鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来季に向けての鹿島の補強策
[現在の選手構成+補強予想]
GK①:佐藤昭大
GK②:曽ケ端準、川俣慎一郎、八木直生
CB①:岩政大樹植田直通
CB②:昌子源中田浩二山村和也
LSB:宮崎智彦新井場徹鈴木隆雅
RSB:西大伍伊東幸敏
DH①:本田拓也梅鉢貴秀青木剛
DH②:柴崎岳小笠原満男増田誓志
OH①:レナト本山雅志土居聖真
OH②:遠藤康ドゥトラ宮内龍汰、豊川雄太
FW①:大迫勇也興梠慎三
FW②:ブラジル人岡本英也中川義貴

[主力orローテーション退団の可能性あり獲得の可能性ありプロ入り3年以内の選手]

[IN]
DF:植田直通(大津高・確定)
MF:豊川雄太(大津高・確定)
DF:宮崎智彦(磐田にレンタル中)
MF:川島大地(山形にレンタル中)
MF:東慶悟(0円・大宮・興味)
MF:野沢拓也(神戸・興味)
FW:大久保嘉人(0円・神戸・興味)
FW:渡邉千真(FC東京・興味→消滅?)
FW:ダヴィ(ウムサラル・正式オファー)
FW:ラファエル(ボタフォゴ・獲得リストの1人)

[OUT]
DF:新井場徹(0円・C大阪が正式オファー)
DF:中田浩二(0円・山形が正式オファー)
DF:アレックス(徳島にレンタル中・退団濃厚)
FW:佐々木竜太(契約更新せず)
FW:興梠慎三(0円・浦和が正式オファー、FC東京・柏などが興味)
FW:ジュニーニョ(退団濃厚)


補強方針をどうするか?
ドゥトラの去就
来季のチーム構想において最初に決定すべき事項は、実はドゥトラと契約を更新するかどうかです。
なぜなら独特なプレイスタイルで扱いづらいドゥトラは今季のプレイを観ても4-2-3-1でないと機能しないと思われるので、契約更新するかどうかで鹿島の布陣、戦い方が決まると言っても過言ではないからです。
しかし、決定力不足改善のためにブラジル人FWの獲得は必須事項ですし、成長した大迫を先発で起用しないという選択も有り得ません。
そうすると鈴木満強化部長も鹿島らしさを取り戻せるチーム構成にするとコメントしていますし、来季は再び2トップ、4-2-2-2のフォーメーションを採る可能性も高いです。
ドゥトラをOHに置いた4-2-2-2の場合、ビスマルクや本山クラスの10番選手がいないと機能させるのは厳しいのではないかと思います。
ドゥトラは来季で25歳とまだ若く成長も見込めますし、大迫とのコンビネーションもよくなって結果を出しています。
プレイスタイルも独特でおもしろい存在ですから外国人枠でなければ確実に残したい選手なのですが、起用の仕方が難しいことを考えると鹿島にとっては更新するかどうかの判断は微妙なところです。
ドゥトラが残留して新たにブラジル人FWを獲得した場合、機能させる方法は次の2つになると思います。
・4-2-3-1をオプションにする
1つは4-2-2-2を基本布陣にしてドゥトラを途中出場、対戦相手によっては4-2-3-1をオプションとして採用して先発で起用するという方法です。
ただ、控えに置いておくと不平分子と化す可能性もあるので新監督が上手く扱えるかどうかにかかっています。
ジョルジーニョ監督が続投なら問題ない事案だったのですけどね。
・大迫をトップ下に配置
もう1つは外国人FWを1トップ、ボールも収まってパスも出せる大迫をトップ下に配置する方法です。
これだと大迫がくさびのプレイをするために下がり目の位置に降りて来ると捉えれば、4-2-2-2という布陣と言うこともできます。
もともといい時の鹿島は前線のポジションが流動的なので、時間をかければ4-2-2-2崩れの4-2-3-1の布陣でも選手同士の距離感を良くして機能するように持っていける可能性もないことはないと思います。

79年組の去就
次にポイントとなるのは今季で契約が切れる79年組小笠原、本山、中田、新井場、曽ケ端の去就です。
実際に他クラブからオファーも来ている選手もいますし、ケガやコンディション不良によって出場機会も減り、今季コンスタントに出場した小笠原、新井場、曽ケ端も確実にパフォーマンスの低下が感じられます。
ただ、今の鹿島は中堅層が少なくて若い選手が多いですし、フルシーズンは難しくてもコンディションがいい状態では確実に戦力となってくれるので、フロントもオファーを出しているように基本は残留という方向で考えていくことになります。
上記の [現在の選手構成+補強予想]では近年のコンディションやケガを考えて79年組は控えにしていますが、パフォーマンスによってはもちろんレギュラーでの活躍も十分期待できます。

いびつな選手層の改善は?
鹿島のチーム力低下はオリヴェイラ監督時代のチーム作りの失敗が響いており、上記の選手構成を見ても現在の選手層がかなりいびつな状態になっていることが分かると思います。
今季のチームは日本人フィールドプレイヤー22人中(途中でレンタル移籍した佐々木は除く)プロ入り1,2年目の選手がなんと半数近い9人、同様に働き盛りである24歳~29歳の選手は興梠、増田、遠藤、岡本、本田、西のたったの6人。
本来はこの主力となるべき層がもっと多いのが理想なのですが、6人中半分が移籍組となっていることからも、いかに若手育成に失敗し続けたかが分かります。
オリヴェイラ監督の育成手腕のなさから昨季までの5年間は、いい新人選手をとって3年でレギュラー、準レギュラーに育てて足りないポジションを他クラブからの移籍補強で補う鹿島元来の方針ではなく、選手をまったく育てずに補強でチーム力をアップするという真逆の強化方針となっていました。
クラブ史上初めて経験する方針でのチーム作りとなったわけですが、その結果上手くいかずにここ3年間は確実にチームが弱体化、リーグ戦の順位も下がり続けてそのツケが今季一気に来たわけです。
しかし、ジョルジーニョ監督のおかげで今季は大迫、柴崎が完全に主力になり、昌子を始めとするプロ入り1,2年目の選手も成長しています。
そのため、優勝争いをするためのチームを作るために主力クラスの選手を獲得していびつな選手層を改善すべきか、来季プロ入り3年目以内となる選手の中にいい素材が集まっているのでそこを育てていくかも大きな選択となります。
以上のことを考えながら、来季の補強ポイントを考察していきたいと思います。

補強ポイント(年齢は13シーズンの表記)】
決定力のあるブラジル人FW
シーズン中にも補強ポイントに挙げていましたが、今季の決定力が18クラブ中16位だった鹿島にとって決定力のあるブラジル人FWの獲得は必須です。
ダヴィ(29歳・ウムサラル)、ラファエル(30歳・ボタフォゴ)
ダヴィサイドから売り込みがあって現在交渉中ということですが、一時年俸を含めて9億というかなり吹っ掛けられた金額も報道されていました。
中国の金満クラブが飛び付かない限りかなり値引きされるだろうと思っていたら、やはり1億6500万円程にまで下がっているようです。
もともと今季も甲府へのレンタル料は無料、年俸も出来高制でかなり抑えられていたということでしたから、ダヴィ自身も給料未払いの中東、ケガで戦力外とされた中国ではプレイしたくなく、日本でのプレイを望んでいるのでしょう。
ウムサラルも給料を払う気がないダヴィにはチームに残留してもらっては困るという立場ですからね。
年俸交渉で両者に隔たりがあるということですが、こーめいはダヴィ獲得には反対です。
甲府の試合を観るとまったく守備をしないどころか、ボールを引き出したり攻撃の組み立てに参加する動きもないですからね。
本当にフィールドプレイヤー9人で守って、9人でチャンスを作ってダヴィが決めるというダヴィ中心のチームでした。
ボールキープやドリブルでの仕掛けはできるので能力的には前線で起点になれる選手だと思いますが、あまりに攻守で運動量が少ないですね。
甲府は1点差の試合をものにしてJ2で優勝しましたけど、ダヴィがもっと攻守に動いていたら圧倒的な成績だったのではないかと思います。
売り込みがあってそのまま交渉スタートしたようですが、鹿島フロントも甲府の試合をきちんと確認すれば真っ先に交渉すべき事案ではないと分かりそうなものです。
保険として交渉しているのか、かなり年俸を安く提示しているのか…。
それよりボタフォゴの退団が決まっているラファエルの獲得に尽力した方がいいです。
高さもありますし、ボールが収まって周りも上手く使えますからね。
ただ、いずれにせよ監督が上手く起用できるかが重要となって来ます。
オリヴェイラ監督が鹿島で柳沢、大迫、カルロンと能力のある選手を使いきれずに、ボタフォゴで待望のラファエルを獲得したもののやはりこーめいの予想通りポストプレイの得意な選手を起用する手腕をまったく持ち合わせてなかったですからね。
よほど格のある監督の招聘に自信があるのならダヴィという選択肢もあるでしょうが、こーめいはラファエル獲得の目があるのならそちらを最優先に考えてほしいです。

守備的サイドバック
こちらもシーズン中から補強ポイントに挙げていた箇所です。
鹿島もサイドバックの補強を積極的に考えているようで、G大阪が獲得したDFラインならどこでもこなせるというオジェソクにオファーを出していたようです。
石川直樹(28歳・新潟)、宮崎智彦(26歳・磐田にレンタル中)
イ・キジェ(22歳・清水)、キム・ジンス(21歳・新潟)
新井場の去就に関わらず補強は必須であり、お金をかけられるなら仙台も狙っている新潟の石川がいいと思います。
もとはCBですが、左利きでサイドバックもしていますから守備力は期待できますね。
しかし、このポジションは金銭面を考えても宮崎のレンタルバックが現実的かと思います。
引き続きアジア枠で考えるなら、清水のイ・キジェ、新潟のキム・ジンスがおすすめですね。

セットプレイのターゲット
今季はセットプレイからの得点が少なかったですが、試合を観ているとキッカーの問題よりターゲットが岩政しかいなかった影響の方が大きかったです。
相手にしてみれば岩政さえしっかり抑えていればたいして怖くなかったですからね。
そのため、ターゲットとなる選手が必要です。
ラファエルを獲得できれば狙い所が1つ増えますが、興梠や中田の退団する場合はさらなる戦力補強を考えないといけません。
渡邉千真(27歳・FC東京)、矢島卓郎(0円・29歳・川崎)
青山直晃(0円・27歳・横浜FM)

FWは渡邉の獲得を鹿島も検討していたようですが、残留が濃厚のようです。
そうなると川崎の矢島が0円プレイヤーですし、ゴール前のポジショニングには非常にいいものを持っていますね。
CBでは横浜FMで出場機会の少なかった青山がエアバトルに強く、今季で契約がきれるので複数クラブが狙っているようです。
ただ、79年組の中ではもっとも安定したパフォーマンスを発揮できる選手であること、海外移籍時の経緯、今季ケガでほとんど出場できなかったことを考えると中田は残ってくれるような気がします。
契約は単年でしょうから、移籍はもう1年鹿島で勝負してからと考えても遅くないですよね。

オフェンシブハーフ
2列目は一応残留路線で考えているものの、ドゥトラ、レナトの去就がまだどうなるか見えないのでそれによっては補強が必要になって来ます。
東慶悟(0円・大宮・23歳)、金崎夢生(0円・名古屋・24歳)
ドゥトラが退団すれば近いタイプの東、金崎、レナトが退団の場合はゲームの作れる10番タイプのブラジル人を探して来る必要があるでしょう。
これまではパスを好む選手が多くてシュート意識の高い選手が少ないという状況が多くて、マルキーニョスがいた頃はバランスが良かったのですが、今はシュート意識の高い選手の割合が多いのでパスの出せる選手が欲しいですね。

鹿島 日本人全26選手と来季契約延長へ!(スポニチ)
こーめいははっきり言ってしまえば曽ケ端、新井場の契約更新はしなくていいと思っています。
これまでもミスが多かった選手が今季特に多くの凡ミスで失点にからみ、これからよくなるとも思えないですからね。
そうすればかなり年俸も浮きます。
しかし、曽ケ端はユース出身ということもありますし鹿島フロントが79年組を戦力外と判断するはずはないと思っていましたが、やはり予想通りでした。
ベテランの経験も大事ですし、これはこれで実に鹿島らしくていいと思います。
ただ、契約が切れる選手だけでなく日本人全員に契約延長のオファーを出したのには2つの意味があると思います。
1つは今季急成長して将来的には海外へ飛び立つであろう大迫と柴崎としっかり5年契約をしておくこと。
そしてもう1つは今季鹿島の母体である住友金属が吸収に近い形で経営統合して新日鉄住金となり、サポーターだけでなくチーム関係者にも来季のチーム構想はどうなるのかという不安もあったと思います。
日本人全員に契約延長のオファーを出したのは引き続きスポンサードしてくれるということを示す意味もあるのでしょう。
昨年が赤字だったにも関わらず、ダヴィなど移籍金のかかる選手の獲得に積極的ということは以前より厚い支援を受けられるのではないかと都合のいい期待もしてしまいますけどね。
いずれにせよ、来季の運営予算が決まったのなら早く動かないと他クラブに遅れをとってしまいます。
興梠や中田、新井場などオファーが来ている選手の決断が遅くなるようなら、そのポジションの獲得を考えている選手と積極的に交渉して鹿島への移籍に前向きならその時点で所属選手を切る判断も必要だと思います。
でないとその頃には移籍マーケットで人気のある選手はすべて所属クラブがきまっており、補強もままならないという事態に陥ってしまいますよ。
鹿島は特に補強に関しては毎年動きが遅いので中途半端な戦力補強にならないよう気をつけてほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

 柏戦の記事に間違えて投稿してしまいましたが、岐阜を契約満了になった佐藤洸一なんてどうでしょうか。詳しく映像で見たことがありませんがプレースタイル的に、高さもあり年齢的にもいいんじゃないでしょうか。
 
あと、遅れましたが、初のコメント投稿です。
【2012/12/12 22:23】 URL | バック・ジャウアー #- [ 編集]

いつも楽しく拝見させていただいてます。
記事の独特な世界観などすごく勉強になっています。
また遊びに来ますね。これからもよろしくお願いします。
【2012/12/13 17:00】 URL | 内田篤人に応援メッセージを送るブログ #CofySn7Q [ 編集]

バック・ジャウアーさんへ
コメントありがとうございます。
佐藤洸一選手ってこーめいもよく知らないですが、今季は岐阜で10得点してるのに契約満了で退団するんですね。
こーめいはJ2だったら得点ランク2位の18得点している岡山の川又がいいなと思っています。
身長は183センチほどですがフィジカル強いですしゴール前で飛び込んでいくプレイがいいですね。
新潟からのレンタルなのですが、かなり成長を感じるので来季は戻るのかもしれません。
【2012/12/14 11:40】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>いつも楽しく拝見させていただいてます。
内田篤人に応援メッセージを送るブログさん、コメントありがとうございます。
こーめいも篤人は特に応援している選手だったので、シャルケでもがんばって欲しいですね。
そして30歳くらいになったら鹿島に戻って来て欲しいです。
【2012/12/14 11:43】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

補強ポイントについてです
いつも考えさせられる有意義な記事ありがとうございます。

自分は、頼れるセンターバックが岩政選手1人、
という状況に、
途轍もない危機感を抱いて今シーズン観てました。
有望な若手選手はいますが、今すぐ、例えば、
岩政選手が怪我で長期離脱した場合に(想像したくもないですが)、
代わりを務めることができる選手がいるかというと、
どうでしょうか。
けっこう綱渡りだったんじゃないかと思うのですが。

自分的には、何を差し置いても、
CBの中堅選手の獲得を希望したいです。
アジア枠が空いてるようなので、韓国籍の選手もアリだと思います。
昌子選手や山村選手、植田選手が、
一日も早く不動のCBになって欲しいですが、
それにはもうちょっとだけ時間が必要な気がします。

鹿島は、意外に後重心なチームで、特にCBにボスキャラがいないと、
うまくまとまらないのではないかという仮説を自分は持ってます。
岩政選手がフル稼働できるうちはいいですが、
そうでない場合にどうするか、
これはけっこう重要な問題なんじゃないでしょうか。

【2012/12/17 20:33】 URL | maldroll #hemVQ5gY [ 編集]

>補強ポイントについてです
maldrollさん、コメントありがとうございます。
岩政は頑丈な選手ですがもう今季で30歳ですし、少しケガが増えているかなという印象もありますから、離脱した時のことを考えると戦力は心もとないですね。
しかも、岩政タイプのCB①の控えは植田のみとなります。
CB①同士の組み合わせは現実的ではないですが、CB②同士の組み合わせはOKです。
そのため中田がいれば何とかなると思いますが、その中田も山形からオファーが来ていますし、今季ケガがちでしたからね。
やはりサイドバックもできる新潟の石川を即戦力として獲得すべきだとこーめいは思います。
【2012/12/19 13:51】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


 正式発表はまだですが、トニーニョ・セレーゾ氏の監督就任ほぼ確実となっていますが、今後どのようなチーム編成になるのでしょうか。自分はまだ15歳で前に指揮を執っていたころの姿は知りませんが、貴方の記事を見る限り決してうまくいきそうではないと思っています。まあ、フロントが世代交代をテーマとして選んだという報道が流れていますから期待していいかと思いますけど、すべてが振出しに戻ってしまうのではないかという心配が消えません。
【2012/12/25 21:45】 URL | バック・ジャウアー #- [ 編集]

バック・ジャウアーさんへ
コメントありがとうございます。
10冠に足踏みした3年間があるので多くの鹿島サポがいい印象を持ってないですが、セレーゾ監督もそんなに悪いわけではないですよ。
就任が決まったら特徴やどういうチーム作りをするかは改めて書きますが、鹿島はずっとブラジル路線なのでブラジル人が監督になれば大きくスタイルが変わることはないですし、名プレイヤーだっただけあって若手の起用には積極ですからすべてが振り出しに戻ることはないです。
こーめいとしては40代の比較的若いブラジル人監督が今戦術の勉強などに意欲的なので、そういう世代の方が理想ですが、セレーゾ監督ならある意味ジョルジーニョ監督の継続路線と言えます。
ただ、サッカーのスタイルはオリヴェイラ監督に近いです。
【2012/12/27 19:21】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/931-550e5e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する