鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1第24節】練習は裏切らないと思わせる4つのこと…の神戸戦
結果
9月1日(土) 2012 J1リーグ戦 第24節
鹿島1-0神戸(19:04/カシマ/13,798人)
[得点者]
23' 大迫勇也⑥(鹿島)←小笠原満男②
[フォーメーション]
FW:興梠、大迫
MF:ドゥトラ、レナト
MF:小笠原、本田
DF:イバ、青木、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
73分:本田→遠藤
84分:興梠→増田
90+1分:ドゥトラ→昌子


試合の感想
ミドルシュートとプレス
鹿島は4-2-2-2の布陣、前節欠場していた小笠原、大迫、ドゥトラ、西がスターティングメンバーに戻りました。
山村がケガで離脱したこともあってCBには青木が入り、出場停止の柴崎のところには待望の本田がついにリーグ初先発となりましたね。
神戸は4-4-2のフォーメーションで田代、野沢、伊野波と元鹿島勢が先発していました。
立ち上がりはものすごく静かでした。
神戸は思いのほか前線目がけてロングボールを蹴って来たので攻撃の組み立てができておらず、シュートまで行っていたシーンもありましたが、セットプレイの流れからやロングシュートが多く、厚みのある攻撃はなかったですね。
対する鹿島はボールをポゼッションして攻撃を組み立てようという意志は感じますが、DFラインからはいい縦パスが入らず、ボランチと前線のパスの出すタイミングと動き出しが合っていなかったです。
2トップがDFの裏を狙ったりくさびのボールをもらいに下がる動きはあったのですが、探り探りでどことなくギクシャクしており、また後ろからもほとんどいい縦パスが入らなかったのが試合開始からずっとシュートも打てなかった原因ですね。
しかし、23分に小笠原から大迫に縦パスが入るとすかさず前を向いて狙って行きます。
無回転シュートはGKの手前で急激な変化をしてゴールネットに突き刺さりました。
試合後のジョルジーニョ監督もこういったシュートは練習しているとコメントしていますが、一部の選手は居残りでよくシュート練習をしていますからね。
今季大迫は遠目からポストに当たる惜しいシュートを何本も放っていますし、練習の成果がゴールに結びついたと言えるでしょう。
遠藤もポストやバーに当たるミドルシュートを打っていますから、練習を続ければそのうち決まるようになるかもしれません。
それから今週は岩政の提案で前線からのプレスの掛け方をしっかり練習したのですが、それがちょうど20分過ぎから出ていましたよね。
それまでの神戸は主体的にロングボールを蹴っていましたが、先制点に至る流れはレナトと大迫のプレスで神戸DFを追い詰めてロングボールを蹴らせています。
当然このボールを鹿島が拾って左サイドから攻撃するのですが、新井場が一度パスミスで失ったもののすぐにドゥトラとのプレスで奪い返します。
それを小笠原に下げてからの大迫のシュートでしたからね。
その後のレナトのミドルシュートからそれに反応した興梠がオフサイドを取られたシーンも大迫がDFにプレスをかけてボールを奪ってからの攻撃でした。
こーめいは今季のプレスに関しては、2トップが追いはじめる高さとボールを奪う気持ちについてしきりに言って来ました。
やはり最低でもハーフウェイラインを越えた5メートルくらいからプレスを掛けないとゴール前に高精度のボールを送られる可能性が高くなりますし、本気でボールを奪う気持ちで追わないと相手が焦ることはないですからね。
神戸がロングボールを蹴って来たので立ち上がりはプレスが目立ちませんでしたが、この試合では2トップがハーフウェイラインから下がるシーンも少なかったですし、攻から守への切り替えもこれまでに比べて早かったです。
上述の2つの点も含めて確実に練習の成果が出ており、改善されていましたよね。
そのため、先制してからは神戸がポゼッションする時間が長かったですが、ゴール前までボールを運ばれることもほとんどありませんでした。
しかし、鹿島の方もFKのカウンターからドゥトラが茂木に倒された場面、新井場のパスから興梠がゴールしたもののオフサイドだった場面などチャンスになりかけるもシュートまで持ちこめるシーンはなかったですね。

2トップと2列目の不和
それもそのはず、練習でのことが試合に発揮されるのは何もいいことばかりではないからです。
今週の練習では大迫がドゥトラにつっかかってヒートアップした話題で騒がれていましたが、やはり2トップと2列目のブラジル人2人が合ってないんですよね。
レナトに関しては前節の新潟戦もこの試合でも決定的なクロスやパスはいくつも出しており、レナトがボールを持てばいいパスが出るというのは興梠も大迫も分かっているのであとは意思疎通、タイミングだけで大きな問題はありません。
むしろ前節のジュニーニョを含めて決定力、トラップミスなどFWの方に問題があって素晴らしいパスをゴールに繋げられないので、レナトには根気よくいいパスを出し続けてもらうしかありません。
大きな問題となっているのはドゥトラです。
ジョルジ-ニョ監督の指導でオフザボールの動きや周りを使うプレイに改善はあるものの、この試合は特にミスが多くボールをきちんとミートできている場面の方が少なかったですし、プレイの確実性は遠藤に比べてもかなり低くなっています。
本当なら本山が一番プレイしやすいんですけど、遠藤もカウンターの時などアシストの1つ前のパスでリーグ戦、ナビスコ杯でゴールを演出していますからね。
ドゥトラの場合はカウンター時もドリブルミスやパスミス、一人で突っ込んでシュートをはずすという事が多く、思った以上に2トップとの信頼関係はまずいようです。
試合でもそれがモロに出ていましたよね。
試合後のジョルジーニョ監督も内容の悪さをしきりに言っていましたが、それも2列目と2トップの関係の悪さが主原因です。
それは後半も同じで引き続き内容は低調のまま進んで行きます。
最初の交代カードはドゥトラに代えて遠藤か本山を起用していたら2点目も取れたと思います。
以前から言っているようにドゥトラは後半途中から投入した方が効果的ですし、相手も相当嫌だと思いますよ。

ボランチの選手交代
小笠原のパスミスからショートカウンターを受けて本田が救う危機に伊野波の肘打ちなどもありましたが、スコアも試合も大きく動かないまま73分に本田に代えて遠藤投入となります。
本田はバイタルエリアはもちろんサイドに流れてケアしたりと守備範囲が広いですし、1対1も確実に潰すかボールを奪ってくれて今の鹿島では数少ない計算できるディフェンスをしてくれます。
前線へのボールは柴崎の方が質量ともに上ですが、前半に大迫に通したボールは見事でした。
ちなみにあのシーンは完全にオンサイドでしたけど誤審されてしまいましたね。
これからが楽しみな活躍を見せてくれましたが、まだ90分は厳しいということでこれはジョルジーニョ監督も想定した交代でした。
その証拠に今週の練習では遠藤のボランチを試していましたからね。
ただ、これは柴崎が出場停止で中田、山村がケガで青木をCBで使わざるを得ないための苦肉の策でもありました。
今季は選手交代で途中からボランチをしている時もありましたが、やはり遠藤は前で起用しないと活きないですし付け焼刃感が否めなかったですね。
この状況では本当は増田が第一選択になるはずでしたが新潟戦の失態の影響は大きく、この交代から現時点でボランチの序列は小笠原、柴崎or本田、青木、遠藤、増田になっていることは明らかです。
それでもやはり遠藤は前で使った方がいいということで84分に興梠に代えて増田を投入して神戸の最後の攻勢に備えますが、ロスタイムに昌子を入れて青木を1つ上げたということは増田の働きにやはり満足できなかったということでしょう。
こーめいはこういう場面では梅鉢を入れてもう1人のボランチにDFラインの前をケアさせれば、縦横無尽にプレスをかけまくってカウンターのチャンスを作ってくれると思いますね。
いずれにせよ遠藤のボランチは臨時起用であり、本田が復活したことでボランチの争いはどうなるか楽しみになって来ました。
試合は終盤、大迫のスルーパスに興梠が倒されたシーンやレナトのパスに大迫がトラップミスしたシーンなどありましたが、やはりこのあたりをシュートまで持って行けるようにならないといけないですね。
しかし、スペースが出来たこともあってロスタイムには遠藤のシュートなどもあり、前半よりはいい形で攻めることができていました。
最後は守りきって連敗を勝利で止めました。

先勝必須の柏戦
明日はナビスコ杯準決勝柏戦です。
初戦はホームですから絶対に勝たないといけないですね。
そのため大きくメンバーを入れ替えることはないでしょうが、連戦になりますし本田の活躍もあってどんな先発になるかは注目です。
中田の例もありますしまだ90分は無理なら柴崎が小笠原とボランチを組むかもしれませんね。
しかし、本田が完全復活すれば小笠原とダブルボランチ、柴崎を1列上げるという選択も出て来ます。
その方が確実にいいパスが出るので2トップのストレスもなくなるでしょう。
この試合でのパフォーマンスが悪かったドゥトラを連戦で先発起用する意味はなく、遠藤か柴崎を2列目で先発、試合展開に応じて後半に本山かドゥトラを投入すると言うのがもっとも効果あるでしょうね。
ナビスコ杯とリーグ戦は佳境に入り、週末には天皇杯が始まりますから柏相手にシーズン終盤の戦いに期待を抱かせる試合を見せてほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

はじめまして。
いつもブログ拝見させていただいてます。

本田選手復活がとても嬉しい試合でしたねえ。
これでボランチは質量ともにJリーグでも
トップといえるクオリティになったかもですね。

でも、センターバックの人材がちと不安だなあと
思いました。
新加入の植田選手はまだ期待しちゃいけないでしょうし、
鹿島完全復活にはもう少し時間が必要ですかね。

試合終盤で4-2-3-1になったようにみえたのですが、
急にポゼッションを取り返したように感じました。
このフォーメーションに、逃げ切りをはかる場合の
オプションとしての可能性を感じたのですけれど、
どんなものでしょうか。
【2012/09/04 19:44】 URL | マルドロール #hemVQ5gY [ 編集]


貴重な情報ありがとうございます。
神戸戦は、特に中盤のプレスが本当によかったと思えます。練習は岩政の提案でしたか。
まだフル出場は早いかもしれませんが、待望の本田復帰で今後が楽しみです。状況に応じて柴崎、或いは小笠原を2列目に上げるなど厚みが出る攻撃でFWへより精度の高いパスが期待できます。
こーめいさんのおっしゃる通りで、ドゥトラの途中起用は本当に活きると思います。イライラしやすい性格の印象を受けますし、相手チームの運動量が落ちてきた頃に出場し、相手陣内を切り裂くドリブルがみれそうなのと、落ち着いたプレイが増えて、周りとの連携もスムーズになり、本人自身だけでなく、チーム状況も好転できそうです。
ナビスコ柏戦は、CB、SBに誰を起用するか、気になるところです。快勝して、またこーめいさんの試合感想を拝見できることを楽しみにいたします。
【2012/09/04 21:17】 URL | がく #- [ 編集]

マルドロールさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
柏戦もでしたが本田がいるとやはり守備が締まります。
逆に小笠原と柴崎のダブルボランチは守備面ではちょっと不安がありますね。
CBはケガ人に代表なので今は選手層が薄いですが、昌子は及第点の活躍でしたし大迫に続いて若い選手が成長してくれればと思います。
柏戦もでしたがFWを1枚にしてからは4-2-3-1で逃げ切る形にしていますね。
これは中盤を厚くしてポゼッションを高める狙いがあると思いますが、大きく蹴りだすばかりで逆に前線にボールがおさまらずに押し込まれる原因になっているとこーめいは思います。
DFラインの選手やドゥトラが大雑把に蹴ることが多くまだまだオプションとしては改善の余地があり、早目にドゥトラを代えればパスの上手い選手が揃うので相手のプレスをかわしながらパスをまわして鹿島らしいポゼッションが出来ると思います。
もしくはドゥトラを途中から入れて1人で突撃させてシュートまで行かせる方が戦い方がはっきりしていいですね。
【2012/09/06 20:48】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

がくさんへ
コメントありがとうございます。
プレスに関してはミーティングで選手から何かないかと聞いたところ岩政から提案があったそうです。
柏戦も引き続きよくなって前線からプレスが出来ているときはしっかり守れていますね。
途中出場の本田も引き続きいいプレイをしていましたし、柴崎は2列目で起用しても十分いけることをプレイで見せてくれましたし、これからが楽しみですね。
柏戦は昌子がCBで気持ちの入ったプレイをしてましたし、天皇杯も若い選手が多く出るという話もあるので期待しています。
【2012/09/06 20:54】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/912-577df935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。