鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1第18節】負けるためのメンバーで戦って監督の希望通り惨敗…の名古屋戦
結果
7月31日(水) 2013 J1リーグ戦 第18節
名古屋3-1鹿島(19:34/豊田ス/15,881人)
[得点者]
10' ケネディ(名古屋)
41' 玉田圭司(名古屋)
76' ケネディ(名古屋)
90'+3 大迫勇也⑧(鹿島)←柴崎岳③
[フォーメーション]
FW:大迫、ダヴィ
MF:ジュニーニョ、野沢
MF:小笠原、柴崎
DF:中田、山村、青木、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
50分:ダヴィ→本山
61分:中田→前野
73分:本山→梅鉢


試合の感想
お決まりの失点パターン
名古屋はここのところ4-4-2のフォーメーションで戦っており、試合内容はまだまだなもののケネディの復調と共に次第にチーム状況がよくなって来ています。
鹿島もフォーメーションは4-4-2、こちらも試合内容はよくなって来ていますが、ここに来てなんと再び40%先発復活。
2列目にはジュニーニョと野沢、左サイドバックには中田が入り、開幕時のメンバーから岩政→山村に代わっただけとなってしまいました。
こんなことを言っては何ですが、何の期待感も抱けないですしもう負けるためにこの先発メンバーにしているとしか思えないですね。
よく「監督が一番分かっている」と頭の痛い人が言いますが、本当に監督が分かっているなら誰もが名監督になれますよ。
監督も分かってないから失敗が起こっているわけです。
そして、よく「サポーターは信じて応援するだけ」と頭の悪い人が言いますが、問題があるから上手く行ってないわけで、その問題を解決しなければ状況が好転するはずありません。
信じているだけで上手く行くなら誰もが成功者です。
「政治家は政治のプロなんだから税金がどう使われようと信じて応援するだけ」と言っているのと同じですからね。
いかに頭の悪いことを言っているかが分かると思います。
これまで機能したことはない40%先発をとてもではないですが、信じることも期待することもできないですし予想通り機能しません。
何度も言うように今の鹿島は守れる選手がいないので、守ろうとして守れるチームではありません。
失点を減らすには補強をするか、ポゼッションをして攻撃する時間を増やして守備の時間を減らすしかありません。
しかし、ダヴィ、ジュニーニョ、野沢とボールの持てない選手を前線に3人も置いていたらポゼッションなんて到底無理。
これまで通り攻められ続ける展開になります。
そして、7分に早々の失点。
左からの阿部のセンタリングをファーサイドのケネディが折り返して、最後は玉田が頭で押し込みます。
こーめいは完全にやられたと思いましたが、オフサイドに助けられます。
しかし、判定は完全なる誤審。
玉田は山村より出ていなかったのでオンサイドでしたね。
今の鹿島は誤審に助けられても失点を防ぐことはできません。
直後に今度は右からセンタリングを入れられるとゴール前で青木がケネディを倒してしまいペナルティキックを取られてしまいます。
ナビスコ杯決勝の清水戦もそうでしたが、青木は本当に競り合いが下手な上にいいポジションを取られて手で抑えられるとその腕を掴んで引っ張る癖がありますね。
これはFWからしたら思う壺、倒れてしまえばPKをもらえますから。
これをケネディにきっちり決められて、やはり早々に得点を献上してしまいます。
失点は左サイドのジュニーニョと中田の緩慢な守備も原因ですが、オフサイドで助かったシーンも結局は外からシンプルに入れられて中央の1対1であっさり負けているという鹿島お決まりの失点パターンでしたね。
追いつきたい鹿島ですが、このメンバーではセットプレイかカウンターから何とかチャンスを見出すしかありません。
スローインから西がセンタリング、ダヴィがヘッドで合わせますが、楢崎のスーパーセーブに防がれてしまいます。
25分には野沢のパスから大迫が決定機を迎えますが、当たり切らなかったシュートは楢崎に触られてゴールの枠を逸れてしまいます。
名古屋の本来の守備はリトリートしてゴール前で個の力で守り、最後は楢崎が止めるというものなので、相手からすると本当はボールの持ちやすいチームなんですよね。
しかし、このところは結果が出ていないということで、前線からの守備や攻から守の素早い切り替えも増えて来ています。
そのため、ボールが持てずに攻められる時間が続く鹿島でしたが、35分を過ぎたあたりから1点リードしていることもあって名古屋が従来の守備になり、攻撃する時間が出て来ます。
こうなると名古屋はバイタルエリアでも簡単にボールを持たせてくれるので、ようやく西、野沢、ジュニーニョがからんで右サイドからチャンスを作ります。
ここで得点を取らないと厳しい状況だったのですが、ダヴィのヘッドはまたもや楢崎の規格外のセーブに阻まれてしまいます。
すると終了間際には再びお決まりのパターンから失点。
これも前に修正しないとまた同じ形でやられると言っておいた鹿島のセットプレイからカウンターを決められるというパターンでした。
柴崎のミスが発端でボールをバウンドさせてしまったのですが、小笠原ももっと下がって柴崎がバックパスを出せるようにしないといけないですね。
この2人はボランチの守備もそうですが、攻撃の選手なので基本的に攻撃のことしか考えてないです。
だからここも小笠原はできるだけ高い位置で受けたいと思い、柴崎もクリアするのではなく小笠原に繋ごうとしていますよね。
その結果、ボールを取られてファーストディフェンスに行った小笠原も相手を潰す守りではなく、ボールを奪って攻撃に出ようという守備をして抜かれています。
そして最後は玉田に決められてしまいましたね。
実はこのセットプレイからのカウンターは、流れの中からも同じパターンで危ない場面を作られています。
29分にジュニーニョがゴール前に入れたボールをクリアされて、そのボールを小川に拾われます。
ジュニーニョがボールを持っていた間に中田がオーバーラップしているので鹿島の最終ラインは山村、青木、西の3人でケネディと玉田を観る形になっています。
ここは1人余る形で対応しているので問題ないんですよ。
問題は中盤の選手が全員名古屋の2トップの後ろにポジションをとっていた小川よりも前にいて、誰も守備の事を考えてないってことですね。
そのため、小川がボールを持てば誰もマークに行けないですから、ドリブルを仕掛けられて小笠原らは後追いディフェンス。
鹿島の最終ラインは3対3の数的同数で対応しないといけない状況になります。
ここは最終的にケネディがシュートをふかしてくれたので助かりましたが、移籍した本田がボランチに入っていたら小川を観てないってことは絶対にないですからピンチにもなってない場面ですね。
どうしてここをまったく修正しないのか不思議でならないです。
お決まりの失点パターンでやられて2点ビハインドで前半を終えます。

やる気の見えない後半戦
後半に入って早々にダヴィが筋肉系のケガで交代、本山が入ります。
これでボールの収まりどころは出来ますが、この所衰えが観える本山もミスが多く低調なパフォーマンスが増えていますからね。
その後、中田に代えて前野を入れて左サイドが少し活性化しますが、全体的に運動量が少なく勝つ気の感じられない試合が続きます。
さらに困ったことに途中出場の本山が負傷で交代を余儀なくされ、梅鉢を入れて柴崎を1つ前に上げます。
普通、Jリーグではリードしている方が後半は守る時間が増えることが多いのですが、この試合はいつになっても名古屋が攻勢を仕掛けていましたね。
76分にはFKからケネディに決められて散々な試合がより悲惨になります。
ここも結局バウンドさせたらダメですよね。
闘莉王についている青木がスルーする形になっていますが、後ろの山村はボールウォッチャーになってケネディを自由にさせています。
さすがに終盤になると鹿島の方が攻める時間も増えますが、やる気の感じられないプレイが多かったです。
せめて大迫が1点でも入れてくれたらと思っていたら、柴崎とのワンツーからゴール。
確実に頭で触っていてボールの軌道も変わっていたのに、柴崎のゴールになっていたので寝る前に携帯で確認してしまいましたよ。
そうしたら大迫のゴールに変更されていましたね。
一矢報いただけでもよかったと思える本当に悲惨な敗北となりました。
大分、新潟、湘南戦に続いてまたもや対戦相手に今季のベストゲームと言われてしまいましたね。
こーめいは耳にしてないのですが、今季からJリーグアウォーズでベストゲームプレゼンターという新しい賞が創設されたのかもしれません。
きっとセレーゾ監督はその受賞を狙っているのでしょう。

半年間進歩なし
セレーゾ監督が就任してから半年が経過しますが、この間鹿島は何かよくなったところがあるかと考えると何もないですね。
ここのところボールの持ち方が少し良くなっていたジュニーニョもこの試合ではミスを連発、中田とのコンビネーションも相変わらず最悪です。
むしろ昨年より悪くなっているところの方が多いです。
中断明けに動けない、アウェイで弱いのは完全にコンディション作りと練習の負荷調整の失敗でしょうね。
暇さえあれば…、というか戦術練習をもっとしないといけないのにボールを使わないインターバル走、サーキットトレーニング、チューブトレーニングをよく行っていますから。
さらに大迫がインタビューで言っているように試合前日の練習もきついそうですから、当然これだけ練習で負荷をかけていたら試合で動けないです。
それに加えてアウェイでは移動の負担もありますから、結果が出ていないのは無関係ではないでしょうね。
試合後には「諦めないのが鹿島の伝統でそれをできていない選手がいる」とこの試合でもナビスコ杯の横浜FM戦でも言っていましたが、その勝つ気のない40%先発を選択しているのも、無駄な練習で選手を動けなくしているのもセレーゾ監督です。
それに加えてチーム状況が悪くても選手交代が遅いのですから、監督自身が端から勝つ気持ちがないと思われても仕方ないです。
それが選手にも伝染しているだけですよね。
どれだけくだらない練習をしていれば、半年もの間まったく進歩が観られないチームを作ることができるのかとあきれるばかりです。
この試合を観て決定機を決められなかっただけと思っている人は監督の素質がまったくないと言えますから、再び監督をしても恥をかくだけなので辞めておいた方がいいでしょうね。
柏戦、磐田戦は完全に鹿島がペースを握って先制しました。
追加点を取って試合を決めるチャンスも多くあったのにそこを決められなかったので、残り10分でやられて逆転負け、引き分けになってしまいました。
この試合は名古屋に終始ペースを握られていましたから、例え大迫かダヴィのどちらかがゴールを決めて同点に追いついていても結局は名古屋にやられていたでしょうね。
そもそも大迫は2回の決定機のうち1度を決めていますし、ダヴィが決められなかったのは楢崎が凄過ぎただけですから。
本来監督がやるべきなのですが、日本代表のオーストラリア戦を観て前線の距離間について修正しようという選手はいないのですかね。
後半、大迫が野沢にかなり厳しく言っているシーンがありましたが、代表のようにしっかりコミュニケーションをとるなり、監督に言ってメンバーを替えさせるくらいしないといつまでも経ってもこの状況が続くことになりますよ。
セレーゾ監督、小笠原、本山、中田、野沢、ジュニーニョとは来季契約更新をしないという大ナタを振るわないと鹿島は前進できないんじゃないですかね。
こーめいが1つ気になっているのは、ここのところ岩政がベンチスタートになっていることです。
高さ対策で中田を起用するなら岩政こそ、この試合で先発起用するべきですよね。
セレーゾ監督は青木でケネディを抑えられると思ったのでしょうか。
岩政の立ち位置が本田と同じ流れをたどっているようで心配ですね。

大宮も下降気味
負傷交代したダヴィ、本山の出場は難しいでしょうが鹿島はそれほど痛手ではありません。
4-2-3-1の大迫システムで戦えばいいだけですからね。
むしろ2列目の3つのポジションにジュニーニョと野沢の2人が入る方が痛手です。
しかし、遠藤は確実に先発になるでしょうから、少しは良くなるんじゃないですかね。
一方の大宮もノヴァコヴィッチが負傷してからチーム状態は下降気味。
ズラタンは前節広島戦から途中出場で復帰しましたが、やはり前線でボールの収まるノヴァコヴィッチの不在は大きいです。
さらに退場したボランチの金澤が出場停止ですね。
大宮はアウェイ連戦になりますし、広島から戻って中2日で鹿島というのはけっこうきついですよ。
鹿島は中2日の戦いを名古屋戦と同じ先発で臨んだらバカ丸出し。
ダヴィ以外にも4、5人入れ替えてもいいくらいだと思います。
岩政の件以外にももう1つ気になっていることがありますが、それはもう少し様子を観てから判断しようと思っています。
鹿島はサンパウロ戦があるので4連戦になりますから、メンバーを入れ替えながら上手く戦わないとやっていけないですね。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

いやはや…こうめい氏の怒りは手に取るように分かりますよ
髭はこうめい氏の考えとは真逆のことをやってこの体たらく
もう僕の怒りのリミッターも振り切れましたわ(´・ω・`)
頼むから中村と遠藤を使ってくれ
【2013/08/01 22:56】 URL | ロナウド #- [ 編集]


先発メンバーを見ただけで希望が失望に変わってしまうのは、本当に腹立たしいことですよね。勝てる戦力を持っているだけに余計。本当にセレーゾ監督の退化がひどいですね。以前は守備戦術力は高かったのに、今やもうずっと繰り返し同じパターンから失点してるのに全く修正される気配がないとは。というか、そもそも戦術練習をせずに、ボールを使わない古いフィジカルトレーニングばかりですもんね。今はまだ6位ですが、この調子ではあっという間に順位が落ちてしまいますね。
次節ホーム大宮戦は本当に何人もメンバーを入れ替えないと、ホームで散々な内容を晒すことになりますね。サポーターも試合中でも悪い内容にはどんどんブーイングしていって、監督に危機感を与えた方がいいと思います。
これからは選手同士がもっと意見をぶつけあって、自分たちで悪いところを修正していくことを願います。

駄文を書き込み、申し訳ありませんでした。
【2013/08/01 23:22】 URL | チャレンジ #YD14tAto [ 編集]

セレーゾ解任!
もうセレーゾ解任運動をやらないと、鹿島がボロボロになっていきますね。

原理主義のように、肯定論で鹿島が弱くなる事を望んでいる輩とは一線を画して、声を大きくキャンペーンを貼らないと、愛する鹿島がボロボロになってしまいますね。

そろそろ練習場にボードを持ち込んで抗議の意思を示しましょう!
【2013/08/01 23:37】 URL | 超鹿島愛 #6KgBDpmI [ 編集]


こーめいさん、こんばんは。
先日はコメントの返信ありがとうございました!
名古屋戦、近3試合は遠藤が先発してちょっとは良くなったと思ったのですがまたまた最悪な組み合わせですからね。
遠藤が先発を外れる理由がまったくわからないです。
中断前の貯金で今の順位に留まっていますがそれが無ければ降格争いに巻き込まれている状況だと思います。
結果が出なくても若手の育成などがあればまだ良いのですがベテラン重視の現状ではそれも叶わずですからね・・・
不本意ですがこのまま連敗してシーズン途中での監督解任という事態になった方が来期に向けては明るい材料なのかと思ってしまう次第です。。。

【2013/08/02 00:15】 URL | しまなお #XZ039GEA [ 編集]


学習能力がないのか
セレーゾ一年目は、フロント主導で
阿部ら中堅をだし、79年組を使う土台
作った結果三冠に繋がりました。
今回は、控えを充実するためベテランを残したのがあだになった気がします。

確かに、遠藤や中村が不安なところはあると思いますが、鹿島の4-2-2-2をやるなら
適切なスタメンを組むべきです。

セレーゾ一年目も、本田の故障で熊谷が起用された様に、不躾だけど、いい意味でスタメンが変わる事を期待します。
【2013/08/02 00:22】 URL | hide #- [ 編集]


セレーゾはヤバいですね。ここ何試合か少し内容のよかったのはヤスがいたおかげなのになんの根拠もなく野沢のスタメン復帰ですからね。割と補強が成功してもいい選手が入っても使いこなせずましてや有能な選手を流出させて補強を要求とか鹿島を崩壊させたいんでしょうかねー。フロントもバックアップ程度に思ってたであろうベテラン組をむしろ主力にするとか狂気ですよ。今からしっかり監督を探してきてほしいですね。
【2013/08/02 01:08】 URL | ATTK #5Z8QAVdk [ 編集]

ロナウドさんへ
コメントありがとうございます。
さすがにあのやる気のないパフォーマンスではこーめいも含めて多くのサポーターが怒りを抱いたと思います。
改善が見られるなり、先に希望が感じられる敗戦ならまだ分かりますが、本当に惨めな敗北を味わった以外に何もないですからね。
この敗戦で監督や選手の意識が変わればまだいいのですが、ナビスコ杯の敗退も何の薬にもなってないのはこの試合から明らか。
「79年組+野沢は中村俊輔を見習うか、引退しろ」と横断幕を掲げるくらいしないとダメなんですかねぇ~。
【2013/08/02 10:03】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

チャレンジさんへ
コメントありがとうございます。
もともとセレーゾ監督に多くは望んでないですが、守備戦術と若手起用、そして8年間の成長については少し期待していたのにその部分がまったく0でしたf(^^;)
セットプレイのカウンターから何度もピンチになっているのに修正しないなんて、本当に練習で何をやっているのかという感じです。
9月にコンディションが上がって勝てるようになればいいですが…。
【2013/08/02 10:08】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

>セレーゾ解任!
超鹿島愛さん、コメントありがとうございます。
フロントは監督選びに関してはたいして努力もせず、安易な選択に寄りがちですからシーズン中の監督交代はしないんじゃないですかね。
むしろシーズン終了しても何かしら理由をつけて契約更新しそうで怖いです。
何でも肯定論のサポーターは本人がどう思うかは自由なのでいいですし、ブログでやるのはその人のスタンスなので尊重されるものだと思います。
こーめいが思うのは、掲示板などで真剣に鹿島のことについて話し合っている人に対してネガティブだとか、批判するなとか絡んでくる輩はウザイってことですね。
要するに頭の悪い人が自分の分からない難しい話をされて不愉快だから、いちゃもんつけて自分の気に入らない意見の人を排除しようとしてるだけですから。
やっかいなのは世の中には頭が悪い人、努力して知ろうとしない人、知識がないのに批判だけはいっぱしな人の方が多いですから、そういう人の方が多数意見になってしまうところです。
【2013/08/02 10:18】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

しまなおさんへ
こちらこそ再びのコメントありがとうございます。
先発起用の選択、本職のポジションで起用されてない選手の多さはまったく訳が分からないですよ。
それで何かしらよくなってるならまだしも何もよくなってないですからね。
しかも、ベテランはダメな試合があって起用し続けるのに若手は1試合起用してダメだったら次はもうベンチ、もしくはベンチ外ってことが多いです。
本当、幸いなことに今年は個の力で勝って来た分の勝ち点に貯金があるのでここから全部若手に切り替えてもまず残留争いに巻き込まれることはないので、思い切って入替えて若手で継続的に戦って行った方がいいと思います。
【2013/08/02 10:25】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

hideさんへ
コメントありがとうございます。
今季の前半戦もケガや出場停止でメンバーが入れ替わった試合の方がよかったですからね。
フロントは今年は特にですが、オリヴェイラ監督の時も鹿島らしいサッカーをするための補強はけっこうできているんですけど、監督が使いきれていないので、補強が補強になってないことが続いています。
それが積み重なって鹿島のチーム方針がブレて来ていますから、やはり早々に軌道修正が必要です。
【2013/08/02 10:29】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この暑いのにベテラン勢ぞろいで動けるのか?と思った通り、名古屋のプレスに苦しみ、セカンドボールも全く拾えず、ひどい完敗でした。
現地で見ていたものとして、前半の決定機を逸すると、サポも今日はダメだね、みたいな雰囲気でした。
長いシーズン、こんな試合もある・・・でも、自分が見に行った試合でこれをやられたら、次回の観戦はクラブの状態を考えてから、なんて思ってしまいます。
特に夏は、ベテラン勢のスタメン機用は難しい。
【2013/08/02 10:32】 URL | ロンド #n53L/O22 [ 編集]

ATTKさんへ
コメントありがとうございます。
本当にフロントは野沢やジュニーニョは控えとして補強したと思うんですよね。
それをスタメン起用ですから…。
よくサポーターが「どんなサッカーをしたいのか分からない」と言いますが、こういう場合はたいていサポーターのサッカー知識のなさから分からないってことが多いのですが、こーめいはいくら考えてもセレーゾ監督がこの先発メンバーでどうしようとしてるのかが分からないです。
ジュニーニョと野沢では、ボールも収まらなければ守備力があがるわけでもないですからね。
そもそも鹿島のサポーターはどういうサッカーをすべきなのかは分かっているわけで、フロントも鹿島らしいサッカーの復活を掲げて今季の補強を行ったのですが、その鹿島らしいサッカーの片鱗も見えない今の状況は完全にチーム作りに失敗していると言えます。
監督選びで失敗しないよう早くからリストアップしてスカウティング、契約状況などを確認しておいた方がいいです。
ブラジル人ならやはりジョルジーニョ世代の戦術やトレーニングの新しい監督がいいですね。
【2013/08/02 10:37】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ロンドさんへ
コメントありがとうございます。
長いシーズンこんな試合もある…くらいならいいですが、今季はこんな試合ばかりですから。
こぼれ球を拾えないのはメンバーの問題の他にも戦術の問題もありますね。
あれだけ選手間の距離が広がってたらこぼれ球も拾えないですし、パスも繋げないです。
そのためにも遠藤や中村など技術があって相手のプレスが来てもボールを持てる選手を継続的に起用して、コミュニケーションをとりながら連携や距離感を図っていくようにしないとダメですね。
もちろん練習でそれができるようになればいいですが、セレーゾ監督に攻撃戦術の何かしらを期待するのはできないです。
【2013/08/02 10:41】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

フロントが責任をもって改革を進めよ
セレーゾは、本当に何を意図してこのメンバーを使い続けているのか分からないです。単に職がほしいだけなのか?
試合後のコメントも、言い訳や、責任を逃れと思われる言い草ばかり。ジョルジーニョが懐かしいです。

フロントは、セレーゾに課した(と思われる)、「世代交代を遂げながらのJリーグ優勝争いに加わること」を、きちんとセレーゾが遂行するようフォローして行く必要と責任があります。できる監督で無いなら、見切る必要があります。

鹿島の伝統とよく言われますが、こーめいさんが言われるように、現在のアントラーズには中堅となるべき世代がほとんど残っていません。若手を試合に使って育てる気がないなら、伝統も残らないでしょう。
Jリーグプレミア構想が出て来ましたが、セレーゾでは、アントラーズがプレミアに残るための基礎を作れるとは全く思えません。
【2013/08/02 19:17】 URL | 土鹿 #- [ 編集]

>フロントが責任をもって改革を進めよ
土鹿さん、コメントありがとうございます。
大宮戦ではダヴィ、本山のケガ、ジュニーニョの体調不良で若手主体で戦って、ようやくスタートラインに立てた感じです。
ここから前に進むのか、逆走するかですね。
【2013/08/05 23:18】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/988-c029687b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。