鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【J1第17節】内容向上中も後半戦に向けて課題は多し…の磐田戦
結果
7月17日(水) 2013 J1リーグ戦 第17節
鹿島1-1磐田(19:04/カシマ/6,681人)
[得点者]
65' ダヴィ⑦(鹿島)←大迫勇也②
78' 金園英学(磐田)
[フォーメーション]
FW:ダヴィ、大迫
MF:ジュニーニョ、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:前野、山村、青木、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
72分:柴崎→本田
79分:遠藤→野沢
86分:ダヴィ→本山


試合の感想
選手間の距離が遠すぎる
鹿島は4-4-2、中田は前日練習を早めに切り上げたという話なのでおそらくケガによる欠場。
左サイドバックには前野が入りました。
磐田は4-2-3-1の布陣です。
立ち上がりは鹿島がお決まりのロングボール攻勢を仕掛けます。
しかし、2列目の選手がワイドに開いている状況では2トップに当ててそれを2トップで拾わなければならないのでほとんど磐田に渡すことになっていましたね。
鹿島は明らかに選手間の距離が遠過ぎてセカンドボールも拾えないですし、ショートパスでの繋ぎも出来ない状況に陥っていました。
このロングボールと選手間の距離の問題は今に始まったことではなく、ずっと同じ過ちを繰り返してしますが、修正するのは簡単です。
まず1つ目は、2列目をワイドに開かせるなら2トップがサイドに流れてサイドバックと競り合う形に持って行って2列目の選手が拾う形にすることですね。
もう1つはこの試合でも遠藤が意図的に中央にポジションを取っていることがあったのですが、その時に後ろの選手はくさびのボールを入れようとしていました。
しかし、磐田の選手がいてパスコースがなく攻撃を作り直していたのですが、そういう時こそロングボールをトップに当てて遠藤が拾う形にしないといけないですね。
この2つの改善でロングボール攻勢もだいぶマシになるはずです。
今のままだとDFラインの裏抜けさえ注意していれば相手からすれば何も怖くはないどころか、自動的にマイボールになるのですから楽なもんです。
鹿島のフォーメーションで唯一近い距離を取れているのはサイドハーフとサイドバックです。
そのため、ファーストシュートもそこから。
ジュニーニョのセンタリングを大迫がヘッド、いいコースに飛んだのですが川口にはじき出されてしまいました。
前野は必ずパスを出した後に動いてジュニーニョからのパスをもらいやすいポジションを取っていますし、もしくは追い越して行く動きをするので磐田のDFが付いて来るんですよね。
これによってジュニーニョは中田とユニットを組んでいる時のように1対2の状況にならないのでボールを持ちやすく、中に切れ込んでセンタリングなどのプレイに繋がっています。
まさにファーストチャンスはこの連携からでしたね。
右サイドは遠藤が持って西が上がるか、遠藤が中に入ってサイドに開けたスペースに西が入ってそこにフィードするかになっています。
しかし、西のコンディションがまだ悪いのは明らかでセンタリングはおろか得意なはずの縦パスの精度もこのところ欠いていますね。
鹿島の攻撃はこんな感じですから次第に磐田にポゼッションを握られて13分に磐田に決定機を作られます。
左サイドのセンタリングを小林がシュートまで持って行くのですが、DFラインとダブルボランチの間に磐田の選手が4人入っているんですよね。
ここも相変わらず小笠原と柴崎の守れない選手をボランチに並べているリスクが出たシーンでした。
21分には鹿島が反撃、青木のパスを柴崎がダイレクトで遠藤へ。
遠藤は触れなかったのですが、スルーする形になってダヴィがサイドをドリブル、そしてセンタリング。
大迫が上手くトラップして反転シュートしますが、DFにブロックされます。
右サイドから攻撃を作ることも多くなっているのですが、ゴール前は大体2トップの1人しかいないのでジュニーニョとボランチはもっと早いタイミングで得点の取れる所に入らないといけないですね。
前半の中盤以降は再び鹿島がペースを握って決定機を作ります。
小笠原のFKをダヴィが競ってこぼれたボールを自らシュートしますがふかしてしまいます。
ここは慌てたというか、咄嗟に反応したのでしょうが、右足で難しい態勢で打ちに行ってしまいましたね。
さらに34分には前半最大のチャンス。
相手のミスからボールを奪うとジュニーニョが前線にスルーパス。
2対1のこれ以上ないという状況だったのですが、大迫のシュートは川口にはじかれてしまい、そのこぼれ球につめた遠藤のシュートもDFにクリアされてしまいます。
川口はさすがでポジショニングもいいですし、慌てず動かず大迫の動きを観て反応しました。
そのため、大迫のシュートはニア、ファーともに意外に難しかったのですが、ダヴィがフリーだったのでシュートを打つ直前でパスに切り替えられていたらゴールは確実だったでしょうね。
イニエスタなどがそうですが、一流選手っていうのはプレイの直前で別の選択肢に切り替えるのが得意なんですけど日本人はそういうのが下手で、パスするならパス、シュートするならシュートの雰囲気を最初から最後まで醸し出していて読まれることも多いです。
終了間際には山村のフィードを大迫が落として遠藤が拾い、大迫から西へ。
西がノッキングを起こすのですが、ダヴィが受けに行ってセンタリング。
最後はファーサイドでジュニーニョがボレーを空振りとなるのですが、ここは初めて遠藤が中央に入っている時に後ろからトップに当てるフィードが出たシーンでしたね。
この距離感ならロングボールを入れてもこぼれ球が拾えますし、その後のパス交換もスムーズになります。
問題だったのは西でまったく縦に仕掛ける気が無く、止まってボールをもらってルックアップするのでノッキングを起こしてしまいますね。
そのためFWがフォローに行く羽目になり、中央の枚数が少なくなっていました。
せっかく中央で作って攻撃を作ってサイドに展開、1対1の状態にしているのに縦に仕掛けてセンタリングを上げる意識がこれっぽっちもないのでは攻撃参加する意味がないですね。
高い位置でもっともフリーでボールをもらえていたのは右サイドの西だったのですが、そこから生まれたチャンスはほとんどありませんでした。
シュート数は11:5、決定機も作れていただけに得点が欲しいところでしたが、スコアレスドローのまま後半に入ります。

決定力と守備力の欠如が響く
後半も一進一退が続きますが、カウンターから鹿島がチャンスを作ります。
ジュニーニョのドリブルからのシュート、52分には山村がボールを奪って小笠原。
ヒールで落としたボールを遠藤が拾ってドリブルで抜くと左サイドへ。
ジュニーニョのセンタリングは完全にチョの開いていた手に当たりますが、ハンドの判定とはなりません。
故意でないと取らないレフェリーもいますが、かつて新井場が取られたように手を体につけておらずあれくらい開いていたらハンドを取るレフェリーが普通だと思うんですけどね。
さらに攻める鹿島はこぼれ球を柴崎が拾って遠藤がタメを作るとその外を西が追い越してセンタリング。
中央でジュニーニョが頭で合わせます。
ここも決定機だったのですが、ヘディングはあまり得意そうではありませんね。
後半になってから…というか、加入3年目にしてようやく西が追い抜く動きをするようになったのでサイドをえぐったいい攻撃が展開できていました。
良い感じで試合を運んでいた鹿島に65分、遂にゴールが生まれます。
スローインからダヴィが相手と競り合いながらキープするとそのまま持ち上がります。
しかし、ここは珍しく持ち過ぎずに右サイドの大迫へ。
リターンパスは少し足元に入りますが、上手く体を入れ替えて左足でシュート。
ダヴィの2試合連続の先制点となりました。
この試合も選手交代は遅かったですが、涼しさもあってとりあえずは問題ありませんでしたね。
1枚目のカードは本田、普段なら遠藤か小笠原に代えるところですが柴崎との交代でした。
この試合ずっとパフォーマンスが悪いと思っていたら体調不良を抱えての出場だったようです。
本田が入ってからも鹿島は試合を上手く運び、77分には本田がボールを奪ってカウンター。
ジュニーニョ、大迫と繋いで再びジュニーニョ。
元気に駆け上がる前野がもらって逆サイドのダヴィへスルーパス。
しかし、GKとの1対1を決められずに詰めた大迫のシュートもDFに当ててしまいます。
ここで嫌な予感がしましたよね。
やられたのはまた左サイドから。
何のことはないセンタリングですが、青木が金園と競らずにヘディングシュートを決められてしまいました。
マークにはついていたのですから競り勝てないにしても飛んで空中で相手に体を寄せるというのはDFの基本ですからね。
それさえやっていれば失点は免れていたでしょう。
あとはいつも通り野沢、ダヴィが負傷したこともあって本山を入れて4-2-3-1の布陣に変更。
ただ、磐田と違って鹿島にはゴール前に入っていくフレッシュなストライカーはいません。
攻める時間はあるのですが、どうしてもパスの出し手の方が多く、ゴール前に人が少ないのではなかなか得点になりませんね。
これまで放置していた守備の問題点が改めて浮き彫りになり、2試合で勝ち点5を失う結果となってしまいました。

改善点と問題点
シーズン当初からのチーム作りの失敗、中断中のコンディション調整の失敗もあって再開後の試合はナビスコ杯を入れて1勝1分4敗と結果が出ていませんが、メンバーを入れ替えてからここ3試合は少しずつ内容はよくなっています。
今季は個の力で勝ててはいましたがチームが機能していた試合はほとんどなく、大分や新潟にも90分攻められ続けていた状態でしたから、それに比べるとボール支配率も上がって攻める時間、チャンスも増えて来ています。
実際にこの2試合は追加点さえ取れていたら勝てていましたからね。
しかし、引き続き失点が多い守備陣を始めとして距離間の遠い攻撃陣と問題も抱えています。
改善点
まず、良くなっているところですが、ジュニーニョのボールの持ち方、状況判断、守備はここ3試合ほど改善が見られます。
特に前野が後ろにいる場合はフォローしてくれるのでプレイしやすそうですね。
それでももっと中に入ってボールを受けられるようにならないと行けないですし、追い抜く動きをしてくれている前野を使う選択肢も活かせるようにならないといけないです。
そして、2列目で言えば遠藤が入ることでボールを持てることで前に重心を置くことが出来ていますし、ポゼッション率も上がっています。
そうすることで攻められる時間が減れば失点する確率も減らせますからね。
ただ、この試合の後半のように遠藤がもっと中央に入りつつ、大迫がトップ下に入る感じで選手間の距離を縮めてプレイするよう努めないといけないです。
試合後のコメントでも中央で受ける意識を高く持っているようですからそこは期待ですが、遠藤は疲労が出て来るとプレイが雑になるのが課題ですね。
ここを改善しないとチームメイトからの信頼も得られないですし、中心選手にはなれないでしょう。
もう1つ良くなっているのはDFラインの機動力とビルドアップです。
前野、山村、青木、西とスピードがあって守備範囲の広い選手を並べることでDFラインを高く保てるようになっていますし、それに伴って布陣をコンパクトに出来ていますね。
前野は危機察知能力が高く、よく周りを観ていて危険だと思えばバイタルエリアのケアまですることあります。
西もこの試合は危ないところを2度ほどケアするシーンがありました。
また、ビルドアップも前野と山村がいることでスムーズになり、青木もボールを運ぶ意識が高くなっていますね。
ただ、問題は青木がボールを持っている時に西が高い位置を取り過ぎて動かないので、孤立した青木がプレスをかけられて慌てるシーンが多いです。
山村を右にするか、梅鉢を右サイドバックにするなりまだまだ改善の余地はありますね。
問題点
最大の問題点はやはりディフェンスですね。
夏場なので終始というわけにはいかないですが、ここのところ前から連動してプレスに行けている場面は何度も見られています。
しかし、ボランチのところでボールを奪えないのは痛いです。
今はほとんどDFラインかサイド、相手のミスによってボールを奪っている状況になっています。
小笠原のフィジカルの強さは確実に落ちていますし、本田などボール奪取力の高い選手を入れれば今より高い位置でボールを奪えてそこからカウンターでチャンスを作れますからね。
それ以上に深刻な問題は以前から言っている守れる選手がいないことです。
ここ2試合は守備固めに本田を入れていますが、柏戦もこの試合も失点は本田と関係ないところから。
シンプルにクロスを入れられて中で合わせられているのですが、あれで簡単に失点していたらいつまで経ってもよくなりません。
やはり西はマークすら出来てないことが多く高確率で前を取られるか、センタリングに被って後ろを取られます。
青木はマークにはついているのですが何故か最後は諦めてしまって、競り合わずに相手を空中で自由にさせてしまいます。
山村ももともとボランチで苦手ですが、最近はよく寄せていますし改善は観られるのでこれからの成長に期待ですね。
リードしている展開では終盤押し込まれることが多くなるので、そういう展開で生きるのは中田と岩政のコンビです。
しかし、この2人だとビルドアップとDFラインを高く保つこと、スピードのある攻撃への対処に難があります。
今の鹿島の守備陣は一長一短あるベテランか経験のない若手しかいないですから、一番の改善策は前から言っているように補強ですよね。
思い切って植田を入れて山村と組ませる選択もありますが、経験を考えると勇気がいります。
もちろん個の能力を上げるのが最善なのですが、青木も西ももう何年も鹿島でDFラインを務めているのに守備はよくなっていないのが現状です。
そこでリードした展開では西に代えて岩政を投入、青木を右に持って行くのが今できる一番の策だと思います。
とにかく中断期間にも書きましたが、今のままでは失点は無くなりませんから早急に手を打つべきですね。
もう1つ勝利を逃している原因は追加点が取れないということです。
決定力と言ってしまえばそうですが、2トップの負担が大きいことが問題だと思います。
疲労があるとどうしても体のキレが鈍りますし、反応も遅くなります。
そういうところがゴール前で合わせるタイミングやシュートにパワーが乗るかに関わって来ますからね。
それに関塚監督の選手交代が当たっているのは、もともと能力の高い選手がいてそういうストライカーをフレッシュな状態で終盤に送り込めるからです。
特に夏場の戦いは体が動けるかどうかだけでも大きなアドバンテージになりますからね。
鹿島は2トップにダヴィと大迫をずっと先発させるしかないですし、途中から出場させるストライカーがいません。
それで2列目の選手を投入してゴール前に人数が少ないっていう状況になっています。
そのため、決定力をあげる方法として手っとり早いのはジュニーニョをFW起用して途中出場、もしくは3人で回していくことですね。
そうすることで2トップの疲労を軽減、フレッシュなストライカーを入れることで決定力は高まります。
さらに攻撃で言えば、エンジンのかかりが遅い、第2エンジンの不在も追加点を上げられない原因になっています。
柏戦、磐田戦と続いて前半からもっと積極的に攻めに行っていいですよね。
チャレンジするプレイ自体が少ないですし、上述したロングボールと選手間の距離を改善すれば前半から決定機もより作れるようになりますし、そうすれば得点できる確率も上がります。
さらに後半になって落ちたギアをもう一度上げられる選手が欲しいです。
これはセレーゾ監督の選手交代の遅さにも関わって来るのですが、ベンチに入れているなら中村、本山をもっと早いタイミングで使いたいですね。
FW:ダヴィ、大迫
MF:中村、遠藤
MF:本田、柴崎
DF:前野、山村、青木、梅鉢
GK:曽ケ端

こーめいはこのメンバーで戦って欲しいです。
右サイドバックは梅鉢の方がいいクロスを入れるイメージがありますね。
今の鹿島は右サイドバックがフリーでボールを持てる時間が一番多いですから。
中村は今後のことを考えて先発で起用して行かないと宝の持ち腐れです。
野沢やジュニーニョとはまだ合わないでしょうが、遠藤となら合うんじゃないですかね。
試合展開にもよりますが、ダヴィ・大迫→ジュニーニョ、中村・遠藤→本山・野沢、青木・梅鉢→岩政と交代すれば守り切ることも追加点を奪うこともできるようになると思います。
プチ中断の失敗は許されないので、戦術練習でチームの機能性を高めながら、きちんと練習試合も行って名古屋戦を良い状態で迎えられるよう準備してほしいですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

あのハンドは取ってもらいたかったですが、家本からは見えなかったのではないでしょうか?たぶん見る角度からして手がどのくらい上がっているのか分からなかったはずです。副審からは見えたはずなので副審がアピールしなければいけないはずですが、いつもの通り責任を問われたくない無責任な副審だったため無いことになってしまったのだと思います。技術的には可能でしようから主審と副審が話が出来るシステムを導入するべきです。これだけ多くの誤審があるのですから浦和戦と言い、昨年の数多くの誤審といい主審と副審が話をしながら進めることが出来れば良いと思います。映画『レフリー』でハワード・ウエッブでさえ副審に今の見えなかったがお前見えたか?とかPKでいいよな?とかレッド出すけどOK?とか相談しながらやっていたのを見ると単に主審と技能だけではなく、複数の方向から見て総合的に判断することが絶対必要なことがわかりますよね。
【2013/07/20 03:51】 URL | うちゃん #- [ 編集]

うちゃんさんへ
コメントありがとうございます。
無線システムは電波法の関係で日本は導入が遅れてるんですよね。
それでも3,4年前に別の周波数でやり取りできるシステムに目処が立ったと言っていたのですがあれからかなり経ってます。
今季のゼロックスでしたかね。
試験的に取り入れていたのは。
ただ導入されても海外のレフェリーのように使うには日本人はなかなかできないような気がします。
海外のレフェリーはけっこうオープンフレンドリーで選手から文句言われても「俺はこう見えたんだよ」とか自分の判断を言うのですが、日本人は自信がないとカードで応酬、自信があればお前らが間違ってると言わんばかりでいずれも選手を寄せ付けない態度をする審判も多いですし、主審が副審に確認すべきところをなぜかまったくせずに判定、カードとかいう場面も多いです。
そういうところから根本的に変えていかないといけないでしょうね。
でも柏戦の1失点目の判定なんかは副審が自信を持ってきちんと説明したので選手も納得したのでしょうね。
無線システムの導入でそういった対応が増えてくるのは間違いないと思います。
【2013/07/22 20:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


毎試合必ずロングボール攻勢で試合に入りますが、そのロングボールを全く拾えない理由がこーめいさんの記事のおかげでわかりました。確かに2トップと2列目の距離感がショートパスも繋げないぐらい遠いですね。これではリスクを冒して攻めに出るより、かえってボールを取られるリスクが大きくなってしまってますね。

そして、今日のオフィシャルでついに本田の清水移籍が発表されてしまいましたね。もうケガも癒えて完全に主力としてプレーできるのに、試合に出させてもらえなかったのがすごく気の毒に思えます。小笠原が衰えてきていて、柴崎もあと何年鹿島でプレーしてくれるのかわからないなか、本田の移籍はすごく痛いことだと思います。この状況なら守備能力が高く、スルーパスも出せる新潟のレオ・シルバの獲得は必須ですね。
【2013/07/24 18:56】 URL | チャレンジ #YD14tAto [ 編集]

チャレンジさんへ
コメントありがとうございます。
ロングボール攻勢についてはオリヴェイラ監督の後期もまったく同じことが起こっていましたね。
選手間の距離が開きすぎてこぼれ球を拾えず、パスも繋がらず。
それでも当時は田代がいたので彼の高さを生かしたときは何とかなっていました。
しかし、オリヴェイラ監督は興梠が復帰すればそちらを重用していたので田代は移籍することになってしまいましたね。
シーズン前にも書きましたが、本当にこの2人の監督はよく似ていると思います。
本田の移籍も決まってしまい、昨年以外、近年の鹿島は育成の失敗続き、補強の失敗続きですよ。
来季は気合いを入れて本当にレオ・シルバを獲得しに行ってほしいです。
代表の試合をみるとFWも豊田やウィルソンなどもっと周りも使える選手にしておいた方がよかったと思います。
【2013/07/26 12:43】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/986-bb565b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する