鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島の新戦力補強ポイントは5つ
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ドゥトラ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:イバ、山村、岩政、西
GK:曽ケ端

現在の鹿島の基本フォーメーションとスターティングメンバーのチョイスは上記の通りとなっています。
これにサードチョイスとしてジュニーニョ、本山、青木、梅鉢、アレックス、昌子あたりが加わり、本田、中田、増田の復活待ちというのが大枠となりますね。
これからチームを強くするにはこういう選手が必要となって来るというのは、早い段階で感じていたのですが、夏の移籍マーケットもまだ先でしたし、シーズン途中の補強ですべて解決できるわけでもなく、何より現所属選手の成長も見込めますからいつもの如くリーグ戦終盤に書こうと思っていました。
しかし、Jリーグも中断期間ですし夏の移籍マーケットでの補強の噂もあるので、鹿島に必要なタイプの選手をまとめておきたいと思います。

5つの補強ポイント
スピードのあるCB
CBは岩政、中田、山村がサードチョイスまでになると思いますが、スピードのある選手がいないんですよね。
このためボランチ含めて中央の選手がスピードタイプの選手に弱く、ドリブルに手を焼く要因となっています。
中田は経験やポジショニングで上手くカバーリングはしていますが、CBにスピードがないとどうしてもDFラインを上げることが難しくなって来ますからね。
スピードタイプの選手というわけでもないですが一番スピードがあるのが昌子になると思いますのでこれからの成長に期待です。
また、来年には植田直通君が加入する可能性もありますね。

ビルドアップと守備のできるSB
サイドバックの補強については再三こーめいが言っていますが、攻撃的でビルドアップができない同タイプ選手が多すぎです。
前線にボールが収まれば左の新井場はさすがの攻撃参加を見せますが、他の選手は及第点と言える活躍はできていません。
それに守備とビルドアップについては期待できそうな選手は今のところいませんね。
篤人も攻撃的なサイドバックですが、DFラインのボール回しではほとんど右サイドから縦パスが入っていましたし、スピードがあるのでカバーリングでチームを救ってくれることも多々ありましたね。
今季加入の鈴木や伊東の成長、来季宮崎のレンタルバックで補える可能性はありますが、根本的な解決にまで至るかどうかは疑問が残ります。
前線からプレスをかけて来る相手にはサイドバックのビルドアップ能力が試合展開に大きく影響を及ぼしますし、攻守において重要なポジションなので遅かれ早かれ選手補強する必要は出て来ると思います。

バランスの取れるファーストボランチ
ボランチの選手層は厚いですが、実はファーストボランチの選手は少ないです。
青木も鹿島ではファーストボランチという立場になりますが、本人の目指すタイプはジェラードであり、それ程守備に特化した選手でもないですからね。
しかし、ここは本田の復帰や梅鉢の成長に期待できますので補強の必要性は薄いポジションと言えます。

10番タイプの攻撃的MF
ここもこーめいが以前から補強を求めていたのですが、鹿島にとってもっとも重要なポジションと言っても過言ではありません。
以前は柏のレアンドロ・ドミンゲスのような選手をと言っていましたが、今季のチーム状況では求める選手像がやや変わって来ました。
データを見るとレアンドロ・ドミンゲスがトップ10入りしているシュート数やスルーパス成功率、ドリブル数、被ファウル数などのランクには遠藤も名を連ねています。
つまり、レアンドロ・ドミンゲスと同タイプでJリーグのトップ10に入る選手はすでに鹿島にいるということです。
そのため遠藤のさらなる成長を促すべきですし、ドゥトラも似たタイプなので同タイプの選手をもう1人補強してもチームバランスが悪くなるだけです。
ビスマルクや本山のような遠藤、ドゥトラより少し下がり目で周りの選手を上手く生かせる本来の10番タイプに近い選手を補強すべきですね。
本山と柴崎を2列目で起用し続けることができればとりあえずは補強する必要はないかもしれませんが、コンディションとボランチの選手起用を考えるとそういうわけにもいかず、選手層が薄いポジションと言えます。

高さがあってヘディングが上手いFW
最後は前線でターゲットになれる高さがあってできればヘディングも上手いFWです。
FWは興梠、大迫、ジュニーニョがサードチョイスまでとなっており、佐々木含めて高さがありません。
もっとも身長のある岡本も本人曰く、ヘディングはあまり得意ではないそうで、今季の鹿島はサイドから崩していい攻撃ができているだけにもったいないですよね。
中央に高さがないとどうしても一手間、二手間余計に手をかけないと決定機まで行きづらいですし、ターゲットがあればもっとシンプルにセンタリングも入れやすく、囮効果も得られるのでフリーの選手ができやすくなってもっとチャンスも増えると思います。
やはり試合を観ていても前線に高さが欲しいと思うことはありますからここも遅かれ早かれそういうタイプの選手を補強する必要が出て来るでしょうね。

夏の移籍期間に補強すべきポジションは?
こーめいは夏の移籍マーケットで特に補強が急務とは考えていませんし、移籍期間までまだありますから中断明けの成績によっては補強が見送られる可能性もあると思っています。
ただ、鹿島フロントが補強するというのならやはり期待してしまいます。
いずれにせよ夏の移籍マーケットで上記の5つの補強すべてがなされることは有り得ません。
5つのうちどれか1つでしょうから、戦力になるのはもちろんですがチームのバランスを考えた的確なポジション、選手のタイプを選択してほしいですね。
選手層を考えると前線のポジション、守備に柱となる選手がいないことを考えると後ろのポジションということになり、ジョルジーニョ監督が攻撃と守備のどちらの改善が必要と考えているかによりますが、攻撃的なポジションでしょうね。
こーめいは上述したタイプのサイドバックと攻撃的MF、FWをリストアップしてその中から金銭面などを考えて獲得できる範囲でもっとも能力の高い選手をチョイスしてくれればと願っています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/894-56d1650d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【鹿島の新戦力補強ポイントは5つ】

[フォーメーション]FW:興梠、大迫MF:ドゥトラ、遠藤MF:小笠原、柴崎DF:イバ、山村、岩政、西GK:曽ケ端現在の鹿島の基本フォーメーションとスターティングメンバーのチョイスは上記の通りとなっています。これにサードチョイスとしてジュニーニョ、本山、青... まとめwoネタ速neo【2012/06/07 10:50】

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。