鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1第16節】東北電は実力でんスタジアム…の新潟戦
結果
6月30日(土) 2012 J1リーグ戦 第16節
新潟1-1鹿島(19:03/東北電ス/35,506人)
[得点者]
17' ドゥトラ②(鹿島)←大迫勇也④
37' ミシェウ(新潟)
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ドゥトラ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:イバ、山村、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
75分:遠藤→青木
80分:ドゥトラ→増田
89分:小笠原→土居


試合の感想
嫌な予感と違和感
新潟は4-4-2のフォーメーション、鹿島は4-2-2-2でスターティングメンバーは最近ではおなじみのメンバーで特に変更はありませんでした。
試合の数時間前に急に嫌な予感がよぎったのですが、控えメンバーを見てジュニーニョと本山、梅鉢という途中出場で流れを変えられる可能性のある選手が一人も入ってなかったことに危機感を覚えました。
ジュニーニョはずっと手にギプスのようなものをしておりなかなか取れないなと思っていたら手術をすることになったようでナビスコ杯清水戦から欠場、本山は帯同したもののやはりまだコンディションが万全ではないこともあってベンチに入りませんでした。
接戦で試合終盤まで行くと苦しくなるのでスターティングメンバーで得点を重ねて行ってくれればと思ったのですが、この日は序盤からいろいろ鹿島のサッカーに違和感がありました。
まず五輪発表前の最後の試合となる大迫はゴールを奪う意識が高過ぎたせいか、普段に比べて高めのポジションを取ってスペースでボールをもらう回数が多かったです。
くさびのボールを受けたら相変わらずボールは収まるのですが、縦に強引に行き過ぎるプレイが目立ちましたね。
普段はもっと周りを上手く使ってからゴール前に行くのですが、早くゴール前に行きたいという意識が強かったですし、肝心のゴール前でのチャンスでは力が入り過ぎていました。
同じく五輪代表選出を狙う山村は持ち味である縦へのパスはまったく見られず、無難なパス回しを選択していましたね。
興梠はボールは収まるものの、その後の展開でミスが目立つ悪い時のプレイでした。
また、遠藤は今季最悪と言ってもいいくらいの精彩の無さでお腹が痛いのかと思うくらい運動量がなく、ドゥトラらが下がって遠藤が前目という普段と逆の役割になっていました。
遠藤はゴール前へは走り込んでいたため、レナトが加入すると言うことでゴールという結果を求める気持ちが強すぎたのかもしれませんね。
このため、DFラインからロングボールを蹴る回数が多くなって攻撃の組み立てが上手く行っていませんでした。
それでも今季の鹿島は守る相手もしっかり崩して得点を取れるので、サイドのスペースに走った大迫が新井場からの縦パスを中央へ折り返しドゥトラがゴールを決めて先制します。
しかし、得点が入ってからも違和感が解消されることなく、消極的なプレイが目立ちましたね。
ドゥトラ一人が元気ハツラツでしたが、シュート精度を考えると1試合に2得点は難しいかなという感じです。
そうすると次第に新潟もチャンスを作るようになり、新井場のサイドを崩されてB・ロペスが決定機を迎えますが当たり損ねて事なきを得ます。
鹿島は攻撃では新井場がオーバーラップするとチャンスになりセンタリングから大迫の決定機もありましたが、逆に守備ではB・ロペスが鹿島の左サイドに流れることも多く、新井場のサイドを狙われます。
同サイドがドゥトラというのも守備に影響があり、新井場の前のスペースを新潟の中盤の選手やサイドバックに使われていましたね。
センタリングからミシェウが合わせて同点ゴールを奪われるのですが、どこも数的不利になっているわけではなかったのにまったく人を捕まえられてなかったです。
新井場は簡単にクロスを上げられ過ぎですし、山村はフリーで入って来ていた藤田を一瞬気にしたのかセンタリングをクリアに行けませんでした。
ドゥトラも藤田について行くか、ボランチにマークを受け渡すかしないといけなかったですね。
今季は組織で数的優位を作って守るというよりも局面は1対1で守ることが多いのですが、まだその守備の仕方に全体が慣れていない感じです。
運動量を上げて2対1の状況を作って守ればどこのクラブもある程度守れますからそうした方が早いのですが、それをやっていたら本当の選手の成長には繋がらないです。
海外でやっている選手が当然のこととして求められることをジョルジーニョ監督も求めているだけですからね。
だから選手個々が成長しないといけないわけでそれには時間はかかるかもしれませんが、2対1の状況を作って守れるチームより、1対1で守れるチームにした方が断然チーム力は高くなります。

かかりきらないエンジン
前半は同点のまま終わり後半に突入しますが、この日の鹿島はどうもエンジンがかかりきりません。
それでも前半に比べて遠藤が中央でプレイすることが多くなって新井場のミドルシュートや大迫のスルーパスから興梠の切り返してのシュート、こぼれ球を狙ったドゥトラのシュート、遠藤が切り込んでのシュートと決定機を作りますが決め切れません。
選手交代でさらに攻勢を強めたいところですが、この日のベンチメンバーではスケールダウンしてしまうことが目に見えていますからね。
小笠原と柴崎のポジション取りが高くなって後ろを取られるようになると新潟にも決定機が生まれます。
鈴木武蔵が抜け出したシーンはオフサイド判定に助けられましたね。
岩政が残っていたのでオフサイドではありませんでした。
これを見てジョルジーニョ監督が動くのですが、青木の投入はもっと早くて良かったです。
4節以来フル出場していた遠藤との交代となったのですが、この日のプレイでは当然の判断と言えますね。
柴崎が2列目に入ってこの交代で鹿島はバランスがよくなりました。
守備では運動量の多い青木が広くカバーし、山村もB・ロペスを1対1で抑えていました。
柴崎は本山ばりのスルーパスをバシバシ通しますが興梠が決め切れません。
その後はドゥトラに代えて増田を投入するのですが、ボールを運べずにバックパスばかり。
この日のベンチメンバーを見て予想できた通り攻撃がトーンダウンします。
柴崎が増田よりも下がってしまったのももったいなかったですね。
土居もこの試合展開ではジョルジーニョ監督は起用したくなかったでしょうが、小笠原がイエローカードをもらって熱くなっていたため、一か八かという想いがあったと思います。
やはりこの状況では平常心でいつも通りのプレイをするのは難しく、CKとトラップなどミスが出てしまい持ち味を発揮できませんでした。
このまま決定機を作ることができずにドロー決着、もともと新潟はホーム力があるクラブで苦戦するのは鹿島だけではないのですが、どうも東北電スタジアムでは実力を発揮できないですね。
ジョルジーニョ監督はいつでも得点できるという慢心があったとコメントしていましたが、試合を見ていてまさにこーめいも同じように感じました。
ただ、今の順位でどこに慢心できる要素があるのかと不思議に思いますけどね。

決定力・セットプレイ・バランス
この試合でも分かるように今の鹿島に足りないのは決定力、セットプレイ、そして攻守のバランスです。
決定力はやはりブラジル人FWに一日の長がありますが、ジュニーニョの復帰はいつになるのか今のところ分からないですし、前線でのボールの収まりを考えるとなかなかスターティングメンバーでも起用しづらいですね。
しかし、ベンチにいてくれると切り札として使えますし、大迫とジュニーニョの2トップは機能するんじゃないかと思います。
決定力については大迫と興梠の成長を待ちつつ、来季に決定力とポストプレイを兼ね備えたブラジル人FWを取るのがベストでしょうね。
セットプレイはレナトが加入することで改善される可能性があります。
ジョルジ・ワグネルが柏に来ることが決まった時、ブラジル時代のプレイを観て驚愕したのですが、そこまでの衝撃ではないもののレナトも左足の精度は間違いなく高いです。
ただ、今季の鹿島はゴール前で合わせられる選手が少ないという問題点もありますけどね。
しかし、セットプレイから得点が取れるようになればもっと試合運びが楽になりますし、結果も付いて来るでしょう。
選手起用による攻守のバランスは以前からこーめいが言っているように守備的な青木や梅鉢、本田をボランチやサイドバックに入れることで改善できます。
思えば今の後ろの6人は全員攻撃的な選手と言えますし、両サイドバックも1対1でやられ過ぎています。
この試合を見ても柴崎が1列上がって青木がボランチに入ってからは攻守のバランスがよくなりましたよね。
遠藤かドゥトラをベンチに置いておけばこの試合も選手交代でトーンダウンすることはありませんでしたから。
今季の守備については前述した通りですが、そのやり方の中でもOHはレナト、本山、柴崎:遠藤、ドゥトラ、ボランチは小笠原、柴崎、増田:本田、青木、梅鉢、SBは新井場:青木、梅鉢の組み合わせで起用すれば攻守にかなりよくなると思います。
リーグ前半の最後の試合はホームですからしっかり勝利して後半戦に入りたいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
ものすごく久しぶりです。
勝てた試合だと思ってます。東口が当たってたみたいですけど、興梠はなにかいつも凡ミスして外している印象があります。PA内で切り返してのシュートや柴崎のスルーパスからのシュートはよく考えると結構難しいですが、やらかしたように見えます。あと柴崎のスルーパスはまさに本山そっくりですね。どんどん吸収して行って欲しいです。
【2012/07/01 21:33】 URL | こばけい #- [ 編集]

>ものすごく久しぶりです。
こばけいさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりですね。
決定力のある外国人FWでも決まらない日は決まらないことはありますし、切り替えしてからのシュートはギリギリのプレイでシュートまで持ってった感じで止められても仕方ないとも思いましたが、柴崎のスルーパスからのシュートは決めてほしかったです。
もっとGKの処理しづらい高さに蹴ることはできたと思うんですよね。
ただ、今季は昨季より決定機が多く作れているからこそのもどかしさだと思います。
この試合のプレイでまたジョルジーニョ監督が柴崎を2列目で使ってくれればいいのですが。
【2012/07/02 21:43】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/900-fdbc6367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。