鹿島ブログエトセトラ
鹿島アントラーズを中心としたサッカーブログです。エトセトラ部分としてJリーグ・日本代表・欧州サッカー、はたまた日常生活についても思ったこと、感じたとこを書いています。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【J1第27節】メンタルコントロールの難しさが垣間見えるも逆転勝利…の大分戦
結果
9月28日(土) 2013 J1リーグ戦 第27節
鹿島3-1大分(15:34/カシマ/13,020人)
[得点者]
52' 森島康仁(大分)
55' 遠藤康④(鹿島)←大迫勇也④
60' 遠藤康⑤(鹿島)←小笠原満男⑦
87' ダヴィ⑨(鹿島)←大迫勇也⑤

[フォーメーション]
FW:大迫
MF:ジュニーニョ、土居、遠藤
MF:小笠原、柴崎
DF:中田、山村、青木、西
GK:曽ケ端

[選手交代]
57分:土居→ダヴィ
79分ジュニーニョ→梅鉢
86分:中田→前野


試合の感想
優勝争い・残留争いのメンタル
大分は3-4-2-1、前節から6人の入れ替えがありました。
田坂監督は鹿島のウィークポイントを突くために機動力のある選手を起用したと試合後に狙いを語っていましたね。
梶山は負傷を抱えてだましだましやって来ているのでその影響もあって先発から外れたのかもしれません。
鹿島は引き続き4-2-3-1の布陣、スターティングメンバーは前節とまったく同じになりましたね。
ダヴィはベンチスタート、控え選手は本山に代わって野沢が入っていました。
13時キックオフの試合ですでに横浜FMが仙台と引き分け、大分はこの試合に負けて30分早く始まっている甲府が清水に勝つと降格が決まってしまいます。
ここら辺の状況が精神面に影響を与えた感はありましたかね。
大分は相変わらずバイタルエリアで前を向いてボールを持たれるとプレスがはっきりせず隙ができますが、そこに入るまでの縦パスにはこの試合かなり厳しく行っていましたね。
鹿島は立ち上がりから上がった柴崎が2度オフサイドにかかるなど積極性はあったと思いますが、全体的に球際の寄せや競り合いは大分にイニシアティブを握られていた印象でした。
そのため縦パスを奪われることが多くなり、さらにそこから1トップの森島、CBとSBの間を狙って走り込む2シャドーに起点を作られていました。
これによって鹿島はもっと押し込む展開に持って行きたいのですが、意外と大分に攻められるという流れになります。
ファーストシュートは大分。
左サイドで小笠原がボールを奪われるとそのままカウンターを受け、前線の選手も戻って一度は攻撃をディレイするもチェ・ジョンハンにシュートまで持って行かれます。
鹿島の最初のシュートは14分、大分のゴール前まで迫られると青木がボールを奪い山村が前線の大迫にフィード。
上手く落としたボールを土居が拾って運ぶと右サイドの遠藤へ。
大迫を狙ったクロスはDFに跳ね返されますが、ゴール前に入っていたジュニーニョが拾います。
決定機だったのですが、シュートは弱くなってしまいGKへ。
前節同様にこの試合でも周りの選手がジュニーニョを上手く使っており、サイドでドリブルを仕掛けてからクロス、ゴール前に入ってシュートといい場面はつくれていたのですが、まったくボールが足にヒットしてなかったですね。
サイドハーフはいいクロスを入れるまでが仕事ですし、シャドーストライカーはいいシュートを打つまでが仕事です。
クロスはそのままGKに行ったりエンドラインを割る事が多く、シュートは大きく外れていました。
ここの精度が高かったらもっと前半からチャンスを作れていたんですけどね。
ジュニーニョの使い方は良かったものの、前節と大きく違っていたのはサイドチェンジです。
磐田戦ではいいタイミングでサイドを変えてピッチをワイドに使えていたのですが、この試合の前半はほとんどなかったですね。
試合の入り方もふわっとした感じはありましたが、甲府戦もそうだったように3-4-2-1でロングボールを多用して来る相手に苦戦しているという要素もあります。
特に守備の仕方は考えないといけないですね。
甲府も大分も狙いは鹿島のサイドバックの裏。
2シャドーがそこに頻繁に飛び出して長いボールを受けていました。
鹿島は基本的に青木、山村が流れてカバーすることになるので、どうしても裏のスペースが気になるのでDFラインを上げることができず、いつもより低くなっていました。
それによって布陣も間延びしてしまい、前線の選手の距離間もこの試合では開いてしまっていたんですね。
それでも32分には小笠原の縦パスに土居が走って、一度はボールを奪われそうになるも何とか遠藤に戻します。
そこから遠藤が切り込んでペナルティエリアをドリブルで駆け回ると、そのままニアにシュート。
GKに防がれてしまいますが、やはり大分はこういうところでしっかり守備できる選手がいないので相手に自由にやらせてしまいますよね。
41分にはジュニーニョがボールを奪ってカウンター、大迫が仕掛けからシュートまで行きますが右に外れてしまいます。
前半はどちらかというと大分の思い通りに運ばれてしまいますが、失点しそうな雰囲気はなく、セットプレイを多く与えていましたがそれもしっかり跳ね返すことが出来ていました。
特にCKはニアで大迫がよくクリアしていましたね。
数は少なかったものの決定機と呼べるチャンスは大分よりも作っていた鹿島でしたが、スコアレスドローのまま折り返すことになります。

失点してスイッチが入る
後半、最初にチャンスを作ったのは鹿島。
今季一番と行ける中田のクロスを大迫がヘッドで合わせますが、これは惜しくもバーを叩いてしまいます。
ここは大迫、柴崎で上手く中央で起点を作ってから左サイドへの展開だったので、中田がフリーでプレイできましたよね。
しかし、52分に思いがけないというか、覚悟はしていた形から失点します。
山村のパスが為田に引っかかって奪われてショートカウンター。
何とか止めようと山村が守備に入りますが振り切られて、中央に折り返されます。
それを森島に決められてしまい、先制点は大分にもたらされました。
相変わらず中央のマークは杜撰ですが、小笠原は棒立ちディフェンス。
山村のカバーに入るか森島を観るかで、森島を観ていたのですが距離を開け過ぎてあれではマークに付いていることにはなりません。
パサーとの距離を縮めてパスコースを狭めるか、森島についてパスコースを消すなどやることをやってやられたのなら仕方ないですけどね。
あの中途半端なポジションだと森島がフリーになるのは簡単ですし、当然為田も小笠原をはずしてパスをその森島にパスを出しますから。
ただ、この場面で一番のミスは当然山村です。
こういうミスは後ろから繋いで行くクラブでは起こることで、浦和や広島もやはり同じようなミスから失点していますし、バルセロナだってそうです。
鹿島で言えば10シーズンに加入したイ・ジョンスが狙い過ぎてボールを持っている間に奪われて失点ということが度々あり、セットプレイからヘッドで得点してミスを帳消しというのがパターン化していました。
こーめいは山村がCBに入るならこういった失点は起こるだろうと覚悟していましたが、もちろんパスミスはこれまでもあったものの思ったより失点に直結することが少ないなという印象でした。
イ・ジョンスの時に比べれば確実にミスは少ないですね。
こういうミスをしないようにするのは簡単で繋がずにぼんぼんと前線に蹴ってしまえば良いわけです。
しかし、それだとまたボランチを抑えられたら攻め手がなくなるチームに逆戻りしますし、山村のパスからいい攻撃に繋がっている場面も多くあるので臆せず続けてほしいですね。
ただ、これだけ難易度の高いパスを選択する必要はまったくないのでそこは反省しないといけないですよ。
① 低い位置からのビルドアップ
② ボランチの柴崎へのパス
③ 中央へのパス
④ パスコースに大分の選手がいてその頭を越すパス
⑤ 利き足と逆の左足でのパス
左サイドバックに中田が入っている場合は山村のビルドアップの負担が大きくなりますし、得点が取れていない状況で何とか攻撃を作りたい気持ちがあったのでしょうが、上記の①~⑤を見ればかなり難易度の高い無謀なパスだったことが分かります。
まず、①に関しては逆サイドの低い位置でのスローインから回って来たのでエンドラインに近い所で受け取ってからのビルドアップになっていました。
そのため、ボールを奪われれば一気にゴールに迫られるという状況です。
イ・ジョンスのミスが失点に直結しやすかったのは、あの頃は岩政とCBコンビを組んでいたのでDFラインが低く設定されていたためです。
逆に今の鹿島はDFラインが高いのでパスをカットされてもゴール前まで持って行かれるまでに守備出来るチャンスがあるので防げているところもあります。
②、③については低い位置から低い位置の選手へのパス、中央の選手へのパスなので危険ということですね。
これが前線の選手やサイドの選手へのパスだったらボールを奪われる場所もゴールから遠い所になるのでリスクが減ります。
④と⑤はある意味セットで、パスコースが無かったので山村はDFの頭を越すパスを狙おうとしたと思います。
ただでさえ難易度の高いパスの上に、逆足だったのでミスしてしまったということですね。
どこか1つでもセイフティなプレイを心がけていれば防げたミスですし、やはり判断が雑だったとしか言いようがないです。
繋ぐ勇気は必要ですが、そこに無謀さ、雑さが入ってはいけないですね。
決定機をバーに阻まれてミスから失点となればまるっきり負けパターンですが、ここから鹿島の選手にスイッチが入ります。
青木のフィードを上手く体を使って収めた大迫が素早く縦に仕掛けてマークに付いていた高木を完全に置き去りに。
大迫の丁寧なパスをダイアゴナルに入って来た遠藤が合わせて同点。
先制されてからすかさず追いつけたのは大きかったですね。
ここで鹿島は土居に代えてダヴィ、大分は木島に代えて松本を入れます。
両チームとも動いて来ましたが、ダヴィのクロスから大迫がヘディングシュートを放つなど流れは鹿島に。
ダヴィが入ったことで大迫が下がってボールを受けて、そこでファウルをもらうようになっていましたね。
そのFKを小笠原が素早くリスタート、ここもまた斜めに走った遠藤が受けて安川と1対1。
わずかに開いたコースを見逃さずに左足を振りきって逆サイドのネットに逆転ゴールを突きさしました。
角度が無かったのでここしかないというコースだったのですが、安川と丹野からすればあそこから決められるとは思ってなかったでしょう。
シュートはもちろん素晴らしかったのですが、前節の3点目のヒールパスといい遠藤は状況判断力と判断までのスピードが上がっていますよね。
以前はDFに付かれるとそこで止まって味方の選手がパスをもらいに動くのを待って、止まったままパスを出すと言う事が多かったです。
そのためパスはDFに読まれてカットされていたのですが、今は止まらずに自分から仕掛けて行っているので、DFは守備の的を絞れず後手に回らざるを得ずえません。
この試合の遠藤の1本目のシュートの場面もまさにそうですよね。
さらに右足もだいぶ使うようになっているので守備側からすれば対処するのは相当やっかいでしょう。
この変化はやはり試合を多く重ねて来た経験からこそ得られたもので、現在は土居が状況判断が悪くプレイが遅いところが見られるので、これから試合をやっていけば良くなると思います。
逆転した鹿島は遠藤の右足のクロスにファーサイドのジュニーニョがシュート。
小笠原、柴崎と繋いで大迫のポストプレイ。
オーバーラップした西のセンタリングをダヴィがヘッドと勢いに乗って攻めます。
さらに大迫のポストプレイからダヴィ、遠藤と繋いでクロスを最後はドフリーのダヴィが右足で合わせますがふかしてしまいます。
ここは余裕があったので左足でシュートに行けたと思うんですよね。
ダヴィはもともと左利きなのですが、ほぼ両利きなのでこういうところで利き足で打ちに行こうという意識が低く左右関係なく打ちに行ってしまうので、左で打てるときはそっちで合わせて欲しいところです。
77分にもジュニーニョのクロスに柴崎がボレーで合わせる決定機がありますが、これもゴールの上に行ってしまいます。
ジュニーニョはこの最後のクロスは精度が良かったですね。
大分は選手交代を使い切りシステムも変えて来ますが、鹿島は特に問題なく対応。
むしろ梅鉢が入ってからポジションが曖昧になってバランスを崩す傾向があります。
サイドハーフに起用しているのも効果的でなく、やはり本職でないのでボールを持つのに苦労していますよね。
それでも大迫が低い位置で受けてペースを作る鹿島。
87分には大迫の高い位置からの守備で、ペナルティエリア内でロドリゴ・マンシャからボールを奪ってドリブルから中央へパス。
ここはダヴィがきっちり決めてダメ押し点。
大迫はポストプレイの時も体の使い方が上手いですが、守備の時も本当にファウルをせずに綺麗にボールを奪いますよね。
奪いに行くタイミングもいいのでしょうが、はっきり言ってこれだけファウルせずにボールを取れる選手っていないですよ。
得点はなかったですが、よく周りを観て確率の高い選手を使ってアシストを記録していますし、1点目の仕掛けや3点目の守備というのは監督などサッカー玄人からも評価されるプレイですよね。
最後はパワープレイに押し込まれる場面もありましたが、何とか守って逆転勝利を決めました。

不安定さを減らす作業
横浜FMが仙台と引き分けたので、首位との勝ち点差は5になりました。
これは07シーズンのように9連勝を達成すれば十分優勝できる状況です。
しかし、ここからのリーグ終盤を勝ち続けて行くには、やはり今季の鹿島の弱点である不安定さを取り除けないまでも減らして行く作業が必要です。
その1つとして相手によってはトップ下に本山を起用していくのもありだと思います。
土居はよく動いてリンクマンの役目を果たしていますがやはりまだプレイに波がありますし、特に引いて守る相手には潰されたり、プレイの判断に迷ってボールをキープしきれない場面が目立ちます。
ダヴィの途中出場はこれからも有効なカードになるでしょうし、その交代カードがあれば本山の先発起用も可能。
甲府や大分など押し込みたい相手には、その方が思ったように試合を運べると思います。
今季の鹿島は自分たちの思い通りにサッカーを運べないと途端に不安定さが顔を出しますからね。
あとはやはり守備の不安定さですが、ここはもう1人1人が意識を高く持って守るしかないと思います。
リーグ終盤に向けて少しでも安定感を増していきたいですね。

次はアウェイFC東京戦
次節はアウェイでのFC東京戦ですが、味の素スタジアムではなく国立での試合になります。
FC東京都は撃ち合いになるイメージがありますが、どちらも守備はあまりよくないのでやはりゴールが多く生まれる試合になるかもしれません。
鹿島は西が次節(浦和戦も)出場停止ですが、それにしてもイエローカード8枚っていうのは守備の下手さを物語っていますね。
西の不在はそれ程大きいことではないのですが、代わりの選手がいないのが大きいですね。
昌子の復帰が間に合っていれば問題なかったのですが、伊東ではまだ心もとないので青木か梅鉢が入ると思います。
こーめいはあまりDFラインはいじらない方がいいと思うので、右に梅鉢、左に前野でバランスを取って戦って行ければいいんじゃないかと思います。
FC東京はルーカスと平山が好調、渡邉のペナルティアークあたりからのシュートは脅威なのでそこはしっかりケアしないといけません。
また、この3人は前線で起点にもなっているので抑えられるかどうかは試合のキーポイントになると思います。
逆に守備は鹿島同様にゴール前でのマークをあっさりはずしてしまうことがあるので、サイドチェンジやオーバーラップ、ダイアゴナルに入って行く動きなど上手く使って攻めたいですね。
4位と5位の対決ですが、鹿島は46得点42失点、FC東京は51得点35失点と数字を見れば鹿島が上にいるのが不思議な状態。
これは昨年の鹿島と名古屋の関係にも言えますが、勝負所をきっちり抑えられているクラブとそうでないクラブということでしょう。
今季は鹿島の方が若干、勝負強さを持っていると言えるかもしれません。
ただ、その鹿島も昨年に比べれば勝負強さを取り戻しつつあるという状況ですけどね。
FC東京は4連勝で波に乗っていますが負ければ順位が入れ替わりますし、ここで一発アウェイでも勝負強いところを見せて勝利できれば終盤に向けて自信を深められそうです。

最後まで読んでくれた方はもれなくポチっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

いつも楽しみにしております。
次節FC東京戦は、その後に控える浦和戦を考えても重要な一戦ですよね。西の不在を梅鉢が埋めてくれれば、本人にとっては本職でないにせよ自信になると思います。左SBは前野か中田でしょうか。
国立でのFC東京戦と言えば、数年前の天皇杯準決勝を思い出します。平山のオーバーヘッド、宮崎のセンタリングにドンピシャで合わせた大迫のヘッド、延長戦での米本の退場、本山のパスから大迫、こおろきの劇的なゴール。両チーム共に拮抗した好ゲームでした。あの試合の宮崎は効いてたように思います。妄想ですが梅鉢にはあの時の宮崎のような躍動を期待したいものです。
いずれにせよ、この2戦+川崎戦が今季の天王山のように思います。3連勝して最終節の広島戦へ!
【2013/10/01 16:27】 URL | kuku #- [ 編集]

kukuさんへ
コメントありがとうございます。
10年の天皇杯準決勝ですね。
ジウトンが帰国して宮崎が左サイドバックに入って全体の攻守のバランスがよくなりました。
またACL出場権獲得のためにモチベーションも高かったです。
今回も右に梅鉢が入ることで攻守のバランスの改善に繋がればいいですよね。
FC東京は次節の国立含めて5試合ホームが残ってるのでここで勝っておかないと調子を上げて駆け上がっていきそうです。
大宮戦の後半の前線からのプレスはすさまじかったですから、あれをやられるとどこのクラブも苦戦すると思います。
それだけにそこをかいくぐることができたらチャンスになりますね。
鹿島は上位との対決が多く厳しい戦いが予想されますが、横浜FM戦も磐田、大分とは降格が決まったタイミングで対戦しそうなので意外とやっかいな対戦が残っているように思います。
【2013/10/01 17:52】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

セレーゾは持ってるのでは?
いつも楽しく読ませて頂いてます。

遠藤は本当に頼もしくなりました。
野沢が交代で入りそうだったけど、
遠藤と変えるつもりだったんですかね?
危なかったです。

セレーゾってもしかしたら、
持っているのかもしれないですね。
ダヴィが負傷して4-2-3-1になり
浮上してきたように、
西の出場停止で守備が安定したら、
この2連戦勝ちきれる気がします。

ディフェンスラインをどうするか
期待したいと思います。
【2013/10/01 21:48】 URL | しかくん #- [ 編集]


僕もヤスは今年成長した選手の一人だと思います。去年の苦労があるから今がある!
2点目の時も頭にはシュートしかないわけじゃなく
中に仲間がいないか一度確認してるんですよね
それで居ない分かると瞬時にシュートに切り替える。判断は早くなってますよね
土居やアツも今年は苦労してますが、必ずこの経験は来年に繋がると信じてます(´ω`)
【2013/10/01 22:55】 URL | ロナウド #- [ 編集]

>セレーゾは持ってるのでは?
しかくんさん、コメントありがとうございます。
野沢は遠藤と交替だったみたいですね。
こーめいもはっきり言ってセレーゾ監督は持ってると思いますよ。
ダヴィの負傷がなければ4-2-3-1で戦うことも今の鹿島もなかったでしょうから。
ジーコも日本代表監督時代に持ってるなと思わせることが度々ありましたが、やはりブラジルのレジェンドなのでそのあたりはすごい何かを持ってるのだと思います。
【2013/10/03 20:42】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]

ロナウドさんへ
コメントありがとうございます。
2点目のシーン、遠藤は一度中を見てから打ってましたからね。
中にフリーの選手がいたらダヴィにセンタリングを上げたときのようにパスを選択していたと思います。
やはり判断力というのはこういう真剣勝負を多く経験してこそ培われていきますね。
【2013/10/03 20:45】 URL | こーめい #zlAQJbYM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
以下の事項にあてはまると管理人が判断した場合、削除・コメント禁止とさせていただく場合があります。
1.記事・コメントの主旨を踏まえない単なる誹謗中傷。
2.記事、それまでのコメントをきちんと読んでいないと判断される反論・異論コメント。
(※よく読んで、調べて、考えてからお願いします)
3.根拠・一貫性のない主張の過度の押し付け。
4.同じ主旨の質問・議論の繰り返しとなるコメント。
5.意味のないもの、管理人から見て不快なもの。














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kashimablogetc.blog55.fc2.com/tb.php/999-175cca38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

こーめい軍師

Author:こーめい軍師
J発足以来の鹿島ファン。
特に応援してる選手は、内田篤人選手。
大いに期待しているのは遠藤康、佐々木竜太選手です。

リンクはご自由にどうぞ(≧∇≦)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

秋春制反対の方は署名にご協力ください。 ↓携帯の方はこちらからお願いします。 http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=99

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する