鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【ナビスコ杯第2節】こちらはスタートダッシュに成功…の大宮戦
結果
4月4日(水) 2012 ヤマザキナビスコカップ
鹿島1-0大宮(19:00/カシマ/6,515人)
[得点者]
31' 興梠慎三①(鹿島)
[フォーメーション]
FW:大迫、興梠
MF:柴崎、遠藤
MF:小笠原、梅鉢
DF:イバ、山村、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
41分:柴崎→増田
71分:興梠→ジュニーニョ、遠藤→ドゥトラ


試合の感想
前線4枚の良し悪し
2トップの関係は興梠が下がり目、大迫が前という縦関係でいい連携を築けていました。
10シーズンに天皇杯で優勝した時は前後が逆でしたが、この2トップの場合は縦関係になるといい攻撃の形になりますね。
横浜FM戦では裏を狙う動きがまだ弱かったですが、この試合では大迫が相手DFラインに張り付いていました。
実際に得点シーンやドリブル突破からシュートしたシーン、興梠のパスから迎えた決定機など大迫はいいタイミングでDFの裏を狙えていましたね。
本当は天皇杯の時のように逆の関係の方が理想ですが、興梠はスピードでカバーしてごまかしていたもののDFラインの裏を狙う動き出しのタイミングが遅く、ポジショニングも悪いのでチャンスを逸する事が多かったです。
大迫はそこを上手くやっていたので大宮のDFの注意を引きつけられていましたし、中盤の選手がプレイしやすいように助けることもできていましたね。
前線の4枚で特に良かったのはボールをもらった時にフリーなら前を向いてドリブルを仕掛けるシーンが多かったことです。
これまでならフリーでもボールをもらった場所で止まってパスコースを探し、結局バックパスや横パスしてばかりでしたからね。
これで攻撃に勢いがついていましたし、特に前半にシュート意識が高くなっていた要因にもなっていました。
良し悪しの悪しの部分は、引き続き前線からのプレスができていないことですね。
大迫と興梠は思い出したように猛烈にプレスをかけることはありますが、ほとんど何もしてないことが多かったです。
そのため、大宮のCBはハーフウェイライン手前でフリーでボールを持てていました。
この高さであれだけ自由にさせていたらいいボールを入れる選手がいて、前線の動き出しがあれば一発で決定機を作られてしまいますからね。
幸い大宮にはそういうCBがおらず、この日は前線の選手のフリーランニングが少なかったので大事には至りませんでした。
この試合での守備は遠藤や柴崎が相手SBに行くところがファーストプレスになっていたり、中盤フラットの4-4-2で引いてブロックを作るやり方になっていましたが、これだと攻撃にも悪影響を及ぼしてしまいます。
何度も言うように中盤がフラットの状態になってしまうと遠藤と柴崎がサイドに開いて距離が開いてしまうので、ボールを奪った後の攻撃がやりづらいんですよね。
実際この試合でも右サイド、ペナルティエリアで遠藤がドリブルで仕掛けてシュートを放ったシーン、31分の得点シーンは柴崎が中央で興梠とからむところから生まれています。
2トップが前線からプレスに行くと後ろの選手が連動していくので、当然プレッシャーに行ったエリアに鹿島の選手が密集することになり、ボールを奪った時にもいい距離感でいられます。
これが高い位置からの守備のやり方ですね。
今の鹿島は高い位置からの守備があまりできておらず、バイタルエリアやゴール前で跳ね返してボールを奪うという感じになっているわけですが、低い位置での守り方もこの試合の得点シーンが参考になります。
大宮の左サイドからのスローインからでしたが、西がスライディングでボールを奪うと岩政がそれを柴崎に繋ぎます。
この時はボランチの小笠原と梅鉢が右サイドに寄るポジションを取って柴崎がバイタルエリアをケアしていたんですよね。
ここ2年くらいの鹿島はサイドにボールを出されるとSBとオフェンシブハーフで2対1を作って守っていますが、この試合でもそういうやり方をしていることが多かったです。
しかし、これだと前述したようにボールを奪った後に攻撃に繋げにくいです。
どうすればいいかというとボランチが流れてサイドの守備に周り、オフェンシブハーフが戻ってバイタルエリアを埋めるというやり方が理想ですし、いい時の鹿島はそうしていましたよね。
この方がボールを奪った時にスムーズに攻撃に繋げますし、選手の移動距離も少なくすむので体力のロスも防げます。
そのためにもボランチに守備でいいポジショニングを取り、かつ広範囲に動いてがつがつ行ける選手がいた方がいいですね。
そういう意味でもジョルジーニョ監督から「本田になれ」と言われている梅鉢には期待が高まります。

後陣6枚の良し悪し
後ろの6人についてはやはりまず梅鉢の奮闘が目につきました。
今の鹿島はそれ程守から攻への切り替えが早くないですが、梅鉢がよく相手の攻撃を遅らせていました。
攻撃を遅らせる守備、ボールを奪う守備、スペースを埋めて味方をフォローする守備、危険な時はバイタルエリアを飛び出して行くなど判断よくやれていると思いますね。
プレスもネチネチとしつこくていいです。
終盤はバテていましたが、それは試合をこなしていくごとに慣れて来るでしょう。
また、山村ともども相手からプレスをかけられても慌てないですし前線にフリーの選手がいればきちんと縦パスを入れていました。
このおかげで前線の選手もボールをもらって前を向きやすかったということもあると思います。
これまでだと相手がプレッシャーをかけて来たらバックパスばかりになっていたので後陣にこの2人が入ったのは大きいですね。
特に山村は大迫のドリブル突破からのシュート、西の飛び出しから折り返しを遠藤がシュートとロングボールから2度も決定機を演出しています。
逆にフィードでミスが多いのが岩政ですが、ゴール前でよく体を張って守っています。
これも山村や梅鉢が左と前にいる影響が大きいのでしょうね。
篤人や伊野波と組んでた時もそうですが、教師タイプの性格ですから若い選手と組ませた方が力をより引き出せるのかもしれません。
サイドバックに関してはようやく待望の左新井場、右西になったわけですが、やはりこちらの方が安定感はありますよね。
攻撃では新井場は久しぶりの左サイド、西もケガから復帰したばかりなのでオーバーラップのタイミング、中盤の選手を追い越す動き、1対1での仕掛け、センタリングなど物足りなさがありました。
新井場は左だと中に切り込んでのシュートがありますから、縦への仕掛けと共に上手く使って相手を惑わせて欲しいですね。
西はやはりオーバーラップの仕方がよくないです。
ボールホルダーの手前で走りを辞めてしまうことが多々ありますからね。
早くサイドバックの動きを覚えて欲しいです。
小笠原は梅鉢との方がやりやすいんじゃないでしょうかね。
青木と組んでいる時より前への繋ぎ、展開の仕事が減りますし、増田と組んでいる時より守備の負担はなくなります。
一緒にプレイしていくうちにもっと思い切って攻撃参加できるようになりそうです。
小笠原は本田と組んでも同じようなコンビを構築できそうですし、新しいチームを作っている今季ですがボランチは1つの解が導き出されたように思います。

選手交代の良し悪し
後半は疲労から前線の選手の動き出しも減って、奪ったボールをなかなか繋げずにいたのであのタイミングでの選手交代、チョイスは良かったと思います。
前半に柴崎の負傷交代がなければもう少し早く動いていたかもしれませんね。
ただ、やはりシステムも変えてしまって試合内容も落ちてしまうというのは問題です。
最初こそドゥトラとジュニーニョのコンビからシュートまで行きましたが、まず大迫にボールを当てようとするシーンが多かったです。
ドリブルでガンガン進んでいけるのでドゥトラは中央ではなくシンプルにサイドのスペースに開かせてそこにボールを出した方が楽に戦えたでしょうね。
ようやくスターティングメンバーが固まって来たところですから、これから選手交代もよくなっていくのではないかと思います。
ドゥトラはまだコンディション的に90分はきつそうで、連携もジュニーニョ以外とは合ってない感じですが、途中出場で起用して行けばおもしろそうですね。

浦和戦に向けて
横浜FM戦に続いて対戦相手の悪さも考えないといけないですが、去年よりは確実にこれは決めなくてはという決定機は増えていますよね。
あとはラストパス、シュートのところでのミス、意識のズレがあるので決定力を上げていかないといけないですが、決定機不足は解消されつつあります。
心配なのはチームを作っている段階なのでメンバーを大胆にいじれずにレギュラーで出場している選手に疲労が溜まっているところです。
特に前節から柴崎は疲れていると感じていたので、あのスライディングのような無理なプレイをしてしまうとそれがケガという形で出てしまいますね。
あとこの試合では大迫も疲れが溜まっているように感じました。
そういった疲労が最後のシュートの部分で体がキレていないという形で出てしまいますよね。
今はメンバーを大きく変更できないですからしっかり体をケアして浦和戦に臨んで欲しいです。
柴崎の出場は無理そうですが大事に至らないといいですね。
浦和はさすがペトロビッチ監督ということで攻撃の組み立てに関しては短期間でしっかりやって来ています。
ただ、やはり最後のところは課題でシュートまで至る場面が少ないですね。
また、広島に比べて前線の3人の選手のコンビネーションもまだまだです。
一番気になるのはやはり前線からの守備ですね。
この試合みたいに高い位置でCBにボールを持たせたら永田からサイドの梅崎、平川にいいボールを出されてしまいますから。
かと言って広島戦で述べたように2トップが相手3バックにプレスをかけてしまうと中盤で数的不利を強いられて連動した守備ができなくなります。
そこをどうやって守っていくかですよね。
準備期間もないので多分特に手を打って来ることはないでしょうが…。
攻撃に関しては前を向くこと、ボールを運ぶこと、サイドを使うことが有効です
浦和もあまり前から組織的にプレスをしてくるチームではなく、ボールを奪われるとズルズルとゴール前まで引いてしまうことが多いです。
言ってしまえばゴール前に人数を揃えて固めるだけの守備ですね。
広島と同じように5バックで守ることが多いですが、相当中に絞ってポジションをしているのでサイドには大きなスペースができます。
サイドチェンジを多くしてピッチの横幅を上手く使っていきたいですね。
そして、グラウンダーの速いクロスを中心に攻めればリーグ初得点も見られると思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

梅鉢はいいですね。
梅鉢の縦パス好きです!
【2012/04/06 12:58】 URL | アリ #- [ 編集]


すごく良い感じになって来たとは思うのですが…気がかりは【増田】のスタメン落ち。ジョルジがどのように考えているのかは分からないですが現時点ではスタメン落ちているのは間違いないでしょう…ここでまた試合に出れなくなると今度こそ完全移籍しちゃいそうで怖いです(+_+)
増田・本山の二人の待遇が気になる今日この頃です。
明日の浦和戦は何としても点を取って勝ち点3をGetして欲しいですね!柴崎の怪我の具合も気になりますが他のメンバーの活躍を期待しつつTV観戦で応援したいと思います!
【2012/04/06 22:15】 URL | ホソヒロ #- [ 編集]

アリさんへ
コメントありがとうございます。
浦和戦はアシストしたり、守備ではやられたりといろいろいありましたが、これからも思い切りよくプレイして梅鉢にはこれからどんどん成長していってほしいですね。
【2012/04/09 19:11】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ホソヒロさんへ
コメントありがとうございます。
ジョルジーニョ監督は若い選手を積極的に起用していますが、増田や本山らにもチャンスは与えられていたので物足りなさを感じたのでしょう。
実際に増田も本山も出場した試合でいいパフォーマンスを見せられてないですし、増田は戦術理解度が低いので山形へレンタル移籍したとき含めて監督が代わるとこれまでも時間がかかっていましたからね。
浦和戦は予想通りサイドから得点ができましたが、やはりシステムの問題から失点して勝てずに残念でした。
【2012/04/09 19:17】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/881-0c344caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する