鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1戦力分析】ジュビロ磐田
ジュビロ磐田
昨季成績と移籍情報
昨季成績:12位 勝点50 13勝7分14敗 57得点53失点
[IN]
GK:牲川歩見[19](昇格:磐田U-18)
DF:伊野波雅彦[28](完全移籍:神戸)
MF:チョン・ウヨン[24](レンタル:京都)
MF:田中裕人[23](大卒:関西大)

[OUT]
GK:竹重安希彦[26](レンタル:新潟)
DF:千代反田充[33](完全移籍:徳島)
MF:ロドリゴ・ソウト[30](完全移籍:)
MF:黄誠秀[26](完全移籍:群馬)
FW:ハン・サンウン[27](完全移籍:釜山現代)
FW:押谷祐樹[24](レンタル:岡山)


2013選手構成表
予想フォーメーション:3-1-4-2
GK:川口能活[38]、八田直樹[27]、植村慶[32]、牲川歩見[19]
CB:藤田義明[31]、櫻内渚[24]、木下高彰[20]
CB:チョ・ビョングク[32]、菅沼駿哉[23]
CB:伊野波雅彦[28]、金澤浄[37]
DH:チョン・ウヨン[24]、小林裕紀[25]、田中裕人[23]、松岡亮輔[29]、北脇里規[28]
WB:山本脩斗[28]、宮崎智彦[27]
WB:駒野友一[32]、菅沼実[28]
OH:山田大記[25]、松浦拓弥[25]
OH:小林祐希[21]、山本康裕[24]、ペク・ソンドン[22]
FW:前田遼一[32]、阿部吉朗[33]
FW:山崎亮平[24]、金園英学[25]

※[新加入ルーキーレンタルバック]  ※年齢は13シーズンの表記
[コメント]
昨季の4-2-3-1から今季は3-1-4-2に布陣を変更。
しかし、新布陣はまだ機能しておらず、特に攻撃面はまったくといった感じですね。
それから山田はやはりセンターよりサイドの方が力を発揮できるということで、左のWBに入る可能性も高いです。

監督力合計:18点
森下仁志監督
攻撃戦術力:★★★★★
守備戦術力:★★
選手管理力:★★★★★
精神統制力:★★★★★★

※各値は7点満点
※選手管理力はチームマネージメント力、精神統制力はモチベーターとしての能力
[コメント]
昨季は5人の中盤でショートパスを繋いでそこにサイドバックを絡めて攻撃、リーグ4位タイの57得点をあげました。
しかし、山田のスーパーゴールを始め一時期は20%に達していた決定力の高さに助けられたところがあり、実際のシュート数はリーグ13位と振るいませんでした。
森下監督のハードな長時間練習も最初はもてはやされたものの、やはり中盤以降はケガ人も増えて失速、山田の調子が落ちるとともに決定率も下がっていくと結果が出なくなり、順位も大きく下がりました。
また、アウェイで結果が出なかった(4勝2分11敗)のも長時間に及ぶ練習の疲れが原因だと考えられます。
清水とのプレシーズンマッチを観ましたが、WBの駒野と山本脩は攻撃の時はサイドの高いポジションに頻繁に顔を出し、守備時は5バック気味に守って攻守に中央に絞ることはないですね。
そのため、チョン・ウヨンが孤立してそこを完全に狙われていました。
チョン・ウヨンは足元の技術もあり、精度の高いロングボール、前線への縦パスも入れられるいい選手なのですがまったく良さを生かせてなかったですね。
昨季と比べて新布陣は中盤の選手間の距離が開いているので後方からパスを繋いでいくことはできず、ビルドアップは両サイドに開くかCBからのロングボールのみです。
この布陣では攻撃が不振に陥るのも当然です。
ビルドアップ時に苦心して3バックとチョン・ウヨンがボールを奪われるシーンも目立ちましたね。
守備には手応えがあるということですが、攻撃がこれだけ機能していないと選手の意識が攻撃に入らないのでサッカーで最も隙ができる攻守の切り替えというものが存在しないですからね。
攻撃できていないので守備が崩れないのは当たり前で、その分守れているに過ぎません。
それからセットプレイのゾーンで守る守備は練習していないのかと思う程ひどいです。
昨季も磐田の選手が先にボールに触るシーンは珍しかったですからね。
そのため、選手からの提案で今季からCKはマンツーマンで守るようになりましたが、FKでは清水戦でも失点。
今季もセットプレイからの失点は増えそうです。
それでも森下監督は妥協せずにやり遂げようとする監督なので、布陣も練習も大きく変えることなく戦っていくのだと思います。

補強ポイント
①パサー・②司令塔
山本やW小林がいるもののパサーらしいパサーがいないのが磐田の弱点ですね。
それもあって昨季もいい攻撃をしながらも中央では最後のところで決め手がなく、サイドからの得点が多かったです。
それを考えて3-1-4-2で前線中央を厚くする狙いなのかもしれませんが、そもそもドリブルが得意な選手が多い磐田にはトップ下の2OHに適性のある選手が少ないです。
今季の磐田は補強に積極的ではなかったですが、ここを補強しないと攻撃力アップは難しいんじゃないでしょうか。
③ファーストボランチ
有力なボランチは多けれども守備で計算のできる気の利いたボランチがいないですね。
チョン・ウヨンは守備もできますが、どちらかというと攻撃的な選手ですしロドリゴ・ソウトの穴は埋められたという感じです。
昨季の総被決定機数は15位と札幌、大宮、神戸に続いて多かったですから、危機察知能力が高く、守備範囲の広いボランチがほしいですね。
新布陣で5バックにする分ゴール前は固くはなりますが、重要なのはDFラインの前をどう守るか、攻守の切り替えの所で危ないところを潰せるかですから。
ここも補強しなかったのは痛いのではないかと思います。
④主力CB
一方、3CBバック構想のあった最終ラインには伊野波を獲得しました。
カバーリングの能力は高いですし、前線へのフィードもできるのでいい補強となりましたね。
ただ、3バックにしたので選手層はそれほどでもないです。

総評
焦点は新布陣が機能するかどうかでしょう。
ただ、フォーメーションの特性と所属する選手のプレイスタイルを考えると連携が高まってもそれ程機能するとは思えないんですよね。
3バックからのフィードが鍵と言われていますが、結局ロングボールなんて見栄えがいいので1本通ればすごいと思われがちで実際の成功率っていうのは低いです。
それに出し手のパスの精度だけでなく受け手のトラップの精度も問われますからね。
例えフィードが通ってもトラップしたボールの置きどころが次のプレイへのマイナスになれば、その時間ロスの間に相手の守備陣は整ってしまいます。
結局、Jリーグでは前線へグラウンダーの縦パスを入れる勇気がない選手が、中盤でカットされて逆襲を受ける恐れがないロングボールを使っているという印象がこーめいには強いんですよね。
ロングボールによる組み立ては効率が悪いですし、かといってショートパスで繋ぐなら新布陣はやり辛く昨年の4-2-3-1の方がまだいいです。
もしくは往年の磐田の3-5-2(3-2-3-2)にした方がいいですよね。
こーめいは3バックにしたと聞いて3-4-3にするものだとばかり思っていました。
なぜなら磐田には山田、松浦、山崎、ペク・ソンドンなどドリブルの得意な選手が多いですし、実際に昨季のドリブル数はリーグ1位です。
3-4-3はウィングとサイドハーフ、4つのポジションに2人はドリブルで仕掛けられる選手が欲しい布陣で、能力の高いドリブラーを揃える今の磐田にはぴったりだと思います。
また、選手の配置はパスコースができやすい布陣なので優秀なパサーがいなくてもパスを繋いで攻めやすいですから。
でも、森下監督にはブレずに3-1-4-2でやり続けて、その先に何があるのかその狙いを見せてほしいところです。

※データや予想はこーめいの独断と偏見によるものです。
※予想には隠れデータも考慮に入れています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/945-c9e21440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。