鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

移籍選手と来季の戦力展望
ジョルジーニョの監督就任の正式発表があってから更新しようと思っていたのですが、それよりも選手の移籍動向の方がほぼはっきりして来たのでまとめておきたいと思います。

入団選手
FW:ジュニーニョ(川崎:完全移籍)
FW:岡本英也(福岡:完全移籍)
FW:中川義貴(鹿島ユース:昇格)
MF:宮内龍汰(鹿島ユース:昇格)
DF:鈴木隆雅(鹿島ユース:昇格)
DF:山村和也(流通経済大学)
DF:伊東幸敏(静岡学園高校)
GK:川俣慎一郎(仙台:レンタル復帰)


退団選手
FW:田代有三(神戸:完全移籍)
FW:タルタ(未定:レンタル終了)
MF:野沢拓也(神戸:完全移籍)
MF:鈴木修人(栃木:レンタル移籍→完全移籍)
MF:小谷野顕治(新潟:完全移籍)
DF:當間建文(栃木:完全移籍)
DF:宮崎智彦(磐田:レンタル移籍)
GK:杉山哲(札幌:完全移籍)


レンタル移籍選手
FW:佐々木竜太(湘南:レンタル移籍中)
MF:川島大地(山形:レンタル移籍中)


野沢の神戸移籍もついに正式発表されてしまいましたね。
10番タイプの能力の高い外国人選手が入ればもっと活躍できると思うので、もう1年いてほしかったですが家族のこともあるようですし、契約満了で移籍するより違約金(推定6,000万円)が入る方が鹿島のためになるという決断もあったでしょう。
田代の移籍は予想していたことですし、あの冷遇ぶりを見ると仕方ないですね。
ケガはあったものの田代自身は出場する気満々で結果も残していたにも関わらず、先発起用はしたくないが選手層が薄いのでいてもらわないと困るという実に中途半端な扱いを受けてましたから。
起用されないならケガの治療に集中したかったでしょう。
當間、小谷野と鈴木はそれぞれ07年、08年加入の選手でオリヴェイラ監督のもとで出場機会も成長するチャンスも与えられて来なかったですからね。
試合に飢えており、監督が代わるものの新監督になってその方針も明らかにできない今の鹿島に残るという選択肢がなくなるのは当然と言えます。
サッカー選手は当然サポーターなんかよりサッカーをしたいという気持ちが強いですから出場機会を求めて移籍するのは仕方ないとしても、宮崎の磐田へのレンタル移籍は痛いですね。
これで来季もサイドバックは攻撃的な選手しかおらず、この2シーズンのようにバランスが悪い状態に陥ってしまうかもしれません。
左サイドはアレックス、新井場といますがチームのバランスを考えるとこーめいは宮崎がレギュラー候補と考えます。
ジョルジーニョ監督がどういう風にバランスを取るのか注目ですね。
加入選手、退団選手と現在のところ同人数でポジション的なバランスも取れているのですが、加入選手のうち6人がJリーグでの試合経験がないので戦力的には大きなマイナス状態と言えます。
FW2人も衰えの見えるジュニーニョと岡本ですからね。
こーめいは福岡からFWを獲得するなら城後の方がよかったと思います。
岡本が悪いというわけではないですが、そもそもこのタイプの選手を獲得するなら小谷野に経験を積ませておけばよかっただけですから。
わざわざ生え抜きを切って獲得するのはどうかと思います。
でも、興梠と同い年ということでいい刺激になって切磋琢磨してくれたらと思います。
本田、西、イジョンス、ジウトン、アレックス、岡本とオリヴェイラ監督になってから鹿島は若手を育てるのではなく、他クラブの主力、中心選手を引き抜くクラブになってしまったわけですから、野沢や田代が引き抜かれても当然と言えますね。
当然のことながら他クラブから積極的に引き抜いて戦力補強をするクラブは自然と出ていく選手も多くなるものです。
レンタル組でこれから戦力として加わる可能性が残っているのは佐々木と川島です。
FWの選手層が薄かったため佐々木はオリヴェイラ監督にも起用された方で、しかも鹿島にいた最後の2年間はパフォーマンスもよくなったですからね。
今季も湘南では結果を残せず、巻の長期離脱がなかったらレギュラーとして試合に出場できていなかったでしょう。
さすがに厳しいかなと思います。
川島は山形の試合を観ていても他の選手に比べて能力は高いと感じました。
4-3-3でやっているときに明らかに中盤でパスの出せる選手がいないので、リーグ中盤戦以降を見据えて川島をインサイドハーフで起用し続けていかないと厳しいと思ったのですが、やはり山形はそこがネックで最後まで攻撃が形にならなかったですね。
おそらく小林監督はレンタルで獲得している選手を中心に据えてまた田代や増田のようにシーズン終了とともに去られては堪らないという気持ちがあって起用を控えた部分もあると思います。
海外では目先の残留に向けて他クラブからレンタルした選手を中心にしてチームを作っていくクラブはたくさんあるのですが、日本ではまだそういう割り切った考えをするところはありませんね。
本山もコンディション的にきついでしょうから、オフェンシブハーフに絶対的な選手がいないので川島は復帰させてより激しい競争を促すというのもいいかもしれません。
レンタル移籍で1つ思うのが、鈴木の完全移籍です。
これってたぶん移籍金なしなんですよね。
他クラブに貸し出して経験を積ませるのはいいのですが、レンタルする前に契約を延長しておかないと、契約最終年にレンタル移籍させたらそのまま退団する可能性の方が高くなってしまいますよ。
田代はまだ1年契約が残ってたから鹿島に戻る決意をしてくれたわけですし、そこのところをもっと考えてレンタルに出さないと意味ないですよ。
あと新加入があり得るとすれば、放出予定のガブリエルの枠に新たに入って来る新外国人でしょう。
ここは鹿島の要となるところなので、妥協せずにいい選手を連れて来てほしいです。
全体的に戦力ダウンの移籍動向ですが、昨季みたいに大型補強しても監督が選手を上手く活かせなかったら意味ないですからね。
ジュニーニョ獲得にしてもまずはこの1年は地味ながらもある程度計算のできる補強で若い選手を育てることをメインとし、来季はそれをベースに戦力アップの補強を行うという感じですかね。

来季の戦力
正GK:曽ケ端準
控GK:佐藤昭大、八木直生、川俣慎一郎
CB①:岩政大樹昌子源
CB②:中田浩二山村和也
LSB:アレックス、新井場徹鈴木隆雅
RSB:西大伍伊東幸敏
DH①:本田拓也、青木剛梅鉢貴秀
DH②:小笠原満男、柴崎岳、増田誓志
OH①:新外国人、本山雅志土居聖真
OH②:遠藤康宮内龍汰ガブリエル
FW①:ジュニーニョ、興梠慎三イゴール
FW②:大迫勇也、岡本英也
中川義貴
[主力orローテーション育成枠放出予定]
現在のところ30名と人数を揃えることはできましたが、そのうち11人が育成枠というかJリーグ出場経験がない、もしくはほとんどない選手です。
このうち2人くらいは即戦力として働いてくれないとかなり厳しいですし、あとは我慢して使いながら育てていって戦力アップを図るということになりますね。
いいチームというのはセンターラインがしっかりしています。
3連覇していた鹿島もマルキーニョス、本山、小笠原、中田or岩政、曽ケ端とセンターラインが充実していました。
それがこの2年は興梠、ガブリエル、小笠原、中田or岩政、曽ケ端ですからね。
79年組の衰えも顕著だっただけにこれでは得点ができなくなるのも当たり前です。
来季の戦力を見るとジュニーニョ、新外国人、小笠原、中田or岩政、曽ケ端となりあまり変わりませんが、ジュニーニョのコンディションと新外国人次第というところですね。
GKは川俣がレンタルから復帰してこれまで通りの4人体制です。
レギュラーは引き続き曽ケ端になるでしょう。
CBは4人ですが、有事の際には選手層の厚いボランチから青木が回ってくるでしょう。
ただ、中田もこれからはケガがちになる可能性もありますから、山村には即戦力の活躍をしてもらわないといけないですね。
サイドバックは攻撃的な選手ばかりでとにかくバランスが悪いです。
他で上手くバランスを取っていかないといけないでしょうね。
ボランチはもっとも選手層が厚くて心配なく、本田はほぼ新戦力と言っても過言ではないですしDFラインの前にいてくれると大きいですね。
ケガはもうよくなってますから来季はしっかり働いてもらいましょう。
二列目は新外国人次第です。
本山がフルに活躍できない以上、今のままではかなり厳しい状況です。
増田や柴崎を上げるという声もありますが、今季この2人がオフェンシブハーフに入っていいプレイしたことなんてほとんどないですからそれ程期待はできないと思います。
起用され始めて3年目の遠藤は来季が正念場ですし、土居のセンスにも期待です。
FWはとにかくジュニーニョに怪我せずプレイしてほしいです。
いい選手なのは間違いないですからケガがなければ二桁得点はしてくれるでしょう。
そして、そこを軸として周りがからんでいきたいですね。

ジョルジーニョ監督の鹿島1年目は、この5年間で停滞していた選手育成のツケが一気に来てとにかく選手を育てて力をつけていくしかないといういきなり難しいミッションになりそうです。
ただ、育成の上手な監督なら若い選手の能力を引き出していいチームを作りますし、結果も出れば若いチームは勢いも出ます。
その分、不安定なところがどうしても出てしまいますがそこは79年組を中心としたベテラン選手に安定感をもたらしてほしいですね。
それに監督が代われば今季ぱっとしなかったアレックス、西、興梠、遠藤らもよくなる可能性もあります。
そして何より競争意識はこれまにで比べて確実に高まりますから、選手たちもモチベーションも上がって成長も促進されることでしょう。
79年組にはコンディションを整えてもらって今一度、チームの中軸として働いてもらって若い選手の成長を支えてほしいです。
そして若い選手が思い切ってプレイして自分を出して伸び伸びとプレイできればもともといい選手が揃っている鹿島ですから、競争の中からこれから主軸となってくれそうな選手が出て来るでしょう。
それだけに多くは新監督の手腕にかかっているのですが、正式発表はまだなのですかね~。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
やはりバックが不安
宮崎までいってしまいました(ーー;)今年移籍する選手のほとんどが「出場機会を求めて・・・」ってなんか移籍の理由の中でももっともさみしいです。

バックの人数が少ないのが気になります。特にサイドバックです。あそこは他のポジションのひとにはなかなかつとまらないポジションです。もし全員出場できなくなればオフェンスは必ずパターンが減ります。まあ逆にこの状況を利用して、若手にはいろいろなポジションを経験してもらい万能になって欲しいです。
【2011/12/29 19:59】 URL | こばけい #- [ 編集]

>やはりバックが不安
こばけいさん、コメントありがとうございます。
サイドバックはアレックス、イバ、西ともともと攻撃的な中盤の選手ですし、ユースから昇格の鈴木もFWをやってたりしますからね。
篤人みたいに技術が高くてビルドアップに貢献、スピードで守備をカバーできるなら攻撃的な選手でもいいのですが。
CBは山村、サイドバックは新人選手のどちらかが即戦力になってくれないとバックは厳しいところがあります。
ただ、ジョルジーニョはブラジル代表のサイドバックだった男ですから指導でアレックス、西らのパフォーマンスが上がってくれることに期待です。
それでは、よいお年を!
【2011/12/31 17:46】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/857-56a15132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する