のある監督であろうと結果が出ないとメディア、サポーターからボロクソに言われますからね。
だからなかなか若い監督が育たないというのもあるんですけど、監督としてこれから実績を積んで行こうという勉強意欲が高いジョルジーニョにとっては鹿島でチームを作っていくのはブラジルで指揮を執るよりいい環境だと思います。
Jリーグで結果を出せばオリヴェイラ監督のように好景気に沸く母国のクラブからいくらでもオファーが来ますからね。
まずは3年くらい監督をしてくれたらと思います。
鹿島は基本的に監督とは単年契約ですけど、現在のブラジルの状況を考えたら引抜きを警戒して3年契約(2年+オプション1年)しておいた方がいいかもしれませんね。
そこは年俸ともどもジョルジーニョとの話し合いにもよりますが、何とか交渉をまとめてもらいたいです。
そして、ついでに今季11得点のジュリオ・セーザル(31)を連れて来てくれたらいいですね。
決定力に期待という事でジュニーニョ獲得の話が出ていますが、もう来季35歳ですしこの2年はストライカーではなくてほとんどチャンスメイクの仕事をしています。
それなら日本にまた戻りたいという気持ちもあるマルキーニョスの方がいいと思いますし、同じJリーグから獲得するなら新潟のブルーノ・ロペスか磐田の退団が決まっているジウシーニョがいいですね。
前者はマルキーニョスに、後者はAミネイロの近いタイプですがどちらも鹿島に合うと思います。
こんなことになるから早目に手を打っておいた方がいいと思って、こーめいが10シーズンが始まる前に、鹿島の来季の補強とパワーアップ案でマルキーニョスと中盤もできるジウシーニョの2人FW体制でマルキーニョス→ジウシーニョと移行するようにと提案したんですよ。
まだリストアップしただけで他の選手、優先度もどのくらいか分からないので監督人事同様に続報を待ちたいと思います。

その他のクラブでも監督人事に動きがありました。
浦和は岡田監督にふられて、西野監督にもふられて、元広島のペトロビッチ監督に決まりました。
こーめいは、結果的に一番良い人選になってしまったのではないかと思います。
岡田監督はこれまで横浜FM、札幌、日本代表でそうであったように攻撃的なサッカーでは失敗、守備的なサッカーで成功して来ましたから、原口や山田、エスクデロなど攻撃好きな若い選手が多い今の浦和では守備的なスタイルは合わないと思います。
それに中澤や闘莉王など軸になれるCBもいないですからね。
攻撃的なサッカーをすれば失敗する可能性は高いでしょうし、岡田監督からすれば南アフリカW杯で名声が高まったのでJリーグで指揮を執るより、実は中国で監督をした方がリスクは少ない上に見入りはいいという思惑もあると思いますよ。
西野監督はこれまでそうだったように自分に合わない選手は干して、放出するという方針がブレません。
だから原口などユース出身の選手でも気に入らない選手がいたら放出する可能性が高いですから。
その点、ペトロビッチ監督なら広島でユース出身の選手を数多くトップチームに定着させたように、若い選手の育成方法を熟知しています。
それでもまだ浦和フロントがいろいろゴタゴタしているところがあるので引き続き監督の足を引っ張る可能性もありますけどね。
GM代行のもとで監督選考しているなんて信じられないですし、監督人事の報道を見ても社長がでしゃばりすぎです。
親会社からのサッカー素人の出向、天下り社長が多いJリーグで社長が監督人事をしていたら中・長期ビジョンでのクラブ運営なんてできないですよ。
鹿島がこれまで安定した成績を残せているのも鈴木強化部長のもとチーム強化が行われているからです。
それは久米GMが就任してからの名古屋、小見GMが取り仕切っている柏も同様で監督を決定した人が後ろ盾になり支えて、結果があまりに出ない事が続けば監督と共に責任をとるという形にしないといけません。
浦和は今後、社長の任期をJリーグのシーズンと合わせることも考えているようですが、根本的な解決にならないでしょう。
現在は山道GMが代行という形でしていますが、正式なGMが別の人に交代したらまたフロントの責任の所在が曖昧になりますよね。
まずGMを正式決定してから監督を選ぶのが筋道です。
人の振り見て我が振り直せと言いますが、こういった他クラブの失敗、もしくは柏の成功などをよく知っておくと自分の応援するクラブが正しい方向に行っているのか、間違った方向に行っているのかといういい判断材料の1つになります。

承認下りず呂比須監督断念(ニッカン)
G大阪は呂比須監督で決まりかけていましたが、JリーグのS級ライセンスに相当する資格を持っておらず、トップリーグでのクラブを率いた実績もないということで認められず、ヘッドコーチ就任という形になりました。
S級ライセンスを持っている日本人監督の実力、実績を見ると、ライセンスが決して監督の能力の高さを表すものではないことは明らかですから、こーめいはそんなにこだわらなくてもいいと思いますけどね。
ただ、呂比須氏もブラジルでは日本で言えばJ2やJFLどころか関東リーグに相当するようなところでしか監督経験がないのでさすがにそれはちょっと認められないというところなんでしょう。
ただ、育成に関するものでけですがインタビューを見る限りではかなりいい監督になりそうな感じはしてましたけどね。

C大阪は早くからセルジオ・ソアレス監督に絞って交渉しており、すでに今季13ゴールをあげたアメリカ所属のケンペスという選手の獲得も一緒に連れてくることが決まっているようですね。
降格したクラブからの獲得ということなので、同じく13得点のヴィリアム(アヴァイ)、11得点のフェリペ・アゼヴェド(セアラ)あたりなら鹿島も獲得できそうですね。
まあ、ヴィリアムの方は鹿島に合うか分かりませんけど。

明日は天皇杯4回戦の京都戦です。
京都の最終節の試合を観たかったのですが忙しくて観られませんでした。
今季は本当に酷いサッカーをしていて個の突破頼みでまったく組織になっていませんでしが、リーグ終盤に結果が出ていたことを考えるとだいぶ試合内容もよくなったのでしょうね。
京都も富山同様、ちょっと変わったタイプのサッカーなので楽しみです。
富山戦のように運動量で負けて相手の戦術にはまらないようにモチベーションだけは高くして欲しいですね。
クラブW杯でバルセロナの試合を観た人もいると思いますが、あの試合を観ると昨年からの鹿島のポゼッションがまったく意味のないもの、試合を支配していたという決まりきったコメントがいかに虚しいか分かると思います。
バルセロナはバックパス、横パスを出していてもそれは必ずゴールを奪うためのチャレンジするプレイに繋がっています。
鹿島のパス回しは相手に取られないようにしているだけですから。
【ナビスコ杯決勝】頂点を決める底辺な戦い…の浦和戦でも書きましたが、とにかく本山以外の選手にもチャレンジしてほしいです。
優勝すれば賞金が監督人事のための足しになりますし、ACL出場権獲得、オリヴェイラ監督の有終の美とタイトルに3つも特典がついてきますからね。
そのために明日は延長戦でもいいので勝利あるのみです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
早く新体制に入って欲しいです
こんちは。天皇杯の京都戦は結果内容ともに負けという最悪の締めくくりでしたね。オリベイラは泣いてましたが、うーんどうしたもんでしょうかね。まあ早い段階で悪政が終わったのでその点は良しとしましょう。

ジョルジーニョは決定的というニュースは嬉しいですね。何やらフッキの名をあげていますが、有能な新人を連れて来てくれるのでしょうかね。

あと田代と野沢が移籍するというニュースはどう思いますか。田代は今年のつなぎみたいな感じでしたし、野沢がレギュラーだったのは監督が育成を怠ったからではと思う様になりました。ぜひ違約金を釣り上げるようにフロントには尽力してもらいたいです。
【2011/12/21 01:00】 URL | こばけい #- [ 編集]

>早く新体制に入って欲しいです
こばけいさん、コメントありがとうございます。
2年間かけても修正できなかった試合内容のグダグダさはすでに短期間ではどうにもならないので、モチベーションだけは高く戦って欲しかったですが、京都戦ではそれも低かったですね。がっくりです。
ジョルジーニョはもう決まりと言ってもいい状況なので本当に早く新体制をスタートして欲しいです。
監督人事が遅れたのでかなり戦力補強で遅れをとってますからね。
田代の移籍については予想通りです。
山形から戻って来た時に今季で契約が切れるのだと分かりましたから。
山形には移籍金を払って買い取る資金はないので、再びレンタルで山形に残るならそこでつけた自信を引っさげて鹿島で最後の年を勝負しようと思うのは当然、オリヴェイラ監督に起用されなくても契約が切れればそのあとすっきり0円で完全移籍するというシナリオ通りでしょう。
今季もケガが多かったのは問題ですが、本人は出場する意欲満々にも関わらずオリヴェイラ監督が起用しなかったので、治すか出場するかはっきりしないまま無駄に終盤のシーズンを過ごしてしまいましたね。
本人からしたら使われないなら治療に専念したかったでしょう。
フロントがオリヴェイラ監督続投路線で、神戸からオファーが来た時に心は決まってたんじゃないですかね。
野沢は家族の理由が大きいようですが、田代含めて年俸も移籍する大きな要素だと思います。
もう来季は田代も30歳なので二人とも30代になりますし。
二人とも数字として結果を残してるので鹿島としては痛いですが、タイプ的なこともあって中心メンバー、軸にはなれなかったですね。
本来ならガブリエルでなく10番タイプの外国人がいれば二人とももっと生きてチーム状態もよくなっていたと思うんですけど。
いずれにせよ、フロントの動きが遅かったことが一番の問題だと思います。
来季の構想が見えない状態では慰留する材料となるのは年俸くらいしかないですからね。
こーめいがブログで書いたようにナビスコ決勝前でオリヴェイラ監督勇退を発表して早めに次の人事にとりかかっていたら、こんなことにはならなかったです。
もしかしたらオリヴェイラ監督続投と言う現状維持の決断を下したフロントに未来を見れなくなったのかもしれませんね。
こーめいは選手の家族や将来の人生設計のことも考えるので、来季選手層が薄くなって大変だっていうくらいで、移籍する選手にとってはそれほどどうも思いません。
むしろそこに執着していたら今季のオリヴェイラ監督の興梠、ガブリエル、アレックス優遇のようにチームを壊すことになりかねませんから。
ファーガソンはベッカムやC・ロナウドをはじめそのあたりの切り替えが上手いですよね。
【2011/12/22 11:01】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/855-2c72371f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する