鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【J1戦力分析】横浜Fマリノス
横浜F・マリノス
昨季成績と移籍情報
昨季成績:4位 勝点53 13勝14分7敗 44得点33失点
[IN]
DF:ファビオ [24](完全移籍・SC相模原)
DF:奈良輪雄太[26](完全移籍:佐川滋賀FC)
DF:田代真一[25](レンタル復帰:町田)
DF:ジョン・ドンホ [23](レンタル復帰:杭州緑城)
MF:佐藤優平[23](大卒:国士舘大)
MF:善田拓也[19](昇格:ユース)
FW:端戸仁[23](レンタル復帰:北九州)
FW:藤田祥史[30](完全移籍:千葉)

[OUT]
DF:青山直晃 [27](完全移籍:甲府)
DF: 金井貢史[23](レンタル:鳥栖)
MF:谷口博之[28](完全移籍:柏)
MF:狩野健太[27](契約満了:柏)
MF:松本怜[25](レンタル:大分)
MF:松本翔[21](レンタル・愛媛)
MF:森谷賢太郎[25](完全移籍:川崎)
FW:小野裕二[21](完全移籍:スタンダール)
FW:大黒将志[33](レンタル:杭州緑城)


2013選手構成表
予想フォーメーション:4-2-3-1、4-4-2
GK:飯倉大樹[27]、榎本哲也[30]、六反勇治[26]、鈴木椋大[19]
CB:中澤佑二[35]、田代真一[25]
CB:栗原勇蔵[30]、ファビオ[24]
SB:ドゥトラ[40]、比嘉祐介[24]
SB:小林祐三[28]、天野貴史[27]、ジョン・ドンホ[23]奈良輪雄太[26]
DH:富澤清太郎[31]、小椋祥平[28]、喜田拓也[19]
DH:中町公祐[28]、熊谷アンドリュー[20]、佐藤優平[23]
SH: 斎藤学[23]
SH:兵藤慎剛[28]
OH:中村俊輔[35]、端戸仁[23]
FW:マルキーニョス[37]、藤田祥史[30]

※[新加入ルーキーレンタルバック]  ※年齢は13シーズンの表記
[コメント]
昨季に続いて4-2-3-1の布陣がベースですが、攻撃力アップのために中盤フラットやダイヤモンド型の4-4-2のフォーメーションも試しているようです。
相変わらず後方には守備力の高い選手が揃っており、前線にもマルキーニョス、藤田、兵藤など守れる選手もいて今年もディフェンスは固そうですね。
また、小野と大黒の移籍によって前線の選手層が極端に薄いのと主軸選手に35歳以上のベテランが多いのも特徴となっています。

監督力合計:12点
樋口靖洋監督
攻撃戦術力:★
守備戦術力:★★★★★★
選手管理力:★★
精神統制力:★★★

※各値は7点満点
※選手管理力はチームマネージメント力、精神統制力はモチベーターとしての能力
[コメント]
もともと守れる選手が多いものの、木村和司監督時代から守備は樋口監督がよく整備していますね。
4-2-3-1にしろ、4-4-2にしろしっかりブロックを作って手堅く守って来ます。
ここ数年はフロントからポゼッションをして主導権を握るサッカーとACL出場権の獲得を迫られていましたが、昨季はポゼッションについてはうるさく言われなかったので、割り切ってリアクションサッカーを展開できたのが樋口監督と選手の能力を最大限引き出す結果に繋がりました。
ACLにはあと一歩届かなかったですが、負けないサッカーで勝ち点を稼いでいきました。
逆に攻撃面は絶望的なほど戦術・アイデアがなく、チャンスメイカーとして能力を開花させ始めていた小野がいなくなったこともあって今季も中村頼みになるでしょう。
多くの控え選手に移籍されたことを考えるとチームマネージメント力は低く、コメントを見てもモチベーターとしての能力も高いとは感じないですね。
下手に苦手な攻撃に色気を出さず、昨季と同じ戦いをした方がいい成績を残せると思います。

補強ポイント
①チャンスメーカー
小野が海外移籍をしたのは前線が手薄になる以上に痛いです。
小野はシュートが雑で得点力は物足りなかったですが、ドリブルで局面を打破する力は強力で守備も献身的にやっていましたからね。
レンタルから戻って来た端戸がどれだけやれるか、また小野の移籍金をどのタイミングでどういう風に使うのかに注目ですね。
②パサー
トップ下の中村の控えは端戸になりそうですが、あまり攻撃を組み立てたりスルーパスを出したりするタイプではないですからね。
ベテランの中村に何かあったら攻撃をどう組み立てるのか見当もつきません。
③控えストライカー
マルキーニョスもケガが多くなっていますし、大黒も移籍しましたから1トップの控え選手の獲得は必須です。
藤田はよく守備もしてくれますしいい補強だと言えるでしょう。
横浜FMのFWは得点力よりも守備ができるかどうかが大事だと思います。
④控えCB・⑤控えSB
青山、金井が移籍したCBとSBにはファビオ、レンタルバックの田代、ジョン・ドンホ、奈良輪を獲得しました。
本当は獲得を狙っていた仙台の渡辺を補強できたらよかったのですが叶わず。
戦力的にはダウンした感が否めないですが、ファビオはフィジカルが強くていい選手らしいのでどんな選手か見るのが楽しみです。

総評
代表クラスの中澤と栗原、両サイドバックには経験豊富なドゥトラと小林、ダブルボランチは富澤と小椋、中町ともっとも激戦区ですし、前線ではマルキーニョス、中村もよく守備します。
さらに兵藤は攻守のバランサーとして絶妙のポジショニングをしますし、今季もリアクションサッカーをしてカウンターとセットプレイから得点を取れば上位も窺えると思います
こーめいは小野の移籍がなければ優勝争い候補に推していましたよ。
ただし、ベテラン選手に大きなケガがなければですけどね。
あとは今年もフロントはポゼッションサッカーをしろとうるさくはないようですし、無理に得点を取りに行ってチームのバランスを崩さなければと思います。

※データや予想はこーめいの独断と偏見によるものです。
※予想には隠れデータも考慮に入れています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/946-8a12e427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する