鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョルジーニョ監督退任、それに伴う監督人事と移籍噂について
ジョルジーニョ監督退任にショック
鈴木満強化部長も青天の霹靂と述べていましたが、本当に突然のことでこーめいもショックでした。
柏戦を観ても分かるように1年間我慢して続けて来たことがようやく実って、チームがいい方向に向かっているところでしたからね。
来季、ジョルジーニョ監督が続投なら若い選手のより一層の成長を期待できましたし、昨年までの選手補強の失敗も取り戻していいチームを作ってもらえたと思います。
それだけに残念ですが、家族の問題と言うことで仕方ない面もあります。
恐らく今季鹿島の監督に就任するにあたっても家族と離れて暮らすというのは1つのネックになっていたと思いますが、それでも鹿島のためにという想いから引き受けてくれたのでしょう。
しかし、実際に離れて暮らしてみると日本で仕事を続けるには難しい問題もあり、それを改善する方法はブラジルに帰って家族全員で一緒に暮らすのが最善という結論に至ったのだと思います。
子供たちがいくつかは知らないですが、普通の家庭でも子供たちと暮らすのは20年前後。一緒に住んでいる時には気づかないですが、子供が自立して離れ離れになるとこの期間は意外と短いと感じますし、こーめいはなるべくその時期は家族で過ごすことも大切だと思います。
1年で退任となってしまいましたが、若い選手を育てられず補強も失敗を続けてチームがジリ貧で崩壊寸前に至っていた状況だっただけに、このジョルジーニョ監督の1年は非常に重要かつ意味があったと言えるでしょう。
昨季の今頃はチームがこのまま弱くなり続けるイメージしかなかったですが、今季は見事に負の遺産を返済してこれからが楽しみになって来る未来を感じるチームになっています。
ジョルジーニョ監督も永遠の別れではないと言っていましたし、いつか戻って来てほしいですね。
今度は鹿島史上最悪のチーム構成という状況ではなく、もっといいタイミングで指揮させてあげたいです。
天皇杯は絶対優勝してジョルジーニョ監督をブラジルに送りたいですね。

次期監督候補の噂について
ジョルジーニョ監督が来季に向けて非常に手応えを感じるチームを作ってくれただけに、次期監督の人事は重要になって来ます。
候補として関塚監督とトニーニョ・セレーゾの名前が挙がっています。
こーめいは関塚監督には反対、トニーニョ・セレーゾがいいというわけではないですが、またブラジル人監督でお願いしたいですね。
というのも世界的にブラジル人監督が有能とは思わないですけど、日本人に比べればやはり能力が高いと思うからです。
それに関塚監督は川崎、五輪代表での実績はどちらもカウンター主体のサッカーでしたし、川崎時代の守備は前3人で攻めて残りで守るという前後分断のサッカー、五輪代表ではオーバーエイジの吉田に丸投げでした。
守備組織の構築、大迫や柴崎を使った崩しの形を上手く作れるのかという不安はありますね。
ただ、戦術に関してはそれなりにはできるとは思います。
こーめいが一番懸念するのは、鹿島が監督選出時にもっとも重要視する格(監督・選手時代の実績、カリスマ性)が足りないということです。
鹿島はこれまでアウトゥオリやオリヴェイラなど世界一監督やトニーニョ・セレーゾ、ジョルジーニョなど世界でも有数のプレイヤーだった人材を監督に据えてきました。
監督の格というのは思っているよりずっと重要だということを今季は改めて認識させられましたね。
シーズン途中で監督を解任したクラブは6クラブありましたが、そのうち動くのが早かったのがG大阪と川崎です。
どちらも理由の1つに監督と選手との間に距離感があるということでした。
優勝を争うようなクラブ、代表クラスの選手がいるクラブでは監督の格、実績に説得力がないと選手がついて来てくれないという状況に陥ることがあります。
川崎の相馬監督はOBだったので1年は持ちましたが、昨年から選手との間に溝があって今季もそれを埋めるどころか広がるばかりで最終的にはかなり酷い状態になって解任されました。
G大阪もセホーン監督、呂比須ヘッドコーチという二頭体制でスタートしたものの、結果が出ずに早々に解任となりました。
要するに監督に格がないと選手がついて来てくれないので、時間を与えられないんですよね。
その結果、後任監督も(中心)選手が納得できる人事であることを最優先せざるを得ず、川崎は風間監督を招聘、そのサッカー感に合わない選手は放出するなど入れ替えも多く行いました。
G大阪はOBという説得力を持っている松波監督を選択してチームをまとめることには成功しましたが、実績の無さは最後まで尾を引きましたね。
つまり、選手に「どうしてこの監督なの?」と思わせたらダメということです。
対して鹿島はOBでもあり世界でも有数のプレイヤーだった格のあるジョルジーニョ監督を選択しました。
小笠原を始めとする一緒にプレイした経験のある79年組はもちろん、大迫、遠藤、柴崎、山村などいいものを持っている選手は我慢強く起用し続けて結果が出なくとも批判は自身が受けていましたから、若い選手からの信頼も絶大でした。
そのため、序盤に結果が出ずとも焦ることはなく、リーグ戦では低迷を続けてもチームが崩壊することはなかったです。
結果、その継続性がナビスコ杯のタイトル獲得やリーグ終盤になってのチーム、選手の成長に繋がりましたからね。
関塚監督は鹿島でコーチをしていましたから一見説得力があるようにも思いますが、それが通用するのは79年組あたりまでではないかと思います。
しかし、今の鹿島の中心はすでに大迫と柴崎ですからね。
西野監督、反町監督は五輪時代に選手の離反にあってグループリーグ敗退、南アフリカW杯の岡田監督、ロンドン五輪の関塚監督は結果を出しましたが、どちらも自らが推し進めたポゼッションスタイルのチーム作りに失敗して直前でカウンターサッカーに切り替えています。
そして、これまたいずれも本番の戦いにおいて守備戦術を選手に任せたことによって成功、そうすることで選手の不満を抑えることができましたが、でなければ西野監督や反町監督と同じように選手の反発にあってチーム崩壊していたと思います。
要するにこれから世界で戦っていくような大迫、柴崎をきちんと生かせる戦いができるか、結果が出なかった時に上手くマネージメントできるかという事を考えると不安もあり、安易な選択肢ではないかと思いますね。
前述したように今季大きく成長した大迫と柴崎はジョルジーニョ監督との信頼関係は目に見えて厚いので、なおさら後任監督選びは下手を打てません。
どうしてこの監督なの?と思わせたらチームがまとまらなくなってしまいますからね。
こーめいはJリーグ創設期からの鹿島サポなのでむしろ関塚監督だと応援しないということはないですし、上手くいかないとも限らないですが、よりチームが上を目指せるように最善の選択を探ってほしいです。
こういうことがあるから日頃から選手も含めてブラジルの情勢にはアンテナを張っておくべきだと以前から言い続けているのですが…。
契約事なのでどうなるか分からないですし、現段階では可能性レベルの話ですが、フロントは監督の続投や候補選びに関しては安易に考え過ぎるところがあるので気にとめておいてもらいたいです。
安易に走り過ぎてこれまで大事にしていたものを見失わないでほしいですね。

選手補強の噂について
選手補強については降格した神戸の野沢への復帰要請、大宮の東獲得に動いているという話が出ています。
鹿島サポならどうしても話題になる神戸の3人組ですが、野沢の復帰は今の鹿島にとってはそれ程戦力にはならないでしょう。
鹿島が欲しいのはゲームメイクタイプですし、野沢は思った通り神戸でそういう仕事ができなかったですからね。
タイプ的にはドゥトラの役割になるので足元の技術の高さを考えると、そういう使い方をすれば活躍すると思います。
しかし、年齢的なものもありますし、移籍金を払ってまで獲得するなんてバカらしいです。
田代のようなタイプは今の鹿島に足りないところですが、ケガと年齢を考えると厳しいですよね。
伊野波は十分戦力になると思いますが、昌子が育って来ていることを考えるとこれまた移籍金を払って獲得する選択はないでしょう。
2列目の枚数が足りないので補強は必要ですから、そういう意味で東の名前も挙がっているのでしょうが、彼もゲームメイクタイプではないですからね。
オフザボールの動きでゴール前に入って行くのが上手い野沢や東を獲得しても、それまでの流れで誰が高い位置で起点になって誰がそこにパスを出すのっていうのが今の鹿島にとって最重要事項です。
今季は大迫、遠藤、レナトの3人が揃ってようやくその形ができているところですからね。
野沢や東よりもしっかりリサーチしていい外国人選手を獲得してほしいです。
Jクラブからの補強でしたら、甲府の片桐を獲得した方がいいですよ。
今長期離脱をしていますが、0円プレイヤーですしバックアップとしては十分計算できます。
FWではFC東京の渡邉千真、ラファエルの名前が挙がっていて、ラファエルはすでに大宮復帰が決まっているという話もありますね。
ダヴィやレアンドロは金銭的に難しく、ウィルソンは来季も仙台。
ブラジルからいい選手を連れてくるのも難しくなっていますし、Jリーグの選手で言えばネット・バイアーノなんていいのではと最近思っています。
ネルシーニョ監督は先発で起用してないですが、あの高さは攻撃のヴァリエーションを増やしてくれますし、ペナルティエリア内で胸トラップや足元でキープできるのは大きいです。
あまり出場時間がないから分からないですけど、決定力はそんなに高くはないんですかね。
サイドバックについては新井場にC大阪が興味を持っているそうで、鹿島の補強話はまだ聞こえて来ません。
外国人の獲得、宮崎の復帰、あとは守備的な選手というイメージではないですけど川崎の0円プレイヤー田中がサイズもあっていいかなと思います。
あと0円プレイヤーかは知らないですが、仙台が狙っている新潟の石川、または逆サイドの村上はしっかり守れるタイプだと思います。
仙台の上本、広島の石原、千葉、塩谷、浦和の阿部、槇野、横浜FMの富澤、ベテランであることを除けばマルキーニョス、ドゥトラの獲得もよかったですし、上位はやっぱり補強が成功していますよね。
来季に向けてはいい補強ができるのではないかと期待もあったのですが、ジョルジーニョ監督が退任することになってつい不安を抱いてしまいます。
ここのところ攻撃的なサイドバックばかりになったり、ファーストボランチやゲームメイクできる選手が足りなかったりと、ピントのずれた補強が続いているのでしっかりチームバランスを考えた補強をしないと来季また苦しいシーズンになりますよ。
監督が決まってからでは遅いのでフロンド主導で補強を進めないといけないですから、退任するものの、選手を見極める目を持っているジョルジーニョ監督に意見をもらった方がいいと思います。
昨季のオリヴェイラ監督と違っていい選手をリストアップしてくれるでしょう。
フロントも安易な選手補強をするのではなくどうせ移籍金を払って獲得するなら鳥栖の豊田や磐田の山田、能力の高い外国人など狙って欲しいですね。
出戻りの伊野波や家長の時もそうでしたが、鹿島フロントは他クラブの選手獲得に情熱が足りないというか、奥手過ぎなところがあります。
新人選手のスカウトと同じくらいの熱心さと根気で誘えば、鹿島に来てくれる選手はいっぱいいると思いますけどね。
天皇杯に優勝して来季はACLに出場すると信じて応援するので、きばって監督人事、選手補強してください。
柏戦の記事はまた数日後のアップしたいと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

こーめい師と同様にジョルジーニョの続投に期待していたので、退任はショックでした。
ホント、フロントの失態が続きますね・・・
信頼を取り返すためにも、しっかりとした監督を探してもらいたいものです。
柏戦の分析、楽しみにしています。
【2012/12/02 23:42】 URL | 希望鹿 #- [ 編集]


こんにちわ。
関塚さんは候補からはずれましたが、だからといって次期監督にセレーゾ氏は
本当に止めて欲しい。
セレーゾ氏の戦術ってただ自陣に引いて守っていただけで、就任時代の鹿島の
攻撃は年々悪くなってた記憶が…、せっかくジョルジーニョのおかげで攻撃が改善傾向なのに。
その後の監督歴見ると、とても監督をもう一度任せられないですよ。
【2012/12/05 22:07】 URL | 近畿圏の鹿 #mQop/nM. [ 編集]

希望鹿さんへ
コメントありがとうございます。
監督選出は次もブラジル人に絞ったみたいですね。
3人候補が挙がっているということですから、あの人だったらといろいろ想像を膨らませながら待ちたいと思います。
【2012/12/06 19:40】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

近畿圏の鹿さんへ
コメントありがとうございます。
>セレーゾ氏の戦術ってただ自陣に引いて守っていただけで、就任時代の鹿島の 攻撃は年々悪くなってた記憶が…
これはオリヴェイラ監督にもそっくりそのままあてはまりますからね。
一番の問題は3年どころか2年すら同じクラブを継続して率いた経験がないブラジル人監督が多すぎること、そしてそんな監督をフロントが引っ張りすぎるということです。
経験のないことをやらせて失敗してるのだからある意味必然の失敗であり、今後はチーム作りが上手く行っておらず尻すぼみ状態だったら4年以上は任せない方が無難です。
それと名前が出ている監督はダミーというかマスコミ向けで、本命は名前が出ていない方なのではないかと推測しています。
【2012/12/06 19:52】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/929-bb548938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。