鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

【J1第13節】稀に見るメダパニ合戦を征す…のFC東京戦
結果
5月25日(土) 2013 J1リーグ戦 第13節
鹿島3-2F東京(17:05/カシマ/17,969人)
[得点者]
07' 李忠成(F東京)
44' 渡邉千真(F東京)
47' 大迫勇也⑤(鹿島)←ダヴィ④
56' オウンゴ-ル(鹿島)
65' 大迫勇也⑥(鹿島)

[フォーメーション]
FW:大迫、ダヴィ
MF:野沢、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:中田、昌子、岩政、青木
GK:曽ケ端

[選手交代]
71分:小笠原→本田
76分:遠藤→本山
90+3分:野沢→山村


試合の感想
鹿島は混乱している
FC東京は4-4-1-1と言いますか、渡邉と李が縦関係になる4-4-2のフォーメーションですね。
鹿島はいつもの4-4-2ですが、西が出場停止のため右サイドバックに青木、CBには昌子が入りました。
また、ジュニーニョが引き続きケガで欠場、2列目は遠藤と野沢のコンビになります。
前半は非常に悲惨な状況に追い込まれて何もできなかった印象ですが、立ち上がりはそれ程悪くはなかったんですよね。
何が悪かったかというとロングボールの入れ方とタイミングです。
FC東京はDFラインを高くして布陣をコンパクトに保って前線からプレスをかけて来たので、こういう相手にはロングボールで相手の背後を突くのはセオリーです。
しかし、CBからFC東京のDFラインとボランチにマークされている2トップに放り込んだり、5分には遠藤の落としから中田がいい形で裏を取ったダヴィに入れられるタイミングがあったのにワンテンポ遅れてオフサイド。
さらに青木からのパスを野沢がキープせずにワンタッチで処理しようとして相手に渡したり、曽ケ端のフィードが流れてそのままFC東京ボールになったりと奪ったボールを簡単にロストする場面が多過ぎました。
すると7分に中央で小笠原が簡単にルーカスにかわされて危ない場面を作られます。
相手のパスミスに救われたかと思いきや、岩政の中途半端なクリアが李に当たってしまい、そのままGKと1対1の状況になって先制点を献上してしまいます。
これによって勢いが加速したFC東京はより前線から積極的にプレスをかけて来ます。
出足の遅い鹿島は混乱に陥り、プレスに慌てて前に蹴るのが精一杯、また岩政、昌子や小笠原からマークが2人ついている前線の選手にロングパスを出して奪われるというプレイが増えます。
精度のないボールはFC東京の選手の格好の餌食、ボールを拾われてどんどん攻められていましたね。
しかし、先制点を奪ったことでFC東京もブロックを作って守る受けの意識が観られる時間帯もあって、10分から鹿島がやや持ち直します。
11分にはボールを奪われた後、遠藤が前からプレスをかけたことで太田のパスが乱れ、昌子が頭で繋いで小笠原のロングボールから大迫のヘッドという場面を作ります。
これが前半の一番のチャンスでしたかね。
17分のチャンスは後ろで落ち着いてボールを回せたことで生まれました。
昌子のフィードを一度跳ね返されるもこぼれ球を拾って再び前線へ。
野沢が胸トラップで落として遠藤がそのままドリブル、ミドルシュートを放ちます。
ここは後ろでボールを横に動かすことでFC東京の守備をずらしてスペースを作れていましたし、鹿島は選手間の距離を縮めてこぼれ球やロングボールからの落としを拾うことができました。
19分には大迫が高い位置でボールを奪ってショートカウンターからスルーパスを出すもダヴィがもたついてシュートまで行けません。
11分と19分の場面は、鹿島の前線からのプレスが功を奏してチャンスまで繋げたシーンでしたね。
ただ、やはり圧倒的に早く良いプレスをしていたのはFC東京で、鹿島はDFラインやボランチのプレスをかけられると再び混乱して来ます。
33分にも一度は小笠原がボールを奪ったのですがバックパスを受けた青木に李が素早くプレス、クリアボールを当てられてしまい米本に拾われるとスルーパスから東が抜け出して来ます。
ここは曽ケ端の飛び出しで失点を免れますが、直後にはCKから米本にミドルシュートを放たれると、続いて小笠原がボールを奪われてカウンターからピンチを迎えます。
ここは昌子が体を張ってブロックしますが、高橋が小笠原を倒したシーンは完全にファウルでした。
この試合のレフェリーはファウルされた方のファウルを取るという不可解な判定も多かったのですが、基本的に接触プレイをかなり流していたので前半はプレスの鋭いFC東京に有利に働いていましたね。
前半はこのまま何とか1点差のまま追われたら…と思える程の混乱ぶりだったのですが、心配通り終盤に追加点を許してしまいます。
こぼれ球を拾った小笠原がボールの処理をミスした隙を見逃さず、米本が奪います。
そこから東と李が絡んで最後は渡邉がゴールを奪うのですが、東のくさびのパスを李が受けた時に小笠原がそのまま左サイドの東を観ていたら防げた失点でしたね。
李は岩政がついていましたし、後ろ向きでボールを持っている状態の上に最終ラインもきちんと数的優位の状況でしたから慌てる場面ではありませんでした。
東をフリーにしてしまったため、ワンツーを決められて岩政も李のマークを離してしまいます。
それで中央は昌子が2対1の状況を作られて、渡邉に裏を取られない選択をします。
ペナルティエリアに入れさせない状態でシュートブロックに行けたのは狙い通りだったと思うのですが、曽ケ端ともどもニアを狙われたのは予想外でしたね。
昌子はファーサイドを消すようにブロックしていますし、曽ケ端もファーサイドに打つと予想してポジショニングを取っています。
セオリー通りに守れば曽ケ端のポジションはもう1歩はニア寄りに取ってないといけないでしょうし、シュート打つ瞬間ファーサイドにステップしていますからね。
ファーのシュートコースは昌子に任せてニアをケアしていれば防げたでしょうね。
ただ、一緒にあまり試合をしてない分、あの状況から昌子がファーサイドのコースを消してくれるという信頼感はまだなかったでしょうし、C大阪の柿谷もこの渡邉もトップスコアラー、能力が高いのは間違いないですからこういうちょっとした連携ミスでも致命的になって来ることがあるってことです。
2点は取られましたが、鹿島は遠藤が入っていることで大迫、柴崎が積極的に絡んで攻撃は作れていました。
あとはダヴィの所で躓かなければというところまで行けていましたからね。
また、FC東京はかなりテンション高く戦っていた前半だったので後半に運動量が落ちる可能性もありましたし、ロングボールの使い方を修正すればまだまだいけるという感じはありました。

落ち着かせるセレーゾ監督
後半いきなりダヴィのところで躓かなければチャンスになるという見立てが実現します。
権田から前線へのボールを岩政、遠藤がヘッドで繋ぐと柴崎がダイレクトで前に入れます。
このボールを受け取ったのがダヴィだったのですが、ノーマークでスペースもあったことでシンプルに前線の大迫にスルーパスを出します。
権田との1対1を大迫が冷静に決めて反撃の狼煙をあげます。
このシーンはFC東京の守備がゆるゆるでしたね。
結果的に前半の終了間際という良い時間にあげたFC東京の追加点は、鹿島の選手をもう前から行くしかないと開き直させて、FC東京の選手の気の緩みを誘発するものになりました。
この早い時間帯のゴールで一気に逆転も狙えるという雰囲気になります。
前半からの鹿島の変化は4つ。
まず、より前からプレスに行くようになってインターセプトが増え、前への勢いが出て来ました。
ボールの取られ方が悪くなると当然、守備が整ってない状態で守ることが多くなるのでスペースが生まれますし、全体のバランスを欠いてしまうことになります。
2つ目はサイドチェンジやDFラインでボールを回すなどピッチの横幅を広く使えていたことです。
これによってFC東京の守備を横に動かすことでサイドのスペースやマークのズレを突いて縦にパスを入れることが出来始めました。
3つ目はバックパスを上手く使っていたことです。
前半は前へのパスを焦っていたのですが、後半はバックパスを多用。
FC東京のプレスが来ても無理に縦パスを入れずに後ろに下げて、相手を食いつかせておいて縦パスを入れる方法をとっていました。
バックパスのタイミングで前線の選手が動き出せば、ロングボールを入れるタイミングも取りやすいですからね。
特にボランチの小笠原と柴崎に入れてそこからDFラインに下げさせると相手のプレスが食いついてくれていたので、そうなると鹿島のボランチをFC東京のボランチが観ることになります。
それで前半はDFラインとボランチにサンドイッチにされて守られていた2トップの周りにスペースができました。
また、4つ目の変化としてダヴィと大迫の距離を近くすることでロングボールの回収率を増やしましたね。
横に縦に相手の守備を動かして、そこからDFラインの裏を狙うことでFC東京の陣形を間延びさせることに成功しました。
この辺りはセレーゾ監督の修正が見事で、打って変ってFC東京が混乱します。
立て続けに攻める鹿島はダヴィのセンタリングが流れて逆サイドの遠藤が拾うと、中にオーバーラップして来た青木へ。
センタリングのこぼれ球を柴崎がボレーしますが、惜しくも権田に防がれてしまいます。
さらにそのCKから岩政のヘッド。
そして、56分に同点に追い付きます。
スローインから遠藤、大迫と繋いで再びDFの裏に走った遠藤へ。
飛び出して来た権田をかわしてセンタリングを入れます。
これをダヴィの前に入ったチャン・ヒョンスがオウンゴール。
あれだけえぐって入れるセンタリングは、どうしてもゴールに向かいながらの処理になってしまいますから、こういうことも起こって来ますよね。
押せ押せ状態の鹿島はさらにチャンスを作って行きます。
59分には前線に顔を出した柴崎のグラウンダーのパスを遠藤がDFを背負いながら反転、右足でシュートに行きます。
ここもバックパスを上手く使っていて、中田が小笠原にボールを下げた瞬間で柴崎が前線のスペースに顔を出しているんですよね。
さらに野沢のロングフィードにダヴィが抜け出す決定機、ここはチャン・ヒョンスのファウルで潰されてしまいますが、鹿島の勢いは加速します。
それを何とかしようとポポヴィッチ監督が動いて来ます。
李に代えて田辺を投入して来ますが、このテンションの鹿島に途中出場で試合に入っていくのは難しかったでしょうね。
ファーストプレイの緩慢さを突いて大迫がボールを奪取、再びゴールキーパーとの1対1を冷静に股抜きシュートで征してついに逆転します。

混乱を招くセレーゾ監督
ただ、ここからの試合運びはあまりよくなかったですね。
セレーゾ監督もハーフタイムでの修正は良かったのですが、相変わらず選手交代でギアを落としてしまったり、混乱を生みだしてしまいます。
負傷した小笠原に代えて本田の投入はいいのですが、野沢ではなく遠藤に代えて本山を入れたことで前線のキープ力が落ちてしまいました。
小笠原が負傷して1人少ない状況でも、守った後のボールを遠藤がキープしてダヴィに出してシュートまで行く場面を作っていましたからね。
最近の本山は試合出場が多いせいか、調子が落ちてボールロストが多くなっているのは明らかで2列目のボールの収まりどころがなくなってしまったので、結局これが鹿島の最後のシュートになってしまいました。
ボールは回せていたのですが、シュートがないと相手に脅威を与えられないですから次第にFC東京も攻撃の圧力を強めて来ますよね。
本山は守備は相変わらず上手いですし、鹿島は守りの意思疎通は出来ていましたが、それでも守る時間が長くなとチャンスを作られてしまいます。
78分には東にシュートを打たれますが、本田のカバーリングからのスライディングでコースを消して曽ケ端が正面で処理します。
さらに太田のクロスに東がゴール前でフリーになってボレーしますが、これは上手くミートせずに助かります。
まだここまでは良かったのですが、終了間際にポポヴィッチ監督が平山と林を入れてくると、ロスタイムに野沢に代えて山村を投入します。
過去新潟戦、横花FM戦と2度やっていずれも機能せずに失点してしまった高さ対策の変速シフトですね。
思った通りこれまで同様に混乱したのは鹿島でした。
ロングボールのターゲットになった林、その落としたボールを拾った東とフリーになっていて完全にマークが混乱していましたよね。
最後は東のスルーパスに林が切り返してシュートを打つのですが、完全にやられたと思いましたよ。
しかし、曽ケ端の渾身のセーブで何とか失点を免れると1点差を守り切り勝ち点3を取ることに成功しました。
ポポヴィッチ監督がもっと早く平山を入れれば、山村の投入も早くなっていたのでそうなったら恐らく横浜FM戦のように同点に追いつかれていたでしょうね。
混乱したり、落ち着いたり、混乱させたり、また混乱したりと稀に見るメダパニ合戦を何とか征することができました。

気持ちよく中断期間へ
何はともあれ勝ったのでこれで気持ち良く中断期間に入れます。
再開はナビスコ杯準々決勝からになりますね。
対戦相手がどこになるのか、抽選が楽しみです。
中断期間中にやることはまずコンディションの立て直し。
ダヴィ、野沢ら連戦が続いた選手は明らかにコンディションが落ちて来ていましたからね。
控え選手は中断期間に積極的に試合を行うようですからチーム力の底上げをすると同時に、セレーゾ監督が選手の特徴をしっかり把握して先発と交代カードのチョイスを間違わないようにすることが重要です。
7月、8月も連戦はありますから、ローテーションできるように選手と監督のレベルアップは必須ですね。
これまでの鹿島、Jリーグの統括は中断期間に書こうと思います。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/978-d29dbfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する