鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【J1戦力分析】柏レイソル
柏レイソル
昨季成績と移籍情報
昨季成績:6位 勝点52 15勝7分12敗 57得点52失点
[IN]
GK:中村航輔[18](昇格:柏U-18)
DF:鈴木大輔[23](完全移籍:新潟)
DF:キム・チャンス[28](完全移籍:釜山アイパーク)
MF:谷口博之[28](完全移籍:横浜FM)
MF:狩野健太[27](完全移籍:横浜FM)
MF:太田徹郎[24](完全移籍:山形)
MF:秋野央樹[19](昇格:柏U-18)
MF:小林祐介[19](昇格:柏U-18)
FW:クレオ[28](レンタル:広州恒大)
FW:木村裕[19](昇格:柏U-18)

[OUT]
GK:川浪吾郎[22](完全移籍:徳島)
DF:那須大亮[32](完全移籍:浦和)
DF:福井諒司[26](完全移籍:東京V)
MF:水野晃樹[28](契約満了:甲府)
MF:安英学[35](契約満了:未定)
MF:中川寛斗[19](昇格→レンタル:湘南)
FW:ネット・バイアーノ[31](未定)


2013選手構成表
予想フォーメーション:4-2-2-2、3-5-2、4-2-3-1
GK:菅野孝憲[29]、桐畑和繁[26]、稲田康志[28]、中村航輔[18]
CB:近藤直也[30]、渡部博文[26]
CB:増嶋竜也[28]、鈴木大輔[23]
SB:橋本和[27]、山中亮輔[20]
SB:キム・チャンス[28]、藤田優人[27]
DH:栗澤僚一[31]、谷口博之[28]小林祐介[19]
DH:大谷秀和[29]、茨田陽生[22]、秋野央樹[19]
SH:ジョルジ・ワグネル[35]、狩野健太[27]
SH:レアンドロ・ドミンゲス[30]、太田徹郎[24]
FW:田中順也[26]、澤昌克[31]
FW:クレオ[28]、工藤壮人[23]、木村裕[19]

※[新加入ルーキーレンタルバック]  ※年齢は13シーズンの表記
[コメント]
新シーズンはボランチ2人の3-5-2を一貫して試していますね。
広島、浦和とACL対策のようですが、今のところ機能していません。
そのため、後半からシステムを変えることも多いです。
リーグ戦では4バックに戻す可能性もありますが、クレオが入ったことでブラジル型の4-2-2-2のフォーメーションが濃厚。
ただ、攻守のバランスを考えると一番安定感があるのは4-2-3-1だと思います。
ユース出身者が非常に多いのが特徴になっていますね。

監督力合計:25点
ネルシーニョ監督
攻撃戦術力:★★★★★
守備戦術力:★★★★★★
選手管理力:★★★★★★★
精神統制力:★★★★★★★

※各値は7点満点
※選手管理力はチームマネージメント力、精神統制力はモチベーターとしての能力
[コメント]
もう5年目になりますが、今季こそ那須が移籍したものの例年主力クラスが退団することも少なく、若い選手もユースから積極的に上げつつレンタル移籍も上手く使って非常に競争力の高いチームを作っていますね。
戦術的には守備から入るタイプでボールはややポゼッションされるくらいからカウンターでゴールを奪うのがもっとも得意な形です。
攻撃では何といってもレアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルとレベルの高いブラジル人がゴール前で違いを創り出しています。
また、選手交代が早いのが特徴で悪いところを的確に洗い出して戦術的な修正を施します。
今季から導入した3-5-2(広島戦では3-4-2-1の形)については、攻守に機能していません。
ジョルジ・ワグネルやキム・チャンスを5バック気味に使うことで攻撃の持ち味が出せなくなっている上に、守備では3バックよりWBが下がっていることも多く、DFラインが崩れてしまっています。
広島戦ではそこを突かれなくて助かりましたが、早く修正しないと致命的になるでしょうね。
ジョルジ・ワグネルやキム・チャンスなど攻撃意識の高い選手をWBに起用するなら相手に合わせるまず守備からという考えではなく、攻撃から入って主導権を握らないと生きないと思います。
また、ビルドアップがジョルジ・ワグネルのいる左サイドからが多くて、トップ下右寄りに位置するレアンドロ・ドミンゲスがボールに触る回数が極端に減っているのでイライラ、チームにもリズムが出なくなっています。
始動が遅かったのでこれから良くなっては行くでしょうが、メンバー的にも3-5-2にはあまり適してはいないと思います

補強ポイント
①ストライカー
昨季はリカルド・ロボ、ネットと獲得しましたが、どちらもフィットせず。
決定力の高いFWの獲得は不可欠でしたが、ここにクレオを持って来ました。
まだコンディションや連携が上がっておらず本領は発揮出来ていないものの、千葉戦ではいきなり決定機を迎えるなどゴール前のポジショニングはいいですね。
あそこで決められていたらチバギン杯ももっと接戦に持ち込めたのではないかと思います。
そんなに体を張るタイプではないですがくさびも受けられますし、ゴール前の密集地でも落ち着いてプレイできる印象でシュートセンスも感じます。
技術も高いので馴染めば周囲との連携からチャンスメイクもできそうです。
ただ、柏の場合は2列目にレアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルが入るため、FWにも守備力が求められることになり、フィットするかは攻守のバランスも関係してくると思います。
②攻撃的SB
酒井の抜けた穴が埋まらず昨季後半は苦労したのですが、ここにもレベルの高い選手を補強しました。
キム・チャンスはトップスピードでタイミングのいいオーバーラップをしますし、運老幼もあってクロスの精度も高いですね。
体も張れるので連携が高まれば守備ももっとよくなるんじゃないでしょうか。
③セカンドボランチ
柏が一番獲得しなければならなかったのはこのポジションだと思います。
ネルシーニョ監督もレベルの高いボランチを欲しがっており今季もブラジル人、増田と獲得に動いたのですが、最終的に移籍金を払って谷口を獲得することになりました。
ポゼッションした時にどうしてもボランチの展開力の無さを感じますし、前述したように2列目にレアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルが入るとボランチもかなり守備のできる選手を入れないと攻守のバランスが取れないんですよね。
谷口の補強はタイプ的にかなり妥協したものではないかと思います。
④控えCB
那須が移籍したところには新潟から鈴木を獲得しました。
控えにしては豪華な人選だと思っていたのですが、3バックをする構想がすでにあってのことなのでしょう。
これで守備的に行きたいときは増嶋をサイドバックに起用するオプションも獲れますね。
⑤控えチャンスメーカー
水野が抜けたポジションには狩野ということなのでしょう。
FWとサイドバック、CBの豪華さに比べるとボランチとこのポジションはやや地味ですが、全体的にはかなりの大型補強ですから今季にかける柏の本気度を感じます。

総評
柏は監督も選手も能力高い選手が揃っているのであとは攻守のバランスをどう取るかだと思うんですよね。
一番バランスがいいのはやはりトップ下に田中か澤を入れて相手のボランチを見させて、栗澤と大谷のダブルボランチがバイタルエリアをがっしり固める配置だと思います。
そこを昨年のように工藤とブラジル人、茨田と大谷か栗澤になると今度は2列目のレアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルのところをいじらないとどうもしっくり来ないって感じです。
千葉戦なんて大谷も栗澤も出てなかったので3バック以外誰が守備をするのかって状態でしたからね。
ACLの貴州人和戦では攻撃は相変わらず機能してなかったですが、相変わらずの質の高いジョルジ・ワグネルのクロスでの形でリードした後、選手交代で上手く攻守のバランスを修正して逃げ切っていましたね。
このバランスを取れれば柏はACLを戦いながらリーグ戦でも優勝争いをできるのではないかと観ています。

※データや予想はこーめいの独断と偏見によるものです。
※予想には隠れデータも考慮に入れています。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/957-d9f095e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する