鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【J1第7節】体もスコアも重く動かずミスミス勝ち点2を逸す…の甲府戦
結果
4月20日(土) 2013 J1リーグ戦 第7節
鹿島0-0甲府(19:04/カシマ/9,898人)
[フォーメーション]
FW:ダヴィ、大迫
MF:本山、野沢
MF:小笠原、柴崎
DF:前野、青木、岩政、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
60分:本山→ジュニーニョ
65分:野沢→遠藤
80分:西→中村


試合の感想
鹿島らしさが垣間見える
鹿島、甲府ともに4-4-2のフォーメーション。
鹿島は2列目を本山、野沢のコンビでスタート、2トップもダヴィと大迫と強力なので3連覇時のサッカーが期待されるメンバーとなりました。
甲府は前線から激しくプレスをかけるチームではなく、中盤の守備も緩くなる時があるのでパスを繋いで攻撃を組み立てて崩すにはもってこいの相手となります。
また、前節の試合を観るとセンタリングに対してゴール前のマークも甘くなる傾向があるのですが、その弱点がいきなりビッグチャンスに繋がります。
西のセンタリングにダヴィがフリーでヘッド、これは決めて欲しかったですがゴールの右にはずしてしまいます。
さらに5分には西からダヴィ、ダヴィのゴール前へのヒールパスを本山が落とし野沢がシュート。
これはGKの河田に防がれてしまいますが、10分にも小笠原がミドルシュートを放つなどセンタリングとパスでの崩しから決定機を作って行きます。
サイドチェンジから小笠原が縦に早く入れて、DFの裏に走った本山が走り込む形もあり、序盤から多彩な攻撃で攻め立てます。
後ろからのボールを前にシュートするのは非常に難しいのでここはトラップするかなと思ったのですが打ちに行きましたね。
やはり本山が入れば中央でボールを受けてキープしていいパスも出してくれるので、野沢も生きてきますし、4-4-2ではなく鹿島らしい4-2-2-2のサッカーを展開できていましたね。
甲府の攻撃は柏が起点になることが多いので右サイドが中心。
16分には羽生のクロスを青木がクリアミス、あわやオウンゴールになりかけますが、曽ケ端が飛びついてキャッチします。
ここからは甲府がボールを持つ時間が増えますが、鹿島は縦横無尽に動く柏を捕まえ切れずに起点になられていましたね。
21分にはオーバーラップした福田にシュートを打たれますが、曽ケ端がファインセーブ。
こういうサイドバックの勢いのいいオーバーラップは鹿島もしたいところですね。
鹿島は甲府のゴール前に人数をかけてパスで相手を崩すことにこだわり過ぎていたので、もっとシンプルにクロスを入れるなどした方がよかったです。
やはり甲府の守備はルーズなところもあって中盤にフリーな選手がけっこう生まれていたのですが、アタッキングサードで技術的なミス、判断ミスが多くそれがなかなか決定機まで行けない原因になっていました。
それでも28分にはビッグチャンス。
小笠原の浮き球のくさびを受けるとダヴィが上手く縦に走り込む本山を使います。
また、本山からのパスもよくそこにタイミング良く上がって来た柴崎がシュートするも、ここも河田の好セーブにあってしまいます。
そこから前野のシュート、こぼれ球に大迫が詰めて、ダヴィ、本山と波状攻撃を仕掛けますが甲府ゴールを割れません。
終盤にも大迫のインターセプトからショートカウンター、スルーパスを受けたダヴィがシュートするも河田にコースを完全に塞がれていました。
選手間の距離が良く非常に分厚い攻撃ができていたので、鹿島としては前半に何としてでもゴールが欲しかったですね。
しかし、どことなく全体的に体に重さがあるのかなという感じもあり、スコアを動かすことはできませんでした。

尻すぼみ時の策が不十分
こーめいは前半に得点を取れなかったのは痛いなと感じていたのですが、やはりいくら本山といっても3連覇時のようにフルスロットルな活躍は望めません。
実は前半も30分過ぎから本山効果も切れ始めていました。
そのため、どのタイミングで本山を交代させるかが焦点だったわけですが、問題は交代カードに十中八九ジュニーニョを持ってくるだろうということです。
そうするとジュニーニョと野沢の2列目になって起点が作れなくなりますし、攻撃にリスクをかけずまずは守りからという甲府ではスペースも与えてもらえないのでジュニーニョも生きて来ないですからね。
そして、いつもは交代の遅いセレーゾ監督もやはり早めに本山に代えてジュニーニョを入れて来ました。
このタイミングでの交代は良かったです。
パスを繋げてはいたものの、後半はシュートを1本も打てていなかったですし、前半の終盤のシュートも大迫のミドルに、高い位置で奪ってからのショートカウンターからでした。
要するに甲府にしっかり守られて脅威を与えられてなかったということですからね。
しかし、ジュニーニョが入っても流れは変わらず、逆にオルティゴサの入った甲府にドリブルから危ういシーンを作られます。
結局後半の最初のシュートはジュニーニョ投入から5分後に遠藤が入って再び起点が生まれてからでした。
ジュニーニョのシュートがDFに当たってCK、ニアで大迫が上手くファーサイドに流したのですがフリーの青木がはずしてしまいます。
ここも決めないといけないところでした。
中田をCBで起用した方がセットプレイのターゲットも増えていいと思うんですけどね。
鹿島はより攻撃的に行きたいところですが、攻撃の交代カードは中村くらい。
最初のカードでジュニーニョを切ってしまったので使い方が難しくなってしまいましたね。
途中出場のジュニーニョもそんなに悪いわけでもなかったので代えるわけもないでしょうから、調子の悪い大迫を諦めるかと思っていたのですが、残り10分のところで西に代えて中村を投入。
遠藤がボランチ、柴崎がサイドバックとなります。
ポジションをあれこれいじるくらいなら守備の人数を削って得点を取りに行く姿勢を見せてほしかったですし、単純に大迫に代えて中村を入れ替えた方がよかったですよね。
柴崎と中村の右サイドで意思疎通ができてなくてパスミスが生まれていましたし、遠藤もゴール前に上がって攻撃に絡んではいましたが、ボランチに下がったことで持ち味を出しにくくなっていました。
それでもホームで勝ちきりたい鹿島はダヴィのミドルシュート、CKから岩政のヘッドで甲府ゴールに迫りますが、最後までゴールを割らせてもらえず悔しいスコアレスドローとなりました。
本山が動けるうちに得点を取れなかったので難しい試合となったわけですが、本山を下げてからの交代策も不十分でしたね。

2トップがまさかのブレーキに
内容はもちろんホームであることも考えると絶対に勝っておきたい試合だっただけに、悔しいスコアレスドローとなりました。
勝てなかった原因はいくつかありますが、一番は試合後の大迫のコメントで分かるように2トップがボールを収められなかったことですね。
この試合の大迫は運動量も少なく、ボールを持った時の粘り、判断力も低かったです。
ダヴィもここ最近はくさびのボールを受けると動かずに体を張ってキープして味方のフォローを待つことができていたのですが、古巣の甲府相手でいい所を見せようとしたのか前を向いて仕掛けようとしてはボールロストする場面が目立ちました。
また、小笠原と柴崎にも単純なミスが多く、ハーフタイムコメントでセレーゾ監督が「ファウナルサードのプレイ精度を高めるように」と言っていましたが、ゴール前でのミスが全体的に多かったですね。
もう1つ攻撃で改善したいのはオーバーラップです。
前線に人数をかけて攻めることは出来ていましたが、クロスの数が少ないですし遅いです。
タイミングが遅いから相手に守りを固められて余計に入れづらくなりますし、追い越す動きがないから甲府の守備も動く必要がないんですよね。
後ろから追い越せば甲府のDFラインもそのケアにマークに行く動き、DFラインを下げる動きが起きますから、そうなるとセンタリングが効果的になります。
DFは下がりながら守備するのは難しいですし、今の鹿島は相手が待ち構えている所にセンタリングを入れているからなかなかチャンスになりづらいですね。
本山、野沢と2トップで攻撃が中央、中央になっていのたで、セレーゾ監督にはジュニーニョ、遠藤、中村と投入でサイドで起点を作って甲府の守備をワイドに広げる意図があったのですが、結局追い越す動きがないと崩れないですし、サイド攻撃はサイドバックが担うのが鹿島のサッカーです。
守備については前線からのプレスをもっとしっかりしたいです。
ここ2試合、意外とプレスにいけていないですがこの試合では2トップのプレスが曖昧でした。
ダヴィと本山が組んでいた時は、ダヴィがCB、本山がボランチときっちり役割分担が出来ていたのですが、ダヴィと大迫だとそこが曖昧になるので大迫がボランチをきっちり観るように決めた方がいいですね。

レナシメントとコンディション
勝ちきれなかったものの今季レナシメントをスローガンに掲げる鹿島にとっては目指すべきサッカーが垣間見えた試合だと思います。
もともとこのサッカーを再生させるならチーム始動から本山、遠藤、中村を2列目に使って行くべでしたね。
本山はケガがあったものの、少し時間はかかっても中村を起用してフィットさせるなど最初からヴィジョンをはっきりして戦って行った方が結果的にチーム作りは早く進んだと思います。
それを決してレナシメントできないジュニーニョと野沢の組み合わせで戦って来てしまったので余計な寄り道をしてしまい、攻撃は2トップの迫力はあるものの決定機不足。
セットプレイから得点出来ている割には7試合で9得点は物足りないですし、決定機数も5節までに16と少なすぎます。
大分戦、甲府戦と昇格組との戦いで決定機数は増えるでしょうが、この数字もセットプレイ込みと考えるとやっぱり低いですよね。
そして、もう1つ気になったのがコンディション作りについてです。
この試合、雨が降っていたこともあったのでそれがミスに繋がっているのかとも思いましたが、全体的に選手の体が重く感じました。
セレーゾ監督は従来のキャンプに走り込むという陸上型のコンディション作りをしていますが、シーズンが始まってからも1週間のインターバルがある時は負荷の高いフィジカルトレーニングをしています。
甲府戦の前もボールを使わないインターバル走、ゴムチューブを使った練習をしていました。
全体的に選手の体が重く感じる、特に今季の大迫、柴崎にそれを感じるのは練習が影響していると思います。
それは監督の方針なのでいいのですが、今季はコンフェデ杯で6月に中断があるのでこれからコンディションを100%に持っていく時期であり、このタイミングで負荷の高いフィジカルトレーニングをしてコンディションを落とす必要があるのかなと感じますね。
フィジカルトレーニングについては中断中にでも改めて書こうと思いますが、ちなみにジョルジーニョ監督のフィジカル調整はバルセロナ、Rマドリーがやっているもので従来のコンディション作りとは真逆と言っていいものです。
チームの目指すところと2列目のメンバー起用、スタートダッシュを目指すと言っていた割に負荷の高いトレーニングが多くスロースタートになったこと、まずは守備ありきのスタイルとDFラインのメンバー起用、このあたりにブレ、矛盾を多く感じるので早く整理されればと思います。
セレーゾ監督のコンディション作りでは5月に100%になってないとおかしいので、GWからの戦いはもっとスピード感のある試合を期待します。
この試合からの3連戦、GWの3連戦、5月終盤の5連戦と連戦が多いのでメンバー起用はもっとディティールまで詰めて考えて、チーム力をフルに活用していってほしいですね。
次は名古屋戦、鹿島の守備陣が苦手とするタイプのケネディが復帰したのでコンディションが気になる所です。
ホームですし首位のC大阪が試合なしなので、勝利してナビスコ杯は早めにグループリーグ突破を決められたらいいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/969-b9aae848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する