鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1第12節】2度目の大勝は覚醒か、気のせいか…の札幌戦
結果
5月19日(土) 2012 J1リーグ戦 第12節
鹿島7-0札幌(17:04/カシマ/13,915人)
[得点者]
09' 岩政大樹①(鹿島)←興梠慎三①
15' 大迫勇也③(鹿島)[PK]
40' 山村和也①(鹿島)←岩政大樹①
61' 興梠慎三⑤(鹿島)
74' 本山雅志②(鹿島)←興梠慎三②
82' ジュニーニョ①(鹿島)←小笠原満男①
89' 遠藤康④(鹿島)←ジュニーニョ①

[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ドゥトラ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:イバ、山村、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
70分:ドゥトラ→本山
74分:興梠→ジュニーニョ
77分:大迫→佐々木


試合の感想
得点と失点の行方
鹿島は前節磐田戦と同じメンバーの4-2-2-2でした。
札幌はケガ人も多いということで3-4-2-1のフォーメーションで入って来ましたね。
試合の立ち上がりは中盤を厚くした札幌が攻守に積極的に来ます。
守りではしっかりプレスに来てボールを奪い、攻撃ではドリブルで仕掛けて突破を試みます。
鹿島の選手は1対1の局面を簡単にドリブルで抜かれてしまう場面が多く、ペナルティエリアに侵入されるのですが何とか食らいついて最後のところは自由にさせずに耐えます。
その悪い流れを変えたのは岩政でした。
奈良の前線へのフィードをタイミングよくインターセプトに入り、ヘディングで興梠に落とすとそのまま前線まで上がります。
興梠はサイドでドゥトラから再びボールを受けると中に切り込んで左足のクロス、岩政がさすがのヘディングの上手さを見せて先制点を奪います。
得点が入ったことで鹿島の選手の動きがよくなり次第に興梠にくさびのボールが入って行きます。
札幌の中盤のプレスがきつかったのでロングボールを上手く使うようになっていましたね。
ボールが回るようになるとリズムが出始めて、大迫がスローインを相手陣地の深い位置で受けると上手い体の使い方からターン、ドリブルを後ろからジェイド・ノースに倒されてPKを得ます。
これを自身が決めて早くも2点差とします。
このPKにまで至るシーンも西がミスをしたので相手にクリアされてスローインになったのですが、左からいい形でサイドチェンジ出来ていました。
2点のビハインドを負ったことで札幌は攻勢を強めて来ます。
ここのところの札幌は攻撃面が確かによくなっていて、前田にボールを収めて周囲がからんでいくという形でチャンスは作れていますね。
鹿島は札幌の攻勢を逆手に取るカウンターで興梠がシュートを放つなどチャンスを作ります。
29分にはCKから河合に決定的なヘディングを放たれますが、曽ケ端がギリギリでセーブ。
バーの下に当たったボールはゴールライン上に落下して事なきを得ます。
ピンチの後にはチャンスあり、大迫のスルーパスに抜け出した遠藤が決定機を迎えますがシュートは枠をはずれます。
36分に前田が負傷交代すると札幌の攻勢も次第に失速して行き、40分にCKからの二次攻撃で鹿島が追加点をあげます。
一度相手DFに跳ね返されたボールを小笠原が拾って後ろに残っていた新井場に下げたのですが、余裕があったので岩政と山村はそのまま前に残って身長のない中盤の選手が後ろでバランスを取る形となっていましたね。
新井場からのロングボールを興梠が岩政に落とすとセンタリング、ゴール前に入っていた大迫が上手くキープしながら岩政に落としてフリーになっていた山村に繋ぎました。
山村も落ち着いてトラップしてから決めましたね。
これまでも決定機を作っていましたが決定力を欠いてしまい、守備でも早々に失点して試合運びが難しくなることが多かったです。
この試合ではCBの決定力で先制点を奪い、GKの好プレイで失点を防いで鹿島が有利に試合を運べました。
ナビスコ杯横浜FM戦でミスから失点、敗北を招いてしまったのでこの試合では曽ケ端はかなり集中していましたね。
本人も試合後のコメントで触れていますが、毎試合このくらいの集中力を持って挑んでほしいところです。
ただ、もともと守備がしっかりしてこそ生きるGKで不測の事態には弱いですからね。
実は29分の決定機でもボールがゴールラインに落ちたあとのキャッチでファンブルするミスを犯しています。
河合がラインを割ったとアピールしていたから助かりましたが、広島の佐藤など常にゴールを狙ってレスポンスの速い選手なら決められている可能性があります。
いくらファインセーブをしても1つの凡ミスを許されないのがGKというポジションですからね。
現在はチームを作っている段階で若い選手も入って守備が不安定ですから、曽ケ端が踏ん張っていいリズムを作っていってほしいです。

ゴールラッシュの後半
後半も立ち上がりは札幌の出足がよくチャンスを作るのですが、2トップにボールが収まることで次第に鹿島がリズムを握っていきます。
後ろも押し上げて新井場がいい形でボールにからみ、サイドでボールを持てていたのでもっとシンプルにクロスを狙っても良かったと思いますね。
1点目も興梠のクロスからでしたし、3点目もカウンターから新井場が速いグラウンダーのクロスを入れて取ったCKでしたから。
札幌はゴール前に選手が多く置いて守るようになり鹿島の選手に高さはないですが、速くて鋭いクロスを入れてそこに中の選手がいいタイミングでポジションに入って行けばもっと決定機を作れたと思います。
ただ、それでも札幌も徐々に足が止まって行き、61分には西の縦パスを大迫が受けてタメを作ると小笠原が追い抜いて中へ。
ヒールで落としたボールを遠藤がシュート、GKがはじいたこぼれ球を興梠が押し込みます。
ここからは鹿島が押せ押せで次々とゴールを上げて行きます。
遠藤のセンタリングをドゥトラがボレー、柴崎のミドルシュート、本山のヒールでの落としから西などチャンスを作ります。
73分には大迫のスローインから小笠原のスルーパス、興梠はヒールで落として無人のゴールに本山が蹴り込んで5点目。
82分にはこれまた途中出場のジュニーニョが小笠原のスルーパスから抜け出して、GKとの1対1を落ち着いて決めて6点目を奪います。
そこからもジュニーニョや本山など再三札幌ゴールを襲い、最後はジュニーニョのパスを受けた遠藤が右サイドに上手く流し込んで試合を締めます。
ここのところリーグ戦では無得点試合が続いていましたから、その溜飲を下げるような大勝となりました。

下位クラブには圧倒的な強さ
札幌に大勝をしたことで眠っていた巨人が目を覚ましたのか、ただの気のせいなのか気になるところですが、やはり試合運びはまだまだ不安定でG大阪戦を含めて下位クラブに圧勝したというのが現実でしょう。
攻撃に関してはプレスがきつい相手には詰まるところがありますが、この試合の札幌も後半途中からはアウェイ連戦の疲労もあって足が止まっていましたけど、それまでは中盤を厚くしてよく守っていましたからね。
鹿島は興梠と大迫がいい時の縦関係になってよくボールが収まっていましたし、それによって後ろの選手も押し上げられていいサイドチェンジ、攻撃の形が生まれていました。
こういうときは新井場がいいオーバーラップをして1対1を仕掛ける場面が増えて来ますよね。
このくらい2トップにボールが収まればJクラブ相手ならどこにでも攻撃は通用すると思います。
特に興梠は動きにキレが戻っており、中日のナビスコ杯を回避した効果が大きかったです。
後半から出場して得点を取った本山やジュニーニョもコンディションが上がっているので期待できますが、この試合のゴールラッシュに乗れなかったのがドゥトラですよね。
やはり、ドリブルもスペースがあってこそ最大の力を発揮しますし後半からの出場で起用した方がいいと思います。
もう1つ攻撃で心がけて欲しいのは外を追い抜く動きですね。
この試合の1点目、3点目はサイドで起点を作ってから中央という形でしたが、1点目は興梠の外を西が、3点目は大迫の外を遠藤が追い越しています。
これによってボールホルダーにプレスに行くボランチ、追い抜く選手をケアするサイドバックの選手がタッチライン際まで引き出されているから中央が空いて来るんですよね。
去年は特にサイドにボールを出してそこから詰まってバックパスというシーンが多かったですが、今季もそういう場面はあるのですが外から追い抜く動きをもっと増やせば改善されるでしょう。
それからこの試合では序盤を札幌に攻められて先制してから動きが良くなりましたが、今季はそういうことも多いのでギアチェンジの仕方も考えていかないといけないですね。
立ち上がりからギアをもう1段、2段は上げていくイメージを持ちたいです。
一番の問題はやはり守備面で後追いディフェンスが多くていまいち安定しません。
オリヴェイラ監督時代は連戦や夏場になると運動量が少なくなって、簡単に相手選手に抜けられて後追いディフェンスが多くなっていたのですが、今季は守り方に原因があると思います。
ボールホルダーにプレスに行ったときの対応なのですが、横パスやバックパスのインターセプトを狙って簡単にドリブルで抜かれてしまったり、逆に寄せが甘くて簡単にセンタリングを上げられたりドリブルをさせたりっていう場面が多いですよね。
だからドリブラーがいる相手には特に苦戦します。
パスさせない、ドリブルさせないという相手の攻撃をディレイするようなタイプの選手がいないというのもありますから、やはりボランチにそういう選手を1人置いておきたいです。
危険なスペースをしっかり埋め、相手のドリブルに対して粘り強く付いていくよう全体の守備の意識を変えることも必要でしょうね。
守備を改善できればかなり強くなれると思います。

勝利して中断期間に
次節は監督交代のあった神戸との対戦となります。
もともと神戸はインテンシティを高くして前から守備をしてボールを奪ってカウンターというサッカーでもっとも力を発揮するクラブですが、西野監督になったからにはここ数年クラブが言い続けているポゼッションサッカーを目指していくことになるのでしょうね。
しかし、鹿島戦には西野体制始動から4日で臨むことになるのでどういう戦いをして来るか分かりません。
それに外国人(特にFW)がいないクラブでの西野監督の采配というのも気になりますね。
鹿島は大迫と山村が五輪代表で不在なのでおそらくジュニーニョと間に合えばぶっつけで中田が入るのではないかと思います。
メンバーは少し変更を強いられますが、神戸との試合でリーグ戦は一時中断するので何としてでも勝利していい気分で6月に入りたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/891-179b67be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【J1第12節】2度目の大勝は覚醒か、気のせいか…の札幌戦】

【結果】5月19日(土) 2012 J1リーグ戦 第12節鹿島7-0札幌(17:04/カシマ/13,915人)[得点者]09 まとめwoネタ速neo【2012/05/22 19:58】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する