鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1第33節】来季のベースとなる試合で残留決定…の名古屋戦
結果
11月24日(土) 2012 J1リーグ戦 第33節
名古屋1-2鹿島(14:33/豊田ス/23,892人)
[得点者]
07' ドゥトラ7⑦(鹿島)
25' 増川隆洋(名古屋)
35' ドゥトラ⑧(鹿島)
[フォーメーション]
FW:大迫
MF:ジュニーニョ、ドゥトラ、遠藤
MF:本田、柴崎
DF:イバ、青木、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
76分:本田→増田
82分:ドゥトラ→レナト
90+3分:ジュニーニョ→昌子


試合の感想
ベストメンバーが揃わずも
名古屋はこのところ攻守のバランスが良くなっている4-2-3-1の布陣、1トップにはFWとしてもかなりの脅威を振りまいている闘莉王が入ります。
鹿島もフォーメーションは4-2-3-1、興梠が体調不良でチームに帯同せずに控え予定だったドゥトラがトップ下、左右にはジュニーニョと出場停止明けの遠藤という並びになりました。
小笠原が出場停止ということで、ボランチは本田と柴崎のコンビになりましたね。
立ち上がりこそ名古屋がポゼッションをしますが、鹿島が徐々に盛り返すと左サイドから攻め始めます。
CKなどチャンスもありつつも、まだ名古屋の右サイドを攻略し始めているという段階だったのですが、思わぬ展開から先制点が生まれます。
大迫とドゥトラのワンツーはパスがずれてダニエルに渡ってしまうのですが、その処理を誤ります。
ドゥトラがミスを見逃さずにかっさらうと落ち着いて楢崎の股を抜くシュートを決めました。
ダニエルは上に上げてオーバーヘッドでクリアしようとしたんですかね。
鹿島としてはラッキーな先制点でしたが、闘莉王へのロングボールを岩政が競り勝って、こぼれ球を柴崎が右サイドへ、遠藤が中央へドリブルしてから新井場へサイドチェンジと攻撃の流れは良かったです。
ここからは中盤の攻防が続くのですが、名古屋はロングボールに小川が抜け出して折り返し、鹿島は大迫のスルーパスにジュニーニョがシュートを放ち、さらには名古屋がクロスから玉田のヘッド、鹿島は遠藤のスルーパスからジュニーニョのクロスにドゥトラがゴール前に飛び込むなど縦に早い攻め、サイドからの攻撃でお互いチャンスを窺います。
20分に三都主が石櫃に負傷交代すると左サイドが活性化、分厚い攻めでクロスから闘莉王のヘッドに至りますがこれはゴール左にはずれます。
さらに石櫃の仕掛けにジュニーニョがファウルをしてしまい、そのFKからファーサイドで増川に合わせられて決められてしまいます。
付いていたのは青木ですが、やはりこういうところでのポジションの取り合いは下手で相手に前をとられることが多いですね。
青木の失点パターンの1つと化していますから、弱点を克服する練習を重点的にして修正しないといけないです。
ここからは少し押される時間帯となりますが、鹿島のDFラインは闘莉王の高さに競り負けることは多かったものの集中して最後まで体を寄せることはできていましたね。
これまでと違ってドフリーでプレイさせてはいなかった分、シュートまで行かれても守ることはできていました。
今季はあまりにGKとDFラインの選手のミスで簡単に失点していましたが、こういう我慢の時間帯に守れるかどうかというのが勝敗に大きな影響を及ぼしますよね。
すると35分にダニエルのパスを本田がインターセプトすると左足で逆サイドにフィード、大迫がキープしながら名古屋DF2人に果敢に仕掛けてシュート、楢崎のはじいたボールはドゥトラのもとへ。
これも落ち着いてゴールに蹴り込み、再び勝ち越します。
今やドゥトラの強みはドリブルよりもこのフリーランニングですよね。
ハーフウェイライン手前から走っていますから、DFもマークに付きづらいですから。
前半は鹿島の1点リードでで終えます。

集中力を高く保って競り勝つ
後半開始からストイコビッチ監督が大胆に動いて来ます。
前半に負傷で1枚カードを切っているのですが、金崎、永井の2枚を一気に投入、勝負に出ます。
しかし、最初に決定機を作ったのは鹿島でした。
スローインから大迫が抜け出すとクロス、中央のドゥトラとジュニーニョには惜しくも合わなかったものの、すぐに立て直して柴崎がシュートまで持って行きます。
楢崎に防がれてしまいますが、そのまん前ではドゥトラがダニエルに後ろから両手で抱え込まれるようにして倒されていますから完全にPKのシーンでしたね。
ただ、この試合の鹿島はこのくらいの誤審には左右されない気合いが見られました。
ジョルジーニョ監督の指示もよかったですね。
前半から要所で集中、集中と選手に声をかけていましたし、ハーフタイムの「1つ1つのプレイに明確な意思をこめろ、狙いのないアクションほど危険なものはない。各自がリスクマネージメントの意識をしっかり持つこと」というコメントはこれまでのDF陣の集中力のないプレイからの失点を絶対に生まないという明確な意思を感じました。
石櫃のオーバーラップからの折り返し、闘莉王の落としから金崎が抜けたシーンなどは新井場、青木、岩政、曽ケ端が体を張って守っていました。
そして危険なところには本当によく本田が顔を出していましたね。
攻撃に関してはジュニーニョがストライカー的な動きをし過ぎていたので決してバランスはよくなかったです。
前節はいいバランスでプレイできていたのですが、興梠ではなくドゥトラが入った影響もあったのかもしれません。
もっと引いて受けたり選手間の距離を近くして中盤でボールを持ってサイドで仕掛けて、大迫やドゥトラがゴール前に入っていくシーンを増やしたかったのですが、裏を狙い過ぎていましたね。
それでも大迫、遠藤、ドゥトラで攻撃を作っていましたし、ジュニーニョがバイタルエリアやペナルティエリアで前を向いてボールを持つシーン、そこからシュートという場面も多々あったので決めて欲しかったです。
特に70分の大迫のスルーパスから抜けて楢崎と1対1になった決定機は…。
楢崎の対応も素晴らしかったんですけど、やはりジュニーニョはフィニッシュのところでは怖さが感じられなくなっています。
本田が予定通りの交代、足をつったドゥトラに代えて試運転も兼ねてレナト、ロスタイムには昌子を入れて守りきるとジョルジーニョ監督の采配もよかったです。
最後まで鹿島もチャンスを作っていましたし3点目を決められなかったのは残念ですが、しっかり守って残留を決める勝ち点3を得ました。
攻撃陣は2点を取って、DF陣が集中してしっかり守るという当たり前のことが出来れば競り勝てるという試合でしたね。

残留決定、そして最終節へ
神戸が負けて、G大阪が終了間際に引き分けたのでこの勝ち点3で鹿島の残留が決まりました。
選手は残留で喜んでいいのか複雑な気持ちもあったようですが、こーめいは素直にものすごく嬉しいです。
なぜならジリ貧で弱体化に向かってまっしぐらだったオリヴェイラ監督の晩年から、今季ジョルジーニョ監督になってせっかくチームがいい方向に進み出したのにここで降格してしまってはそれが来季に繋がらないものになってしまうからです。
しかし、無事残留が決まったことで(来季に向けての補強次第ではありますが)オリヴェイラ監督の負の遺産もほぼ返し終えたと言っていいと思います。
この試合ではダブルボランチのバランスがよく、本田は相手の攻撃をよく潰していましたし、柴崎は攻撃のタクトを振るっていました。
遠藤はまったくボールを取られることなくボールキープでチームを落ち着かせるとともに攻撃の起点になっていました。
扱いの難しい独特なプレイスタイルのドゥトラもシャドーストライカーとして機能させ、その本領発揮の2得点。
大迫のポストプレイも磨きがかかり、スルーパスから何度もチャンスを作っていましたからね。
曽ケ端とDFラインが最低でもこの試合くらい集中してしっかり守れれば、今季ことごとく勝ち点を落としていた試合も競り勝てるはずです。
そういう意味ではこの試合は来季のベースとなる試合と言ってもいいでしょう。
シーズンを振り返っても大迫と柴崎は今季急成長しましたし、興梠もワンタッチゴーラーとしてのスタイルをより明確にしてキャリア2度目の二桁得点。
遠藤はまだまだやれると思いますが、確実に今季はボールの持ち方、運び方が上手くなっていますし、最近はいいスルーパスも出せています。
ドゥトラはシャドーストライカーとして新境地を開き、レナトも途中加入ということを考えると活躍していますし、スルガ銀行チャンピオンシップなど重要な試合で得点しています。
もっと時間があれば周りとのコンビネーションも確実によくなるでしょうね。
本田は完全復活も間近、昌子は今季でかなり成長しましたし自信もつけています。
ここに来てようやく新しいチームの門出という気もしますし、決定力とDFラインのテコ入れを補強によってしっかり出来れば来季はいいシーズンが送れるでしょう。
次節の柏は新しい鹿島の船出としては絶好の相手ですね。
柏もブラジル人の個の能力が高いので要注意です。
名古屋は闘莉王、ダニルソン、ダニエルなど強さが際立ちますが、そういう相手には鹿島のDF陣は割と強いです。
しかし、柏のレアンドロ・ドミンゲスやジョルジ・ワグネルは技術がずば抜けていますし、ネット・バイアーノのポストからの足技もなかなかでナビスコ杯でやられています。
いつもの間合いでは精度の高いシュートを決められてしまいますし、あまり強く当たり過ぎるとかわされることにもなりますから、一層守備での集中力、状況に応じたより細かな判断力が要求されます。
残留は決まったものの(天皇杯磐田戦はありますが)ホーム最終戦ですし、勝敗を五分に戻さなければならない試合でもあります。
順位も10位に上げる可能性もあれば14位まで転落する可能性もあります。
そして、何よりこの試合の名古屋を観てもホーム最終戦で負けてセレモニーとなるとお通夜みたいな雰囲気になります。
そんなことは絶対に避けたいですし、勝って笑顔でシーズンを終えたいですね。
そして天皇杯優勝を目指しましょう。

ジョルジーニョ監督の退任について(鹿島オフィシャル)
と思ったらまさかのジョルジーニョ監督退任…。
名古屋戦の後のインタビューの雰囲気に違和感があったので、嫌な予感はあったんですよね。
あの時点ですでに契約更新の交渉が上手くいってなかったのでしょう。
どういう経緯なのか分かりませんが、フロントから契約延長しなかったのだとしたら最悪な判断です。
しかし、フロントは続投という考えだったので何か条件面か他のオファーがあったのでしょうかね。
こーめいが気になっていたのはフォーメーションとドゥトラの去就です。
あとは79年組のうちの衰えた人の方、レナトの獲得なども考えられますね。
鹿島も震災のせいもあって赤字で補強費もあまりないでしょうし、そこら辺で考え方に食い違いがあったのか…。
オリヴェイラ監督時代に6億近い移籍金を費やしたにも関わらず、そのほとんどの補強に失敗したのが痛かったです。
鹿島は監督には(監督or選手での)実績やカリスマ性、格を大事にしますから次もブラジル人なのでしょうが、これでまた来季監督が代わることになると、交渉から戦力や選手のプレイスタイルの把握に時間がかかりますし、補強の方向性も見直しが必要となりますね。
鹿島は継続性を大事にして結果を出して来たのに、ここでまた交代となって監督選びを間違うと来季もまた低迷なんてことになります。
でも、育った選手の能力が落ちるわけでも無駄になるわけでもないですし、単年契約である以上よりいい監督をという可能性を探るのは当然です。
すでにフロントが次に動き出して能力の高い監督を連れて来れるという判断での交代ならいいんですけどね。
セルジオ・ファリアス監督が来てくれたらいいのに。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

おはようございます。

今のチームもやればできると信じてはいたので、しっかりとそれが確認できたゲームでした。

それではなぜもっと早くやらない!と思ってしまいますが(怒)

立ち上がり数分で、これなら大丈夫そうだと思いました。あまり根拠はなかったのですが、選手達が良い雰囲気でプレーできている気がしました。なんとなく安心して見守れましたね。まあでも何が起こるか分からないのがサッカーですし、審判のジャッジの問題もありましたから気は抜けませんでしたけどね。

何はともあれ勝って一安心。これで一週間穏やかに過ごせるのでよかったです。これを考えると、大宮はすごいチームだなと思います。毎年ですからね。

ジョルジーニョ監督非常に残念です。私自身、期待が大きかったので尚更にです。関塚さん、セレーゾさん等々、さっそく名前が上がってますね。

これを機会に若手やベンチ外の選手達に多くのチャンスが訪れ、良い循環が生まれて欲しいと願います。

【2012/11/30 08:30】 URL | あーりん #- [ 編集]

あーりんさんへ
コメントありがとうございます。
名古屋戦に続いて柏戦もしっかり戦えましたね。
確実にチームがよくなっているのを感じるのでジョルジーニョ監督の退任はとても残念です。
来季に向けてすごく将来性を感じていたのですが、監督人事、補強と今はちょっと不安な気持ちです。
いろいろ話題にはのぼっていますが、こればかりは待つしかないですね。
【2012/12/02 20:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/928-17504183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する